« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

日曜日は「2011年札幌国際ハーフマラソン」

今度の日曜日、7月3日には「第54回 札幌国際ハーフマラソン」が行われます。

今週に入ったあたりから、看板も見かけるようになりました。
Kanban

この大会は、細かい話は抜きにして、男子なら「1時間18分以内の自己ベスト」を
持っていないと参加資格が無く、当然ながら僕には、完全に遠い世界の大会です。

そんな、一般の市民ランナーにとっては超エリート中のエリート大会ですが、
大会前、看板が出たあたりから職場などで、

「○○くんは今度の日曜日、走るのかい?」

と聞かれて、

「いやぁ~、出たいんですけど、参加の条件が非常に厳しくて~」

と説明するというのが、毎年の恒例行事にdelicious

招待選手は、

●男子

[海外招待選手]
 アンドリュー・レモンチェロ(イギリス)
 ステファン・キプロティチ(ウガンダ)
 チ・ヨンジュン(韓国)

[国内招待選手]
 川内 優輝(埼玉県庁)
 尾田 賢宣(トヨタ自動車)
 中本 健太郎(安川電機)
 佐藤 敦之(中国電力)
 佐藤 智之(旭化成)
 藤原 新(レモシステムRC)
 前田 和浩(九電工)
 藤原 正和(ホンダ)
 サイラス・ジュイ(日立電線)
 ガトゥニ・ゲディオン(日清食品グループ)
 木原 真佐人(カネボウ)
 真壁 剛(カネボウ)

●女子

[海外招待選手]
 フローレンス・キプラガト(ケニア)

[国内招待選手]
 加納 由理(セカンドウインドAC)
 嶋原 清子(セカンドウインドAC)
 原 裕美子(ユニバーサルエンターテインメント)
 堀江 知佳(ユニバーサルエンターテインメント)
 樋口 紀子(ワコール)

この他にも、一般参加で男女とも、実業団や大学などの有力選手が
多数走ることになると思われます。

コースは、円山競技場をスタート&ゴールとして、大通やすすきのを通過して、
白石区の東札幌で折り返すコース。

だいたい毎年、沿道に観戦に行っているのですが、
今年もコース終盤の円山のあたりに観に行く予定ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

札幌市は今年初の真夏日

今日の札幌市の最高気温は30.3℃いうことで、今年初の真夏日に。

今日は1日中事務室の中にいたのですが、窓と部屋のドアを開けて対処したら、
意外とそれほど暑くはなくて、実はあんまり「真夏日」は感じませんでしたが。

7月10日(日)に行われる「札幌・豊平川市民マラソン」のゼッケン引換証が
家に帰ったら届いていましたが、特にフルマラソンの大会なので、
大会本番当日は、今日のような気温にはならないことを心から祈っていますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

北海道マラソンまで2ヶ月

先ほどRUNNETをいじっていて気が付いたのですが、8月28日(日)に行われる
北海道マラソンのフルマラソンまで、ちょうど2ヶ月となりました。

どちらかと言うと、

「今年の大会が2ヶ月後かぁ」

という気持ちよりも、

「去年の大会から、もう10ヶ月が経つんだ~、ちょっと前のような気がするんだけど…」

という月日の経過の早さを感じた、火曜日の夜でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

明日、6月28日は「パフェの日」だそうで

今日の朝のHTBのテレビを見ていたら、
明日、6月28日は、

「パフェの日」

とのこと。そしてこの記念日の由来は、実は野球から来ているとの解説が。

日本プロ野球史上、初のパーフェクトゲーム(完全試合)が達成されたのが、
1950年の6月28日(巨人の藤本英雄投手が西日本パイレーツ戦で)。

このパーフェクトゲームが初めて達成された日に因んで、
「パフェの日」となっているようで。

なかなかオモシロい由来ですねdelicious

ちなみに、日本プロ野球で現在、最後の完全試合は、
一応は17年前の1994年の、巨人の槇原投手になるんですかね。

2005年の西武の西口投手の「幻の完全試合」や、
あれこれと物議を醸した、2007年の日本シリーズでの
「山井~岩瀬の完全試合リレー」とかはありましたが。

YouTubeで、17年前の槇原投手の完全試合の映像を見てみたのですが、
そういえば、最後の1塁ファールフライを捕ったのって、今の中日の落合監督
だったんですね。

映像を見たら、松井秀喜、長嶋一茂、そしてデーブ大久保などもいて、
非常に懐かしいsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

走る走る俺達

今日は正午過ぎから、12キロほどのランニングをしてきましたrun

先週の日曜日の「おたる運河ロードレース大会」のハーフマラソン本番から
1週間が経ちましたが、1週間前の本番での激走と比べると、ゆったりとした
気分でのランニングでした。

それでも、それなりの暑さもあって、結構な辛さはありましたがsmile

現在、申し込みを済ませている大会は、

7月10日(日) 札幌・豊平川市民マラソン(フルマラソン)
8月28日(日) 北海道マラソン(フルマラソン)
10月 2日(日) 札幌マラソン(ハーフマラソン)

となっています。

とりあえずは、2週間後の豊平川河川敷でのフルマラソン。

「北海道マラソンの練習のつもりで気楽に」

という感じで申し込みはしたのですが、今年初のフルマラソンの大会、

「今の持っている力で一所懸命走ることによって、次の北海道マラソンに繋がる」

ということで、何とか少しでも良い状態に仕上げて、
本番に挑みたいと思っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

