« ランニングシューズ「TARTHER BLITZ 2」を購入 | トップページ | 北海道四季劇場で「ライオンキング」を鑑賞 »

2011年4月 8日 (金)

プロボクシング3大世界タイトルマッチ(西岡、粟生、長谷川)

今夜は日本テレビ系で放送された「プロボクシング3大世界タイトルマッチ」を観ました。

最後の長谷川の試合の、ワンパンチでのKO負けの衝撃で、そこまでの2試合の
西岡と粟生の試合の印象が吹っ飛んでしまった感じ……。

今日の中継では1番最初に流された西岡は、僕と同じ歳(34歳)なので、
KO防衛の嬉しさも倍増です。

どうでもいい話ですが、中継を観ていて気になったのは、
観客席の真ん中の目立つ位置に座っていた女性。

ずっと携帯電話をいじっていて全然試合を観ていないかと思えば、
日本人選手がいいパンチを入れるとすぐに反応して拍手したり、
興味があるのか無いのか、謎でした。

長谷川に勝ったジョニー・ゴンザレスは、2年前に地元のメキシコで
西岡にやられた事を、今回は敵地の日本で逆にやり返したわけで、
その「2年間」に重みを感じました。

長谷川にはとにかく勝ってほしかったですが、これも真剣勝負の結果ということで、
3試合とも見応えがあって満足な夜でした~。

----
●WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
  チャンピオン 西岡利晃(帝拳)×挑戦者 マウリシオ・ムニョス(アルゼンチン)
   結果:西岡の9RKO勝利(6度目の防衛に成功)

●WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
   チャンピオン 粟生隆寛(帝拳)×挑戦者 ウンベルト・グチェレス(メキシコ)
    結果:粟生の4RKO勝利(初防衛に成功)

●WBC世界フェザー級タイトルマッチ
   チャンピオン 長谷川穂積×挑戦者 ジョニー・ゴンザレス(メキシコ)
    結果:ゴンザレスの4RTKO勝利(タイトル奪取)    

|

« ランニングシューズ「TARTHER BLITZ 2」を購入 | トップページ | 北海道四季劇場で「ライオンキング」を鑑賞 »

コメント

真正面に座っていたアムロナミエ(字未詳)似の女性2人が妙に目障りでした。
観客というよりもサクラだったのでは。

投稿: アザラシ | 2011年4月 9日 (土) 07時53分

>アザラシさん

あの観客(推定)の女性2人は、とにかく妙に気になりましたよね~。
何だったのか、いまだに謎ですな……。

投稿: しげた | 2011年4月 9日 (土) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/51336960

この記事へのトラックバック一覧です: プロボクシング3大世界タイトルマッチ(西岡、粟生、長谷川):

« ランニングシューズ「TARTHER BLITZ 2」を購入 | トップページ | 北海道四季劇場で「ライオンキング」を鑑賞 »