« 札幌市は今年初の真夏日 | トップページ | 堂上剛裕の起死回生の逆転タイムリー!(中日ドラゴンズ) »

2011年6月30日 (木)

日曜日は「2011年札幌国際ハーフマラソン」

今度の日曜日、7月3日には「第54回 札幌国際ハーフマラソン」が行われます。

今週に入ったあたりから、看板も見かけるようになりました。
Kanban

この大会は、細かい話は抜きにして、男子なら「1時間18分以内の自己ベスト」を
持っていないと参加資格が無く、当然ながら僕には、完全に遠い世界の大会です。

そんな、一般の市民ランナーにとっては超エリート中のエリート大会ですが、
大会前、看板が出たあたりから職場などで、

「○○くんは今度の日曜日、走るのかい?」

と聞かれて、

「いやぁ~、出たいんですけど、参加の条件が非常に厳しくて~」

と説明するというのが、毎年の恒例行事にdelicious

招待選手は、

●男子

[海外招待選手]
 アンドリュー・レモンチェロ(イギリス)
 ステファン・キプロティチ(ウガンダ)
 チ・ヨンジュン(韓国)

[国内招待選手]
 川内 優輝(埼玉県庁)
 尾田 賢宣(トヨタ自動車)
 中本 健太郎(安川電機)
 佐藤 敦之(中国電力)
 佐藤 智之(旭化成)
 藤原 新(レモシステムRC)
 前田 和浩(九電工)
 藤原 正和(ホンダ)
 サイラス・ジュイ(日立電線)
 ガトゥニ・ゲディオン(日清食品グループ)
 木原 真佐人(カネボウ)
 真壁 剛(カネボウ)

●女子

[海外招待選手]
 フローレンス・キプラガト(ケニア)

[国内招待選手]
 加納 由理(セカンドウインドAC)
 嶋原 清子(セカンドウインドAC)
 原 裕美子(ユニバーサルエンターテインメント)
 堀江 知佳(ユニバーサルエンターテインメント)
 樋口 紀子(ワコール)

この他にも、一般参加で男女とも、実業団や大学などの有力選手が
多数走ることになると思われます。

コースは、円山競技場をスタート&ゴールとして、大通やすすきのを通過して、
白石区の東札幌で折り返すコース。

だいたい毎年、沿道に観戦に行っているのですが、
今年もコース終盤の円山のあたりに観に行く予定ですhappy01

|

« 札幌市は今年初の真夏日 | トップページ | 堂上剛裕の起死回生の逆転タイムリー!(中日ドラゴンズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/52085829

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日は「2011年札幌国際ハーフマラソン」:

« 札幌市は今年初の真夏日 | トップページ | 堂上剛裕の起死回生の逆転タイムリー!(中日ドラゴンズ) »