« 「2011年日刊スポーツ豊平川マラソン」の申し込み開始 | トップページ | テレビデオ »

2011年1月23日 (日)

栃木が初優勝![2011年都道府県対抗男子駅伝]

今日、広島県で行われた7区間、48.0キロの
「第16回 全国都道府県対抗男子駅伝」。

いろいろ見所はあってオモシロかったのですが、北海道チームが42位と
残念な結果で、テレビを観ていてテンションはやや低かったですdelicious

●結果:第16回 全国都道府県対抗男子駅伝(タイムはトップとのタイム差)

 優勝:栃木  
 2位:長野 +31秒
 3位:広島 +1分06秒
 4位:京都 +1分08秒
 5位:三重 +1分09秒
 6位:長崎 +1分11秒
 7位:兵庫 +1分12秒
 8位:宮城 +1分12秒
 9位:熊本 +1分14秒
10位:千葉 +1分27秒

42位:北海道 +6分41秒

まずは印象に残ったのが宮城県の高校生3人。

宮城県と言えば高校駅伝では仙台育英高校で、
昨年末の高校駅伝でも4位に入ったのですが、

1区 村山 紘太(明成高) 区間2位
4区 加藤 光(東北高) 区間2位
5区 村山 謙太(明成高) 区間賞

ということで、1区と5区の村山選手は双子とのことですが、
仙台育英高校以外の選手も強いんですね~。

7区のアンカー区間にタスキ渡しをした段階では、
宮城県がトップ、3秒差の2位で栃木県だったのですが、
栃木県のアンカーの宇賀地強選手(コニカミノルタ)がさすがの走りで、
栃木県の初優勝となりました。

栃木県も、昨年末の高校駅伝では佐野日大高校が出場したのですが、

1区 八木沢 元樹(那須拓陽高) 区間賞
4区 塩谷 桂大(那須拓陽高) 区間賞
5区 横手 健作(作新学院高)  区間5位

ということで、この他の県でも全体的に、全国高校駅伝に出場しなかった
高校の選手の活躍が目立った感じで、逆に、全国高校駅伝で好走した選手が
今日は振るわなかったり、そんな印象がありました。

まぁ、1ヶ月前の大会本番から、今日の大会にピークを再び合わせるのは
難しかったのかなと思いますが。

3区の社会人・学生の一般区間では、長野県の村澤明伸選手(東海大)が
24人抜きの走りで、26位から一気に2位に。さすがでしたhappy01

ちなみにこの3区で区間3位になったのは、新潟県の長谷川裕介選手(上武大)。

トラックの1万メートルでは学生最高タイムを持ちながら、
箱根駅伝ではイマイチというのが2年続いていたので、
今日の好走は嬉しかったですhappy01

地元の広島県は、3区の岡本直己選手(中国電力)が区間6位の9人抜きの走り、
そして、アンカーの鎧坂哲哉選手(明治大)が区間2位の驚異の14人抜きで、
最後は3位に入りました。

1区の出遅れがなければ、優勝争いまで、もしかしたらいけたかもと思うと、
ちょっと残念でしたね。

昨年優勝の兵庫県は、4区まではトップだったのですが、
4区の高校生が区間44位の無念の走り。

この4区の須磨学園高校の選手は、全国高校駅伝の3区でもブレーキとなって、
それまでトップだったチームの順位を大きく落としてしまっていたわけで、
おそらくずっと調子が悪かったと思うので、起用に問題があったと思います。
兵庫県なら、他に強い選手もまだまだいたでしょうし。

北海道チームは、1区から46位と出遅れ、アンカーの菊池賢人選手(明治大)が
4つ順位を上げる意地の走りで42位とはなりましたが、残念な結果でしたwobbly

●区間賞

1区 八木沢 元樹(栃木・那須拓陽高)
2区 高森 建吾(千葉・我孫子中)
3区 村澤 明伸(長野・東海大)
4区 塩谷 桂大(栃木・那須拓陽高)
5区 村山 謙太(宮城・明成高)
6区 安井 雄一(千葉・常盤平中)
7区 高林 祐介(三重・トヨタ自動車)

こうして書いてみると、中学生区間は、2人とも千葉県が獲得していたのですね。
これも凄いhappy01

|

« 「2011年日刊スポーツ豊平川マラソン」の申し込み開始 | トップページ | テレビデオ »

コメント

こんばんは。
見終わったのがこんな時間だったのでこちらにしました。
見終わるまで結果は見ませんでしたよ^^両親が横で含み笑いをしている中見てました。
北海道は残念でしたね。でも菊池選手は最後頑張ったと思います。
3区は最後が凄かったですね。デットヒート。八木選手と村澤選手と矢澤選手と長谷川選手の走りが凄かったです。長谷川選手速かったですよね^^私も長谷川選手の速い走りが見れて良かったです。
栃木は始めから速かったですもんね。安定していました。
兵庫は4区どうしたんだ?!と思っていたのですが、区間44位ですか。それはもうしょうがないとしか言いようがないですね。
広島も素晴らしかったですね。3区は岡本選手でしたか。鎧坂選手も速かったですね。
もう言い出したら止まらないのでここらへんでやめておきます^^
今年も面白かったです。

投稿: 苗坊 | 2011年1月24日 (月) 00時14分

>苗坊さん

こんばんは~。何とか無事に、結果を知らずに録画中継を観ることができたようでhappy01

3区は迫力がありましたね~。矢澤選手や長谷川選手は、
「顔は分かるんだけど、誰だっけ?」という感じで、
タスキ渡しの後まで判明できませんでした。

普段の大学のユニフォームじゃないと、意外と分からないものでしたdelicious

栃木は安定していましたよね~。宇賀地、高林、星の3選手は、
駒大出身の社会人ルーキーでしたね。3人とも目立っていました。
ここに、深津選手も走っていたら、全員集合だったのですが。

今年もあれこれ見所があって、オモシロかったですhappy01

投稿: しげた | 2011年1月24日 (月) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50664685

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木が初優勝![2011年都道府県対抗男子駅伝]:

« 「2011年日刊スポーツ豊平川マラソン」の申し込み開始 | トップページ | テレビデオ »