« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

ドアラとぐしけん君の夢の共演

今日の日刊スポーツに、何やら気になる写真が載っていました。
Doaragushi

------
中日 対 ロッテ オープン戦(沖縄北谷) 
 仲良くダンスを踊るドアラ(右)と、FC琉球のマスコットキャラクターのぐしけん君。
------

ということで、FC琉球とは、JFLに所属しているサッカーチームなのですが、
調べてみると、この「ぐしけん君」は、2009年からチームのマスコットキャラクターと
なっているとのこと。

モデルは当然ながら、ボクシングの元世界チャンピオンの具志堅用高。

ウィキペディアでは「他に類を見ない『実在の人間』がモチーフの
マスコットキャラクターである」との説明が。

このキャラクター案を提案した人の大胆さと、それを認めた人々の勇気に対して、
敬意を表したいと思いますsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

川内優輝(埼玉陸協)が世界陸上代表内定!![2011年東京マラソン]

定時制高校の職員として働く川内選手は、普段は昼の12時45分から
夜の9時30分までの勤務だそうですが、残念ながら(?)、明日は
受験の願書受付業務のため、朝の8時30分に出勤だそうですdelicious

●2011年東京マラソン 男子の部 結果

優勝:ハイル・メコネン(エチオピア) 2:07:35
2位:ポール・ビウォット(ケニア) 2:08:17
3位:川内優輝(埼玉陸協) 2:08:37
4位:尾田賢典(トヨタ自動車) 2:09:03
5位:サイラス・ジュイ(ケニア/日立電線) 2:09:10
6位:フェリックス・リモ(ケニア) 2:10:50
7位:幸田高明(旭化成) 2:11:08
8位:サリム・キプサング(ケニア) 2:11:25
9位:イエマネ:ツェガエ(エチオピア) 2:11:49
10位:堀口貴史(Honda) 2:12:05

ということで、企業チームに属さずに、普段は定時制高校の職員として
働いている川内選手が、日本人選手としては3年ぶりの2時間8分台を出して、
8月に韓国で行われる世界陸上のマラソン代表に内定。

この結果を受けて、パソコンの前に座ってキーボードを叩いて、
Yohooのコメント欄とかに、

「実業団選手が情けない。日本の男子のレベルが低い。」

と書くのは簡単ですがsmilesmile

とにかく、非常に心に響くような走りでした!!

川内選手は学習院大学時代に、学連選抜として箱根駅伝を2回、
共に6区の山下り区間で走っていて、2年生の時は区間6位、
4年生の時は区間3位の好走。

そして社会人となって1年目の去年のこの東京マラソンでも、
終盤まで先頭争いの集団にいての4位。

そんなわけで、そこら辺の趣味で走っているようなおっさんの市民ランナーでは
無いのですが、それはどうでもよくて、単純に23歳の期待の若手選手が
現れたということでhappy01

日本人2位となった尾田選手(30歳)も、ずっと積極的に走っていって、
初マラソンでの2時間9分3秒は素晴らしいと思います。

世界陸上のマラソン日本代表の5枠のうち、

・北岡幸浩(NTN)←アジア大会で銀メダル
・川内優輝(埼玉陸協)←東京マラソンで日本人トップの2:09:30以内

の2人は内定となって、残り3枠は、

・松宮隆行(コニカミノルタ)←福岡国際マラソンで日本人トップの2:10:54
・前田浩之(九電工)←別府大分毎日マラソンで日本人トップの2:10:29

そして今日の尾田選手あたりが候補になって、来週の日曜日の、
最後の選考レースとなるびわ湖毎日マラソンの結果を待つ感じでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

第36期棋王戦の第2局&将棋界の一番長い日

「三度の飯より将棋が好き」

というのはさすがに大げさですが、将棋が小さい頃から大好きな僕にとって、
タイトル戦を土・日に行ってくれるのは非常にありがたいですhappy01

そんなわけで、今日、石川県金沢市で行われた、

「第36期棋王戦5番勝負 第2局 久保利明 棋王・王将VS渡辺明 竜王(挑戦者)」

の対局を、午前中からパソコンの棋譜中継でずっとチェックしていました。
結果は、挑戦者の渡辺竜王が勝って、1勝1敗のタイに。

後手の久保2冠のゴキゲン中飛車に対して、先手の挑戦者の渡辺竜王が、
▲5八金右の超急戦へと持ちこもうという流れに。

将棋世界という雑誌の、昨年の11月号の「新・イメージと読みの将棋観」という
コーナーで、まさにこのゴキゲン中飛車に対しての▲5八金右の超急戦について、
久保2冠と渡辺竜王のコメントも含めて取り上げられていました。
Gokinaka_2 

振り飛車党の久保2冠は、

「これはゴキゲン党にとっては常に研究していなくてはいけない局面。
希望としては後手よしであってほしい」

居飛車党の渡辺竜王は、

「この(▲5八金右の)超急戦が居飛車有利ということになったら、
 ゴキゲン中飛車は一気に苦しくなるんです」

とのコメント。細かいことはさすがに詳しくは理解できませんがsmile

今までは▲6五香打ちと重ねていた場面で、渡辺竜王は▲1三竜という新手を
出したようです。

そして結果的には、渡辺竜王が完勝・圧勝と言っていいと思われる結果に。

この結果だけ見たら、▲5八金右に対して超急戦の△5五歩~△5六歩が
通用しないという事で、「ゴキゲン中飛車の存亡の危機」なのかもしれませんが、
▲1三竜の新手の後の後手の対応にも、まだあれこれ対応の余地があるでしょうし、
今後の展開が楽しみですhappy01

さて、日本全国8千万人の将棋ファンが大注目なのはやはり、
今年は3月2日(水)に行われる、A級順位戦の最終局、通称、

「将棋界の1番長い日」

でしょうね。

6勝2敗 3.森内俊之(九段)
      9.渡辺明(竜王)

