« 「山中 VS 岩佐」は期待通りの大熱戦!(山中の10RTKO勝利) | トップページ | 第36期棋王戦第3局&ハッシーがB1昇級決定!&羽生強し »

2011年3月 6日 (日)

堀端宏行(旭化成)が世界陸上の代表内定[2011年びわ湖毎日マラソン]

今日は、午後0時30分スタートの

「第66回 びわ湖毎日マラソン」

を観ていました。NHKの中継はやはり落ち着いて観られましたhappy01

●第66回 びわ湖毎日マラソン 結果

優勝:ウィルソン・キプサング(ケニア) 2:06:13
2位:デリバ・メルガ(エチオピア)  2:09:13
3位:堀端宏行(旭化成)  2:09:25
4位:中本健太郎(安川電機)  2:09:31
5位:モーゼス・カンゴゴ(ケニア)  2:09:48
6位:今井正人(トヨタ自動車九州)  2:10:41
7位:吉井賢(SUMCO)   2:10:45
8位:糟谷悟(トヨタ紡織)   2:11:17
9位:林昌史(ヤクルト)  2:11:19
10位:五ヶ谷宏司(JR東日本)  2:12:07

優勝争いは、38キロくらいまではキプサングとメルガの一騎打ちでしたが、
ここでスパートしたキプサングが、大会新記録の優勝。さすがに自己ベストが
2時間4分57秒の選手だけありました。

これが世界レベルの走りかと思うと、2時間10分切りの選手がなかなか
出てこないという日本の現状のレベルについて、やや切なくもなるかも
しれませんが、しかし、そういう冷静な見方をしてもオモシロくないので、
先週の東京、今週のびわ湖で、2時間10分切りが一気に4名現れたことは、
素直に喜びたいと思いますsmile

「2時間9分30秒を切って日本人トップなら、世界陸上の代表内定」

という条件の中、トラックに入ってからの堀端選手のゴールタイムは
ドキドキしましたが、何とか2時間9分25秒でゴールhappy01

30キロ過ぎで、今井選手と接触があったのか、堀端選手がバランスを崩して
一回は少し遅れたのですが、ゴール後のインタビューで、

「あれで『絶対に負けないぞ』という気持ちになって、むしろ良かったかも」

とのコメント。本音かどうかは分かりませんが、アクシデントにも上手く対応して、
まだ24歳なので、今後が楽しみです!

ちなみに堀端選手、去年の北海道マラソンで招待選手で走っていたんですね。
暑さにやられたのか、2時間26分のゴールタイムだったようですが。

それと、4位(日本人2位)の安川電機の中本選手の
粘りの走りも良かったですね~。

日本人の上位3人は、旭化成、安川電機、トヨタ自動車九州ということで、
九州勢が健闘。

2位のメルガ選手は、北京オリンピックの時を思い出させる、最後の大失速。
やはり難しいものですね。

期待していた今井選手は、やはりこの前の福岡と同じように、
35キロくらいからの失速に歯止めがかからない結果となってしまいましたが、
それでも自己ベストは3分近く更新ですし、次に繋げてほしいですdelicious

1年前のびわ湖が初マラソンで2時間12分だったSUMCOの27歳の吉井選手が、
2回目のマラソンとなった今回は2時間10分45秒で7位。

どういう選手か、正直良く知らないのですが、マラソン向きの
安定感があるのかもしれませんね。

8位のトヨタ紡織の27歳の糟谷選手は、駒大時代には駅伝で活躍して
いたのですが、実業団に進んでからは名前をほとんど耳にした記憶が
ありませんでした。

今回は大幅に自己ベストを更新の2時間11分台。ちょっと嬉しかったです。

それと、今日の影のMVPに推薦したいのは、ペースメーカを努め、
30キロまで、日本人選手の先頭集団をきっちりと引っ張った、
愛知製鋼所属のドゥング選手。

さすがに、1か月前の丸亀ハーフで1時間0分55秒で優勝した実力があり、
素晴らしい役割を果たしました。

今日は曇り空で、気温もあまり高くなく、風もあまり無くで好条件だったこともあってか、
自己ベストを更新した選手が多くいたようで、今後に繋がっていくことを期待しますhappy01

世界陸上のマラソン日本代表の5枠のうち、

・北岡幸浩(NTN)←アジア大会で銀メダル
・川内優輝(埼玉陸協)←東京マラソンで日本人トップの2:09:30以内
・堀端宏行(旭化成)←びわ湖毎日マラソンで日本人トップの2:09:30以内

の3人は内定となって、残り2枠は、

・松宮隆行(コニカミノルタ)←福岡国際マラソンで日本人トップの2:10:54
・尾田賢典(トヨタ自動車)←東京マラソンで2:09:03
・前田浩之(九電工)←別府大分毎日マラソンで日本人トップの2:10:29

そして今日の2時間9分31秒の中本選手が候補なるのでしょうね。

松宮選手の福岡は、気温が高かったり、暴走するペースメーカーがいたりで、
タイムを比較するのは少し気の毒な気もしますが、やはり2時間9分台の
尾田、中本選手が有力でしょうかhappy01

|

« 「山中 VS 岩佐」は期待通りの大熱戦!(山中の10RTKO勝利) | トップページ | 第36期棋王戦第3局&ハッシーがB1昇級決定!&羽生強し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/51048075

この記事へのトラックバック一覧です: 堀端宏行(旭化成)が世界陸上の代表内定[2011年びわ湖毎日マラソン]:

» 堀端宏行(旭化成 [もっともナウい(笑)ニュースダイジェスト]
びわ湖毎日マラソン2011 キプサング優勝 堀端宏行3位 mは1時間59分53秒。残り2km、堀端がカンゴゴを抜いて3位になります。キプサングは、軽やかな走りで独走し、両手を上げてゴールテープを切りました優勝 キプサング、2位 メルガ、3位 堀端宏行、4位 中本健太郎、5位 カンゴゴ、6位 今井正人(続きを読む) 堀端宏行(旭化成)が世界陸上の代表内定[2011年びわ湖毎日マラ... うち、・北岡幸浩(NTN)←アジア大会で銀メダル・川内優輝(埼玉陸協)←東京マラソンで日本人トップの2:09:30以... [続きを読む]

受信: 2011年3月 8日 (火) 04時40分

« 「山中 VS 岩佐」は期待通りの大熱戦!(山中の10RTKO勝利) | トップページ | 第36期棋王戦第3局&ハッシーがB1昇級決定!&羽生強し »