« 広州アジア大会の男子マラソン | トップページ | 雪&真冬日 »

2010年11月28日 (日)

冬を感じてのランニング

今日は、午後3時20分発走の競馬のジャパンカップを観て、
そして、何とか明るい中での午後3時30分頃からのランニングを
計画していました。

しかし、競馬では、トップでゴールした本命のブエナビスタが、
もしかしたら審議の対象になっているかもという展開。

長い審議の結果、ブエナビスタに問題があり降着となり、2番目でゴールした、
「シルバーコレクター」になりかけたローズキングダムが優勝に。

それからNHKにチャンネルを替えると、ちょうど幕下と十両の優勝決定戦が。

しかも、幕下は6勝1敗で6人が並んで、十両は11勝4敗で4人が並ぶ決定戦に。

一旦テレビのチャンネルを合わせてしまったら、それらを無視するのも
何となく気が引けて、幕下と十両の優勝決定まで見届けていました。

そんなこんなで結局、ランニングのために家を出たのは午後4時10分頃。

走っている最中からどんどん暗くなっていって、しかも、目指していた
平和の滝方面の登り坂では、途中からまさかの「凍った路面」。

ホントはもっと登っていきたかったのですが、暗くて足元が良く見えない中での
危険な状態の路面だったので、残念ながら途中で折り返しをsmile

「え~、何で、ここら辺から一気に凍っているの~?」

という感じでしたが、そこら辺の自然現象を味わいながら走るのも、
外を走るランニングの醍醐味の一つということでsmile

ちなみに、午後10時過ぎの、家の窓からのデジカメで撮影した景色は、
Img_1081

ということで、分かりずらいかもしれませんが、道路も一面に雪snowが積もっていて、

「♪Ah- アスファルト濡らす 雨音が消えてもまだ 心の痛手は今も消えぬまま~♪」

と、CURIOというバンドが「粉雪」という曲で12年前ほどに歌っていた、
そんな心境で満ち溢れている、思春期のガラスの30代の僕ですなdelicious

|

« 広州アジア大会の男子マラソン | トップページ | 雪&真冬日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/50157584

この記事へのトラックバック一覧です: 冬を感じてのランニング:

« 広州アジア大会の男子マラソン | トップページ | 雪&真冬日 »