« チケット到着(Mr.Childrenの札幌コンサート) | トップページ | 今年も47都道府県を完全制覇?(2011年北海道マラソン) »

2011年3月27日 (日)

羽生善治3冠が史上初の3連覇(NHK杯将棋トーナメント)

今日の午前中は、NHK教育テレビの

「第60回 NHK杯将棋トーナメント」

の決勝戦を見ました。

羽生善治 3冠(名人・王座・棋聖)×糸谷哲郎 5段

という、1年前と全く同じ顔合わせ。

結果は、先手の羽生3冠の勝利となり、史上初のNHK杯の3年連続優勝。
そして通算9回目の優勝。ここまで、大山康晴15世名人の8回の記録と
並んでいたのですが、これで史上最多記録を更新。

NHK杯を10回優勝すると「名誉NHK杯」の称号が与えられるようで、
そこまでもあと1つとなりました。

今日の対局は、先手の羽生3冠が攻め込みながら、糸谷5段の
粘り強い受けによって、混沌とした局面になったように感じました。

羽生3冠の持ち駒も少なく攻めが細いような気もして、
先手の▲5六金を△5五歩~△4五歩~△3五歩で
押し戻したあたりは、むしろ糸谷5段の方を持ちたい感じも。

最後、△3六歩~▲同飛と呼び込んだのが敗着だったのでしょうかね。
あれで一気に決まってしまった印象も。

最後は「急転直下」で終局となってしまった感じでしたが、
そこまでは非常に見応えがあって、満足な日曜日の午前でした。

それと、今日の対局の記録係を務めていた門倉啓太3段は、
4日前の奨励会3段リーグの最終戦で、上位2名に入って、
見事にプロ4段に昇段を決定(もう1人は16歳の阿部光瑠3段)。

そろそろ年齢制限のプレッシャーも気になる23歳の昇段。

今日の対局は以前に収録していた録画放送なので、
この段階ではまだ昇段を決めてはいなくて、最終戦の
大一番を控えている状況だったのですが、

「良かったよなぁ~」

と、画面に姿が映るたびに、妙に讃えたい気分になりました。

|

« チケット到着(Mr.Childrenの札幌コンサート) | トップページ | 今年も47都道府県を完全制覇?(2011年北海道マラソン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/51228623

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生善治3冠が史上初の3連覇(NHK杯将棋トーナメント):

« チケット到着(Mr.Childrenの札幌コンサート) | トップページ | 今年も47都道府県を完全制覇?(2011年北海道マラソン) »