« 2011年ニューイヤー駅伝の予想 | トップページ | ゴチになります11最終SP&今年の走り納め »

2010年12月30日 (木)

2011年箱根駅伝の予想

今日は箱根駅伝の予想で。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」で、今回が第87回とのこと。

 1区:21.4キロ
 2区:23.2キロ
 3区:21.5キロ
 4区:18.5キロ
 5区:23.4キロ
 6区:20.8キロ
 7区:21.3キロ
 8区:21.5キロ
 9区:23.2キロ
10区:23.1キロ

の10区間、計217.9キロで行われます。

1年前は、5区の山登りで、東洋大の柏原選手が2年連続で鬼のような激走をして
東洋大がトップに立ち、復路もそのままリードを保ち続けての2連覇でした。

前回の総合結果は、

優勝 東洋大
2位 駒澤大
3位 山梨学院大
4位 中央大
5位 東京農業大
6位 城西大
7位 早稲田大
8位 青山学院大
9位 日本体育大
10位 明治大

11位 帝京大
12位 東海大
13位 中央学院大
14位 上武大
15位 日本大
16位 関東学連選抜
17位 専修大
18位 大東文化大
19位 法政大
20位 亜細亜大

でした。

今回の大会は、10月の出雲、11月の全日本を優勝した早稲田大の3冠がなるか、
それとも東洋大の箱根3連覇がなるか、そんな「2強」の争いに注目が集まって
います。

こういう状態の時に、駒澤大あたりがこっそりと優勝してしまう、
そんな予感も少しだけありますが。駒澤大は全日本も2位でしたし。

そんなこんなで、順位予想をしてみたいと思います。

順位予想は、5位までは順位まで、6位~10位までは
順位は付けずにここに入る5校を。

優勝:東洋大学
2位:駒澤大学
3位:明治大学
4位:日本体育大学
5位:早稲田大学

6位~10位 
 山梨学院大、中央大学、城西大学、拓殖大学、東海大学

昨日、区間エントリーが発表されましたが、例年、当日に変更が結構あるので、
このエントリーを見ても、なかなか判断はしにくいところ。

とはいえ、5区の山登り区間、東洋大はやはり柏原竜二選手。
ここは当然ながら、よっぽどのトラブルがない限りは変更はないでしょうね。

そして6区の山下り区間は、1年生の小池選手がエントリーとなっていますが、
ここは、昨年もこの区間を走った市川選手が補欠にエントリーされているので、
変更がありそうかな。

一方、早稲田大の5区は、4年生の猪俣選手。

当初は2年生の佐々木選手が走る予定だったようですが、坐骨神経痛を
発症していて、猪俣選手になったようです。

猪俣選手は、この前の全日本でもたしかいい走りをしていましたし、
ここも変更はないのかなと思います。

早稲田大の1区は矢澤選手だと思っていたのですが、1年生ルーキーの
大迫選手がエントリーされ、矢澤選手が3区に。

大迫選手は、復路のエース区間の9区あたりに使ってみても
面白いかなとも思っていましたが、1区起用はちょっと意外でした。

その矢澤選手と同じ3年生の三田選手、八木選手はお互いに補欠でエントリー。
この2選手が当日のエントリー変更で走る可能性が高いとは思いますが、
それがどの区間になるかも気になります。

とまぁ、長々と早稲田大について語っておきながら、何故か予想は5位にしましたがsmile
根拠は特になくて、何となくです。

今回は、結構1年生ルーキーに注目選手が多くて、

東洋大:設楽 啓太(武蔵越生)→2区
     設楽 悠太(武蔵越生)→3区
駒澤大:油布 郁人(大分東明)→1区
早稲田大:大迫 傑(佐久長聖)→1区
       志方 文典(西脇工)→補欠
日体大:服部 翔大(埼玉栄)→補欠
明治大:北 魁道(世羅)→4区
日本大:田村優宝(青森山田)→5区

あたりの選手の走りも楽しみです。

特に、優勝に予想した東洋大の、設楽兄弟の2区、3区がどうなるかは大注目。

明治大は、1区松本(28:34)、2区鎧坂(28:34)、3区菊池(28:43)、4区北(28:42)と、
1万メートルの持ちタイムだけ見たら往路は凄いですね。

5区に入る段階では、トップでタスキ渡しをするかも。前回もそうだったかな?

それと、10月の予選会で(村澤選手がいなかったとはいえ)6位通過と
イマイチだった東海大は、2区の村澤、そして5区の早川の2年生コンビで、
往路はかなり上位にいきそうな気が。

そして復路も何とか粘って、シード権は確保するという予想です。

北海道関係では、

横山 拓也(札幌山の手)→青山学院大3区
菊地 賢人(室蘭大谷)→明治大3区
安曇 大輔(札幌山の手)→國學院大3区
山中 康司(室蘭大谷)→帝京大4区

のようです。3区は非常に楽しみになるので、エントリー変更が無いことを祈ります。

今回の大会に関して、まだまだ書きたいことは山ほどあるのですが、
あまりにも長くなるので、ここら辺で止めておきますsmile

最後に、出場の20校を書いておきます。前回大会と比べると、
亜細亜大、大東文化大、法政大が出場できなくて、
その代わりに拓殖大、國學院大、神奈川大が出場する形となっています。

--------
東洋大、駒澤大、山梨学院大、中央大、東京農業大、城西大、
早稲田大、青山学院大、日本体育大、明治大

拓殖大学、國學院大学、帝京大学、中央学院大学、上武大学
東海大学、日本大学、神奈川大学、専修大学、関東学連選抜

|

« 2011年ニューイヤー駅伝の予想 | トップページ | ゴチになります11最終SP&今年の走り納め »

コメント

すごい!!

投稿: たつお | 2010年12月31日 (金) 14時55分

僕は日本大学の田村選手が注目だと思います!!

投稿: たつお | 2010年12月31日 (金) 15時00分

>たつおさん

コメントありがとうございます!

日大の田村選手は、青森山田高校時代の活躍が印象に残っています。
5区の山登り、僕も注目です~。

投稿: しげた | 2011年1月 1日 (土) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50438365

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年箱根駅伝の予想:

« 2011年ニューイヤー駅伝の予想 | トップページ | ゴチになります11最終SP&今年の走り納め »