4勝4敗 2.高橋道雄(九段)
      6.谷川浩司(九段)
      7.郷田真隆(九段)
     10.久保利明(王将・棋王)

3勝5敗 1.三浦弘行(八段)
      4.丸山忠久(九段)
      5.木村一基(八段)
      8.藤井猛(九段)

ということで、羽生善治名人への挑戦権争いだけではなくて、
2枠ある降級争いを免れるための残留争いも、3勝5敗の4名だけではなく、
順位の悪さで4勝4敗の久保2冠も関係しているという、
ファンとしては非常にオモシロい展開に。

最終局の対戦カードは(左側の棋士が先手)、

木村-三浦
高橋-藤井
森内-久保
丸山-渡辺
谷川-郷田

となっていて、4勝4敗同士の谷川-郷田の対局以外の4局は、
少なくともどちらかの棋士が挑戦権か残留争いに絡んでいます。

木村-三浦戦は3勝5敗同士の対決なので、必ず1人は3勝6敗が出ることに。

木村八段は負ければ即降級決定、三浦八段の場合は、負けても、藤井九段と
丸山九段が両方負ければ、順位の有利があって3勝6敗でもセーフに。

逆に、藤井九段、丸山九段の両方が勝てば、久保2冠が負けた場合は、
久保2冠が4勝5敗ながら降級ということに。

あれこれと想定すると、今から待ち遠しいですなsmile 

当日は、NHK-BS2で、午前、夕方、夜と生中継の予定となっています。

この順位戦は持ち時間が6時間のため、夜中の日付が変わっってから
決着することも多く、夜の部の放送の10時31分からでも、充分に決着の
瞬間を味わえます。希望を言えば、もう少し早くから夜の部の放送を
スタートさせてほしいですがdelicious 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月25日 (金)

ドネア VS モンティエルの衝撃KO決着

僕は、ボクシングの月刊専門誌を20年以上、毎月購入し続けているような
ボクシング好き人間なのですが(ワールド・ボクシング→ボクシング・ワールド→
ボクシング・ビート)、1週間ほど前に、注目のカードがありました。

Montidonaire


○2月19日 アメリカ(ラスベガス)
 
 【WBC&WBOバンタム級タイトルマッチ】
   
  チャンピオン                  挑戦者
   フェルナンド・モンティエル(メキシコ) VS ノニト・ドネア(フィリピン)

結果は、ドネアの2RTKO勝ち。

その衝撃的な映像が、YouTubeで観られます(いつ削除されるか分かりませんが)。
http://www.youtube.com/watch?v=cDL90Mdq5wI&feature=player_embedded

ほぼ、ワンパンチでのKO勝利と言ってもいいその左パンチは、
上の動画の6分40秒過ぎに。

この動画を観た瞬間、あまりにも衝撃が強くて、
パソコンの前で一瞬、固まって凍り付いてしまいましたdelicious

このWBC&WBOのベルトはそもそも、去年の4月、モンティエルが
長谷川穂積との統一戦で、4RTKO勝利して2団体を統一したベルト。

そのモンティエルは3階級制覇もしている名チャンピオンなのですが、
それだけに、このKOシーンはホントに衝撃的でした。

ノニト・ドネアと言えばやはり、最初にチャンピオンとなった、
フライ級時代のビック・ダルチニアン戦(2007年7月)。

この当時はWOWOWに加入していたので、エキサイト・マッチで
試合を観ていました。

ダルチニアンの試合はその前までに何試合かエキサイト・マッチで観ていて、
その強さは非常に印象に残っていたので、

「まぁ、ダルチニアンが勝つんだろうな~。凄いKOシーンでの勝利だったらいいな~」

くらいの感じで観ていたのですが、たしかに凄いKOシーンが登場したのですが、
KO勝利したのは、まさかのドネア。

その映像も、YouTubeに載っていました。
http://www.youtube.com/watch?v=smJMs1LG_EA

これは完全に左のワンパンチでのKO勝利。上の動画では、4分20秒過ぎです。
何回も「衝撃的」と書いてしつこいですが、これもホントに衝撃的でした。

このドネアの階級はバンタム級。

つまりは、同じ階級のWBAの王者は、我らが亀田興毅選手。
統一戦を是非とも観てみたいですね~、と一応書いておきますdelicious

さらに、1階級上げたスーパーバンタム級は、WBAのチャンピオンが下田昭文、
WBCのチャンピオンが西岡利晃の帝拳ジムコンビ。

特に、西岡VSドネアは観てみたいと、これは本気で書いておきますdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

「2011年東京マラソン」は今度の日曜日に

今度の日曜日、2月27日には「東京マラソン」が行われます。

形としては、以前にあった「東京国際男子マラソン」をリニューアルして、
3万人参加、制限時間7時間の大規模マラソンとなったこの東京マラソン。
たぶん今年で5回目になるのでしょうか。

男子は、今年の8月に韓国で行われる、織田裕二でお馴染みの世界陸上の
代表選考レースとなっています。

●男子 招待選手(右は自己最高記録)

【外国】
ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア) 2:03:59
フェリックス・リモ(ケニア) 2:06:14
イエマネ・ツェガエ(エチオピア) 2:06:30
ポール・ビウォット(ケニア) 2:07:02
サリム・キプサング(ケニア) 2:07:29
ハイル・メコネン(エチオピア) 2:07:37
タデッセ・アブラハム(エリトリア) 2:09:24
サイラス・ジュイ(ケニア-日立電線) 2:11:22
ガドゥニ・ゲディオン(ケニア-日清食品グループ) 59:50(ハーフ)

【国内】
藤原正和(Honda) 2:08:12
藤原新(レモシステム) 2:08:40
入船敏(カネボウ) 2:09:23
秋葉啓太(小森コーポレーション) 2:10:53
川内優輝(埼玉陸協) 2:12:36
幸田高明(旭化成) 2:13:04
岡本直己(中国電力) 1:01:16(ハーフ)
尾田賢典(トヨタ自動車) 1:30:07(30キロ)

とのことです。

注目はやはり、声に出して名前を読んで、スラッと言えたら非常に気持ちの良い、
世界最高記録保持者のゲブレシラシエ選手でしょうね。

ただ、何か月前かのレースで脚を痛めて途中棄権して、
その直後に1回は現役引退を発表するということもあったので、
どのくらいの調子で仕上げてきているかは気になりますね。

*2月24日(木) 午後9時追記
  ゲブレシラシエ選手は結局、出場取り消しで棄権のようです。


僕が「優勝するのはこの選手でないべか」と思っているのは、
日立電線に所属のサイラス・ジュイ選手。

去年は、7月の札幌国際ハーフマラソンと8月の北海道マラソン(フル)でともに優勝。
札幌国際ハーフは走りを沿道で間近で見て、そして北海道マラソンでは一応、
同じコースを走ったので、何となく応援したいんですよねhappy01

ケニア代表になれさえすれば、来年のロンドンオリンピックでも、
もしかしたらメダルを獲れるくらいの実力はあると、ひそかに思っています。

日本選手では、去年の大会で優勝した藤原正和選手は、
中央大学時代から気になっている選手なので、連覇に期待です。

*2月25日(金) 午後7時追記
  藤原正和選手は,発熱により,出場取り消しで棄権とのこと。これはかなり残念……。


もう一人の藤原の藤原新選手は、この3年間で2時間10分切りを3回と、
今の日本選手の中では、一番の安定感と言ってもいいかも。

あとは、目立たない「ニューイヤー駅伝区間賞男」の秋葉選手や、
中国電力の岡本選手あたりにも注目しています。

テレビ中継のあるマラソン大会は、普段は正午過ぎにスタートなのが
ほとんどですが、この東京マラソンは制限時間が7時間なので、
スタートは午前9時10分。

うっかり大寝坊をしないように、気を付けたいと思いますsmile

また、女子も同時スタートとなって、こちらの女子は世界陸上の選考レースとは
なってはいないのですが、渋井陽子(三井住友海上)選手などの注目選手が
走るようです。

ただ、テレビ中継としては、男女混合レースでの難しいところは、
「男子も女子も」で中継しようとして、結局、観ていてどちらも中途半端な
印象を受けることが多いところかも。

今回は、「男子8:女子2」くらいの割合で中継してほしいですdelicious

●女子 招待選手(右は自己最高記録)

【外国】
ヌタ・オラル(ルーマニア)  2:24:33
タチアナ・ペトロワ(ロシア)  2:25:53
タチアナ・アリャソワ(ロシア)  2:26:13
アスメ・レグザウィ(モロッコ)  2:27:41
アレーナ・ブルコフスカ(ウクライナ) 2:28:31

【国内】
渋井陽子(三井住友海上)  2:19:41
嶋原清子(セカンドウィンドAC)  2:25:10
平田裕美(資生堂) 2:29:23
勝又美咲(第一生命) 1:10:27(ハーフ) 
樋口紀子(ワコール) 1:10:51(ハーフ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年2月21日 (月)

走る君を見てた 白いボールきらきら放物線描いて

今日、職場で、

「○○くん、昨日の夕方、走ってなかったかい?車から、それらしき人を見たんだけど」

と声をかけられました。

その時間帯と発見された場所から、僕でほぼ間違いないことが判明。

特に悪いことをしているわけではないのですが(おそらく)、
雪道を走っているところを発見されてしまって、妙に恥ずかしい気分にhappy01

ちなみに、今日のブログのタイトルは、松たか子の「明日、春が来たら」の
出だしの歌詞です。特に深い意味はありませんsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます

今日は午後4時くらいから、1時間ほどのランニングrunをしてきました。
220yuki

金曜日の夜、土曜日の夜と、それなりにまとまった雪snowが降りましたが、
今日の日曜日の夕方は、まずまずの走りやすい路面状況でした~。

走り終わった午後5時の段階でも、そんなに暗くはなっていなく、
足元もしっかりと見えていて、日の長さsunに関しては、

「春が、少しずつ近づいてはいるんだなぁ~」

と実感しましたhappy01

------
●第60回 NHK杯将棋トーナメント準々決勝 羽生善治×佐藤康光

絶体絶命と思われた羽生さんが「▲9六金」と、
タダ捨ての王手凌ぎの手を指した瞬間の、

「ひぇ~~!!!」

という、解説の加藤一二三九段(愛称:ひふみん)の絶叫だけで、
今日の日曜日の1日が充実したものにsmile

「あわや時間切れの、9.9秒」での佐藤九段の「△3二金」が
やはりさすがの粘りのある一手で、絶望的と思われた局面から、
まさかもありそうなドキドキの展開となって、最後の最後まで、
期待以上の白熱の闘いでしたhappy01

最後、僕が先手だったら、△9四歩の王手に対して、自信満々に▲同玉と取って、
そして間違いなく△6一角の王手飛車取りを喰らっていたと思います。

-------
●第2回 2011年横浜国際女子マラソン 結果

 優勝:尾崎好美(第一生命) 2:23:56
 2位:中里麗美(ダイハツ)  2:24:29
 3位:マリサ・バロス(ポルトガル)  2:25:04
 4位:永尾薫(ユニバーサルエンターテインメント)  2:26:58
 5位:カロリナ・ヤジンスカ(ポーランド)  2:27:16
 6位:アレフティア・イワノワ(ロシア)  2:29:00
 7位:藤田真弓(十八銀行)  2:30:42
 8位:泉有花(天満屋)  2:33:05
 9位:吉田香織(アミノバイタルAC)  2:33:57
10位:坂本直子(天満屋)  2:35:17

尾崎、中里、バロスの3人の先頭集団から、残り3キロを切ったあたりで、
尾崎選手がスパートしての勝利。

と、書けばあっさりと2行で終わってしまいますが、
気象条件も良かったようで、好タイムの結果となって、
観ていて満足しましたhappy01

2位の中里選手(22歳)の好走も、今後に期待が持てます。

これで、尾崎選手は、今年8月に韓国で行われる世界陸上の代表に内定。
この前の大阪国際女子マラソンで優勝した赤羽選手も、タイムは内定基準を
満たしていなかったものの、まずは代表濃厚だと思います。

世界陸上の代表枠は「5」なので、今のところ、

1.尾崎(内定)
2.赤羽(濃厚)
3.中里(有力)
4.伊藤(候補)←大阪で2時間26分台で2位

あたりで、3月13日の名古屋国際女子マラソンの結果を待つ感じでしょうかねdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

「2011年北海道マラソン」のエントリーは4月5日開始

今、RUNNETをいじっていたら、北海道マラソンの大会要項が
発表されていました。

北海道マラソンの公式ページではまだ「詳細は後日お知らせします」と
なっていますが、このRUNNETでの情報を、ほぼ公式発表と思っておきますhappy01

開催日:8月28日(日)
スタート時間:午後0時10分
スタート:中島公園東側
ゴール:大通公園8丁目
参加資格:2009年1月1日以降に、フル5時間、ハーフ2時間20分以内の
       記録を持っている方
参加料:8000円
エントリー期間:4月5日~4月27日

ということで、開催時期、コース、参加資格、参加料など、去年と同じようです。
関門設定は載っていませんでしたが、参加資格に変更がないので、
たぶん去年と同じなのかなと推測します。

1つ違っているのは、去年はエントリー開始が4月19日だったようですが、
ことしは4月5日(火)と、2週間ほど早くなっています。

まぁ、8月末の大会のエントリー開始が、4月上旬だろうが中旬だろうが、
どっちも存分に早いので、特にどうということはありませんがdelicious

去年はこのエントリー期間自体はたしか1ヶ月ほどあったのですが、
2週間ちょっとで定員に達して、受付締め切りになっていたようです。

この北海道マラソンは、去年まで6年連続で走っています。
今年も、夏の終わりの恒例行事として、チャレンジしたいと思っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

大阪マラソンの申し込みが、1日で定員3万人超え

今年の10月30日(日)に行われる「第1回大阪マラソン」が、
申し込み受付の初日となった昨日、15日のわずか1日の段階で、
申し込み人数が既に定員をオーバーしたとのこと。

ちなみに定員は、フルマラソンが2万8000人、8.8キロのチャレンジランが
2000人で、どちらも初日でオーバーしたようです。

3月15日まで申し込み受付で、その後に抽選となるようです。
東京マラソンみたいに、倍率10倍あたりまでいく可能性もあるかもhappy01

東京マラソン(今年は2月27日開催)は、

「冬の時期、練習をするのが北海道民にとっては厳しい」

ということで、万が一当選したとしても困るので、1回も申し込んだことは
ありませんでした。

僕の場合は、10月中旬の「北海道ロードレース」でのハーフマラソンを
そのシーズンの最終戦として走って、それから長い冬眠生活に入るのが、
毎年の恒例のパターンとなっています。

それを考えると、この大阪マラソンの「10月30日開催」というのは、
去年までのパターンをそんなに変えなくていいわけですし、
最後の締めを大阪でのフルマラソンとするのも、魅力的と言えば魅力的かも。

倍率から考えて、まず当選しないと思いますが、
日程的に東京マラソンとは違って、

「もし当選したら、自分の幸運に感謝して、きっちり練習して挑みたい」

という気持ちになりそうな感じなので、とりあえずは申し込んでみようかどうか、
ちょっと悩み中delicious

ちなみにコースは、大阪城公園前をスタートして、御堂筋を通って、
京セラドームや通天閣のあたりを通って、インテックス大阪という
ところがゴール地点となる、そんなコースのようです。

●大会公式ページのコース紹介
http://www.osaka-marathon.com/2011/schema/course.html

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2011年2月13日 (日)

北海道と言ったら「やきそば弁当」

またまたテレビ番組の話題で。

この前の月曜日、テレビ朝日系列で放送されていた「お試しかっ!」の、

「東洋水産・マルちゃんのカップ麺、全て当てるまで帰れま10」

を見ました。
Yakisobabentou_2_2 

マルちゃんと言えばやはりまずは、「赤いきつねと緑のたぬき」でしょうが、
僕はそれよりも、マルちゃんの製品で今まで圧倒的に一番食べているのは、
おそらく間違いなく、

「やきそば弁当」

だと思いますsmile
Yakisobabentou_1

焼きそば本体ももちろん美味しいのですが、湯切りのお湯を使った「スープ」が、
何よりも、焼きそばとの組み合わせが絶品なわけで。

ただ、これは「北海道限定発売」。

かなり前だったと思いますが、火曜日の深夜に放送の、一応は北海道の
ローカル放送の「おにぎりあたためますか」で、東洋水産の会社を訪れた
大泉洋と戸次重幸(おそらく放送当時は佐藤重幸)がともに、このやきそば弁当を
絶賛していたのが、妙に印象に残っています。

たぶん、この番組で初めて「えっ!やきそば弁当って、北海道限定だったんだ!」と、
僕は遅ればせながら知った記憶がありますdelicious

65品あるという、マルちゃんのこのカップ麺関係で、

「やきそば弁当は、北海道限定なので、やはり全国ランキングでは……」

と思っていたのですが、見事に9位にランクイン!

この番組の司会が、北海道出身のタカ・アンド・トシで、そのタカさんが

「北海道では定番中の定番なんですよ」

と言って予想して当てたので、余計に嬉しかったですdelicious

ちなみにトップ10は、

1位 あかいきつねうどん
2位 緑のたぬき天そば
3位 麺づくり鶏がらしょう油
4位 ワンタンしょうゆ味
5位 麺づくり合わせ味噌
6位 黒い豚カレーうどん
7位 昔ながらのソース焼きそば
8位 でかまる もやし味噌ラーメン
9位 やきそば弁当
10位 四季ものがたり 冬のときめきラーメン

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

ネプリーグGP(宍戸留美が分かりました!)

今日は午前中に1時間ほどの雪道ランニングrunをしてきて、それから、
昼食にうどんを食べながらNHK-BSの囲碁・将棋ジャーナルを見て、
そして少し昼寝をした後、この前の月曜日に録画しておいた、

「ネプリーグGP(2時間スペシャル)」

を見るという、非常に活動的な1日でしたsmile

その中で、

「アイドル5文字クイズ(ファイブリーグ) 懐かし&最新アイドル問題」

において、出場していたマニアックチーム(千原ジュニア、はるな愛、有吉弘行、
ビビる大木、有野晋哉)が順調に、

1.セーラーズ
2.七日間戦争
3.ノースリーブス
4.学園祭の女王

を答えていって、そしてパーフェクトの賞金50万円がかかる5問目。

「89年ロッテ『CMアイドルは君だ!』グランプリ受賞」
「90年発売の曲『コズミック・ランデブー』」
「愛称はルンルン」

との説明とともに、そのコズミック・ランデブーという曲を歌っている、
そのアイドルの方の曲と映像が流れていました。

その段階では、全く何も頭の中に思い浮かばなかったのですが、その後の
ナレーションの、「現在も歌手として活動していて、海外でも人気」というヒントの、

「海外でも人気」

というのに対して、何となく、頭の中の奥の奥の方にある、かすかな記憶が
反応したような感じになって、そして解答発表のギリギリになって、

「宍戸留美(ししどるみ)」

が出てきましたhappy01

いやぁ~、脳の中から突然「スコーン」と出てきたような感覚で、
これ以上無いくらいの、最高に気持ち良い気分になりました!

この現象を、是非とも、脳科学者の茂木健一郎さんに説明してほしいですなsmile

ちなみにこの問題、番組の回答者では、はるな愛さん以外の4人は正解。
それも凄いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

井岡一翔が世界チャンピオンに!![ボクシングWBCミニマム級世界戦]

僕もそれなりに大人になったので、

「ボクシングの世界タイトル戦をゴールデンタイムで放送するのは、
想像以上のお金がかかり、現在の状況では容易ではない」

というのをある程度は理解しているつもりなので、映画「あしたのジョー」の宣伝も、
夜7時から中継できるための非常にありがたい重要な要素と、感謝の気持ちで
受け入れられますsmile

●WBCミニマム級世界タイトルマッチ 神戸・ワールド記念ホール 

チャンピオン オーレドン・シッサマーチャイ(タイ) VS 挑戦者 井岡一翔(井岡)

結果: 井岡の5R1分7秒TKO勝ちで、新王者誕生

最後は左のボディブロー一発での決着でしたが、ゲストの内藤大助さんの、

「いやぁ~、見ていて何のパンチか分からなかった。VTRでようやく分かった。」

というコメントが、まさに僕の心境でした。まぁ、現役の選手のコメントとしては、
今後の世界王者カムバックが少し不安になりますがdelicious

2Rにも左のパンチを顔面に決めてダウンを奪い、その他のラウンドも
井岡ペースと思っていたのですが、4R終了時の公開採点では、

40-35(井岡)
38-37(井岡)
38-37(オーレドン)

と、ちょっと意外な感じの採点。もちろん、僕は細かい採点基準を知らないので、
何とも言えないところですが。

そんなわけで、このWBCのミニマム級(ストロー級)の初代王者は、
この井岡一翔選手の叔父さんの、所属ジムの会長でもある井岡弘樹さんで
あったのですが、過去のWBCのこの階級の王者は、

初代 井岡弘樹
2   ナパ・キャットワンチャイ(タイ)
3   崔漸煥(韓国)   
4   大橋秀行
5   リカルド・ロペス(メキシコ)
6   ワンディー・シンワンチャー(タイ)
7   ホセ・アントニオ・アギーレ(メキシコ)
8   イーグル京和(イーグル・デーン・ジュンラバン)(日本/タイ)
9   イサック・ブストス(メキシコ)
10  高山勝成
11  イーグル・デーン・ジュランバン(日本/タイ)
12  オーレドイン・シスサマーチャイ(タイ)
13  井岡一翔

ということで、「井岡VSナパ・キャットワンチャイ」の初戦の、
疑惑の残る、最終ラウンドの早過ぎるゴングの試合が、
僕がきちんとボクシングを観た記憶のある、最初の試合でした。

1988年6月の試合ということで、僕が小学校6年生の時になりますなhappy01

4代目の大橋秀行が世界奪取した「崔VS大橋」は、日本人の世界挑戦21連敗を
止める、歴史的な一戦に。

この試合が、僕がボクシングマニアとなるきっかけとなった、僕個人にとっても
歴史的な一戦に。この試合は、1990年の2月に行われました。

この試合の何日か後には東京ドームで、マイク・タイソンとバスター・ダグラスの
世紀の番狂わせがありました。今思えば、この1990年の2月という時は、
日本ボクシング界にとって凄い瞬間でしたねdelicious

その後も、リカルド・ロペスに「これが本物の中の本物なんだ」と痛感させられたり、
イーグルの最初の陥落の際の、

「試合途中でのまさかのトラブルは、ホントに怖いな……」

と思ったりと、WBCのこの階級は、僕の中では、
短いながらもインパクトのある歴史を持つ階級です。

今日の井岡一翔選手の、

「日本ボクシング史上、最短となる7戦目での世界奪取」

という記録に対しては、そこまで大きな価値が感じないのですが、それよりも、
これからのさらなる期待度を考えると、非常に嬉しくてワクワクする気分です!

明日のスポーツ紙の各紙の一面を期待したいですね~。
大相撲の八百長問題はひとまずいいですし、「斉藤佑樹投手」は、
残念ながら最初から全く興味がないのでsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「週刊ベースボール2011年プロ野球選手名鑑」が発売!

僕の周りの野球ファンの間では「教科書」と読んでいる、

週刊ベースボール増刊号 プロ野球全選手写真名鑑

の2011年版が発売となり、今日の午前中に買ってきました。
Syube2011

今年は特に、新人選手の話題が、キャンプの様子を伝えるスポーツニュースなどで
連日、大きく取り上げられています。

その多くいる話題の新人選手の中でも、やはり何といっても一番の注目は、

「広島おもんねーわ」「練習だるい。しょうもなさすぎる」
「鬱になりそう。ほんまにインディゴソックス(徳島)に帰りたくなるわ」

で一躍有名となった、例の彼でしょうかねsmile

まぁ、そのブログの実際の文章を見ていないので何とも分かりませんが、

「寮の周りに何も無くて、おもんねーわ」
「この程度の練習で疲れてだるくなる、自分がしょうもなさすぎる」
「これからプロでやっていけるか不安で、徳島に帰りたくなるわ」

のようなニュアンスで本人は書いたのではないかと、
そんなような気もするのですが………。

そんな新加入の選手達を中心に、この教科書であれこれ勉強して、
シーズン開幕に備えたいと思います。

「この選手はあの選手と同じ高校の、1年後輩だったんだ~」

とか、そんな発見をするのも非常に楽しいdelicious

さて、その選手名鑑の項目の中に、

「家族(独身者は好きなタレント、理想のタイプ)」

という質問項目があって、好きなタレント名を記載していた選手達の集計を、
先ほど、1時間あまりかけて黙々とやってみました。何て有意義な祝日の
過ごし方なのでしょうか。

まぁ、選手達も「去年の回答と同じでいいや~」と、適当な感じで回答した人も
多いとは思いますが、それでも、

「世間一般の、20代を中心とする男性が選ぶ、人気女性タレントランキング」

という傾向は、ある程度見られるような結果になった気もしますhappy01

集計の正確性に対しての自信はあまりないのですが、
2票以上あった方々を書いておきます。

 1位 16票 北川景子
 2位 15票 上戸彩
 3位 10票 新垣結衣
 4位  9票 長澤まさみ
 5位  6票 安田美沙子、佐々木希
 7位  5票 綾瀬はるか、香里奈、優香、長谷川潤、西山茉希
12位  4票 ベッキー、長谷川京子、深田恭子、大島優子(AKB48)、北乃きい、
         相武紗希、安室奈美恵、
19位  3票 井上真央、加藤あい、柴咲コウ、畑野浩子、伊東美咲、竹内結子、
         松下奈緒、黒木メイサ
27位  2票 榮倉奈々、夏川純、吉高由里子、蛯原友里、吉瀬美智子、
         西尾由佳里(日テレアナウンサー)、中島美嘉、山田優、皆藤愛子、
         内山理名、平山あや、磯山さやか、ハラ(KARA)、市川由衣、山本梓、
         倖田來未、板野友美(AKB48)、前田敦子(AKB48)

セリーグ、パリーグの集計を終わった段階では北川景子の独走だったのですが、
最後の育成選手で「上戸彩5票、北川景子1票」という上戸彩の猛追があり、
際どい1票差の激闘となりました~。

千葉ロッテのピッチャーの内くんの「市川由衣、あびる優」というのは、
何年も前から、ずっと変わらない記憶がdelicious

5年くらい前に同じような集計をやった時は、1位がたしか矢田亜希子さん
だったのですが、今回は1票も入っていなく、時の流れの早さを感じました。

10日ほど前にやっていたロンドンハーツの

「男芸人が選ぶナンバーワン女性タレント」

で最後の3人に残った石原さとみ、宮崎あおい、壇れいは、
今回の集計では、宮崎あおいに1票入っていただけでした。

あの番組を見ていて感じた「何となくの違和感」の原因が、
少しは判明したような気もしますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

宇賀地強(コニカミノルタ)がハーフで日本歴代3位の好記録

あまり話題になっていませんが、昨日行われた第60回香川丸亀国際ハーフマラソンの
男子の部で、コニカミノルタの宇賀地強選手が、日本人3人目となる「60分台」を
出したとのこと。

歴代の記録は、

1位 佐藤敦之(中国電力) 1時間00分25秒(2007年10月 ウーディネ)
2位 高橋健一(富士通) 1時間00分30秒(2000年1月 東京)
3位 宇賀地強(コニカミノルタ) 1時間00分58秒(2011年2月 丸亀)

のようです。駒澤大学から実業団入りして1年目でのこの好記録。
このままさらに成長していってほしいですhappy01

まぁ、ハーフの世界最高記録は、58分23秒らしいですが……。

同じく駒大→社会人1年目では、トヨタ自動車の高林祐介選手(家電好き)も、
ニューイヤー駅伝で区間新記録、都道府県対抗駅伝でも区間賞と、
先月に立て続けに好走していますし、若手選手のこれからが楽しみです。

ちなみに昨日の丸亀のハーフ、女子はワコールの福士加代子さんが
1時間09分00秒で優勝したとのこと。さすがです。

●第60回 香川丸亀国際ハーフマラソン結果

男子
  優勝:サムエル・ドゥング(愛知製鋼) 1:00:55
 2位:宇賀地強(コニカミノルタ) 1:00:58
  3位:メクボ・モグス(アイデム) 1:01:29
 4位:ラシド・キリス(モロッコ) 1:01:52
  5位:撹上宏光(駒澤大) 1:02:34
 6位:新田良太郎(コニカミノルタ) 1:02:35

女子
 優勝:福士加代子(ワコール) 1:09:00
   2位:ヤジンスカ(ポーランド) 1:10:36
   3位:小原玲(天満屋) 1:10:50
   4位:吉川美香(パナソニック) 1:11:13
   5位:小田切亜希(名城大) 1:11:49
   6位:藤永佳子(資生堂) 1:12:03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

「2011年別府大分毎日マラソン」の結果

今回は「第60回」という記念大会ということもあってか、出場資格が
2時間50分から3時間30分に緩和され、さらに30年ぶりに女性の
参加もできるようになった、そんな今年の大会でした。

-----
●第60回別府大分毎日マラソン 結果

 優勝:アルメド・バダイ(モロッコ) 2:10:14
 2位:ダニエルジェンガ(ヤクルト-ケニア) 2:10:24
 3位:前田和浩(九電工) 2:10:29
 4位 アルン・ジョロゲ(小森コーポレーション-ケニア) 2:11:43
 5位 藤田敦史(富士通) 2:12:26
 6位 森脇佑紀(JFEスチール) 2:12:34
 7位 下重正樹(コニカミノルタ) 2:13:07
 8位 ジェフリー・ハント(オーストラリア) 2:13:14
 9位 瀬戸口 賢一郎(旭化成) 2:15:01
10位 鬼塚智徳(九電工) 2:16:52

25キロを過ぎたあたりから、バダイとジェンガ(+ペースメーカー)の先頭グループと、
その後ろの日本人集団の第2グループに分かれた感じに。

結果として、日本人トップの前田選手は、藤田選手をマークではなくて、
ダニエル・ジェンガ選手をマークしてついて先頭集団としていけば、
もしかしたら、優勝もあったのかも。

一時は30秒まで開いた差が、終盤の粘りにより、ゴールでは14秒差まで
縮まったので。最後の追い上げは、観ていてドキドキするものがありましたが。

もちろん、あそこで先頭集団についていけば、35キロあたりから失速した
可能性もあるので、「あそこで先頭集団についていれば……」という仮定は、
何とも言えないところdelicious

とりあえず前田選手は、代表枠が5枠の世界陸上代表の有力候補になりましたね。
1万メートルの自己ベストが27分台のスピードの実力を、何とかマラソンで今後、
さらに発揮してほしいです。

昨日の深夜というか、今日の早朝というか、そんな時間帯に北海道では、

「別大伝説」

という、過去の記憶に残るようなレースを紹介していた1時間番組が
放送されていたので、録画して、レース前の今日の午前中に見ました。

思ったよりも見応えのある、中身の濃い1時間番組でしたが、
その番組のナビゲーターをしていたのが、西田隆維さん。

この西田さんは、駒澤大学時代は箱根駅伝で9区の区間新記録を出すなど
活躍して、そしてエスビー食品に進んでからも、2001年には世界陸上の
日本代表として出場。

その世界陸上の切符を手に入れたレースが、ちょうど10年前の、
この別府大分毎日マラソン(2時間8分45秒)。

番組の最初は「何でこの人がナビゲーターなんだろ?」と疑問に思ったのですが、
現役引退後、今は俳優として活動しているとのことhappy01

そんな西田さんは、今日の別大を走った藤田選手の、駒澤大学時代の
1年後輩となるんですね~。

この2001年の世界陸上の選考レースの結果を調べてみたら、

2000年12月 福岡国際マラソン 藤田敦史(富士通) 2:06:51
                                   →当時の日本最高記録
2001年 2月 別府大分毎日マラソン 西田隆維(エスビー食品) 2:08:45
2001年 2月 東京国際マラソン 高橋健一(富士通) 2:10:51
2001年 3月 びわ湖国際マラソン 油谷繁(中国電力) 2:07:52

がそれぞれのレースの日本人トップのタイムで、その10年前も別に
「黄金時代」ではなかったのですが、それから10年後の今、
なかなか「2時間10分切り」が出てこない現状は、ちょっと残念ですねwobbly

この中の油谷選手は、今日の別大でも走ったのですが、
現在は「コーチ兼任」とのことで、今日の結果は2時間19分05秒で、
スポーツ新聞情報によると、次回のレースが引退レースのなるとのこと。

僕と同じ歳(1977年の早生まれ)なので、少し寂しい気が。

男子の主要な国内のフルマラソン大会は、

2月27日 東京マラソン
3月 6日 びわ湖毎日マラソン

が残っているので、ここで「あっ」と驚くような好タイムが出ることを期待していますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

プロ野球の交流戦(中日-日ハム)

2月1日からスタートとなった、プロ野球のキャンプの練習などの様子が、
連日、スポーツニュースや新聞などで大きく取り上げられています。

正直、「斉藤祐樹投手」に全く興味が無い僕ですが、我らが中日ドラゴンズは、
北海道に住んでいると特に、完全に「空気」の扱われ方で、

「知らせが無いのは良い知らせ」

と、妙な安心感があります。中日が話題になるといったら、手荷物のバッグに
銃弾が入っていたとか、風呂場で足を滑らせて骨折したとか、
そんな話題しかないのでsmile

さてさて、今年の交流戦の日程は既に発表されていて、
北海道日本ハムと札幌ドームで戦う日程は、

6月8日(水) 午後6時 日ハム-中日
6月9日(木) 午後6時 日ハム-中日

とのこと。今年は両方とも平日のナイトゲーム開催に。

この交流戦は2005年から始まったのですが、
札幌ドームでの我らが中日ドラゴンズの日ハム相手の成績は、

2005年 1勝2敗
2006年 1勝2敗
2007年 1勝1敗
2008年 0勝2敗
2009年 1勝1敗
2010年 0勝2敗

の、合計「4勝10敗」と、あまり思わしくない成績wobbly

できれば今年は2試合とも観に行って、そして札幌ドーム内を沈黙させる
2連勝といきたいところですなdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

「2011年日刊スポーツ豊平川マラソン」に申し込み!

5月5日のこどもの日に行われる「日刊スポーツ豊平川マラソン」に
RUNNETから申し込みをして、今日の帰り道の途中、ローソンで
お金を払ってきました。
55mousikomi_2 

何年か前までの「豊平川ラン&ウォーク」という大会名称が僕は好きだったのですが、
それはさておき、この大会は、7年前の2004年に「記念すべき初ハーフマラソン」と
して参加した思い出深い大会です。

それから、昨年まで7年連続で「シーズン開幕戦」としてハーフを走っています。
今年もハーフで申し込みました。

ハーフのコースは真駒内屋外競技場をスタートとして、公園内をぐるりと走ってから
豊平川河川敷に出て、後はひたすら河川敷を走ります(東橋の手前で折り返し)。

そして終盤は、河川敷から真駒内公園内に入るための恒例の「登り坂」から
公園内を1キロくらい走って、屋外競技場へゴール!

単調と言えば単調なコースですが、「長い冬が終わって春cherryblossomが来たんだなぁ~」と
実感できるこの大会が僕は好きです。

今年のエントリー期間は3月18日までで、定員5,000人の、

「参加料の入金先着による定員締切となります」

とのこと。まだまだ日程に余裕はあるのですが、早めに申し込んでおいた方が
安心ですし、実際にお金を払って申し込みが完了すると、思いのほかテンションが
上がります。

明日の土曜日は、できれば午前中に1時間ほどのランニングrun
したいと思っていますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

「2011年洞爺湖マラソン」は5月22日に開催

先ほど、知り合いの人から、

「今年の洞爺湖マラソンっていつなの?」

とメールがきました。それでネットを調べてみたところ、
洞爺湖町の公式ページ(?)に、5月22日(日)に開催が決定したという
情報が載っていました。ここ何年かと、同じ感じの日程のようです。

http://www.town.toyako.hokkaido.jp/02_event/01_event.jsp#Marathon

まだRUNNETなどには載っていませんが、エントリーの申し込み受け付けは、
去年までだと2月下旬くらいからスタートしていた記憶が。
だいぶあいまいな記憶ですが。

*3月1日(火)追記
  RUNNETからのエントリーは、今日、3月1日から開始となったようです。 
   http://runnet.jp/


去年、一昨年と2年連続でフルマラソンを走って、気温、コースの景色など、
非常に印象の良い大会です。今年も走るかどうかは、まだ全く決めていませんがdelicious

今日の北海道新聞の夕刊に載っていたのですが、この洞爺湖マラソンの
1週間前の5月15日(日)に、

「苫小牧ノーザンホースパークマラソン」

という大会が、初めて行われるそうです(ハーフ、7キロ、親子マラソン2.5キロ)。

ハーフは、馬や牛の放牧地や牧場敷地内を巡るコースを設定しているということで、
なかなかオモシロそう。

ハーフマラソン大好き人間としては、こちらの大会にも魅力を感じてしまいますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

2011年、芸人22人が選ぶ女性芸能人No.1決定戦[ロンドンハーツ]

「親が子供に見せたくない番組」

で長年上位にランキングし続けている、テレビ朝日系列の「ロンドンハーツ」。

今夜の2時間スペシャルの放送は、

「2011年 男芸人22人がガチで選ぶ 女性芸能人No.1決定戦~俺たちのNo.1~」

ということで、3年前、そして去年も同じような企画をやっていて、
3年前は永作博美、去年は上戸彩が1位でした。

くだらない企画と言えばそうなのでしょうが、先週の番組予告以来、
今日の放送が妙に待ち遠しかったですsmile

まずはそれぞれが自分の「トップ5」を選んで、
そこから下位の得票者を少しずつ脱落させていく方式。

上位15名に入ったのが、

長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣、管野美穂、森高千里、
石原さとみ、栗山千明、椎名林檎、壇れい、広末涼子、
南野陽子、宮崎あおい、本仮屋ユイカ、YUKI、吉高由理子

の15名で、そこからさらに再投票などをして絞っていって、
最終的には、

宮崎あおい
壇れい
石原さとみ

の3人による決選投票でした。

壇れいさんは、やはりサントリー金麦のコマーシャルのインパクトが強かったようで。

ちなみに、僕は小学生の頃、NHKの連想ゲームに出ていた
壇ふみさんが好きでしたsmile

それはさておき、その最終の決選投票の結果は、

宮崎あおい 6票
壇れい    4票
石原さとみ 10票

という途中結果の段階で(残りの2票の結果は不明)、石原さとみが新女王に!!

と、だからどうしたというわけではないのですがsmile

今日の放送で1番印象に残ったのが、チュートリアルの徳井が
最初に1位に推していた一色紗英。

その時、昔出ていた、大塚製薬のポカリスエットのCMを流していました。

織田哲郎の「いつまでも変わらぬ愛を」の曲をバックに、
当時14歳だったという一色紗英が出演していたこのCM。
ホントに久しぶりに見られて、テレビの前で思わず興奮しましたdelicious

織田哲郎のこの曲は1992年発売で、もう20年近く前になりますが、
僕の中では今でも超名曲です。

ちなみに、誰も興味が無いでしょうが、番組直前に僕も「5人」を選んでみました。

菅野美穂
 やはりあの「チオビタ」のCMには完全にやられますね。

掘北真希
 最初に見て非常に印象に残ったのが、レミオロメンの「3月9日」のPVでした。
それが「掘北 真希」と気づくまで、たしか2年以上かかりましたがhappy01

*PV:3月9日/レミオロメン
http://www.youtube.com/watch?v=RJZQpkeZp7o&feature=related

広末涼子
 「マジで恋する5秒前」「大スキ!!」の当時も良いのですが、
 今の方がさらに良いです。

石田ゆり子
 昔から好きだったのですが、2003年に発売された浜田省吾のシングル曲、
「君に捧げるlove song」のPVに出演している石田ゆり子は、とにかく最高でした。

*PV:君に捧げるlove song/浜田省吾 
http://www.youtube.com/watch?v=31jD2fpJbNg

本仮屋ユイカ
 映画「スウィングガールズ」での、メガネをかけたトロンボーン担当の役に
はまりました。

そんなところですsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »