« Lovin' You/横山輝一(1993年) | トップページ | 新聞休刊日 »

2010年12月11日 (土)

Dear Snow/嵐(2010年)

昨日の夜は仕事が終わった後に、たぶん3年ぶりくらいにボウリングをしてきました。

スコアは、1ゲーム目が92で、そして2ゲーム目が123と、
僕としては満足な結果でしたhappy01

さて、今日の午前中は、だいぶ前に録画していたミュージックステーションスペシャルを
見ていました。

嵐が(その放送時での)新曲の「Dear Snow」を歌ったのですが、
その曲の最初に、画面の下に表示された作曲者の名前を目にして、
思わず物凄い反応をしてしまいました。

「作曲者:Kosuke Oshima」

ローマ字のつづり方は違っていたかもしれませんが、とにかく「こうすけ おおしま」。

身体の半分くらいは「ビーイング系の音楽」で構成されていると言っても
いいくらいの僕は、瞬時に、

「えっ、WANDSの第1期メンバーの、あの大島康祐?」

と軽く興奮状態に。調べてみたら、やはりそうでした。

WANDSのシングル曲を並べると(3枚目から6枚目)

1992年7月1日 もっと強く抱きしめたなら
(1992年10月28日 世界中の誰よりきっと:中山美穂&WANDS)
1993年2月26日 時の扉
1993年4月17日 愛を語るより口づけをかわそう
1993年7月 7日 恋せよ乙女

なのですが、第1期メンバーのキーボードの大島康祐は、
「もっと強く抱きしめたなら」のリリース後に脱退。

「もっと強く抱きしめたなら」は、7月の発売当初はほとんどヒットしなかったのですが、
その4か月後ほどの「世界中の誰よりもきっと」の影響もあってか、その年の年末から
年明けあたりにかけて大ヒットして、最終的には150万枚くらいの売り上げ枚数に。

たぶん、大島康祐は、この曲がヒットする前に脱退したようなので、
周りから見たら、非常にもったいない気がdelicious

しかし、脱退した後にWANDSが発売している「時の扉」と「恋せよ乙女」は、
この大島康祐が作曲した曲。

それがシングルとして発売されるあたり、何か複雑な事情があるような、
そうでもないような、当時、かなり不思議に思っていましたsmile

今は「大島こうすけ」と改称して活動しているようですが、
ホントに久しぶりに名前を聞いて、しかもそれが、
あの嵐のシングル曲の作曲者としてだったので、嬉しくなりました。

最後に、嵐についても少しだけ。

今年はシングルを

 3月 3日 Troublemaker
 5月19日 Monster
 7月 7日 To be free
 9月 8日 Love Rainbow
10月 6日 Dear Snow
11月10日 果てない空

と6枚発売したのですが、後半の方になると「すぐに次の新曲」という感じで、
1曲1曲の印象が薄まってしまった印象があって、少し残念な気持ちも。 

|

« Lovin' You/横山輝一(1993年) | トップページ | 新聞休刊日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50269318

この記事へのトラックバック一覧です: Dear Snow/嵐(2010年):

» 【安すぎ】理由は不明(笑)だけどすっごい安いの発見 [【地デジ】大画面テレビ送料のみ!まちがってるんじゃね?【祭り】]
ちょっとなに言ってるかよくわかんないですね、というくらいの激安(笑)落ち付いて行ってください。 [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 06時58分

« Lovin' You/横山輝一(1993年) | トップページ | 新聞休刊日 »