« 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます | トップページ | 「2011年東京マラソン」は今度の日曜日に »

2011年2月21日 (月)

走る君を見てた 白いボールきらきら放物線描いて

今日、職場で、

「○○くん、昨日の夕方、走ってなかったかい?車から、それらしき人を見たんだけど」

と声をかけられました。

その時間帯と発見された場所から、僕でほぼ間違いないことが判明。

特に悪いことをしているわけではないのですが(おそらく)、
雪道を走っているところを発見されてしまって、妙に恥ずかしい気分にhappy01

ちなみに、今日のブログのタイトルは、松たか子の「明日、春が来たら」の
出だしの歌詞です。特に深い意味はありませんsmile

|

« 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます | トップページ | 「2011年東京マラソン」は今度の日曜日に »

コメント

再び、どうも。torovです。
にしても、懐かしいですねえ、「明日、春が来たら」。
昔この曲が出た頃近田春夫が「考えるヒット」で今どき
珍しいミニマルな曲だと評していたのが印象に残っています。
(ミニマルとはかつて久石譲なども凝って作ってたある一程度の
シークエンスを繰り返しつなげるだけで出来た曲のこと。
「明日、春が来たら」を歌ってみるとサビになるまでの
旋律がほぼ一律の節回しでミニマルな曲になっている。
ある意味ヒップホップのようなあまり抑揚のない旋律に
なっているのが特徴的なんだよなあ。ちなみに作曲は日向大介)

投稿: torov | 2011年2月22日 (火) 20時45分

>torovさん

この曲は、淡々とした出だしから、段々と盛り上がっていく感じが、
妙に印象に残っています。

もう14年前の曲になるんですね~。懐かしいdelicious

投稿: しげた | 2011年2月22日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50934271

この記事へのトラックバック一覧です: 走る君を見てた 白いボールきらきら放物線描いて:

« 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます | トップページ | 「2011年東京マラソン」は今度の日曜日に »