「2011年札幌マラソン」のハーフに申し込み

だいぶ先の大会になりますが、10月2日(日)に行われる

「第36回 札幌マラソン」

に、RUNNETから申し込みをして、今日の帰り道にローソンで入金してきました。
Satumaramousikomi_3

申し込んだのはハーフマラソンです。

RUNNETでの申し込みは6月13日~7月22日で,僕はどちらかというと、
大会の申し込みは期限ギリギリになってから行うタイプなのですが、

「ハーフマラソンは定員6000人で、先着順で締切」

ということで、函館ハーフマラソンの「定員2000人が3日間で締切」という
昨日の新聞記事を読んでから急に不安になって、申し込みを済ませましたdelicious

2003年の10月の、この札マラでの10キロが、僕の記念すべき「大会デビュー」と
なったのですが、次の年からは毎年ハーフで走り続けています。

そんなわけで、今年で札マラは9年連続での出場予定。
10月の第1日曜日の恒例行事ですhappy01

昨年までも何回か書いてきた文章をコピー&ペーストしますが、
この札マラのハーフのコースの特徴として、

(1)スタートは真駒内公園内。6000人ほどの参加者がスタート。

(2)公園内から公道に出て、中の島通り(たぶん)などを通って、大通方面へ。

(3)幌平橋を渡り、中島公園の前を右折して、駅前通り

(4)この「中島公園前~すすきの~三越前」を往復するのが、
  何と言っても最大の楽しみ!沿道で観戦の方も多い!

(5)その後、豊平川河川敷へと降り、10キロ地点通過。

(6)先ほどまでの「にぎわい」がウソのように、静寂が訪れる。

(7)ひたすら河川敷を走る。

(8)河川敷から真駒内公園に入るための、恒例の「あの登り坂」。

(9)公園内に入って、ゴールのオープンスタジアムがすぐそばに見える。

(10)しかし、なぜか「残り4キロ」の表示が出現。

(11)あとはひたすら、公園内をグルグル。アップダウンが思いのほか多い。

(12)20キロの手前の「給水地点」では、コニカミノルタ陸上部の方々が
   手伝ってくれます(少なくともここ4~5年くらいは確認できました)。

(13)ようやくオープンスタジアムの中へ入るのを許される。

(14)そして喜びのゴール

という、21キロの間に様々な模様を垣間見せるこのコースを
今年も堪能したいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

「函館ハーフマラソン」が3日間で定員オーバーに

今日の北海道新聞の朝刊に、9月25日に行われる函館ハーフマラソンに
ついての話題が載っていました。

------
大会は1991年に定員500人で開始。2005年までは6年連続で定員割れするなど
伸び悩んだが、マラソン人気で一変した。前回は200人増の定員2千人が募集開始
から10日間で満杯に。今年は15日に受け付けを始め、17日に定員が埋まった。
------

というわけで、過去最速の3日間で定員に達したとのこと。

これを受けて、来年は、現在の定員の倍の4千人程度に増やす方針を固め、
北海道警察との調整を開始したという記事でした。

僕も、2006年~2008年の3年連続で、この函館のハーフを走りました。

1.沿道の応援が多くて温かい
2.函館山のふもとや海岸通り沿いを走り、景色がいい
3.実業団などの日本のトップクラスの選手も参加(2回すれ違えるチャンスがある)
4.スタートとゴールは、千代台陸上競技場の400メートルトラックを使用で、
  本格的な一流大会の雰囲気を味わえる

というような魅力があって、かなりお気に入りの大会。

ただ、やはり何だかんだ言って札幌からは遠いこともあって、
ここ2年間はお休みをしていました。

先月末に親が函館に旅行に行っていて、帰ってきてから写真を見せられて、
その影響もあって、

「今年は、3年ぶりの函館ハーフ参加もいいかも……」

と、少しだけ思っていました。

6月15日から申込み開始となっていたのは知っていたのですが、

「6月19日の小樽のハーフが終わってから考えよう」

と保留にしていたら、その間に終了となってしまっていました。
想定外の定員オーバーの早さsmile

最後に、親が撮ってきた写真を幾つか。
Hako1_2
函館山から。残念ながら、天気がイマイチだったようで。

Hako2
五稜郭タワーから。

Hako3
函館山のふもとのあたりからでしょうか。

Hako4
函館でお馴染みのお店、ラッキーピエロです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

「2011年おたる運河ロードレース大会」の結果が掲載

先ほど、株式会社アイ・サムのホームページを見てみたら、
この前の日曜日の「第23回おたる運河ロードレース大会」の
大会結果が掲載されていました。

http://hisam.dtdns.net/isam/result/web/step3.asp?code=538&ass=M

僕の参加した「ハーフ男子35歳未満」の部では完走した人が160人で、
その中で僕は、上位15%くらいの位置の順位だったので、大満足な結果。

この「35歳未満」の部は、今年の大会で見事に卒業となりましたsmile

完走した人数を見てみると、

35歳未満……160人
35歳~50歳未満……343人
50歳以上……404人

ということで、これはもちろん、別に35歳未満の完走率が低いからではなく、
元々の参加人数に大きな違いがあるわけで。

そんなわけで、僕もまだ、超若者から若者の区分に
移りかけている程度のポジションですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

真夏日まで届かず

今日の札幌市の最高気温は29.3℃ということで、今年1番の暑さとなりましたが、
惜しくも今年初の真夏日までは届かずsmile

朝のHTBのお天気コーナーを見ていたら、札幌で真夏日がゼロだった年が、
ここ10年では2001年、2003年の2回あったとのこと。

2003年は、この年の5月か6月くらいからジョギングを開始した、
ある意味、記念すべき年だったのですが、たしかにこの年の夏は
涼しくて走りやすかったイメージがあります。

明日からは気温は下がるようなので、真夏日到達は
しばらくはまだ先の話になりそうですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

小樽の旧手宮線を少しだけ散策

昨日の小樽市の最高気温は19.6℃、そして今日の小樽市の最高気温は
26.2℃ということで、昨日が大会本番でホントに良かったと心の底から思った、
有給休暇を取得してダラダラと過ごした月曜日の1日でした。

さて、昨日の「おたる運河ロードレース大会」の帰り、
小樽駅に向かう途中、少しだけ観光っぽいものを。
Temiya3

Temiya4 

以下は去年の11月27日の北海道新聞の夕刊に載っていた記事なのですが、
ブログのネタに使うために、この新聞を大会本番まできちんと保管していた、
律義な僕ですsmile

