« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

北海高校は惜しくも負け(春の選抜高校野球-準々決勝)

現在行われている、第83回選抜高校野球大会。

今日、北海道地区代表の北海高校は、福岡の九州国際大学付属高校と、
ベスト4をかけて準々決勝の試合を行いました。

リードされるたびに追いつくこと3度、9回裏はもしかして「4度目」が起こりそうな
ところまでいったようですが、残念ながらベスト8止まり。

しかし、2つ勝ってベスト8までいって、今日も大接戦で、
かなり満足です。

とは言え、やはり悔しい気持ちは強いですが……。

          1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
九州国際大付  1 0 0 1 1 0 0 2 0 5 
北海               0 0 1 1 0 0 1 0 1 4

9回裏は1点を返し、さらに1アウト1、2塁のチャンスだったようですが、
わずかに届かず。

北海道勢は、去年の北照高校に続いて、2年連続でセンバツはベスト8進出。
今年は、夏にも是非とも期待したいところ。

その去年の北照高校の2回戦の相手は自由ヶ丘高校で、
この高校は実は、今日と同じく福岡県の高校でした。

その試合のスコアは以下の通りです。

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
北照     0 0 0 0 0 0 3 0 2 5
自由ヶ丘  0 0 0 0 0 0 3 0 1 4

・7回まで3-3の同点。
・そこから、一方のチームが2点勝ち越して5-3に。
・9回裏、もう一方のチームが1点を返して、さらに1打同点のチャンス
 (去年は2アウト2塁)。
・しかし、追い上げも届かず、5-4で試合終了。

ということで、試合展開がかなり似ていて、最終スコアは全く同じ5-4。
しかし勝ったのは、去年は北海道の高校で、今年は福岡の高校。

そう考えると、去年と今年、北海道×福岡の対決は不思議な関係があって、
大げさに言えば、「野球の神様」の存在を、何となく少しだけ思い浮かべて
しまいました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

卒業ソングTOP20(CDTVより)

3月も明日で終わりとなりますが、3月といえばやはり「卒業・旅立ち」の季節。

TBS系列で土曜日の深夜に放送されているCDTVで、
1ヶ月ほど前に、

「CDTVアンケート あなたが好きな卒業ソングTOP20」

の発表がされていました。

思ったよりも、いろいろな年代の曲がバランス良く入っていた感じで、
なかなか見応え(聴き応え)のあるランキングでした。

 1.道/EXILE
 2.3月9日/レミオロメン
 3.桜の栞/AKB48
 4.振り向けば…/Janne Da Arc
 5.10年桜/AKB48
 6.YELL/いきものがかり
 7.旅ダチノウタ/AAA
 8.贈る言葉/海援隊
 9.my graduation/SPEED
10.Best Friend/西野カナ
11.桜の木になろう/AKB48
12.卒業写真/荒井由実
13.遥か/GReeeeN
14.サクラ咲ケ/嵐
15.春めく僕ら/DaizyStripper
16.Best Friend/Kiroro
17.卒業/尾崎豊
18.さくら(独唱)/森山直太朗
19.手紙~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ
20.空も飛べるはず/スピッツ

という結果でした。15位の曲だけは、残念ながら知りませんでした
(3月3日に発売されたばかりの曲のようです)。

何をもって「卒業ソング」とするかは微妙ですが、
僕がここから3曲選ぶとすれば、

3月9日/レミオロメン
YELL/いきものがかり
空も飛べるはず/スピッツ

です。さらに、このTOP20以外で他に思いつく曲は、

ツバサ/アンダーグラフ
遠く遠く/槇原敬之
星になれたら/Mr.Children

あたりでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

北海高校がベスト8進出(春の選抜高校野球2回戦)

大会6日目となった「第83回 選抜高校野球大会」は、
第2試合から2回戦に入りました。

そして今日、第3試合で北海道地区代表の北海高校が登場。
相手は、昨秋の近畿大会で優勝している天理高校(奈良)。

もちろん「勝ってほしい」という願望は強かったですが、
正直、期待感はかなり薄かったです。スミマセン。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
天理 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
北海 0 0 0 0 0 1 0 0  × 1

1年生(新2年生)のエース玉熊投手が、見事な完封勝利。
素晴らし過ぎます。

6回裏の1点は、2アウト1・2塁から、代打の松本選手のタイムリーだったようです。

1回戦の創志学園高校戦は、1-1の同点の8回裏に、
4番バッターの川越選手のホームランにより2-1の勝利。

そして今日は代打の選手のタイムリーと、決勝点の奪い方が、
どちらもなかなか格好良いですね。

これでベスト8に進出。

北海高校がセンバツでベスト8に進出するのは、48年ぶりとのこと。

その48年前には準優勝までいったようで、エースの吉沢投手とか、
その後、大学、社会人を経て中日ドラゴンズに入団した谷木恭平選手とか、
話では何回も耳にしたことがあるのですが、それ以来なんですね。

次は大会第9日の第1試合、順調にいけば31日(木)の
午前11時からの試合となります。

相手は、福岡県の九州国際大付属高校。
ここまで来たら、さらにもう1つ上までいってほしいです~。

今日の結果
 大垣日大(岐阜) 7-0 東北(宮城)
 九州国際大付属(福岡) 4-2 日本文理(新潟)
 北海(北海道) 1-0 天理(奈良)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

今年も47都道府県を完全制覇?(2011年北海道マラソン)

