« 散歩と岩瀬とコンサドーレ札幌と泪 | トップページ | 石狩地方 »

2011年9月 4日 (日)

1週間ぶりのランニング

先週の日曜日の、北海道マラソンのフルマラソン本番から1週間が経過しましたが、
今日は夕方4時過ぎから、それ以来の「再始動のランニング」をしてきましたrun

何となく、普段はあまり走らないようなコースを走りたかったので、
平和の滝までの往復のコースを走りました。

家を出た時は雨は降っていなかったのですが、それから5分後くらいに、
激しい雨が降ってきました。

ただ、走り出してしまったら、雨は気分的にはどうでもよくなるので、
そのまま走り続けましたsmile

無事に平和の滝まで到着したのですが、ここ何日間かの雨の影響か、
今までに見たよりも、水の量も流れの勢いも迫力があった印象で、
少し怖さを感じました……。

走ってみて、脚に特に違和感は無さそうな感じで、1週間前の道マラの
フルを走った状態からは無事に回復しているようで、一安心でしたhappy01

9月23日(金・祝)のピパオイヘルシーロードレース(美唄市)のハーフに向けて、
また地道に練習をしていきたいと思います~。

-------
世界陸上 男子マラソン

  1位 アベル・キルイ(ケニア) 2:07:38
  2位 ビンセント・キプルト(ケニア) 2:10:06
  3位 フェイサ・リレサ(エチオピア) 2:10:32

  7位 堀端 宏行(旭化成) 2:11:52
10位   中本 健太郎(安川電機) 2:13:10
18位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:16:11
29位 尾田 賢典(トヨタ自動車) 2:18:05
38位 北岡 幸浩(NTN) 2:23:11

優勝したケニアの選手は独走での圧勝でしたが、2位以下は混戦模様。

あらためて結果を見てみると、日本人トップの7位の堀畑選手と、
3位で銅メダルを獲得したエチオピアの選手との差は1分20秒。

「惜しかった…」というほどではないにしろ、堀端選手も30キロ以降は
5キロのラップタイムが16分台に落ちていたようなので、
決して埋められないような差では無い気も。

来年のロンドンオリンピックでは、どのくらいの暑さの条件になりそうなのかは
分かりませんが、夏のマラソンでは、

「後方から何とか粘って走って、落ちてくる選手を拾って順位を上げる」

という、今日の堀端、中本、川内のような走りが、それなりには通用するような
気もしました。

もちろん、ハイスピードになっても先頭集団に付いていって、終盤にも勝負できるのが
1番良いのでしょうが、現実的にはそれは難しいでしょうし……。

難しいことはおいといて、団体での日本の銀メダル、
おめでとうございますhappy01

|

« 散歩と岩瀬とコンサドーレ札幌と泪 | トップページ | 石狩地方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/52648950

この記事へのトラックバック一覧です: 1週間ぶりのランニング:

« 散歩と岩瀬とコンサドーレ札幌と泪 | トップページ | 石狩地方 »