------
●道内初の鉄道 開通130年~旧手宮線 輝き再び~

【小樽】
石炭の積み出しを主目的にした官営幌内鉄道の一部として、
1880年(明治13年)に小樽市の旧手宮駅と札幌駅間に道内初の
鉄道が開通して、11月28日でちょうど130年。

幌内鉄道のうち、旧手宮線(1985年廃止)沿いでは、市が旧色内駅を
模した休憩施設を設備……(以下略)。
-------

Temiya5

Temiya6

ということで、写真の施設がおそらく、記事中の「旧色内駅を模した休憩施設」です。

この大会は5年連続で参加していて、全てJRで移動しているので、
毎年「何か鉄道の線路跡があるなぁ~」程度の認識でここら辺は
歩いて通過していたのですが、そういう歴史的背景を知って歩くと、
非常に違った趣を感じましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

完走しました![2011年おたる運河ロードレース大会]

今日は「第23回おたる運河ロードレース大会」でハーフマラソンを走ってきましたrun
Otaru6191

歴史とロマンを駆けぬけた結果は、1時間26分51秒で無事にゴール。
Otaru6192

ハーフの僕の今までの自己ベストは、去年の10月の北海道ロードレースでの
1時間27分56秒だったので、そのタイムを1分5秒更新する自己ベストでしたhappy01

進化する三十路ということで。

走っている最中、繰り返し頭の中に流れてきた音楽が、
松浦亜弥の「LOVE涙色」だったのは全くの謎ですが……。

完走者全員の記録は、6月22日(水)以降、
アイ・サム社のホームページに掲載されるとのことです。

http://www.i-sam.co.jp


  5キロ 20分58秒←ロスタイム15秒ほど
10キロ 41分28秒(20分30秒)
15キロ 1時間02分17秒(20分49秒)
20キロ 1時間22分43秒(20分26秒)
ゴール 1時間26分51秒( 4分08秒)

というのが、手元の時計のタイム。

今日のテーマは「慎重かつ大胆に」でしたが、前半から飛ばし過ぎずに飛ばして
走ることができて、後半も粘れるだけ粘ったので、自画自賛しておきますdelicious

そんなこんなで、今日1日を振り返ってみたいと思います。

今朝は朝5時10分に起床。家を6時40分に出てJRに乗って、
7時40分くらいに小樽駅へ到着。
Otaru6193

そこからは歩いて、受付会場の色内ふ頭公園へ移動。
8時前に着きました。ここまでは予定通り。

手荷物預かり所の300円に、一瞬「ちょっと高いなぁ~」と思いましたがsmile
しかし、やはり預けた方が安心なので手荷物を預け、トイレに行って、
スタート地点にはスタート15分前くらいに並びました。

スタート地点はたしか、

1時間20分以内
1時間20分~1時間40分
1時間40分~2時間
2時間以上

のプラカードを持っているスタッフの方々がいて、そこに自己申告制ながら
自分の予想(目標)タイムの区分に並ぶという、去年から行われている
非常に良いシステムだと評価します(何故か上から目線)。

僕は「1時間20分~1時間40分」の、真ん中より少し前くらいの位置に並びました。

そしてハーフは9時にスタート。

札幌管区気象台のページによると、9時の小樽市は「気温16.1℃、湿度81%」
だったとのこと。

曇り空で日差しはあまり気になりませんでしたし、
湿度が高いような「もわっ」とした感じは少しありましたが、
今の時期としては涼しい、なかなかの好条件だったと思います。

今年は「国道5号コース復活」ということで、前半のコースが去年までと
大きく違っていました。

たぶんこのコースは4年ぶりの復活だったのですが、
4年前の記憶通り、4キロ手前あたりに、なかなか長い
アップダウンがありましたhappy01

去年までの折り返しコースと比べると、ランナー同士のすれ違いもなく、
走りやすく感じました。

この大会の微妙な魅力である「ふ頭巡りコース」を走って、
スタート地点の色内ふ頭公園の前を通過して、後半へ。

「ホーマックの駐車場~新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネル」

の往復のコースが、僕の妙なお気に入りで、ここがあるので
毎年続けて参加しているのかもしれませんdelicious

おたる水族館の駐車場をぐるっと周る恒例のアップダウンで折り返して、
「16キロ」の表示の時に時計を見て、頭の中でゴールタイムを計算すると、

「今のペースでは、自己ベストにギリギリ届かないくらいか……」

という計算になったので、「勝負!」ということで、
100メートルくらい前方にいるランナーを目標に、

「あの人が自己ベストラインだ」

と決めつけて、必死に前を追いました。

今にして思うと、この時の計算は間違っていたのかもしれませんが、
結果的には良かったということでhappy01

最後は、去年までとコースが違っていて、色内ふ頭公園の手前で左折して、
公園の外周をぐるりと周回してから、公園のグラウンド内に入るコースでした。

事前にコース図で確認していたので戸惑いはなくて、
視界の左前方に港を眺めながらのラストの走りは、
なかなか趣がありました。

そして無事にゴール。
Otaru6194

ゴール後は、「たこ焼き6個入り300円」を買って食べましたdelicious

そんなところで、非常に素晴らしい1日となりました。

明日は有給休暇を取って休みなので、今夜は心置きなく、
1週間ぶりのビールbeerを飲みます。

そしてビールを飲みながら、男子サッカーのオリンピック2次予選、
「日本×クウェート」の試合を観るという楽しみが(午後7時キックオフ)。

その前の午後6時にキックオフとなる、コンサドーレ札幌の勝利も、
やや忘れそうになっていますが、もちろん祈っていますsmile

最後に写真を。
Otaru6195
小樽運河です。

Otaru6196
船です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

明日は「おたる運河ロードレース大会」のハーフ本番

明日の日曜日は、

「第23回 おたる運河ロードレース大会」

のハーフマラソン本番ですrun
Otaru1

今日は正午前から、ゆっくりと40分ほどのランニングをしてきました。

外に出た時はやや肌寒さすら感じたのですが、走っている最中、
妙に「もわっ」っとした感覚が。

札幌管区気象台のページを見てみると、札幌市の正午は
「気温18.8℃、湿度71%」ということで、やはり湿度が少し
高めだったのかもしれませんね~。

明日のハーフは午前9時スタートで、1時間前にスタート会場に着きたいので、
小樽駅に午前7時40分頃に到着するJRに乗る予定です。

そんなわけで、まずは明日の朝の「午前5時起き」が大きな難関ですsmile

大会要項のコース図を見てみると、

------
*国道5号コース復活
  小樽IC入口付近こせん工事が完了したので、勝納交差点から
 若竹交差点~国道5号経由の走路に戻ります。
------

ということで、前半のコースが、昨年までと違っているようです。

たぶん、この大会を最初に走った2007年だけ、
僕は「国道5号コース」を走っています。

橋のようなところで、結構なアップダウンがあったような記憶がありますが、
懐かしんで走りたいと思います。

後半の新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネルの往復が、
僕にとっては、この大会のハーフコースの最大の楽しみ。

ここが妙に好きなので、この大会に5年連続で参加していると
言ってもいいくらいですhappy01

ゴールは色内ふ頭公園のグラウンド内なのですが、去年までと違って、
グラウンド内に入る前に、公園の周りをぐるりと1周してからゴールのようで、

「えっ、すぐにゴールじゃないの?」

と落胆しないように、そこはしっかりと頭に入れておきたいと思います。

明日の夜にでも、無事にこのブログに完走報告ができるように、
ひそかに祈っていてください~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

小樽の男まで2日

あさっての日曜日は「おたる運河ロードレース大会」のハーフマラソン本番です。

大会の次の日の月曜日は有給休暇を取ったので、明日から嬉しい3連休です。
これで日曜日の夜は、完走の余韻に浸って心置きなくビールbeerを飲みながら、
男子サッカーのオリンピック予選の試合を観るという、素晴らしいストーリーが。

そのためにも、日曜日は何とか、満足のいく走りがしたいですhappy01

明日は、午前中に30分ほど軽く走って、午後は家でひたすらゴロゴロする予定です~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

中日の岩瀬仁紀が、通算287セーブのプロ野球新記録!

1年前の6月16日に通算250セーブを達成して、そして、ちょうど1年後の今日、
今度は通算287セーブの日本プロ野球新記録を達成。

佐々木主浩の、日本で252セーブ、大リーグで129セーブの合計381セーブという
記録がありますが、そこら辺の難しい話は置いといて、素直に「新記録」を喜びますhappy01

------
プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ソフトバンク 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
中日     0 1 1 1 0 0 2 0  × 5

勝ち:吉見(5勝2敗0S)
セーブ:岩瀬(0勝0敗11S)
負け:ホールトン(7勝3敗0S)

今日は3点リードの9回表に登板して、ソフトバンクの2番本多から始まる、
ちょっとイヤな打順でしたが、三振、投ゴロ、三振の三者凡退で通算287セーブ。
高津臣吾の持っていた記録を抜いて、見事に新記録達成。

この前の日曜日、タイ記録を達成した楽天戦でも三者凡退に抑えてましたし、
正直、岩瀬の「2試合連続で三者凡退」は、あまり記憶に無いようなsmile

この2試合の投球を見た限り、かなり調子が上がってきたような期待感があります。

以下、ウィキペディアや選手名鑑などを調べて、まとめてみました。

●岩瀬仁紀
   1974年11月10日生(36歳) 愛知県出身
     西尾東高校-愛知大-NTT東海-中日(1999年ドラフト2位)

で、1年目から去年まで、12年連続で「50試合以上登板」という、
何年目から新記録になっているのかは分かりませんが、
その連続記録を継続中。

他にも、年間40セーブ以上を5回、去年まで6年連続で30セーブ以上を達成など、

「どこまでが前の人が持っていた記録で、どこから岩瀬が更新しているのか」

というのが良く分からないものが幾つもありますdelicious

「13年目での通算287セーブ達成」とは言え、1999年~2003年は抑えに
ソン・ドンヨル、ギャラード、大塚などがいて、岩瀬は中継ぎのエースの
「セットアッパー」の役割でした(この5年間でのセーブはわずか6)。

ちなみに、この5年間で3回、「最優秀中継ぎ投手」のタイトルを獲得しています
(1999年、2000年、2003年)。

そして落合監督になった2004年から抑えになり、ここから去年までの7年間と
今年の今日までの間に281セーブを積み重ねて、見事に日本プロ野球新記録
となりました(2005年、2006年、2009年、2010年に最多セーブ投手)。

抑えになった初期の頃から、9回を三者凡退であっさりと締めて試合終了ということは、
イメージとしては少ないんですよね~。

多くの試合でランナーを得点圏に進め、ヒット1本で同点、あるいは逆転という
ヒヤヒヤの場面を作りながら、それでも結局はかなりの高い確率で最後は抑えきる。

そんなピッチングを7年間、8年間ずっとし続けている、そのような感じですsmile

今年は、セリーグ優勝→クライマックス勝ち抜け→日本シリーズ制覇の完全優勝で、
その日本シリーズの最後の試合のマウンドに立っている岩瀬の姿が、僕には既に、
幻覚としてはっきりと見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

夜の12キロのランニング

今日は仕事が終わった後、夜に12キロほどのランニングをしてきましたrun

走ったペースはおそらく、キロ4分40秒~4分50秒くらい。
4日後の「おたる運河ロードレース大会」のハーフマラソン本番に向けて、
今日が本格的に走る最後の予定だったので、満足のいく練習となりましたhappy01

あとは、前日の土曜日に30分ほど軽く走って、
日曜日の本番に挑みたいと思います~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

1年前の6月14日は

ネットをいじっていて知ったのですが、

♪ちょうど1年前に~♪

の6月14日は、サッカーワールドカップ南アフリカ大会のグループリーグ初戦、
「日本×カメルーン」の試合が行われた日なんですね。

日本代表の、大会本番前の練習試合の結果や内容がかなりイマイチだったため、
「グループリーグを突破」という期待の声がほとんど聞こえてこないような低評価で、
試合が開始される前のベンチでの映像を観て、

「岡田監督、全く元気なさそうだな~。プレッシャーで、途中で倒れるんでないべか」

と思ったのですが、前半終了間際の本田圭佑の先制ゴールを守り切って、
日本代表が1-0での勝利。

試合終了後の岡田監督のインタビューを観て、

「おぉ~、静かながら、内にしっかりと策略を持っているようで、頼もしいなぁ~」

と、完全に手のひら返しのイメージを。適当なものですsmile

そんなワールドカップ大会、ちょっと前のような感じなのですが、
もう1年前の出来事ということで、月日が経過するのは早いものですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

日曜日の天気は

今度の日曜日、6月19日に行われる、

「第23回 おたる運河ロードレース大会」

のハーフマラソン本番まで6日となりました。

札幌管区気象台のページの週間天気予報を見てみると、
当日の石狩・空知・後志地方の予報は、

晴れ時々曇り、降水確率20%、最高気温24℃

とのこと。さすが「自称晴れ男」の僕が走るだけあって、
まだ6日後とはいえ、今のところは好天の予報のようでsmile

できればもう少し気温は低めで、そして走っている最中は曇りで、
さらに風は弱く、そんな条件になることを、今から祈っておきます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

日本陸上選手権(福島千里や高平慎士や絹川愛など)

金曜日、土曜日、日曜日と3日間、NHKで放送されていた

「日本陸上選手権」

を観ていました。

男子の長距離マニアとしては、1日目の男子1万メートルの、

1位 佐藤 悠基(日清食品)  28:10:87
2位 村澤 明伸(東海大)     28:15:63
3位 宇賀地 強(コニカミノルタ)  28:20:40
4位 高林 祐介(トヨタ自動車)  28:24:59
5位 岡本 直己(中国電力)  28:25:24
6位 宮脇 千博(トヨタ自動車) 28:27:90

や、今日行われた男子5千メートルの、

1位 渡辺 和也(四国電力) 13:37:41
2位 佐藤 悠基(日清食品)  13:38:19
3位 鎧坂 哲哉(明治大)     13:39:88
4位 高林 祐介(トヨタ自動車)  13:40:54
5位 中尾 勇生(トヨタ紡織)  13:41:99
6位 大迫 傑(早稲田大) 13:43:15

のレースは、どちらとも観ていて力が入りましたhappy01

1万メートルは、終盤の佐藤悠基、村澤明伸、宇賀地強の激しい競り合い。
そして今日の5千メートルは、ラスト1周の段階では佐藤悠基の2冠になりそうかなと
思いながらも、四国電力の渡辺和也がスパート勝負で勝っての優勝。

四国電力の渡辺選手はあまり知らない選手だったのですが、
5千メートルでB標準の記録を持っている選手とのこと。

村澤、鎧坂、大迫などの、大学生の選手の健闘も印象に残りました。

北海道関係では、

・女子100メートル、200メートル:福島 千里(北海道ハイテクAC)
・男子200メートル:高平 慎士(富士通-旭川大高)
・女子3段跳び :竹田 小百合(北海道教育大)
・女子400メートルハードル:久保倉 里美(新潟アルビレックスRC-旭川北高)

が優勝。福島選手は、期待通りに見事に2冠happy01
高平選手も、この大会の決勝で一気にA標準を突破しての優勝で、
世界選手権の代表内定。

この他にも、「室伏の1位は仕方がないけど…」でお馴染みの男子ハンマー投げの
2位には、函館工業高校出身の野口裕史(群馬綜合ガード)が。

さらに、先週行われた男子十種競技では、札幌第一高出身の
右代啓祐(スズキ浜松AC)が、日本記録を出してB標準も超えて、
世界選手権の代表が濃厚になったとのこと。

こうして結果を見ると、北海道は地味に「陸上強豪地域」なのかも。
長距離も続いてほしいですdelicious

そして最後に、今日行われた女子の5千メートル。

今から4年前、2007年の大阪での世界選手権で、高校生ながら代表となった
絹川 愛(きぬかわ めぐみ)選手。

そこまではよかったのですが、その後ここまで、体調不良などがあったようで、
大会に出ても下位に沈んだり途中棄権などで苦しんでいた印象しかなくて、
今日、スタート前の選手紹介で走ることを知っても、

「おぉ~、一応は、大会で走ることのできる程度の状態ではあるんだぁ~」

くらいにしか思わなかったのですが、ここで一気にA標準の記録を突破しての
見事な優勝で、世界選手権の代表に内定。

最後の残り1周、実況の人のコメントから、

「ラストスパートが効けば、A標準の15分14秒の突破もいけそう」

というのが分かって、最後は本当にドキドキしました。
ありふれた表現ですが、感動しましたhappy01

1位 絹川 愛(ミズノ) 15:09:96
2位  新谷 仁美(千葉陸協) 15:20:35
3位 小林 祐梨子(豊田自動織機) 15:42:85
4位 小原 怜(天満屋) 15:44:28
5位 西原 加純(ヤマダ電機) 15:46:57
6位 石橋 麻衣(佛教大) 15:49:18

終盤まではトップを走っていた2位の新谷選手、昨年度までは実業団に所属して
いたはずですが、所属先が「千葉陸協」となっていたのが気になりました。

元々、B標準の記録は持っていて、今日のタイムもB標準のタイムは
上回っているので、代表に選ばれてほしいです。

織田祐二さんも、2ヶ月後の韓国のテグでの世界選手権(世界陸上)が、
今から待ち遠しくて仕方がないでしょうねsmile

------
プロ野球交流戦 Kスタ宮城

中日ドラゴンズ 5-2 東北楽天ゴールデンイーグルス

というわけで、中日の岩瀬が3点リードの9回裏に登板して、
珍しく3者凡退で抑えて今シーズン10セーブ目。

通算で286セーブとなり、高津臣吾の持つ記録と並ぶ、
日本タイ記録を達成!

楽天の星野監督の前で達成というのも、なかなか味わい深いですね。

次の新記録達成の時には、またこのブログでネタにしたいと思いますhappy01

-------
サッカーJ2リーグ 室蘭

コンサドーレ札幌 0-2 横浜FC

ノーコメントで………。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

心に残っているドラマ主題歌TOP20(Mステより)

僕は音楽番組は「ミュージックステーション」と「CDTV」を毎週録画しています。

しかし、録画しているとどうしても、

「いつでも見ることができるや~」

ということで、ジワリジワリと溜まっていってしまうのですが、
今日、1ヶ月半ほど前の、4月29日に放送されたMステを見ました。

この週は、

「アーティストイメージ一斉調査 春の国民投票スペシャル」

という特別企画だったのですが、その中の

「心に残っているドラマ主題歌は?」

のランキングについて書きます。

20位 果てない空(2010.11)/嵐
 二宮和也 出演、「フリーター、家を買う」主題歌

19位 逢いたくていま(2009.11)/MISIA
 大沢たかお、綾瀬はるか 出演、「JIN-仁」主題歌

18位 TRUE LOVE(1993.11)/藤井フミヤ
 石田ひかり、筒井道隆 出演、「あすなろ白書」主題歌

17位 Sign(2004.5)/Mr.Children
 妻夫木聡、柴咲コウ 出演、「オレンジデイズ」主題歌

16位 空も飛べるはず(1994.4)/スピッツ
 長瀬智也、酒井美紀 出演、「白線流し」主題歌

15位 流星(2010.11)/コブクロ
 竹野内豊、上戸彩 出演、「流れ星」主題歌

14位 Tomorrow never knows(1994.11)
 萩原聖人、木村拓哉 出演、「若者のすべて」主題歌

13位 LOVE LOVE LOVE(1995.7)/DREAMS COME TRUE
 豊川悦司、常盤貴子 出演、「愛していると言ってくれ」主題歌

12位 Love so sweet(2007.2)/嵐
 井上真央、松本潤 出演、「花より男子2(リターンズ)」主題歌

11位 粉雪(2005.11)/レミオロメン
 沢尻エリカ、錦戸亮 出演、「1リットルの涙」挿入歌

10位 今夜月の見える丘に(2000.2)/B'z
  木村拓哉、常盤貴子 出演、「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」」主題歌

9位 Monster(2010.5)/嵐
 大野智 出演、「怪物くん」主題歌

8位 YAH YAH YAH(1993.3)/CHAGE & ASKA
 織田祐二、石黒堅 出演、「振り返れば奴がいる」主題歌

7位 Everything(2000.11)/MISIA
  松島奈々子、堤真一 出演、「やまとなでしこ」主題歌

6位 キセキ(2008.5)/GReeeeN
  佐藤隆太、市原隼人 出演、「ROOKIES」主題歌

5位 ありがとう(2010.5)/いきものがかり
 松下奈緒、向井理 出演、「ゲゲゲの女房」主題歌

4位 贈る言葉(1979.11)/海援隊
 武田鉄矢 出演、「3年B組 金八先生」主題歌

3位 LA・LA・LA LOVE SONG(1996.5)/久保田利伸 with ナオミ・キャンベル
 木村拓哉、山口智子 出演、「ロングバケーション」主題歌

2位 SAY YES(1991.7)/CHAGE & ASKA
 浅野温子、武田鉄矢 出演、「101回目のプロポーズ」主題歌

1位 ラブ・ストーリーは突然に(1991.2)/小田和正
 鈴木保奈美、織田祐二 出演、「東京ラブストーリー」主題歌

曲自体は、大半が今でも印象に残っている曲なのですが、
僕はドラマをほとんど見ないので、

「この曲が、そういうドラマに使われていたんだ~」

と、勉強になりましたsmile

この中では6位の、GReeeeNのキセキが主題歌の「ROOKIES」だけが、
再放送を含めて、何とか「全編を見たかな?」という程度かもしれません。

1位の「東京ラブストーリー」は、放送当時は僕は中学2年生でした。

たしかこのドラマは姉が見ていたので、ちょこちょこは見ていた記憶があります。

鈴木保奈美の、

「カンチ、○○○○しよっ!」

の部分は当時見ていて、

「あぁ~、僕ももう少し大人になったら、女の人にこんなこと言われたりするのかな~。
他にもいろんなことを、あれこれ経験しちゃったりするんだろうな~。」

と、妄想を最大限に膨らませていた、中学2年生の20年前の僕。

もしもまだ願いが1つ叶うとしたら、タイムマシーンに載って20年前に戻って、
当時の僕に対して「ゴメン…」と、全力で土下座をしたいところsmile

そんな僕が、数少ないながらも、今まで見たドラマの中で最も好きなのは、
TOKIOの松岡くんが主演していた、

「天国に一番近い男(MONOカンパニー編)」

です。放送は1999年の1月から3月まででした。

これがあまりに良過ぎたために、この続編となった「教師編」は、
正直なところ、かなりイマイチだった印象が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

記念すべき50回目の大会

6月19日(日)に行われる「おたる運河ロードレース大会」の
ハーフマラソン本番まで、1週間と少しとなりました。

明日からの週末の土・日も、大会に向けて、ボチボチ練習しようと
思っていますrun

さて、今から8年前、2003年の10月の札幌マラソンでの10キロが、
僕が最初に参加した大会でした。

このブログは2005年から続けているので、その過去の文章も見ながら、
今までに参加した大会を数えてみました。

・ハーフ……33回
・フル……9回
・10キロ……2回
・20キロ……2回
・30キロ……2回
・42キロ……1回(ピンネシリ登山マラソンの山頂コース)

ということで、先月の「日刊スポーツ豊平川マラソン」でのハーフが、
おそらくは49回目の大会でした。

そんなこんなで、数え間違いがなければ、次の小樽が、
記念すべき50回目の大会に。

大会当日の19日は、午前9時スタートのハーフを無事に完走して、
そして夜はビールbeerを飲みながら、男子サッカーのオリンピック予選の
試合を観るという、そんな素敵な日曜日の計画でいますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

悪夢の逆転負け……

今日は札幌ドームへ行って、中日ドラゴンズの応援をしてきました。
69yakyu1

試合については、書く気力が全くありませんsmile
69yakyu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

新川の河川敷をランニング

今日は仕事が終わった後、職場の人と2人でランニングをしてきましたrun

北24条あたりで新川通りに出て、そこから、新川通りを手稲方面に
走ったのですが、途中で下の河川敷に降りて、ひたすら河川敷を
走ってきました。

おそらく、札幌新道のあたりまでは上の車道の様子も見えたのですが、
そこを過ぎたあたりからは、堤防(?)が一段と高くなり、上の様子が
全く見えなくて、どこら辺を走っているのかが不明でした。

結局、昔の北海道マラソンのコースだった、懐かしい追分通りの下を通って、
さらに1キロ近く行った段階で上に登って、ようやく場所を確認。

「あそこが追分通りだったんだ」

というのも、家に帰って地図を見て、初めて判明したのですがdelicious

スーパーのアークスと、ガソリンスタンドのエネオスがある場所で、
住所は、北区新川西1条4丁目だったようです。

「できれば、思いきって前田森林公園まで行きたいよね~」

とは話していたのですが、まだ2~3キロはありそうということで、
そこで断念してUターンを(実際には2キロくらいだったようです)。

ここの河川敷コースは信号は全く無く、ほぼ平坦な感じでした。
時折、虫の大群に襲われながらも、初めて走ったコースだったので、
非常に新鮮で楽しいランニングでしたhappy01

-------
プロ野球交流戦 札幌ドーム

北海道日本ハムファイターズ 1-0 中日ドラゴンズ

ということで、中日ファンとしては、当然ながら「勝ってほしい」と全ての試合で
思うわけなのですが、今日に限っては、

「もし勝ったら、『行けば良かったよな~』と、後悔するかも……」

ということで、何となく、心の片隅で敗戦をほんの少しだけ願っていたような、
そんな複雑な乙女心おっさん心でしたsmile

まぁ、あまりにも予想通りにダルビッシュに完封を喰らって、
今日のランニングの判断は正解でしたが。

チェンも好投だったようですが、こればかりは仕方がない……。

明日は、何が何でも札幌ドームに行きます。
69ticket

外野席の「ビジター応援自由エリア」です。

去年から、札幌ドームでの交流戦は「3試合連続で完封負け」が継続中なので、
明日はひとまずは、

「勝てとは言わないから、まずは得点を!」

という、謙虚な姿勢でsmile

先発は、中日が中5日で吉見、日ハムが中6日でケッペルでしょうかね。

明日の夜、このブログで勝利報告ができるように、
ひそかに祈っていてください~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

札幌は今年初の夏日

今日の札幌市の最高気温は25.3℃ということで、
今年初の夏日になったとのこと。

ちなみに定義としては、

・夏日……最高気温が25℃以上の日
・真夏日……最高気温が30℃以上の日
・猛暑日……最高気温が35℃以上の日

・熱帯夜……夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が25℃以上のこと

・冬日……最低気温が0℃未満の日
・真冬日……最高気温が0℃未満の日

だそうです(「以上」や「未満」という表現が正確かどうかは分かりませんが)。

これからの夏の期間、毎日、今日みたいに最高気温が25℃くらいで
安定して推移してくれれば、非常に気持ち良く過ごせるのですがsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

木曜日は札幌ドームへ

現在行われているプロ野球交流戦。

今週の水曜日、木曜日は、我らが中日ドラゴンズが、
札幌ドームにて北海道日本ハムファイターズとの対戦。

平日のナイトゲーム、2試合とも行くのはちょっと厳しいので、
どちらにしようかと悩んだ結果、水曜日はダルビッシュの先発が
予想されるので回避して、木曜日に行くことにsmile

今日、ローソンでチケットを手に入れてきました。
69ticket

外野席の「ビジター応援自由エリア」です。ちなみにチケット代金は1,500円。

今日はナゴヤドームで千葉ロッテと対戦しましたが、結果は「4-1」で勝利。
岩瀬が貫録の「4者凡退」のピッチングで、これで通算のセーブ数が285に。

ヤクルトなどで活躍した高津臣吾の日本記録が286なので、
もしかしたら木曜日は、タイ記録か新記録が観られるかもhappy01

ただ相手の日ハムは、この前の土曜日の試合において
「5試合連続無失点」で記録がストップしながら、昨日、今日の
巨人戦で2試合連続無失点。

今の中日打線を考えると、「4試合連続無失点」まで再び伸びる可能性は、
正直なところ、確率として30%くらいはあるかもしれませんねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

中日の平田良介が2試合連続のサヨナラホームラン!!

同じ選手が2試合連続でサヨナラホームランを打つのは、
プロ野球史上8人目とのこと。

-------
プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
千葉ロッテ  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
中日     0 0 0 0 0 0 0 0 1×1

勝ち:三瀬(1勝0敗0S)
負け:薮田(0勝2敗8S)

ホームラン:平田3号(ソロ)

午後3時から開始となったこの試合。

4回表のピンチで、我らが中日ドラゴンズの先発の川井が、
ロッテの大松を打ち取って0-0のスコアで耐えたのを観てから、
1時間ほどのランニングに出かけましたrun

そして家に戻ってきたら、ある程度は予想通りの、まだ「0-0」の状態smile

9回表のロッテの攻撃、1アウト2塁の場面で、里崎が右中間方向に
鋭い当たりを打った瞬間、

「これは抜けたなぁ。終わった……」

と覚悟したのですが、ライトの平田が背走しながらジャンプしての好捕。

この回のピンチを無失点で耐えて、そして9回裏の攻撃。
しかし、和田、佐伯と倒れて2アウトでランナー無し。

そして、ここで平田の登場。

「昨日と同じような場面で、2試合連続のサヨナラホームランを!」

と思いながら「でも、そんなことは現実的には起こらないよな~」というのが、
日本全国8千万人の中日ドラゴンズファンが、共通で抱いた感情だと思いますsmile

しかし、そんな夢物語が、現実に起こりました。
Hirata651

Hirata652

昨日に続いて、あらゆる面での「平田祭り」。

森野とか森野とか森野とか、細かい面で気になることは多々ありますが、
昨日、今日と、びっくりするような最高の結末になりましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年6月 4日 (土)

桜の花びら散るたびに、届かぬ想いがまた一つ

今日は午前11時半頃から、15キロほどのランニングをしてきましたrun

普段のランニングコースとしている箇所で、
期待していた風景の中を走ることができましたhappy01
Nishino1

Nishino2

Nishino3

大半はヤエザクラの花びらのようですが、それが散って、
一面に広がっていました。

ちょうど、ここを通った自転車の中学生か高校生の男の子達が、

「何だこれ。『珍百景』に出したら、採用されるぞ。」

と言いながらすれ違っていきました。

まぁ、現実的には、珍百景に採用されるのはかなり難しいとは思いますが、
思わずそう言いたくなるような風景delicious

Nishono4
だいたいの花びらは散っていたのですが、一部はまだ残って咲いていました。
今年の春は気温が低めだったのが幸いしてか、長く楽しめる状態。

ちなみに、ここは「西野緑道」です。基本的に練習嫌いな僕ですが、
明日もここのコースを走るのは非常に楽しみですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中日の平田良介がサヨナラホームラン!!!

2アウトでランナー無しの場面、ひそかに期待はしていましたが、
まさか現実になるとはhappy01

--------
●プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11  計
西武 0 0 0 0 1 0 0 0 0  0 0   1
中日  0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1× 2

勝ち:浅尾(3勝1敗2S)
負け:野上(0勝1敗0S)

ホームラン:平田2号(ソロ)

延長11回裏、2アウトでランナー無し。試合時間は3時間30分を過ぎていて、
引き分けが濃厚と思われた場面から、我らが中日ドラゴンズの平田良介の
サヨナラホームランにて、劇的な勝利。
Hirata1_2

Hirata2_2

そもそも、9回裏に同点タイムリーを打って延長戦に持ち込んだのも平田でしたし、
今日は文句なしの平田祭りでした(先発の中田の好投も良かったですが)。

平田と言えば北海道民にとっては、2005年の夏の甲子園の高校野球、
準決勝のあの延長戦の死闘(駒大苫小牧6-5大阪桐蔭)を思い出します。

結局、この試合に勝った駒大苫小牧高校が、決勝でも京都外大西高校に
5-3で勝って、夏の甲子園の2連覇を達成。田中将大が2年生の時でした。

この時の京都外大西高校の1年生エースが最近、間違った方向で
無駄に話題になってしまいましたがsad

話を平田に戻して、最近は「中田翔の同じ高校の2年先輩」という取り上げられ方と
なっていましたが、6年目のシーズンで、いよいよ覚醒と期待したいですhappy01


-------
サッカーJ2リーグ 第15節(今年の第9試合目) 大分銀行ドーム

大分トリニータ 0-1 コンサドーレ札幌

得点;前半12分 近藤(札幌)

昨年3月28日以来、433日ぶりの連勝とのこと。
余計なことは一切考えずに、素直に喜びましょうsmile

敵地での試合は今日で5試合目だったのですが、その敵地の試合での
記念すべき今シーズン初ゴールが決勝点に。

たしかに映像で観た限りは、相手キーパーのミスのようにも思えましたが、
強いシュートを枠の中に飛ばした結果ということで。

これで4勝4敗1分けの勝ち点13で、暫定順位は9位(20チーム中)。
昇格圏の3位のサガン鳥栖の勝ち点は17で、その差は4。

とりあえずこれから1週間、良い気分であれこれ楽しい妄想をしながら過ごせます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

「2011年おたる運河ロードレース大会」のゼッケン引換証

今日、家に、2週間ほど後の6月19日(日)に行われる、

「第23回 おたる運河ロードレース大会」

のナンバーカード(ゼッケン)引換証のハガキが届きました。

今年でこの大会は、5年連続でハーフマラソンを走る予定となります。
Otaruhagaki_2 

「ハーフ男子35歳未満の部」は今年で無事に卒業ということで、
来年からは見事、1つ上へとレベルアップできますsmile

この大会に関しては、いろいろな評判をあちこちで耳にしますが、
僕としては、特にハーフの後半の、

「新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネル」

のトンネル内の往復がとにかく魅力的なので、
他の細かいことはどうでもいいですdelicious

そんなところで、完走した後の名物の「みそ汁」を楽しみに、
明日からの土・日の週末もボチボチと練習したいです。

*追記
  スミマセン。今年は「みそ汁」は無いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

つや姫

2年くらい前から、サッカーのモンテディオ山形のユニフォームに
記載されている「つや姫」という文字。

「『つや姫』って何なんだろう?」

と気にはなりながら、特に調べずに今まで過ごしてきたのですが、
今日の夜に、日テレ系で放送の「秘密のケンミンSHOW」を見ていたところ、
その謎が判明。

「連続転勤ドラマ、辞令は突然に…」

のコーナーで、今週から山形編だったのですが、そこで、
「つや姫」は山形県で開発されたお米のことだと知りました。

まぁ、ネットで検索すれば1分くらいで解決していた問題でしょうが、思いがけず
謎が解けてスッキリしたこの感覚は、なかなか心地良いものがありますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »