« 心に残っているドラマ主題歌TOP20(Mステより) | トップページ | 日曜日の天気は »

2011年6月12日 (日)

日本陸上選手権(福島千里や高平慎士や絹川愛など)

金曜日、土曜日、日曜日と3日間、NHKで放送されていた

「日本陸上選手権」

を観ていました。

男子の長距離マニアとしては、1日目の男子1万メートルの、

1位 佐藤 悠基(日清食品)  28:10:87
2位 村澤 明伸(東海大)     28:15:63
3位 宇賀地 強(コニカミノルタ)  28:20:40
4位 高林 祐介(トヨタ自動車)  28:24:59
5位 岡本 直己(中国電力)  28:25:24
6位 宮脇 千博(トヨタ自動車) 28:27:90

や、今日行われた男子5千メートルの、

1位 渡辺 和也(四国電力) 13:37:41
2位 佐藤 悠基(日清食品)  13:38:19
3位 鎧坂 哲哉(明治大)     13:39:88
4位 高林 祐介(トヨタ自動車)  13:40:54
5位 中尾 勇生(トヨタ紡織)  13:41:99
6位 大迫 傑(早稲田大) 13:43:15

のレースは、どちらとも観ていて力が入りましたhappy01

1万メートルは、終盤の佐藤悠基、村澤明伸、宇賀地強の激しい競り合い。
そして今日の5千メートルは、ラスト1周の段階では佐藤悠基の2冠になりそうかなと
思いながらも、四国電力の渡辺和也がスパート勝負で勝っての優勝。

四国電力の渡辺選手はあまり知らない選手だったのですが、
5千メートルでB標準の記録を持っている選手とのこと。

村澤、鎧坂、大迫などの、大学生の選手の健闘も印象に残りました。

北海道関係では、

・女子100メートル、200メートル:福島 千里(北海道ハイテクAC)
・男子200メートル:高平 慎士(富士通-旭川大高)
・女子3段跳び :竹田 小百合(北海道教育大)
・女子400メートルハードル:久保倉 里美(新潟アルビレックスRC-旭川北高)

が優勝。福島選手は、期待通りに見事に2冠happy01
高平選手も、この大会の決勝で一気にA標準を突破しての優勝で、
世界選手権の代表内定。

この他にも、「室伏の1位は仕方がないけど…」でお馴染みの男子ハンマー投げの
2位には、函館工業高校出身の野口裕史(群馬綜合ガード)が。

さらに、先週行われた男子十種競技では、札幌第一高出身の
右代啓祐(スズキ浜松AC)が、日本記録を出してB標準も超えて、
世界選手権の代表が濃厚になったとのこと。

こうして結果を見ると、北海道は地味に「陸上強豪地域」なのかも。
長距離も続いてほしいですdelicious

そして最後に、今日行われた女子の5千メートル。

今から4年前、2007年の大阪での世界選手権で、高校生ながら代表となった
絹川 愛(きぬかわ めぐみ)選手。

そこまではよかったのですが、その後ここまで、体調不良などがあったようで、
大会に出ても下位に沈んだり途中棄権などで苦しんでいた印象しかなくて、
今日、スタート前の選手紹介で走ることを知っても、

「おぉ~、一応は、大会で走ることのできる程度の状態ではあるんだぁ~」

くらいにしか思わなかったのですが、ここで一気にA標準の記録を突破しての
見事な優勝で、世界選手権の代表に内定。

最後の残り1周、実況の人のコメントから、

「ラストスパートが効けば、A標準の15分14秒の突破もいけそう」

というのが分かって、最後は本当にドキドキしました。
ありふれた表現ですが、感動しましたhappy01

1位 絹川 愛(ミズノ) 15:09:96
2位  新谷 仁美(千葉陸協) 15:20:35
3位 小林 祐梨子(豊田自動織機) 15:42:85
4位 小原 怜(天満屋) 15:44:28
5位 西原 加純(ヤマダ電機) 15:46:57
6位 石橋 麻衣(佛教大) 15:49:18

終盤まではトップを走っていた2位の新谷選手、昨年度までは実業団に所属して
いたはずですが、所属先が「千葉陸協」となっていたのが気になりました。

元々、B標準の記録は持っていて、今日のタイムもB標準のタイムは
上回っているので、代表に選ばれてほしいです。

織田祐二さんも、2ヶ月後の韓国のテグでの世界選手権(世界陸上)が、
今から待ち遠しくて仕方がないでしょうねsmile

------
プロ野球交流戦 Kスタ宮城

中日ドラゴンズ 5-2 東北楽天ゴールデンイーグルス

というわけで、中日の岩瀬が3点リードの9回裏に登板して、
珍しく3者凡退で抑えて今シーズン10セーブ目。

通算で286セーブとなり、高津臣吾の持つ記録と並ぶ、
日本タイ記録を達成!

楽天の星野監督の前で達成というのも、なかなか味わい深いですね。

次の新記録達成の時には、またこのブログでネタにしたいと思いますhappy01

-------
サッカーJ2リーグ 室蘭

コンサドーレ札幌 0-2 横浜FC

ノーコメントで………。

|

« 心に残っているドラマ主題歌TOP20(Mステより) | トップページ | 日曜日の天気は »

コメント

こんばんは^^
うわ~男子一万メートルは興奮しますねぇ!
同じ東海大出身と在学中の佐藤選手と村澤選手がワンツーフィニッシュとは・・・。確か村澤選手は佐藤選手に憧れて東海大に入ったと聞きました。かぶっていないのが残念ですね。
宇賀地選手もやはり凄いですね。実業団に入って更に名前を良くお見掛けするようになりました。
大学生も検討していて見ごたえがあったんですね~見逃しました。
女子の新谷選手は確かに気になりますね。
確か小出監督がほれ込んで引き入れたと聞きましたが・・・。
世界陸上も近づいてきましたね。色々気になるところはありますが、やはり長距離が気になります。

投稿: 苗坊 | 2011年6月13日 (月) 01時00分

>苗坊さん

男子一万メートルのラストは、先輩、後輩対決となったんですよね~。
実業団のトップ選手も多く出ている中、2位となった村澤選手は凄い。
非常に見応えがありました!

新谷選手は調べてみたら、今でも小出監督の指導の元で練習している
ような文章も目にしました。いろいろ契約の難しい面があるようで、
事実はよく分かりませんが。

とりあえずは昨日も2位ですし、これからも期待したいです。

投稿: しげた | 2011年6月13日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/51927937

この記事へのトラックバック一覧です: 日本陸上選手権(福島千里や高平慎士や絹川愛など):

« 心に残っているドラマ主題歌TOP20(Mステより) | トップページ | 日曜日の天気は »