« 6月から8月までの3か月予報 | トップページ | 桜が降る、桜が降る、新しい僕らの上に(+中日が勝利!) »

2011年5月27日 (金)

交流戦の途中経過(8試合終了)

先週の火曜日から開始した、プロ野球の交流戦。

昨日は、阪神タイガースのマートンの守備で、元巨人のレイサムの8年前のプレーが
再び脚光を浴びて、しかも昨日、5月26日はレイサムの誕生日という偶然がsmile

さて、今日は移動日で試合が無かったのですが、ここまで、
各チームとも8試合が終了しています(全部で24試合)。

現在の順位は、

 1.ソフトバンク  6勝0敗2分
 2.埼玉西武   6勝2敗
 2.中日      6勝2敗
 4.オリックス   5勝3敗
 5.日本ハム   4勝4敗
 5.横浜      3勝3敗2分
 7.広島      3勝4敗1分
 8.巨人      3勝5敗
 9.千葉ロッテ   2勝5敗1分
 9.東北楽天   2勝5敗1分
 9.東京ヤクルト 2勝5敗1分
12.阪神      2勝6敗

とのこと。

去年はパリーグが81勝、セリーグが59勝、引き分けが4試合ということで、
パリーグが圧倒的な勝ち越しという結果に。

今年もここまでは、パリーグが25勝、セリーグが19勝、引き分けが4試合で、
パリーグが優勢。

中日ドラゴンズファンにとっては、

「中日が勝って、他のセリーグのチームが負ける」

という、理想的な展開ですがsmile

明日からの土・日のカードは、

日ハム-広島(札幌ドーム)
楽天-阪神(Kスタ宮城)
西武-ヤクルト(西武ドーム)
ロッテ-巨人(QVCマリン)
オリックス-中日(京セラドーム大阪)
ソフトバンク-横浜(ヤフードーム)

で、「全部パリーグの本拠地試合だけど、たまたまなのかな?」と思って
日程表を調べてみて初めて気が付いたのですが、交流戦の日程の作り方は、

・交流戦の最初の4試合(2連戦×2試合)は、全てパリーグの本拠地試合
・次の4試合は、逆に全てセリーグの本拠地試合
・その次の4試合は、また逆になって、全てパリーグの本拠地試合
・その次の4試合は、またまた逆になって、全てセリーグの本拠地試合
・その次の4試合は、またまたまた逆になって……

という繰り返しになっているんですね。一般的には普通に知られていること
なのかもしれませんが、何となく大きな発見をした気分にdelicious

|

« 6月から8月までの3か月予報 | トップページ | 桜が降る、桜が降る、新しい僕らの上に(+中日が勝利!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/51783949

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦の途中経過(8試合終了):

« 6月から8月までの3か月予報 | トップページ | 桜が降る、桜が降る、新しい僕らの上に(+中日が勝利!) »