« 「週刊ベースボール2011年プロ野球選手名鑑」が発売! | トップページ | ネプリーグGP(宍戸留美が分かりました!) »

2011年2月11日 (金)

井岡一翔が世界チャンピオンに!![ボクシングWBCミニマム級世界戦]

僕もそれなりに大人になったので、

「ボクシングの世界タイトル戦をゴールデンタイムで放送するのは、
想像以上のお金がかかり、現在の状況では容易ではない」

というのをある程度は理解しているつもりなので、映画「あしたのジョー」の宣伝も、
夜7時から中継できるための非常にありがたい重要な要素と、感謝の気持ちで
受け入れられますsmile

●WBCミニマム級世界タイトルマッチ 神戸・ワールド記念ホール 

チャンピオン オーレドン・シッサマーチャイ(タイ) VS 挑戦者 井岡一翔(井岡)

結果: 井岡の5R1分7秒TKO勝ちで、新王者誕生

最後は左のボディブロー一発での決着でしたが、ゲストの内藤大助さんの、

「いやぁ~、見ていて何のパンチか分からなかった。VTRでようやく分かった。」

というコメントが、まさに僕の心境でした。まぁ、現役の選手のコメントとしては、
今後の世界王者カムバックが少し不安になりますがdelicious

2Rにも左のパンチを顔面に決めてダウンを奪い、その他のラウンドも
井岡ペースと思っていたのですが、4R終了時の公開採点では、

40-35(井岡)
38-37(井岡)
38-37(オーレドン)

と、ちょっと意外な感じの採点。もちろん、僕は細かい採点基準を知らないので、
何とも言えないところですが。

そんなわけで、このWBCのミニマム級(ストロー級)の初代王者は、
この井岡一翔選手の叔父さんの、所属ジムの会長でもある井岡弘樹さんで
あったのですが、過去のWBCのこの階級の王者は、

初代 井岡弘樹
2   ナパ・キャットワンチャイ(タイ)
3   崔漸煥(韓国)   
4   大橋秀行
5   リカルド・ロペス(メキシコ)
6   ワンディー・シンワンチャー(タイ)
7   ホセ・アントニオ・アギーレ(メキシコ)
8   イーグル京和(イーグル・デーン・ジュンラバン)(日本/タイ)
9   イサック・ブストス(メキシコ)
10  高山勝成
11  イーグル・デーン・ジュランバン(日本/タイ)
12  オーレドイン・シスサマーチャイ(タイ)
13  井岡一翔

ということで、「井岡VSナパ・キャットワンチャイ」の初戦の、
疑惑の残る、最終ラウンドの早過ぎるゴングの試合が、
僕がきちんとボクシングを観た記憶のある、最初の試合でした。

1988年6月の試合ということで、僕が小学校6年生の時になりますなhappy01

4代目の大橋秀行が世界奪取した「崔VS大橋」は、日本人の世界挑戦21連敗を
止める、歴史的な一戦に。

この試合が、僕がボクシングマニアとなるきっかけとなった、僕個人にとっても
歴史的な一戦に。この試合は、1990年の2月に行われました。

この試合の何日か後には東京ドームで、マイク・タイソンとバスター・ダグラスの
世紀の番狂わせがありました。今思えば、この1990年の2月という時は、
日本ボクシング界にとって凄い瞬間でしたねdelicious

その後も、リカルド・ロペスに「これが本物の中の本物なんだ」と痛感させられたり、
イーグルの最初の陥落の際の、

「試合途中でのまさかのトラブルは、ホントに怖いな……」

と思ったりと、WBCのこの階級は、僕の中では、
短いながらもインパクトのある歴史を持つ階級です。

今日の井岡一翔選手の、

「日本ボクシング史上、最短となる7戦目での世界奪取」

という記録に対しては、そこまで大きな価値が感じないのですが、それよりも、
これからのさらなる期待度を考えると、非常に嬉しくてワクワクする気分です!

明日のスポーツ紙の各紙の一面を期待したいですね~。
大相撲の八百長問題はひとまずいいですし、「斉藤佑樹投手」は、
残念ながら最初から全く興味がないのでsmile

|

« 「週刊ベースボール2011年プロ野球選手名鑑」が発売! | トップページ | ネプリーグGP(宍戸留美が分かりました!) »

コメント

私は最初のダウンがスリップに見えたのですが、スローモーションだと左フックがしっかりと当たっていましたね。タイミングで奪ったダウンでした。

喰らってから一瞬間が開いて崩れ落ちるボディーブローのKOはいつも残酷です。

投稿: アザラシ | 2011年2月12日 (土) 03時40分

>アザラシさん

なかなか素晴らしい時間帯のコメント、ありがとうございますsmile

「喰らってから一瞬間が開いて崩れ落ちるボディーブローのKO」は、
その残酷さとともに、どうしても、

「ボディー一発でKO負けなんて、だらしない」

みたいな印象を一般的にはあたえてしまう、何とも言えないものがありますな。

投稿: しげた | 2011年2月12日 (土) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50840590

この記事へのトラックバック一覧です: 井岡一翔が世界チャンピオンに!![ボクシングWBCミニマム級世界戦]:

« 「週刊ベースボール2011年プロ野球選手名鑑」が発売! | トップページ | ネプリーグGP(宍戸留美が分かりました!) »