« 明日は全国高校駅伝と有馬記念 | トップページ | お正月は駅伝観戦三昧の3日間 »

2010年12月26日 (日)

男子は鹿児島実業、女子は興譲館が優勝[2010年全国高校駅伝]

今日の朝、新聞を開いたら、

「コンサドーレ札幌が砂川誠と再契約」

の見出しが目に入ってきましたhappy01

そんな幸せな気分の朝となった今日の日曜日でしたが、
午前中から高校駅伝を観ていました。

男女ともに非常にオモシロいレースとなりました。
-----
●第61回 男子全国高校駅伝 結果(7区間42.195キロ 47校参加)

 優勝:鹿児島実業(鹿児島) 2:03:59
 2位:世羅(広島)  2:04:05
 3位:九州学院(熊本)  2:04:24
 4位:仙台育英(宮城)  2:04:47
 5位:須磨学園(兵庫)  2:05:26
 6位:青森山田(青森)  2:05:33
 7位:佐久長聖(長野)  2:05:50
 8位:田村(福島)  2:06:09
 9位:秋田工(秋田)  2:06:42
10位:倉敷(岡山)  2:06:59

47位:室蘭大谷(北海道) 2:16:07

3区の8.1キロで、世羅の留学生のディラン選手の、区間新まで後1秒と迫る
驚異的な走りにより、一気に10位からトップとなって、優勝候補と言われていた
鹿児島実業と九州学院との差を1分14秒まで開きました。

これで勝負は決まったかと、正直言ってややシラケた気分になったのですが、
ここから鹿児島実業と九州学院がジワリジワリ追い上げ、6区からアンカー区間の
7区へとタスキ渡しをする場面では、

1位 世羅 
2位 鹿児島実業 14秒差
3位 九州学院   24秒差

と、アンカー勝負に(5キロ)。

終わった後の優勝インタビューで、鹿児島実業のアンカーの高田選手が、
「タスキを受ける前に、どういう走りをしようと思っていましたか?」というような
質問に対して、

「4キロまでに追いついて、そこから余裕を持って並走して、ラストの150メートルで
 スパートをするつもりでした」

のように答えていましたが、まさに、その計画通りのような走りでの逆転劇。

結局、この7区は鹿児島実業の高田選手が区間賞で、最後に抜かれてしまった
世羅の1年生の選手も実は区間3位の走りだったので、相手が悪かった。

3位の九州学院の走りも印象に残りました。

ちなみに、優勝の鹿児島実業のタイムの2時間3分59秒って、
男子マラソンの世界記録と全く同じタイム。

これを1人で走り切った、エチオピアのゲブラシラシエは、
比較対象が高校生とはいえ、やはり凄いsmile

それと、東北勢が9位までに4校入っていて、残りも一関学院(岩手)が13位、
東海大山形(山形)も21位と、6校全部が半分より上位に入っているという、
九州勢を超えるような「駅伝王国」の結果に。

そして、北海道代表の室蘭大谷は、非常に残念な結果。7区間中5区間で、
個人記録の区間順位が最下位ということのようで………。

他に印象に残ったのは、「華の1区」で見事に区間賞を獲得した、
須磨学園の西池選手。

タスキ渡し直前の投げキッス(?)と、その後のインタビューの受け答え。

賛否両論のあるような一連の流れでしたが、来年からは法政大学に
進学予定とのこと。法政大学は今回の箱根駅伝には出られませんが、
是非とも1年後に、箱根の本選で、この西池選手を観たいですなsmile

それと、2区まで最下位を独走(?)していた美方(福井)が、
3区の選手が5人抜きをして順位を上げていたのにはビックリでした。

準エース区間のここで区間14位の記録だったようで、
ちょっと感動しましたhappy01

------
●第22回 女子全国高校駅伝 結果(5区間21.0975キロ 47校参加)

 優勝:興譲館(岡山)  1:07:50
 2位:豊川(愛知)  1:08:06
 3位:仙台育英(宮城)  1:08:12
 4位:神村学園(鹿児島)  1:08:58
 5位:北九州市立(福岡)  1:08:59
 6位:立命館宇治(京都)  1:08:59
 7位:常盤(群馬)  1:09:02
 8位:須磨学園(兵庫)  1:09:20
 9位:成田(千葉)  1:09:21
10位:秦野(神奈川) 1:10:01

31位:札幌静修(北海道) 1:13:56

5区のアンカー区間へのタスキ渡しの時点で、トップの興譲館に対して、
留学生を擁する豊川が30秒差、仙台育英が33秒差ということで、
どこまで追い詰められるのか、興譲館が逃げることができるのか、
非常にハラハラするラスト5キロの展開に。

結局、この区間の区間賞は豊川の選手でしたが、興譲館の赤松眞弘選手が
その差を14秒だけしか詰められない、見事な走りでの優勝。

岡山は先週の実業団の女子駅伝でも天満屋が優勝しましたし、凄いですね~。

北海道代表の札幌静修は、1区でいきなり44位と出遅れてしまい、
テンションが下がったのですが、2区から盛り返してきて、
最後は31位まで順位をあげてのゴール。

その、中継所に入るたびにジワリジワリと順位が上がっていく感じが、
なかなか心地良かったですhappy01

今日は男女ともに、やはり「留学生選手」の存在が大きく目立っていて、
それに対して批判的なコメントを書くつもりはありませんが、
結果的には男子の鹿児島実業、女子の興譲館ともにそこを乗り越えたわけで、
観ていて気分爽快になったのは正直なところですdelicious

|

« 明日は全国高校駅伝と有馬記念 | トップページ | お正月は駅伝観戦三昧の3日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50405686

この記事へのトラックバック一覧です: 男子は鹿児島実業、女子は興譲館が優勝[2010年全国高校駅伝]:

« 明日は全国高校駅伝と有馬記念 | トップページ | お正月は駅伝観戦三昧の3日間 »