今日は午後3時から、北海道民にとっては(たぶん)お馴染みの石山愛子さんが
進行を行っていた、BSフジの競馬中継を観ました。

「高松宮記念、1200メートル」のG1レースにおいて、ボクシングファンにとっては
名前が印象に残る8歳馬の、

「キンシャサノキセキ」

が、昨年に続いて、このレース2連覇。意味もなく、妙に嬉しい気分に。

それを観た後、午後4時ちょうどあたりから、1時間ほどのランニングに出ました。

今日の札幌市の最高気温は3.8℃ということで、平年よりも2℃ほど低く、
さらに風も強く、もう1つさらに雪snowが舞う中でのランニングとなりましたが、

「コツコツとアスファルトに刻む~足音を踏みしめるたびに~」

ということで、雪道(氷道)の部分はごく一部という、
路面はようやく春を感じられる状況に。

前置きが長くなりましたが、8月28日に行われる北海道マラソン(フルマラソン)は
まだまだ5か月先ながらも、申し込みは、1週間ちょっと後の4月5日から開始に。

「北海道の大会なんだから、参加者は、大半が北海道に住む人間なんだろ」

と思いたくなりますが、去年の大会に申し込んだ人は、
前日のゼッケン引換の際に貰ったプログラムによると、

北海道……4916人
北海道以外……3945人

となっていて、北海道以外からの申込者が、計算すると約45%という結果に。
2010doumara_2 

 1.北海道 4916人
 2.青森 49人
 3.岩手 19人
 4.宮城 67人
 5.秋田 25人
 6.山形 13人
 7.福島 22人
 8.茨城 71人
 9.栃木 37人
10.群馬 35人
11.埼玉 290人
12.千葉 308人
13.東京 1124人
14.神奈川 583人
15.新潟 38人
16.富山 25人
17.石川 19人
18.福井 11人
19.山梨 16人
20.長野 33人
21.岐阜 30人
22.静岡 84人
23.愛知 175人
24.三重 33人
25.滋賀 19人
26.京都 68人
27.大阪 182人
28.兵庫 128人
29.奈良 21人
30.和歌山 15人
31.鳥取 4人
32.島根 4人
33.岡山 12人
34.広島 47人
35.山口 10人
36.徳島 14人
37.香川 8人
38.愛媛 14人
39.高知 8人
40.福岡 115人
41.佐賀 14人
42.長崎 11人
43.熊本 8人
44.大分 5人
45.宮崎 17人
46.鹿児島 10人
47.沖縄 18人
48.国外 86人

ということで、見事に、47都道府県を完全制覇。

今年も完全制覇となることを願っているので、誰にお願いしていいのかは
不明ですが、とにかく、よろしくお願いいたします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生善治3冠が史上初の3連覇(NHK杯将棋トーナメント)

今日の午前中は、NHK教育テレビの

「第60回 NHK杯将棋トーナメント」

の決勝戦を見ました。

羽生善治 3冠(名人・王座・棋聖)×糸谷哲郎 5段

という、1年前と全く同じ顔合わせ。

結果は、先手の羽生3冠の勝利となり、史上初のNHK杯の3年連続優勝。
そして通算9回目の優勝。ここまで、大山康晴15世名人の8回の記録と
並んでいたのですが、これで史上最多記録を更新。

NHK杯を10回優勝すると「名誉NHK杯」の称号が与えられるようで、
そこまでもあと1つとなりました。

今日の対局は、先手の羽生3冠が攻め込みながら、糸谷5段の
粘り強い受けによって、混沌とした局面になったように感じました。

羽生3冠の持ち駒も少なく攻めが細いような気もして、
先手の▲5六金を△5五歩~△4五歩~△3五歩で
押し戻したあたりは、むしろ糸谷5段の方を持ちたい感じも。

最後、△3六歩~▲同飛と呼び込んだのが敗着だったのでしょうかね。
あれで一気に決まってしまった印象も。

最後は「急転直下」で終局となってしまった感じでしたが、
そこまでは非常に見応えがあって、満足な日曜日の午前でした。

それと、今日の対局の記録係を務めていた門倉啓太3段は、
4日前の奨励会3段リーグの最終戦で、上位2名に入って、
見事にプロ4段に昇段を決定(もう1人は16歳の阿部光瑠3段)。

そろそろ年齢制限のプレッシャーも気になる23歳の昇段。

今日の対局は以前に収録していた録画放送なので、
この段階ではまだ昇段を決めてはいなくて、最終戦の
大一番を控えている状況だったのですが、

「良かったよなぁ~」

と、画面に姿が映るたびに、妙に讃えたい気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

チケット到着(Mr.Childrenの札幌コンサート)

4月2日、3日の土・日に札幌の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで
行われる予定の、ミスチルのコンサートツアー。

ツアーのタイトルは「Mr.Children  Tour2011  SENSE」です。

1月中旬に、インターネットでの先行予約の抽選に申し込んだところ、
ラッキーにも4月2日の開催分に当選。

そして、そのチケットが昨日、家に郵送で届きました。
Ticket

座席は「東スタンド3階 かブロック」ということで、どこら辺の座席になるのかは
分かりませんが、例えどんな座席でも、チケットが手に入っただけで幸せです。

本当に来週、このコンサートが行われるのかどうかは心配な面があるのですが、
それは主催者の決定に従います。

とりあえずは、昨年の12月に発売されたアルバムの「SENSE」を、
もう1度じっくり聴いて、来週の土曜日に備えたいと思います。
Mrchildren_2

*3月29日(火) 午後11時追記

公式ページに、3月28日の日付で、「北海道公演は、予定通り開催」との
発表がされていました。一安心です。

公式ページ 
http://www.mrchildren.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

DON'T STOP BELIEVING/ZIGGY(1990年)

昨日、甲子園球場で開幕したセンバツ高校野球に少しだけ絡めて、
音楽ネタで。

「僕が初めて自分で買ったCD」

というのが、ZIGGY(ジギー)というバンドのシングル曲「GLORIA」でした。
これがその、記念すべき1枚。
Gloriaomote_2_2  Gloriaura_2

1989年に放送された月9ドラマの「同・級・生」の主題歌としても、
たぶん有名だと思います。

YUIが歌うGLORIAは「くらいやいや~」ですが、こっちのGLORIAは
「うぉうぉうぉ~グローリアー」です。

そして、タイトルに書いた「DON'T STOP BELIEVING」という曲は、
1990年に発売されたアルバムの中に収録されていた曲。

たぶん、シングルにはなっていないようですが、この曲は、

「遥かなる甲子園」

という映画の主題歌となっていたんですよね~。
当時、中学生だった僕は、帰り道とかでよく口ずさんでいた記憶があります。

YouTubeに、おそらく当時、歌番組で歌っていた映像が載っていました。
http://www.youtube.com/watch?v=aGdEIDUwmn4

ZIGGYは、この他にも、ONE NIGHT STAND、I'M GETTIN' BLUEとか、
中学生時代に一時期、僕の心を彩っていたバンドです。今思い出すと、
非常に懐かしいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

北海高校が初戦突破(春の選抜高校野球)

夜に日テレ系で放送していた歌番組で、現在の田原俊彦が出てきて、
「抱きしめてTONIGHT」「ハッとして!Good」「ごめんよ涙」のメドレーを
歌っているのを見て、妙に感動した気分になった今夜でした。

さて、今日、甲子園球場で開幕した「第83回 選抜高校野球大会」。

大会初日の第3試合で、北海道地区代表の北海高校が登場し、
岡山の創志学園高校と対戦して、2-1の勝利で初戦を突破。

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
創志学園 0 0 0 0 0 0 1 0 0  1
北海    1 0 0 0 0 0 0 1  ×  2

というスコアで、8回裏の決勝点は、4番バッターの川越選手の
ホームランだったようで。

これで、北海高校のセンバツ勝利は、23年ぶりとのこと。

23年前と言えば、1988年(昭和63年)。

ウィキペディアで調べてみると、この年のセンバツは、
北海道からは2校出場していて、初戦は、

北海 4-0 西条農
函館有斗 7-3 柳川

ということで、両チームとも初戦を突破していたとのこと(共に次の試合で敗退)。

「両チームとも初戦突破」なら、印象に残っていてもいいと思うのですが、
残念ながら、「そうだったかなぁ……」と、何となくボンヤリとした記憶が
あるかどうかも怪しい感じ。

あと、この年の開会式の入場行進曲が、酒井法子の「夢冒険」だったようで。

この年の決勝戦は 宇和島東6-0東邦で、宇和島東高校が優勝とのことですが、
準優勝の東邦高校のピッチャーの山田というのは、おそらく当時1年生(新2年生?)
だった、山田喜久夫だと思われます(その後、中日ドラゴンズに入団)。

次の年の、1989年(平成元年)のセンバツの決勝戦、
東邦高校と上宮高校の、延長戦での逆転サヨナラ劇は伝説ですね。

東邦高校はこの山田喜久夫がエース、そして上宮高校には、
元木大介や種田仁がいたんですよね~。懐かしい。

北海高校の次の試合は、大会6日目の第3試合に、
大館鳳鳴-天理の勝利チームと戦う予定。
もう1つ、勝ってほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

風が強く吹いている/三浦しをん

この前の3連休、箱根駅伝を題材にして書かれた、

「風が強く吹いている」

という小説を読みました。
Kazegatuyoku_2

1年半くらい前に、この小説が映画化されたのを機会にこの本を買って、
その時に1回読んでいたのですが、何となくもう1回読みたくなりました。

前半、ハイジの強引な強権発動の提案に対して、竹青荘の住人達が
それぞれ少しずつやる気になっていくあたりの描写が、特に好きです。

たしかに、まともな陸上経験がある人間が2~3人しかいない中、
ギリギリのわずか10人で箱根駅伝に出場するなんて、
現実的にはあり得ないのは間違いないところ。

まず、この当時の予選会の参加資格の「5千メートル17分以内」を、
10人全員がクリアする段階ですら、だいぶ現実離れと言えそう。

しかし、そう思いながらも「でも、こんなことが実際に起こったら楽しいよな~」という、
そんな感覚も持って読むことができるのが、この小説の大きな魅力なのかも。

最後に、ウィキペディアに記載の説明文を書いておきます。
------
『風が強く吹いている』は、三浦しをんによる箱根駅伝を舞台にした日本の小説。
2006年9月22日新潮社より刊行。

その後、2007年には漫画化およびラジオドラマ化されたのに続き、
2009年1月には舞台化、同年10月31日には実写映画が公開されるなど、
各メディアで取り上げられている。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年3月21日 (月)

ハーフマラソン

今日は、春分の日絡みの3連休の、悲しい最後の日でした。

そんな今日は、午後4時過ぎから、1時間ほどのランニングに出ました。

今シーズンの開幕戦は、5月5日に開催予定の「日刊スポーツ 豊平川マラソン」での
ハーフマラソンなので、まずはそれに向けて、少しずつ練習を増やしていきたいところ。

7年前の2004年の5月5日の、当時は「豊平川ラン&ウォーク」という大会名称だった
この大会が、僕の記念すべき「初ハーフマラソン」でした。

そこからハーフの大会は、年に4~5回平均で走ってきていて、
毎年、多くは同じ大会に出続けているので、たぶん、
下に記載した参加大会は、漏れが無く正しいと思います。

2004年
  5月 豊平川ラン&ウォーク
  6月 アコム さっぽろ祭りマラソン
 10月 札幌マラソン

2005年
  5月 豊平川ラン&ウォーク
  6月 アコム さっぽろ祭りマラソン
 10月 札幌マラソン
 10月 北海道ロードレース

2006年
  5月 豊平川ラン&ウォーク
  6月 アコム さっぽろ祭りマラソン
  9月 函館ハーフマラソン
 10月 札幌マラソン
 10月 北海道ロードレース

2007年
  5月 豊平川ラン&ウォーク
  6月 おたる運河ロードレース大会  
  9月 函館ハーフマラソン
 10月 札幌マラソン
 10月 北海道ロードレース

2008年
  5月 日刊スポーツ豊平川マラソン
  6月 おたる運河ロードレース大会
  9月 函館ハーフマラソン
 10月 札幌マラソン
 10月 北海道ロードレース

2009年
  5月 日刊スポーツ豊平川マラソン
  6月 おたる運河ロードレース大会
  9月 ピパオイヘルシーロードレース(美唄市)
 10月 札幌マラソン
 10月 北海道ロードレース

2010年
  5月 日刊スポーツ豊平川マラソン
  6月 おたる運河ロードレース大会
  9月 ピパオイヘルシーロードレース(美唄市)
 10月 札幌マラソン
 10月 北海道ロードレース

ということで、計32回(たぶん)のハーフマラソンの大会を、
昨年まで走っていることに。

とはいえ、これはあくまで昨年までのことで、雪snowもだいぶ無くなってきて
また新しいシーズンということで、今までの経験を生かしながら、

「常に初陣」

という気分でいければ理想的なのでしょうが、あれこれ考えると
頭の中がパンクしそうになるので、とにかく、5月5日の豊平川の
ハーフに向けて、地道に練習をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月20日 (日)

くるくるチョコラッテ

1週間ほど前、何故かホワイトデーとしてのプレゼントを貰いました。
Hotchoco1

北海道の伊達市の「株式会社 牧家」という会社が出している商品のようです。

『「くるくるチョコラッテ」と温かいミルクで作るホットチョコレート』

ということで、作ってみました。

説明書きによると、

------
80℃前後に温めたミルク約150mlと「くるくるチョコラッテ」をカップに入れて、
くるくるかき混ぜながらチョコレートを溶かします。お好みでミルクの量を
調整してお召し上がりください」
------

とのこと。
Hotchoco2

ここから、2~3分ほど、一心不乱にかき混ぜたところ、完成しました。

Hotchoco3

残念ながら、写真を見た限りでは、あまり美味しそうに見えないかもしれませんが、
ほっとするような感じの甘さで、美味しかったです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

コツコツとアスファルトに刻む足音を踏みしめるたびに~

今日の札幌市の最高気温は9.9℃ということで、平年よりは5~6℃くらい高く、
風が強い時間帯はありながらも、今の時期としてはかなり暖かい1日に。

そんな中、午前11時半過ぎから、1時間ほどにランニングに。

・アスファルト路面…8割
・グチャグチャの雪道(氷道?)や水たまり…2割

という感じで、3日前に買ったアシックス製のランニングシューズの
「GEL-KAYANO 17」での初走りとなったのですが、特に問題なく、
良さそうな感触でした。

アスファルト路面で、滑る心配が無く走ることができるのは非常に嬉しいのですが、
この何か月間か「脚に優しい雪道」に慣れきっていたので、

「コツコツとアスファルトに刻む足音を踏みしめるたびに~」

ということで、雪道に比べると妙に脚に衝撃を感じてしまい、
やや戸惑う感覚になりました。これは毎年、今の時期の恒例行事です。

今日から3連休なので、あさっての月曜日に、もう1回走りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

ランニングシューズ「アシックス GEL-KAYANO17」を購入

今日は仕事帰りに、スポーツ専門店に行って、
ランニングシューズを買ってきました。

今回は「練習用」ということで、クッション性の高いものを目的に。

Gelkayano17
GEL-KAYANO17(ゲル・カヤノ17)

というアシックス製のシューズにしました。

ここまでの1年間は、この1世代前のモデルの「GEL-KAYANO16」を使っていました。
この1年間、特に脚の故障や違和感は無かったので、現状維持人間の僕は、
同じタイプのものの方が、外れの心配が少なくて安心できるので、これにしました。

一応は「試し履き」ということで履いて、何となくウロウロと歩いてはみて、
あれこれと感触を確かめている雰囲気を醸し出しているのですが、実際には、

「いいのか悪いのか、よく分からん‥‥」

となってしまうのがいつものパターン。当然、今日もそうでした。

そんなところで、新しいランニンググッズを買うと

「気分上々↑↑」

という、mihimaru GT の気分になって、今週末の3連休あたりから、
少しずつ本格的な練習のスタートの「キャンプイン」にしようかなと思い、
先ほど、札幌市の天気予報を調べてみました。

19日(土) 曇り一時雪か雨 降水確率50% 最高気温7℃
20日(日) 晴れ時々曇り 降水確率30% 最高気温7℃
21日(月) 曇り一時雪か雨 降水確率70% 最高気温5℃ 

ということで、気温は平年よりも高めの予報で、
雨の予報は気になりますが、まずまずの天気が期待できるようで。

今日、このシューズを買ったお店で、フジファブリックの

「♪全力で走れ~全力で走れ~滑走路用意できてるぜ~♪」

が流れていました(「Sugar!」という曲)。久しぶりにこの曲を耳にしたのですが、
新しいシューズを買った勢いと合わせて、今はもの凄いやる気に満ち溢れています。

たぶん、明日になったら、通常のテンションに戻ると思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

豊浦町の小幌駅

半年ほど前になりますが、昨年の9月26日(日)に登別市で行われた
「コーザングリーンレース」というランニングの大会に参加したのですが、
その大会は前日移動の1泊2日の行程でした。

今、デジカメに撮ったまま放置していた写真をパソコンに取り込んでいたら、
何となく懐かしくなったので、半年遅れの旅行記を少しだけ。

その前日移動の土曜日は、たしか地下鉄西11丁目駅で待ち合わせをして、
同じく参加する方の車に乗せていただき、3人での移動となりました。

まずは、南3条西12丁目にある『焼そば らんらん』というお店に行って、
あんかけ焼きそばで昼食を。
Anyaki_2

それから移動して、車を運転していただいた方の「趣味」ということで、
虻田郡豊浦町(ボクシングの内藤大助の出身地)の豊浦駅に行き、
その方が企画したイベントがスタートしました。
Toyouraeki

ここから、室蘭方面の「汽車」に乗り、たしか20分ほどの「小幌駅(こぼろえき)」
という駅で降りました。
Koboroeki1

この隣の駅の「れぶん」というのは、漢字でも「礼文」と書くようなのですが、
もちろん、あの最北の島である「礼文島」ではありません。

Koboroeki2_2

こんな感じで、乗り降りができるホームと言えるかどうか、一瞬迷うような光景。

Ressya

ウィキペディアにも、この小幌駅は、

「いわゆる秘境駅のひとつとして数えられ、その中でも特に秘境度が高い」

との説明文章が。秘境駅の世界の中では、エリート中のエリートのようで。

そんなこんなでの前日移動となり、スタート会場の「ふぉれすと鉱山」という、
廃校となった学校の建物を利用した施設に宿泊し、翌日、20キロの部に
参加しました。

そして、完全に自慢ですが、3位に入って、人生初と言ってもいいような
表彰状を貰ってしまいました。
Syouzyou

そんな印象に残る旅路だったのですが、ちょっと前の出来事のようで、
もう半年近く前になるわけで、月日が経過するのは早いものですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

自主トレ期間が終了?

今日の札幌市の日中は天気が良く、最高気温も5.8℃ということで、
平年よりも3~4℃高かったようで、そんな中、夕方4時過ぎから、
1時間ほどのランニングに出かけてきました。

走った歩道の状況は、

・アスファルト路面…6割
・グチャグチャの雪道…2割
・走りやすい感じの雪道…2割

くらいの感覚でした。

この冬snowの期間、年明けからは、ナンダカンダ叫んだって(by 藤井隆)、
週1のペースで「雪道ランニング」を続けてきたので、

「冬の期間の自主トレ」

は、自分の中では満足がいく感じです。

今度の週末は、春分の日の祝日絡みの3連休なので、ここら辺をきっかけにして、
5月5日に開催予定の「日刊スポーツ豊平川マラソン」のハーフマラソンに向けて、
少しずつ、走る距離も頻度も高めていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

札幌~大通間の地下歩行通路の開通初日

今日は休日出勤でした。

仕事は午後6時くらいに無事に終了して、それから札幌駅に移動して、
JRタワーのステラブレイス6階の、

「南国酒家 札幌店」

という、中華料理店に行きました。

メインの目的は、あんかけ焼きそばを食べるため。

予定通り美味しかったのは良かったのですが、
お店に入るまでは、写真を撮ってブログにアップする気満々ながら、
その後に写真の事はすっかり忘れてしまい、気が付いたのは、
ほぼ食べ終わった状態の時でした。ちょっと残念。

それから、本日3月12日に開通となった、札幌駅と大通駅の間の
地下歩行通路を、早速歩いてみました。
31201

正式名称は「札幌駅前通地下歩行空間」のようです。

31202
感想は「広くて綺麗で立派な地下通路」でした。平凡な感想でスミマセン。

31203

これで、札幌駅~大通駅~すすきの駅と、地下通路で繋がったことに。
そんな記念すべき開通初日に歩くことができたのは、何となく嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

ぼくらの町にまだまだ雪が降る

昨夜の天気予報で、夜中から今日の午前中にかけて、
まとまった雪snowが降るとの予報は知っていたのですが、
朝起きてカーテンを開けると、想像以上の白さでしたdelicious

昨日まで、歩道も、アスファルトの部分が結構出てきていた感じだったのですが、
また一面雪snowに。

「コツコツとアスファルトに刻む足音を踏みしめるたびに~」

までは、もう少し時間がかかりそうですな。

下は、夜の6時頃に撮った写真。
310yuki_3

少しずつ、日が長くなっているのは実感していますhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

今シーズンのランニングシューズは?

今度の土曜日は休日出勤なので、その代わりに、振替休日で今日が休みでしたhappy01

そんな今日は、午前11時過ぎから1時間ほどのランニングrunに。

「普段の火曜日の今は、職場の机に座って(正確には椅子に)、仕事してるんだな~」

と思いながら走っていると、妙に幸せな気分に。

アスファルトの乾いた路面の部分も結構ありながら、スケートリンクを思わせるような
危険な部分も所々であり、なかなかバラエティに富んだ状況でのランニングでしたsmile

さて、ランニングを続けていく上で、やはり「ケガ、違和感」というのが
何よりも気になるわけで、そこで脚を守ってくれるのに一番重要なのは、
おそらくはランニングシューズ。

シューズさえしっかりしてくれれば、例え服装がジーパンでもスーツでも、
快適さは別として、特に大きな問題はないところdelicious

僕はとりあえず「練習用」と「本番用」と、2種類のシューズを用意しているのですが、
その練習用としては、クッション性が高くて、とにかく「故障防止」を目的として
使用しているつもりです。

昨シーズンは、ちょうど1年前の3月に、アシックス製の、

「GEL-KAYANO16(ゲル・カヤノ16)」

を買って、それを今まで使っています。
Asics_2

昨シーズンは、特に大きな痛みや違和感も無くてコンスタントに走ることができたので、
このシューズの選択は良かったと思います。

1年経過して、両足のかかとの外側あたりの底の部分が、少し擦り減っている感じも
あり、今の「脚に優しい雪道ランニング」ならまだしも、これからの本格的なシーズンに
あたり、おそらくはだいぶ危険な状態に。

そんなわけで、今シーズン用の練習用シューズを新しく買う予定にhappy01

最近、建山投手やサブロー選手など、野球選手ネタがお気に入りのような、
週刊文春という週刊誌の、3月3日号に、

「初心者におすすめのランニングシューズ」

という、2ページものの特集記事が載っていました。

おそらくは、「まずは、膝など、脚を痛めないためのシューズ選び」という
観点で選ばれていると思うので、かなり僕の希望に合った記事に。

売り上げなのか、スポーツ専門店の店員さんにアンケートした結果なのか、
この順位の基準は分かりませんがdelicious

1位 GT-2160 ニューヨーク(アシックス)
2位 GEL-KAYANO17(アシックス)
3位 ウエーブ クリエーション(ミズノ)
4位 GEL-DS トレーナー16(アシックス)
5位 エアズームストラクチャートライアックス+13(ナイキ)
6位 MR967(ニューバランス)
7位 GEL-DS ファンライン(アシックス)
8位 adizero エイジ2(アディダス)
9位 M587J(ニューバランス)
10位 ウエーブ インスパイア(ミズノ)

これまで1年間使ってきたGEL-KAYANO16の、1つ上のバージョンと思われる
GEL-KAYANO17が2位に。

さらに、このGEL-KAYANO16の前の2年間は、GT-2130、GT-2140の
ニューヨークシリーズ(?)を使っていたので、ランキングを見ると、ここ最近は、
なかなか王道を究めていたようでdelicious

今までは、何も事前情報が無いままにスポーツ専門店に行って、
店員さんの説明とその場の何となくの気分で購入を決めていたのですが、
今回は、この週刊誌の記事も参考に、もう少しネットなんかでも情報を入れてから、
近いうちに新しいシューズを買いに行きたいと思っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

「2011年北海道マラソン」の大会要項が公開

今日の北海道新聞の朝刊に、北海道マラソンの広告が載っていました。
Doumarakoukoku

さらに、公式ページを見てみると、大会要項も公開されていました。
http://www.hokkaido-marathon.com/

開催日:8月28日(日)
スタート時間:午後0時10分
スタート:中島公園東側
ゴール:大通公園8丁目
参加資格:2009年1月1日以降に、フル5時間、ハーフ2時間20分以内の
       記録を持っている方
参加料:8000円
エントリー期間:4月5日~4月27日

とのことで、エントリー開始が去年より2週間ほど早くなっている他は、
去年と同じようです。

関門設定も、

 5キロ 40分
10キロ 1時間15分
15キロ 1時間50分
20キロ 2時間25分
25キロ 3時間00分
30キロ 3時間35分
35キロ 4時間10分
40キロ 4時間45分

ということで、最初の5キロが40分で、それ以降は5キロごとに35分ずつ
加えていったタイムで、これも去年とたぶん同じはずです。

1つ違うのは、定員が、去年はたしか8200人だったと思うのですが、
それが今年は9200人と、定員枠が少し増えたようでhappy01

-----
受付は先着順とし、締め切り前であっても定員になり次第締め切ります。
-----

とのことですが、去年は2週間くらいで定員に達して締め切りになったようです。

大会によっては、エントリー初日の受付開始時刻と同時にRUNNETに
接続しようとしても全く繋がらず、数時間後にようやく繋がったら、

「定員に達したので受付終了です」

という、人気歌手やグループのコンサートチケット争奪戦を彷彿させるような大会も、
全国的には結構あるようです。

先着順ではなくて「抽選」にすると、東京マラソンのように倍率10倍近くに
なったりもあるので、それを考えると、北海道マラソンの場合には、

・出たいと思った人は、早めに申し込もうという意識があれば、まず大丈夫
・大会側としては、最終的に定員に達してくれれば満足

という、ある意味、なかなか理想的な状況かもしれませんねdelicious

大会日程が推測の部分もありますが、今年は、

 5月 5日(木・祝) 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)←申し込み済み
 6月19日(日) おたる運河ロードレース大会(ハーフ)
 7月 3日(日) ピンネシリ登山マラソン(新十津川町)(山頂コース)
 7月10日(日) 札幌・豊平川市民マラソン(フル)
 8月28日(日) 北海道マラソン(ハーフ)
 9月23日(金・祝) ピパオイヘルシーロードレース大会(美唄市)(ハーフ)
10月 2日(日) 札幌マラソン(ハーフ)
10月16日(日) 北海道ロードレース(ハーフ)

あたりの大会が参加候補でしょうか。

7月の、ピンネシリの山頂コースと豊平川のフルは、
もちろん「どちらか1つに出る」という意味ですsmile

上に書いた大会は、全て少なくとも1回は走ったことのある大会なので、
この他にどこか1つ、今まで走ったことの無い大会に出てみたいとも思っています。

出来れば、RUNNETに掲載されていないような、
ややマイナーな感じの大会が望みですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

第36期棋王戦第3局&ハッシーがB1昇級決定!&羽生強し

今日は、日本全国7千万人の将棋ファン注目の、

「第36期棋王戦第3局 久保利明 棋王・王将 VS 渡辺明 竜王」

の、1勝1敗で迎えた第3局が行われました。

パソコンのネットの棋譜速報で、午前中からずっとチェックしていたのですが、
序盤は渡辺竜王の作戦勝ちの模様という評判から、先手の久保2冠の、

「6三銀~5四銀成~6四成銀~6三歩~7四歩」

あたりの、少し苦しいので、もたれた差し手を進めたようで、
しかし、いざこの局面になってみると、

「あれっ、これは先手の久保2冠を持ちたいかも」

と、プロ棋士の評価も変わってしまうあたり、将棋の奥深さを感じましたsmile

かなり最後の方まで、

「久保2冠の攻めが、ちょっと心許ないような気が……」

と思っていたのですが、結果は、最後までそれで久保2冠の勝利まで
行ってしまったので、かなり白熱の1局だったと思います。

これで、久保2冠が2勝1敗となり、棋王の防衛に王手。
第4局は、3月18日(金)に大阪の関西将棋会館で行われます。

そして、2日前の行われた将棋の順位戦B2最終戦で、
我らがハッシーこと橋本崇載7段が、昇級争いの直接対決の
北浜健介7段との対局に勝って、見事にB1への昇級を決定!

非常に嬉しかったですhappy01
Hassiy_2


さらにB1昇級のもう1枠は、同じ28歳の阿久津主税7段で、来季のB1リーグは、
A級リーグから藤井猛9段と木村一基8段が落ちてくるので、キャラクター的にも
かなりのワクワクするようなリーグとなりますねdelicious

そして、今日の午前中にNHK教育テレビで放送された、
NHK将棋トーナメントの準決勝第1局の、

「羽生善治 名人・王座・棋聖×渡辺明 竜王」

は、相矢倉からの羽生3冠王の攻めが炸裂して、決勝進出決定。

もちろん録画放送とはいえ、渡辺竜王は、表面的には、
1日に重要な対局を2敗したことにsmile

来週の準決勝のもう1局は、昨年も決勝に進出した糸谷5段が、
頭のてっぺんに冷却シートを貼ることでお馴染みの丸山忠久9段と。

羽生3冠の、史上初のNHK杯3連覇を賭けた相手がどちらになるのか、
来週の放送の対局も非常に楽しみですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀端宏行(旭化成)が世界陸上の代表内定[2011年びわ湖毎日マラソン]

今日は、午後0時30分スタートの

「第66回 びわ湖毎日マラソン」

を観ていました。NHKの中継はやはり落ち着いて観られましたhappy01

●第66回 びわ湖毎日マラソン 結果

優勝:ウィルソン・キプサング(ケニア) 2:06:13
2位:デリバ・メルガ(エチオピア)  2:09:13
3位:堀端宏行(旭化成)  2:09:25
4位:中本健太郎(安川電機)  2:09:31
5位:モーゼス・カンゴゴ(ケニア)  2:09:48
6位:今井正人(トヨタ自動車九州)  2:10:41
7位:吉井賢(SUMCO)   2:10:45
8位:糟谷悟(トヨタ紡織)   2:11:17
9位:林昌史(ヤクルト)  2:11:19
10位:五ヶ谷宏司(JR東日本)  2:12:07

優勝争いは、38キロくらいまではキプサングとメルガの一騎打ちでしたが、
ここでスパートしたキプサングが、大会新記録の優勝。さすがに自己ベストが
2時間4分57秒の選手だけありました。

これが世界レベルの走りかと思うと、2時間10分切りの選手がなかなか
出てこないという日本の現状のレベルについて、やや切なくもなるかも
しれませんが、しかし、そういう冷静な見方をしてもオモシロくないので、
先週の東京、今週のびわ湖で、2時間10分切りが一気に4名現れたことは、
素直に喜びたいと思いますsmile

「2時間9分30秒を切って日本人トップなら、世界陸上の代表内定」

という条件の中、トラックに入ってからの堀端選手のゴールタイムは
ドキドキしましたが、何とか2時間9分25秒でゴールhappy01

30キロ過ぎで、今井選手と接触があったのか、堀端選手がバランスを崩して
一回は少し遅れたのですが、ゴール後のインタビューで、

「あれで『絶対に負けないぞ』という気持ちになって、むしろ良かったかも」

とのコメント。本音かどうかは分かりませんが、アクシデントにも上手く対応して、
まだ24歳なので、今後が楽しみです!

ちなみに堀端選手、去年の北海道マラソンで招待選手で走っていたんですね。
暑さにやられたのか、2時間26分のゴールタイムだったようですが。

それと、4位(日本人2位)の安川電機の中本選手の
粘りの走りも良かったですね~。

日本人の上位3人は、旭化成、安川電機、トヨタ自動車九州ということで、
九州勢が健闘。

2位のメルガ選手は、北京オリンピックの時を思い出させる、最後の大失速。
やはり難しいものですね。

期待していた今井選手は、やはりこの前の福岡と同じように、
35キロくらいからの失速に歯止めがかからない結果となってしまいましたが、
それでも自己ベストは3分近く更新ですし、次に繋げてほしいですdelicious

1年前のびわ湖が初マラソンで2時間12分だったSUMCOの27歳の吉井選手が、
2回目のマラソンとなった今回は2時間10分45秒で7位。

どういう選手か、正直良く知らないのですが、マラソン向きの
安定感があるのかもしれませんね。

8位のトヨタ紡織の27歳の糟谷選手は、駒大時代には駅伝で活躍して
いたのですが、実業団に進んでからは名前をほとんど耳にした記憶が
ありませんでした。

今回は大幅に自己ベストを更新の2時間11分台。ちょっと嬉しかったです。

それと、今日の影のMVPに推薦したいのは、ペースメーカを努め、
30キロまで、日本人選手の先頭集団をきっちりと引っ張った、
愛知製鋼所属のドゥング選手。

さすがに、1か月前の丸亀ハーフで1時間0分55秒で優勝した実力があり、
素晴らしい役割を果たしました。

今日は曇り空で、気温もあまり高くなく、風もあまり無くで好条件だったこともあってか、
自己ベストを更新した選手が多くいたようで、今後に繋がっていくことを期待しますhappy01

世界陸上のマラソン日本代表の5枠のうち、

・北岡幸浩(NTN)←アジア大会で銀メダル
・川内優輝(埼玉陸協)←東京マラソンで日本人トップの2:09:30以内
・堀端宏行(旭化成)←びわ湖毎日マラソンで日本人トップの2:09:30以内

の3人は内定となって、残り2枠は、

・松宮隆行(コニカミノルタ)←福岡国際マラソンで日本人トップの2:10:54
・尾田賢典(トヨタ自動車)←東京マラソンで2:09:03
・前田浩之(九電工)←別府大分毎日マラソンで日本人トップの2:10:29

そして今日の2時間9分31秒の中本選手が候補なるのでしょうね。

松宮選手の福岡は、気温が高かったり、暴走するペースメーカーがいたりで、
タイムを比較するのは少し気の毒な気もしますが、やはり2時間9分台の
尾田、中本選手が有力でしょうかhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月 5日 (土)

「山中 VS 岩佐」は期待通りの大熱戦!(山中の10RTKO勝利)

今日は、午前中に1時間ほどのランニングをしてきましたrun
35yukimichi

今日は天気が良く気温も高めで、所々、雪が解けかけてベチャベチャな部分が
ありましたが、基本的には「穏やかな脚に優しい雪道」の状態でしたhappy01

それからお昼ご飯にラーメンを食べた後、午後2時から午後4時までの記憶は、
残念ながら一切ありません……。

そして夜は、日本全国8千万人のボクシングファンが大注目の、

日本バンタム級タイトルマッチ
 チャンピオン 山中慎介(帝拳) VS 挑戦者 岩佐亮佑(セレス)

のチャンピオンカーニバルの1戦がありました。

結果は、チャンピオンの山中選手の10R1分26秒TKO勝利で、
初防衛戦に成功。素晴らしい試合で、テレビの前で興奮してしまいました。

山中選手はWBAの世界ランキング3位でもあり、「国内サバイバル戦」を
制したので、是非ともWBAの現世界チャンピオンが挑戦を受けてくれると
いいですなsmile

序盤は、2Rに岩佐選手が左のパンチで山中選手をグラつかせたりなど、
岩佐選手ペースに思えました。しかし、中盤からは山中選手が完全に
盛り返して、何度も強打をクリーンヒットする展開に。

ただ、岩佐選手のカウンターがいつ炸裂してもおかしくない雰囲気もあり、
最後まで非常に緊迫感がありました。

試合が終わった後、実況の方が、

「9Rまでの採点は、ほとんど差が無いですね~」

と言っていたので、そこまで言ったら実際の数字を読み上げてほしかったのですが、
85-84とか、そんな感じのスコアだったのでしょうかね。

とにかく、期待通りどころか、期待以上の大満足の一戦でした!!

-----
サッカーJ2リーグ 開幕戦 愛媛

愛媛FC 2-0 コンサドーレ札幌

得点:前半16分 ジョジマール(愛媛)
        後半11分 赤井秀一(愛媛)

今日の試合の最大の見どころは、後半28分に交代出場で入ったチアゴが、
パワープレー要員として、前線で起用されたことですかねsmile

たしかに今日の試合はスコア以上の完敗という感じでしたし、
今日の試合だけを見たら、

「今年は、20チーム中の20位もあり得るかも」

と思ってしまいそうになりますが、あえて前向きに書けば、良かったところも
それなりに見られて(「どこが?」という質問は一切受け付けませんsmile)、
もちろん悪かったところは満載でしたが、まぁ、来週の日曜日、札幌ドームでの
ギラヴァンツ北九州戦に期待します~。

それと、アルビレックス新潟に移籍した藤田征也、ゴールおめでとうdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

冬がはじまるよ?

札幌市は、昨日から今日の昼くらいにかけて、
結構な量のまとまった雪snowが降りました。
33yuki

今日の夕刊によると、昨日の1日の降雪量は31センチ、今日も昼までに7センチで、
3月としては、歴代でもなかなかの好記録のようですsmile

ここ最近、気温が高めの日が多くて、雪解けも進んできていたのですが、
一気に本格的な冬の状態に戻った感じ。

まぁ、少しずつ春が近づいているのを感じて油断していたら、
どかっとまとまった雪が降るのは、毎年3月に入ったあたりには
良くあることなのですがdelicious

それでも、今日の昼過ぎからは穏やかな状態になって、
明日も天気は良いようなので、午前中に1時間ほどの
雪道ランニングrunをしたいと思っています。

そして午後からは、我らがコンサドーレ札幌の開幕戦勝利を願って、
テレビの前で応援しますsoccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

Jリーグは土曜日に開幕

昨日は、全国7千万人の将棋ファンが大注目の、
NHK-BS2で放送された、

「A級順位戦最終局~将棋界の1番長い日~」

を結局、放送終了の午前2時まで見続けましたdelicious

最後の決着となった森内VS久保の対局は、久保二冠が投了するしかないと思った
あの場面からの、「△8七金~△6七飛成り~△7六竜~△7二金」。

「部分的には必至」を解消するために、金と飛車を相手に渡して、
ただ単に香車1枚を取っただけなのですが、それで難しい局面になるとは。
とにかくホントに凄い将棋でした!

と、本来はもっと長々と書きたいのですが、そこら辺は省略して、
あさっての土曜日から開幕となるサッカーのJリーグについて。

J2リーグの、我らがコンサドーレ札幌は、アウェーで愛媛FCとの対戦。

去年のJ2リーグの順位は、

 1位 柏レイソル
 2位 ヴァンフォーレ甲府
 3位 アビスパ福岡
 4位 ジェフ千葉
 5位 東京ヴェルディ
 6位 横浜FC
 7位 ロアッソ熊本
 8位 徳島ヴォルティス
 9位 サガン鳥栖
10位 栃木SC
11位 愛媛FC
12位 ザスパ草津
13位 コンサドーレ札幌(11勝13分12敗)
14位 FC岐阜
15位 大分トリニータ
16位 水戸ホーリーホック
17位 ファジアーノ岡山
18位 カターレ富山
19位 ギラヴァンツ北九州

ということで、札幌は19チーム中13位と、残念な結果に……。

柏、甲府、福岡が抜け、代わりにJ1からFC東京、京都サンガ、湘南ベルマーレが
入ってきて、さらにガイナーレ鳥取が新加入しての、全20チームでの闘いとなります。

普通に考えると、FC東京のJ1復帰は堅くて、その他の2枠を争うという感じかも
しれませんが、そればっかりはやってみないと分かりませんな。

札幌は、とりあえず1つでも多く勝ってくれることを祈ります。
それ以上の望みは持ちませんsmile

ちなみに、選手名鑑で、他のJ2のチームでの元札幌の選手を探してみました。
Jmeikan

●水戸ホーリーホック
  岡田佑樹、吉原宏太

●FC東京
  今野泰幸

●ファジアーノ岡山
  野本安啓

●徳島ヴォルティス
   西嶋弘之

●愛媛FC
   吉弘充志、石井謙伍

●ギラヴァンツ北九州
   河端和哉、佐藤優也

●ロアッソ熊本
  市村篤司

あたりでしょうか。それと水戸の新監督は、9年前に、ちょっとの期間だけ
札幌の監督もやっていた人のようですがsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

週末は注目のスポーツ中継があれこれ

今度の週末の土・日は、楽しみなスポーツ中継があれこれありますhappy01

まずは、土曜日から開幕となるサッカーのJリーグ。
J2リーグの我らがコンサドーレ札幌の開幕戦は、アウェーの愛媛FC戦。
土曜日の午後2時キックオフです。

愛媛FCには、元札幌の石井謙伍と吉弘充志がいるんですね~。

アウェーの試合ですが、北海道地区はNHK総合でテレビ中継がある模様。
悪いイメージしか無いような四国でのアウェー戦ですが、是非とも勝利をdelicious

そして夜には、日本全国9千万人のボクシングファンが注目の、
日本バンタム級タイトルマッチ、

チャンピオン 山中慎介(帝拳) VS 挑戦者 岩佐亮佑(セレス)

のチャンピオンカーニバル戦が。CS放送の日テレG+で生中継されます。

ボクシング雑誌「ボクシング・ビート」には、この山中 VS 岩佐に関する
記事中の写真の下に、

「これぞ国内最強バンタム決定戦!(亀田興毅を含む?)」

と、地味にさりげなくオモシロい注釈がsmile
Boxbeat

そして日曜日は、昼から「びわ湖国際マラソン」が。
世界陸上の男子マラソンの代表選考会の最後となります。

特に期待したいのは、「元祖(?)山の神」の今井正人選手(トヨタ自動車九州)。
去年の12月の福岡国際マラソンに続く挑戦となりますが、今回は暴走する
ペースメーカーがいないことを願います。

そして最後に、スポーツではありませんが、将棋の棋王戦5番勝負の第3局、
久保利明(棋王・王将)VS渡辺明(竜王)が日曜日に行われます。

1勝1敗でのこの第3局、どちらが王手をかけるのか、
午前中からパソコンの中継サイトをチェックしないといけません。

そんな将棋大好きな僕は、今夜は、NHK-BS2で夜10時31分から中継の、

「A級順位戦~将棋界の一番長い日~」

を、おそらく深夜1時過ぎまで見続けることになります。
年に1回の楽しみですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

「2011年洞爺湖マラソン」のエントリーが開始

このブログのアクセス解析を見てみると、ここ最近、

「2011年 洞爺湖マラソン エントリー」

のような感じでこのブログに辿り着いている人が、
1日平均で50人くらいいるようですhappy01

たしかこの前の土曜日あたりに、大会要項が郵送されてきていました。
Touyakomara

そして、今日、3月1日には、北海道新聞にも大会の広告(?)が
載っていましたし、RUNNETでのエントリーも開始となったようです。

今年の大会は5月22日(日)に開催。フルマラソンと10キロの部などがあります。
フルマラソンの制限時間は、基本的には5時間でゴールの設定。
なかなか厳しい関門設定ではあります。

去年、一昨年と2年連続でこの大会でフルを走って、去年の3時間21分は、
僕のそれまでの自己ベストを5分ほど更新する結果に。

フルのスタートは午前9時40分なので、だいたい、スタート時点の気温が10℃、
ゴールする頃には15℃くらいといった、走るのには望ましい条件になることが
多いようです。

洞爺湖畔をぐるっと1周するコースの景色も良いです
(単調と言えば単調かもしれませんがsmile)。

そんなこんなで、イメージ的には非常に良い大会ですが、
いかんせん、北海道はまだ冬snowのシーズン。

「後2か月半あまり、フルに向けた練習を!」

という気持ちに今は全くなっていないので、今年は参加しないつもりです。
気分が変わったら、エントリーしますが(エントリー期限は3月25日)。

とはいえ、5月5日に行われる「日刊スポーツ 豊平川マラソン」のハーフマラソンに
エントリーしているので、今日から3月ですし、少しずつ練習を増やしていきたいと
思っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »