« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

明日から12月

今日は11月30日です。

昔、プロ野球の選手で、12月1日に球団との契約交渉が予定されていながら
すっぽかして、その言い分が「今日は11月31日だと思っていた」だったという、
そんな選手がいましたが、明日から12月です。

特に明日から何が変わるという訳ではないなのですが、
今年も残り1ヶ月かと思うと、1年が経過するのは早いものだと、
センチメンタル・バスな気分になりますなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

雪&真冬日

昨日の夜に、窓の外を見て雪snowが降っていたのを確認していたので、
それなりに覚悟はしていたのですが、今日の朝、カーテンを開けたら、
想像以上の積もり具合delicious

札幌の積雪は、今日の夜の段階で15センチくらいだそうです。

しかも今日の最高気温は-0.3℃ということで、いきなりの真冬日。

これが根雪になるかどうかは微妙なところですが、自転車はもう使えなさそうなので、
家から地下鉄駅までの2キロほどを、これからずっと毎日歩いて通勤しなければ
ならないため、少し憂鬱ですdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

冬を感じてのランニング

今日は、午後3時20分発走の競馬のジャパンカップを観て、
そして、何とか明るい中での午後3時30分頃からのランニングを
計画していました。

しかし、競馬では、トップでゴールした本命のブエナビスタが、
もしかしたら審議の対象になっているかもという展開。

長い審議の結果、ブエナビスタに問題があり降着となり、2番目でゴールした、
「シルバーコレクター」になりかけたローズキングダムが優勝に。

それからNHKにチャンネルを替えると、ちょうど幕下と十両の優勝決定戦が。

しかも、幕下は6勝1敗で6人が並んで、十両は11勝4敗で4人が並ぶ決定戦に。

一旦テレビのチャンネルを合わせてしまったら、それらを無視するのも
何となく気が引けて、幕下と十両の優勝決定まで見届けていました。

そんなこんなで結局、ランニングのために家を出たのは午後4時10分頃。

走っている最中からどんどん暗くなっていって、しかも、目指していた
平和の滝方面の登り坂では、途中からまさかの「凍った路面」。

ホントはもっと登っていきたかったのですが、暗くて足元が良く見えない中での
危険な状態の路面だったので、残念ながら途中で折り返しをsmile

「え~、何で、ここら辺から一気に凍っているの~?」

という感じでしたが、そこら辺の自然現象を味わいながら走るのも、
外を走るランニングの醍醐味の一つということでsmile

ちなみに、午後10時過ぎの、家の窓からのデジカメで撮影した景色は、
Img_1081

ということで、分かりずらいかもしれませんが、道路も一面に雪snowが積もっていて、

「♪Ah- アスファルト濡らす 雨音が消えてもまだ 心の痛手は今も消えぬまま~♪」

と、CURIOというバンドが「粉雪」という曲で12年前ほどに歌っていた、
そんな心境で満ち溢れている、思春期のガラスの30代の僕ですなdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

広州アジア大会の男子マラソン

●広州アジア大会 男子マラソン 結果

1位 チ・ヨンジュン(韓国) 2:11:11
2位 北岡幸浩(NTN)  2:12:46
3位 シャミ(カタール)

7位 佐藤智之(旭化成)

ということで、日本人の最上位選手でメダル獲得となった北岡選手が、
来年に韓国で行われる世界陸上の代表に内定。

今日のレースはとにかく、

・韓国のチとカタール(ケニア生まれ?)のシャミにより繰り返された「どつき漫才」
・シャミのボトルへのこだわり
・コースを外れてまで手にしたボトルが、まさかの空

など、マラソン中継を観ていて、これほど笑ったことは
今まで無かったと思いますhappy01

韓国の選手との接触に関してはよく分かりませんが、
給水に関しては、

「何で、自分のスペシャルドリンクを用意しておかなかったんだ?」

という疑問で一杯です。

僕の今まで持っていた常識では、

「大会主催者側が給水所で用意するのは、紙コップに入った水と、そしてスポンジ」

で、ペットボトルを大会側で用意して給水所のテーブルに置くというのは
普通は無くて、今日の大会で給水所の脇の地面に置いていたボトルも
紙コップに注ぐためのもので、それは別に普通の光景に思えました。

しかし、自分のスペシャルドリンクは用意せず、紙コップは一切手に付けずに、
そしてボトルをひたすら欲する、カタールのシャミ選手smile

世界でのマラソンレース運営の流れが、現在どうなっているか分かりませんが、
僕の中ではひたすら「?????」でした。

これで、このシャミが、ほとんどフルマラソンの経験の無い選手だったなら、
その経験不足により………、とも少しは納得できるのですが、

2006年 アジア大会(ドーハ) 金メダル
2007年 世界陸上(大阪) 銀メダル
2008年 びわ湖毎日マラソン 優勝

などの実績を過去に残している普通に凄い選手で、日本でもこの大阪とびわ湖の
2つの大会で名前がそれなりに知られている選手なのですが、とにかく今日の
行動は謎でした。

レースは、金メダルの韓国の選手は、シャミとの格闘は抜きにして、
終盤の強さは印象的。そして北岡選手も、良く粘っての銀メダルでしたhappy01

そして、男子の前に行われた女子のマラソンでは、中国の周選手が
実力を見せつけての金メダル(2:25:00)。

日本の嶋原選手は5位、加納選手は7位と、残念な結果に。

とにかく印象に残ったのは、6日前にこの大会のトラックの1万メートルで
走っておきながら(9位)、今日のフルマラソンに参加して4位に入った
インドネシアの選手(2時間31分台)。

もし、このフルマラソン一本に絞って調整していたら、そして、
前半に身に着けていた衣装が最初から無ければ、そう考えると、
しっかりとした練習環境でこれから鍛え続けていければ、
2年後のロンドンでメダルを獲得してもそれほど驚かないかもsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

長谷川穂積と粟生隆寛がダブルで2階級制覇!

昨日の夜あたりから、大相撲の魁皇が、豪快な右上手投げで白鵬に勝つシーンを
ひたすら妄想し続けていたのですが、残念ながら願いは叶わずsad

さてさて、今夜はボクシングの世界タイトルマッチ中継がありました。
Haseaou

●WBC世界S.フェザー級タイトルマッチ
  チャンピオン ビタリ・タイベルト(ドイツ) VS 挑戦者 粟生隆寛(帝拳)
   【結果】粟生の判定勝ち(3-0:115-112、117-112、116-110)

●WBC世界フェザー級タイトルマッチ王座決定戦
  ファン・カルロス・ブルゴス VS 長谷川穂積(真正)
   【結果】長谷川の判定勝ち(3-0:116-111、117-110、117-110)

どちらの試合も観ていてドキドキしましたdelicious

特に長谷川の試合、たしか7Rのあたりで、相手のアッパーがクリーンヒットして
長谷川がバランスを崩した場面では、4月のモンティエル戦の悪夢を思い出して
しまいましたが、そこで強引とも思える打ち合いを仕掛けて逆に相手にダメージを
与えました。

長谷川は、8Rの途中に目の上をカットしたあたりから、
むしろ動きが良くなったような印象も。

8R終了時の公開採点で、5ポイントリードが2人いたので、
「もう打ち合わないで捌いて逃げ切ってくれ~」とも思いましたが、
同時に「こうなったら打ち合って倒して勝ってほしい」という気持ちも。

そんなこんなで、2試合とも素晴らしい試合内容と
最高の結果ということになりましたhappy01  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

福島千里が200メートルも金メダル&男子サッカー!!

中国の広州で行われているアジア大会。

今日は非常にオモシロかったですhappy01

女子の200メートル決勝では、北海道出身の福島千里選手(北海道ハイテクAC)が
100メートルに続いての金メダルで2冠。

最後のゴール前、2位のベトナムの選手が追い上げて
差が縮まってきたので、

「早くゴールまで辿り着いてくれ~」

と、少しだけハラハラしました。とにかく良かったですdelicious

同じ北海道関連では、久保倉里美選手(新潟アルビレックス、旭川北高校出)が
女子400メートル障害で銅メダル。そして、寺田明日香選手(北海道ハイテクAC)は
女子100メートル障害で5位でした。

そして夜8時からは、男子サッカーの決勝戦の日本×UAE。

かなり危ない場面もありながら何とか耐えて、そして後半28分に
右サイドバックの實藤友紀選手(高知大学)が先制ゴール!

後はひたすら、時間がこのまま過ぎていくのを祈りましたdelicious

先制してからは、それほど危ないと感じた場面はなく、
むしろ2点目を獲れそうな雰囲気も。

結局、1-0で勝利。日本男子サッカーにとって、アジア大会では
初の金メダルだそうです。前川崎フロンターレの監督の関塚監督、
「シルバーコレクター」の返上となりましたhappy01

Jリーグでそれほど出場機会の無い選手と大学生を中心とした、
21歳以下のこのチームでの優勝は、かなり価値があると思います。

あとは今日、印象に残ったのは、女子やり投げで、最後の6投目の
他の選手の結果で、自分の最後の1投を残して金メダルが確定した
日本の海老原有希選手(スズキ浜松AC)。

その最後の1投は「ウイニング・スロー(?)」みたいな感じで、
例えどんな記録でも優勝の金メダルは確定なのですが、
ここで海老原選手は何と、日本新記録の61メートル56センチ
(たしか、5投目までの記録は59メートル30センチくらい)。

日本記録の更新は9年ぶりとのことで、格好良過ぎる結末でしたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

2010年プロ野球 第2回合同トライアウトの参加選手一覧

今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)が福岡ヤフードームで行われました。

第1回目は2週間前の11月10日に西武ドームで行われていて、
今日は第2回目でした。

参加した選手を調べてみました。後ろの◎は、第1回目のトライアウトには
参加していない選手です。

●投手(9名)
  山中達也(広島)
  本柳和也(オリックス)
  吉原道臣(横浜)
  三橋直樹(元横浜-富山)
  山田弘喜(ヤクルト)
  塚本浩二(ヤクルト)
  小林憲幸(元ロッテ-長崎)
  J・D・ダービン(ソフトバンク) ◎
  藤田宗一(巨人) ◎
 
●捕手(1名)
  杉本昌都(横浜)
  
●内野手(2名)
  大城祐二(阪神)
  澤井道久(中日)
  
●外野手(5名)
  庄田隆弘(阪神)
  下窪陽介(横浜)
  吉川元浩(ソフトバンク)
  辻武史(ソフトバンク)
  高橋勇丞(阪神) ◎
  
の計17名とのこと。

トライアウトの方式は対戦形式で、1人の投手が4人の打者と続けて対戦する
方式のようです(バッターのために、四球の場合にはもう1回チャンスが)。

第1回目の参加者は33名だったのですが、現段階で、
その中で行き先が決まったのは、

小林雅英(巨人→オリックス)
荒川雄太(ソフトバンク→西武)
松坂健太(西武→日本ハム)
木下達生(日本ハム→中日(育成))

の4名のようです。地域の独立リーグや社会人野球などへの入団の情報は
分からないので、もしかしたらその方面の選手が他にもいるかもしれませんが。

第1回目でそんな状態なので、この第2回目でチャンスを獲得できるのは、
可能性としてはかなり低いのかも。

しかし、たしか去年、2回目に参加した楽天の西谷が、
その後、育成ながら阪神に入団したこともあったので、
何とか1人でも多くの選手に声がかかることを期待します。

ちなみに、トライアウトの第1回目を受けて、今日の第2回目を受けなかった選手は、
上で書いた小林雅、荒川、松坂、木下の4人を除いて(赤字は後日追加しました

●投手
  多田野数人(日本ハム)
  佐藤誠(ソフトバンク)→現役引退で巨人の打撃投手予定
  西崎聡(ヤクルト)
  萩原淳(ヤクルト)
  片山文男(元ヤクルト-所沢)
  前川勝彦(元オリックス-香川)
  村田透(巨人)
  深田拓也(巨人)
  藤井宏海(元ロッテ-福井)

●捕手
  野口寿浩(横浜)
  
●内野手
  北川隼行(横浜)
  西川明(中日)
  堀幸一(ロッテ)→現役引退

●外野手
  大西宏明(横浜)→ソフトバンクと契約(育成選手)
  川口憲史(楽天)

です。他の球団からのオファー待ちの選手、何となく話のある選手、
現役引退をほぼ決めた選手、それぞれいるのかなと思います。

僕としては、特にロッテの41歳の堀が気になりますが、
今はどのような状態なのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

五天山公園の「やや登山マラソン」&スポーツ観戦あれこれ

今日の最高気温は5.0℃で、ここ何日か続いた暖かさからは一転しての
寒い1日となりましたが、風は強いながらもそれなりに穏やかな天候だったので、
午前中にランニングをしてきました。

目指すは西区福井の五天山公園で、その公園内の「第2見晴らし台」まで
走っていったのですが、想像以上の急な登り坂で、以前に参加したことのある
「ピンネシリ登山マラソン」を思い出してしまいました。

そして下りは、その急な勾配で、自分の意志とは関係なく
脚が勝手に動いていく感覚smile

そんなこんなで「もう少ししたら雪snowが降って、満足に走るのは困難になる」と
思えば、何もかも楽しく思えましたhappy01

午後1時前に家に帰ってからは、スポーツ観戦三昧だったのですが、
これが想定外にあれこれあり過ぎて、

「何から伝えればいいのか、分からないまま時は流れて~」

の状態に。

まずは午後1時からフジテレビ系で中継のあった「2010年国際千葉駅伝」。

男子3人、女子3人の計6人でフルマラソンの距離の42.195キロを
繋いでいくこの大会。

1位 日本学生選抜
2位 ケニア
3位 日本代表

5区のケニアの男子選手が「1万メートルの持ちタイム28分25秒」というのを知って、

「もしケニアが本気のベストメンバーで来たら、まずは勝負にならないだろうなぁ~」

と思ってしまったのは正直なところ。日本の実業団所属のケニア人選手の方が、
10キロを速く走れるような選手がゴロゴロいると思います。

そういうのをおいといて、非常にオモシロい展開でしたhappy01

日本学生選抜の選手達の頼もしさ、そして日本代表の5区の宇賀地選手
(コニカミノルタ)の、駒大時代を思い出させる、髪の毛を揺らしながら前を
必死で追う激走、非常に見応え充分でした。

そして夕方からの大相撲は、魁皇が今日も勝って、これで9勝1敗。
白鵬、把瑠都、豊ノ島と並んで、優勝争いのトップに。

「魁皇が今場所優勝して、そして次の場所はまさかの『綱取りの場所』に!」

という妄想が膨らんでいますsmile

さらに、中国の広州で行われているアジア大会では、
男子サッカーの準決勝で、

日本 2-1 イラン

という結果で、日本が決勝に進出!

前半の早い時間にイランに先制点を奪われてしまったのですが、前半のうちに
水沼選手(栃木)のゴールで追いついて、そして後半に永井選手(福岡大学)の
見事な突破からのシュートで勝ち越し。

この大会は「原則23歳以下、ただし、オーバーエイジ枠で3名までOK」という大会で、
相手のイランはこのルールに従って、オーバーエイジ枠もしっかり使ってきたようで。

一方の日本は、全員が21歳以下で、J1リーグでレギュラーで活躍しているような
選手はほとんど選ばれていない状態。

こういう中で勝ち抜いているのは、非常に価値が高いと思います。

そして、今日のアジア大会の陸上の男子400メートルリレーの予選で、
日本チームがバトンミスで決勝に行けなかったのは残念sad

最後にJリーグは、まずは我らがコンサドーレ札幌は札幌ドームで、

コンサドーレ札幌 1-0 ヴォルティス徳島

での勝利!西嶋が後半に決勝ゴール。

これで「10勝12敗12引き分け」という成績になり、夢の「12勝12敗12引き分け」
の達成まで、残り2試合で両方勝利という段階まできましたsmile

J2リーグでは、

アビスパ福岡 2-0 FC岐阜
ザスパ草津 2-0 ジェフ千葉

という今日の結果により、3位福岡と4位千葉との昇格争いに決着がついて、
2試合を残して福岡がJ1昇格を決めました。これで柏、甲府、福岡と、
J1昇格の3チームが全て決定。

アビスパ福岡の皆様、おめでとうございました(やや棒読み)。

コンサドーレ札幌は残り2試合。

最終戦のロアッソ熊本戦は、札幌ドームに観戦に行く予定ですが、
現在の札幌はとにかくケガ人が続出で、その最終戦にプレーできる
11人が何とか揃うのか、もし累積警告などでの出場停止も重なれば、

「Jリーグ史上初の、選手が11人揃わないので不戦敗」

も、冗談抜きで10%くらいの可能性でありそうな現状ですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

福島千里が女子100メートルで金メダル!!…アジア大会

最後の最後でトップのウズベキスタンの選手を追い抜いて、
0.01秒差での金メダルでしたhappy01

●広州アジア大会 女子100メートル決勝

1位 福島 千里 11秒33
2位 ウズベキスタンの選手 11秒34
3位 ベトナムの選手 11秒43
4位 高橋 萌木子 11秒50

外国の選手の名前が分からなくてスミマセン。

最後の残り30メートルのあたりでは「これはトップまでは届かないかな?」と
思ってしまったのですが、劇的な金メダル獲得でした。

そしてライバルの高橋選手は、惜しくも4位でメダルには届かず。

このアジア大会で、女子の100メートルで日本選手が金メダルを獲得するのは
44年ぶり(11大会ぶり)とのこと。

福島選手と言えば、北海道の幕別町出身で、帯広南商業高校を卒業して、
現在は北海道ハイテクAC所属。北海道民としても非常に嬉しいですdelicious

ウィキペディアを見てみたところ、
----
2009年ベルリン世界陸上に向けて上京するも、パスポートを忘れてしまい
再度北海道に取りに戻った。
----

とのことですが、今回は大丈夫だったのでしょうかねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

今年の走った大会

昨日の土曜日は穏やかな天候で、最高気温も10℃を超えるという、
今の時期としては理想的な状況。

そんなところで、昼間に「山の手~円山~大倉山ジャンプ台ふもと」の
アップダウンを満喫できるコースのランニングをしてきましたhappy01

さてさて、気分的には完全にオフ・シーズンの日々なのですが、
今年の走った大会を振り返ると、

 5月 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)
 5月 洞爺湖マラソン(フル)
 6月 おたる運河ロードレース(ハーフ)
 7月 札幌・豊平川市民マラソン(フル)
 8月 北海道マラソン(フル)
 9月 ピパオイヘルシーロードレース(美唄)(ハーフ)
 9月 コーザン・グリーンレース(登別)(20キロ)
10月 札幌マラソン(ハーフ)
10月 北海道ロードレース(ハーフ)

と、9つの大会に参加したことに。

5月の洞爺湖のフルと10月の北海道ロードレースのハーフで自己ベストが出て、
9月の登別ではまさかの3位の表彰状を貰って、そして何よりも、特に故障も無くて
ずっとコンスタントに走り続けられて、ランニング生活を開始して8年が経つのですが、
間違いなく「最高のシーズン」でしたhappy01

来年は5月の洞爺湖マラソンは走らないで、フルマラソンに関しては、
8月(おそらく)の北海道マラソン一本でいきたい気持ちが今のところは
強いのですが、これから雪snowが降ったら、また気分は変わるかもしれません。

とりあえず、しばらくは今の「燃え尽き症候群」の、ダラダラした感覚を満喫しますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

台湾ラーメン&名古屋グランパスがJ1リーグ初優勝!!

この前の月曜日の夜7時からテレビ朝日系列で放送されていた、

「お試しかっ!もしものシュミレーションバラエィー 全て当てるまで帰れま10」

を録画していて、それを今日の午前中に見ました。

この番組のメイン司会のタカ&トシは北海道出身ということもあって、
かなり応援していますhappy01

「名古屋市民の地元の人が、全国に薦めたい名古屋めしベスト10」

ということで、坂東英二さんの進行で進んでいったのですが、
そこで9位に入っていたのが「台湾ラーメン」。
Taiwan

---------
●台湾ラーメン(ウィキペディアより)
   主に中京圏の中華料理店。台湾料理店にて供される、辛く味付けされた
  ラーメンの一種である。愛知県名古屋市がその発祥で、名古屋めしの
  一種とされる。

   豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、
  醤油ベースのスープを加えて茹でて麺にかけたものである。ニンニクを
  たくさん入れるのも特徴の一つ。
---------

この台湾ラーメンにはちょっとだけ思い出があって、2年前の8月に1泊2日の
名古屋出張があり、その帰り、名古屋の空港(中部国際空港 セントレア)で
お昼ご飯を食べることに。

あまりお店を選んでいるような時間の余裕もなかったので、

「ラーメンでいいや~」

と、適当な感じでお店に入ってメニューを見ていたところ、

「台湾ラーメン」

というメニューが目につきました。

「名古屋と台湾と言えば郭源治」

と、熱狂的な中日ドラゴンズのファンである僕にとっては心を鷲掴みにされ、
たぶん郭源治とは関係ないとは思いながら、せっかくなので、この初耳の
「台湾ラーメン」を注文することに。

そして出てきた台湾ラーメンを食べたところ、想定外の辛さにびっくりしながら、
汗をダラダラ流しながら、しかしクセになりそうな感覚も味わいながら、何とか完食。

自称「さわやか系」のこのブログではありますが、無事に札幌の家に着いた翌日の朝、
トイレに行って大を済ませていると、お尻のあたりに、今まで経験したことのないような
燃えるような感覚がsmile

その後は、特に深くは調べずに、「あの『台湾ラーメン』は、あの空港のお店での
独自のものだったのかなぁ~」という程度で、頭の片隅に入れていた状態に。

しかし今日、名古屋名物だということが判明して、何となく妙に嬉しい気分にsmile

ちなみに、この番組での、名古屋市民がお薦めするランキングでは、
Top10

 1位 手羽先
 2位 ひつまぶし
 3位 味噌カツ
 4位 味噌煮込みうどん
 5位 天むす
 6位 スガキヤラーメン
 7位 あんかけスパゲッティー
 8位 
 9位 台湾ラーメン
10位 小倉あんトースト

で、坂東さんが9位の台湾ラーメンを的中して9連勝で、最後の残り1つの
8位を当てればパーフェクトの100万円に。

ここで、はんにゃの金田(名古屋に詳しくない(?)愛知県出身)が、
全国的にも定番の「ういろう」を選んだのですが、結局は8位は「きしめん」で、

「全国的な定番」

という方向性までは良かっただけに、初のパーフェクトまで、
ホントにもう少しでしたdelicious

------
サッカーJ1リーグ 平塚

湘南ベルマーレ 0-1 名古屋グランパス
(得点:後半21分 玉田) 

という結果で、2位の鹿島アントラーズがヴィッセル神戸に引き分けたことにより、
3試合を残しての名古屋グランパスのJ1リーグ初優勝が決定しました。

2005年に「1stステージ、2ndステージ制」が廃止されて1ステージになってから、
昨年まで5年間続いていた、

「最終節に優勝が決定する」

というJ1リーグの定番も、今年は一休みsmile

後半に交代で途中出場した名古屋の杉本が、その何分か後にすぐに
見事な突破とクロスで先制点(&決勝点)のアシスト。

テレビ中継を観ていた限りでは、「1位 VS 18位」とは全く思えないような、
むしろ湘南の方が押し込んでいるような印象を受けた試合でしたが、
ここら辺が「勝つチーム」なんでしょうね。

昨年はコンサドーレ札幌にいたダニルソンも奮闘していました。

名古屋のストイコビッチ監督の胴上げのシーンで、解説の早野さんが、

「ストイコビッチが、まさにピクシー(妖精)になりましたね」

という、妙に気のきいたコメントをsmile

プロ野球の中日ドラゴンズのセリーグ優勝(&クライマックスシリーズ制覇)と
合わせて、名古屋の今年は喜ばしいシーズンとなったようでhappy01

ちなみにJ1リーグでは、

                  勝点 得失点差
 12位 ベガルタ仙台     37  -5
 13位 大宮アルディージャ 37  -8 
 14位 モンテディオ山形   37  -14
 15位 FC東京        32  -4
--------  
 16位 ヴィッセル神戸    31  -13
 17位 京都サンガF.C.  16   -30(降格)
 18位 湘南ベルマーレ    16  -44(降格)

という、残り1枠の降格を免れるための残留争いは、残り3試合ということで、
仙台と大宮と山形は今のところは何とか大丈夫そうな感じではありますが、
しかしながら、最後まで分かりませんね。とにかく3日後の次節に注目です。

あっ、ちなみに、横浜で行われたJ2リーグの試合の、

横浜FC 1-0 コンサドーレ札幌

については触れない方向でsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

日本が準決勝進出…アジア大会男子サッカー

中国の広州で行われているアジア大会の男子サッカーの準々決勝、
日本 VS タイの試合中継を、前半の終わりあたりから見ました。

家に帰ってテレビを見たら、ちょうどその直後に東選手(大分)のゴールで先制。
そして、それが決勝点となっての1-0の勝利だったので、かなりラッキーでしたhappy01

見事なドリブルから決勝点のゴールをアシストした山崎選手(磐田)は、
ナビスコカップの決勝戦でもたしかゴールを決めていましたね。

後半、タイの攻撃にヒヤヒヤする場面も結構ありましたが、
とにかく守り切っての勝利でした~。 

アジア大会の男子サッカーは「原則23歳以下、ただし、オーバーエイジ枠が3人」
らしいのですが、日本は2年後のオリンピックを考えるということもあり、
全員が21歳以下の選手で構成されています。

1998年のバンコク大会から、ずっとこの方式らしいです。

誰がメンバーに選ばれているのかほとんど知らなかったので、
調べてみました。

GK 増田 卓也(流通経済大学)
   安藤 駿介(川崎F)

DF  實藤 友紀(高知大学) 
   薗田 淳(川崎F)
   當間 建文(鹿島)
   比嘉 祐介(流通経済大学) 
   鎌田 翔雅(千葉) 
   鈴木 大輔(新潟)
   菅沼 駿哉(G大阪) 

MF 山崎 亮平(磐田) 
    山村 和也(流通経済大学)
      水沼 宏太(栃木) 
      大塚 翔平(G大阪) 
      東 慶悟(大分) 
      山口 螢(C大阪) 
      登里 享平(川崎F) 
      黒木 聖仁(C大阪)

FW 永井 謙佑(福岡大学) 
    工藤 壮人(柏) 
      富山 貴光(早稲田大学)

21歳以下の選手でも、Jリーグでレギュラークラスで活躍している選手は
たくさんいると思いますが、やはりJリーグも終盤戦の大詰めの時期でもあり、
そういった選手はほとんど召集されていないようで。

それは当然のことだと思いますが、今回代表に選ばれている選手たちが
ここで貴重な経験をして成長してくれれば、日本サッカー界にとっても
非常に大きいと思います。

次の準決勝の相手は、イランとオマーンの勝者とのことで、
予想は不利かもしれませんが、粘って何とか勝ってほしいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

広州アジア大会

現在、中国の広州で行われているアジア大会。
今日が第7日目です。

アジア大会は4年に1回行われているのですが、
今までの大会は、あまり見ていた記憶がありません。

ただ、今回は、今日が最終日となる競泳の決勝が連日
夜7時頃から開始されるという、ちょうどいい時間帯のため、
晩ご飯を食べながら結構見ています。

今日は、8時頃からは男子の1500メートル自由形が行われて、
中国の16歳の選手が、世界記録まで後0.8秒ほどに迫るような
「独泳」の圧勝で金メダル。

「凄いなぁ~」

と思っていたら、もっと凄かったのは、この1500メートルで銀メダルとなった
韓国の選手が、この20分後くらいに行われた「男子400メートルのメドレーリレー」
において、最終泳者として出場したことsmile

男子400メートルのメドレーリレーとは、4人が100メートルずつを、
背泳ぎ→平泳ぎ→バタフライ→自由形でリレーしていく競技。

日本は入江→立川→藤井→原田の4選手。

レースは日本と中国の一騎打ちとなり、最後のアンカーの自由形の選手が、
ほぼ同時にゴールにタッチ。

しかし、わずか0.09秒、中国が上回って、日本は残念ながら銀メダル。

と思いきや、なかなか正式結果が表示されず、審判ブースのようなところでは、
ビデオ画面を見ながらあれこれ協議している模様。

「リレーの引き継ぎミス(早く飛び込み過ぎ)」

をどこかのチームがした疑いがあるっぽいのは分かって、少し期待したのですが、
その協議の対象が日本チームの可能性もあるわけで、落ち着かない感じで
テレビを見ていました。

そうしたら、その問題となっているような引き継ぎの場面が
スローVTRで現れました。

第1泳者から第2泳者へ引き継ぐ場面で、先頭の4レーンの日本は
大丈夫そうな感じ。

そして隣の5レーンの、2位の中国の引き継ぎの場面、スローVTRでは、
一目見ただけで明らかに早く飛び込んでしまっていました。

それを確認した瞬間、思わず「よしっ!!」と、テレビの前で叫んでしまいましたdelicious
ここまで、競泳は男女ともに中国の強さに圧倒されていた感じだったので。

そのすぐ後に結果が発表され、中国は失格、日本が金メダルに。

その中国の逆ロスタイム(?)が無ければ、ゴール地点での0.09秒差が
どうなっていたか、それはたぶん誰にも分かりませんねdelicious

そんなこんなで、思いがけずに盛り上がった今夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

寒い

今日の札幌市の最低気温は-1.5℃ということで、今シーズン初の氷点下に
なったとのこと。最高気温も5.0℃止まり。

そして十勝管内陸別町では、最低気温が-9.4℃までいったようで。

明日からはまた少し暖かくなるようですが、
冬がだんだんと本格的に近づいている感じがdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

白鵬の連勝が63でストップ

今日の最大のニュースと言えば、やはりこれでしょうかねdelicious

大相撲の横綱の白鵬が、今日の九州場所2日目で稀勢の里に負けて、
連勝記録が63でストップしました。双葉山の69連勝までは届かず。

この白鵬の連勝に関しては、この大記録の69連勝を更新してほしいような、
その前に誰かが止めてほしいような、結構微妙な感情がありました。

いざ止まってしまうと、やはり楽しみが無くなって寂しい面が大きいかも……。

ただ、止めたのが稀勢の里というのは、非常に良かった気が。

ここ何年も「伸び悩み」とは言われ続けている感じではありますが、
(数少ない)期待の日本人の若手力士であることはたしかですし。

今日の相撲内容も、真っ向から攻め続けての寄り切りでの大金星で、
歴史に残るような結果となった一番において、ふさわしい取組でした。

もしこのまま白鵬が勝ち進んでいれば、69連勝のタイ記録が土曜日の7日目、
70連勝の新記録が日曜日の8日目となっていました。

それを目的として、7日目と8日目の前売りチケットを買った方々は
大勢いると推測しますが、そこら辺は一種の「賭け」で、思い通りに
いくかどうかは運次第の面もあり、難しいところですねdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

ハレー彗星とドラえもん33巻と私

ちょっと前のこのブログで、先月発売されたポルノグラフィティの新曲「君は100%」に
関連して、オメガトライブ1986が1986年に発売した「君は1000%」について
少しだけ書きました。
Dra0

ジョアン・カルロス・トシキの歌声が印象的なこの曲ですが、
この曲の2番のサビで、気になる歌詞の部分が。

「君は1000% 輝くハレーの雫を その髪に散りばめ」

ハレーの雫って何だべ?と疑問を持ちたくなりますが、
この曲が発売された1986年というのは、

「ハレー彗星」

が出現した年なわけでhappy01

ウィキペディアより 
------
ハレー彗星

約76年周期で地球に接近する短周期彗星である。公転周期は75.3年。
多くの周期彗星の中で最初に知られた彗星であり、古来より多くの文献に
記録されている。前回は1986年に回帰し、次回は2061年に出現すると
考えられている。
------

とのことですが、前回の1986年のさらに前に出現した1910年には、
こんな説があったとのこと(またウィキペディアより)。

------
このハレー彗星は、太陽面を通過した際に尾の中を地球が通過することが
天文学者により予言されていた。

彗星の尾には有毒なシアン化合物が含まれていることが知られていた。
特に、フランスの科学者の説がもととなり、尾に含まれる猛毒成分により、
地球上の生物は全て窒息死するという噂が広まった。

また、シアン毒説の他に、地球上の空気が5分ほど無くなるという噂が一部で
広まった。自転車のチューブを買い占め、チューブ内の空気を吸って一時的な
酸素枯渇に備える裕福な者、水を張った桶で息を止める訓練をする者、全財産を
遊びにつぎ込む者、世界滅亡を憂いて自殺する者などが現れたという。
------

ということで、これが当時の日本全国にどこまで浸透していた説かどうか、
それはこのウィキペディアによると微妙なようですが、僕がそんな話題が
昔あったというのを知ったのは、お馴染みの「ドラえもん」からです。

1986年といえば、僕は小学校4年生でしたhappy01

Dra1
ドラえもんの単行本33巻。

Dra2
「ハリーのしっぽ」というタイトル。

Dra3
のび太くんにとっての「ひいおじいさん」から代々伝わる巻物。

パパ「『76年後…。』といえば、明治43年から数えて1986年、つまり来年に
    あたるわけか。『この年、天からたいへんな災いが降ってくる。その時、
    わが子孫は、庭の柿の木の根元をほるべし。生きのびることができる』
    と書いてある」

とうことで、気になったドラえもんとのび太くんは、まずはタイムテレビで
明治43年の様子を探ることに。

Dra4

のび太くんのひいおじいさんが通っていた学校の先生の話。

「もうすぐハリーがやってくることは知っていますね。ところがおそろしいことに……。
 そんハリーのしっぽに毒が含まれているかもしれないというのです。」

「さらにさらに、ある学者の説によれば、しっぽが地球をかすめる時………、」
Dra5

「空気をゴソッと持っていくかもしれないと……、つまり一時的に空気がなくなる……。」

それで、その「一時的に空気がなくなる」という、その間の5分間を耐えれば、
何とか助かるかもしれないという説があったようで。

それでのび太くんの先祖は、その「空気の供給源」としてタイヤのチューブを
手に入れようとしたけど、それは叶わず、途方に暮れます。

この段階では何のことか分からなかった、現代ののび太くんとドラえもんは、
タイムマシーンに乗って明治43年に行き、空気を入れた浮き輪をプレゼント。
Dra6

その明治43年(1910年)はハレー彗星が出現しても、当然のように何事も
起きなかったのですが、そののび太くんのご先祖様は、庭にその浮き輪を埋めて、
そして巻物のメッセージを。
Dra7

ドラえもん「幸い、今度は何事もなくハリーは去った。だが、76年後また来るという。
       その時に備え、子孫のため、これを残すものなり。」

のび太「ありがたいご先祖だなあ……」

-----
●温故知新(goo辞書より)
  前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を
 見い出し自分のものとすること。古いものを訪ね新しい事柄を知る意から。
-----

という面から考えても、やはりこのドラえもんは不朽の名作ですなhappy01

なお、ハレー彗星が次回出現するのは、2061年の夏と予測されているとのこと。

2061年といえば、僕は84歳。

「胸キュン老人」

として、その年になっても元気で生きているように、今から祈っておきますsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

冬が来る前にもう一度あの坂のコースを走りたい

ここ1週間ぐらい、ずっと雨だったような印象で、昨日の夜寝る時も雨だったのですが、
今日の朝起きてカーテンを開けると、爽やかな感じの日差しがsun

手袋がなくても大丈夫そうな暖かさも、もしかしたらこれで最後かもしれないので、
午前11時過ぎからランニングに出かけました。

僕の準々ホームコースくらいの、平和の滝方面までの往復の1時間のランニング。
あの行きの登りと帰りの下り、周りの景色など、なかなか好きなコース。
雪が降る前にもう1回走ることができて良かったですhappy01

今日は走る前に父親の車のタイヤ交換を手伝ったのですが、走っている最中にも、
同じようにタイヤ交換をしている人々を何人も見かけました。予報では月曜日から
snowのマークも出ていますし、今日あたりはまさに「タイヤ交換日和」だったのかも。

それと、ジョグノートの記録によると、これで今年の走った距離の合計が1205キロに。
年間の走行距離が1200キロだと月の平均は100キロになるので、ここを超えたのは
気分的には思いのほか到達感がsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

虹の都へ

♪君と僕はいつでもここで会っているのさ~太陽しか知らない~二人だけの秘密~♪

ということで、ほとんどの方は何の曲か分からないと思いますが、
それはおいといて、今日の昼1時頃に撮った写真。
1112nizi_2

綺麗な虹でしたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

2010年プロ野球 第1回合同トライアウトの参加選手一覧

*2011年11月24日(木)追記

以下の文章は、「2010年」11月の合同トライアウトに関してです。

「2011年」の11月24日に行われた第1回合同トライアウトの参加選手については、

http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2011/11/2011-1-e5b8.html

をご覧下さい。

-------
今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)の第1回目が西武ドームで行われました。

参加選手は、日刊スポーツのホームページによると、

●投手(18名)
  山中達也(広島)
  本柳和也(オリックス)
  木下達生(日本ハム)
  多田野数人(日本ハム)
  吉原道臣(横浜)
  三橋直樹(元横浜-富山)
  佐藤誠(ソフトバンク)
  西崎聡(ヤクルト)
  萩原淳(ヤクルト)
  山田弘喜(ヤクルト)
  塚本浩二(ヤクルト)
  片山文男(元ヤクルト-所沢)
  前川勝彦(元オリックス-香川)
  村田透(巨人)
  深田拓也(巨人)
  小林雅英(巨人)
  小林憲幸(元ロッテ-長崎)
  藤井宏海(元ロッテ-福井)

●捕手(3名)
  野口寿浩(横浜)
  杉本昌都(横浜)
  荒川雄太(ソフトバンク)

●内野手(5名)
  大城祐二(阪神)
  北川隼行(横浜)
  西川明(中日)
  沢井道久(中日)
  堀幸一(ロッテ)

●外野手(7名)
  庄田隆弘(阪神)
  下窪陽介(横浜)
  大西宏明(横浜)
  川口憲史(楽天)
  吉川元浩(ソフトバンク)
  辻武史(ソフトバンク)
  松坂健太(西武)

の計33名とのこと。

中には、元オリの前川(現香川)、元ロッテの藤井(現福井)などのように、
今年は地域の独立リーグなどに所属していた選手もいるようです。

トライアウトの方式は対戦形式で、1人の投手が4人~5人の打者と続けて対戦し、
打者は順番に回っていって5~6人の投手と対戦する、そんな感じだったようです。

この第1回目の合同トライアウト前に、戦力外になった選手と他の球団が
契約するのは禁じられているようですが、スポーツ新聞などの報道を見ていると、
正式なものではなくても、事前に「内々定」みたいなのはあるのかもしれません。

たしかに、変な言い方ですが「戦力外通告の目玉」となっていたような選手達の
名前が、あまり見当たらないような気もします。

そんなわけで、今日1日のトライアウトだけで「新しい発見」をされて
声がかかるというのは、NPBの球団からは、現実的には可能性は
低いのかも。

ただ、各地域の独立リーグ、社会人野球の元プロ選手枠などもあるので、
そういった関係のスカウトの人から、

「今までほとんど見たことなかったけど、結構いい選手だな」

と評価を受けるというのは、充分に考えられそう。

1人でも多くの選手が野球を続けられるように期待します。

---------
*2010年11月24日追記

11月24日に行われた、第2回トライアウトの参加選手の一覧は、
以下のページを見てください。


http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2010/11/2010-18ce.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

今年の走行距離

この前の土曜日は、まさに「小春日和」と言った感じの穏やかな天候だったので、
昼間に10キロほどのランニングをしてきました。

走るのは、先月の北海道ロードレースでのハーフマラソン本番以来、
3週間ぶりでした。気分良く走ることが出来ましたhappy01

さて、ジョグノートの記録によると、今年のここまでの走った距離は、

 1月  54キロ
 2月  54キロ
 3月  70キロ
 4月 182キロ
 5月 110キロ
 6月 135キロ
 7月 181キロ
 8月 196キロ
 9月 107キロ
10月  95キロ
11月  10キロ

の、合計1194キロとなっているようです。

気分的には、1200キロまでいって「月平均100キロ」とはしたいのですが、
そこにはもう1回走ればいいので達成は出来そうです。

雪が積もる前に、後何回かは走りたいところですなhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

2010年は終了

●プロ野球日本シリーズ第7戦 ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
ロッテ 2 0 0 1 3 0 1 0 0 0 0 1 8
中日 3 1 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 7

勝ち投手と負け投手:誰でもいいや

これで千葉ロッテマリーンズが4勝2敗1分けとなって、日本シリーズ制覇。

我らが中日ドラゴンズは非常に残念な結果となりましたが、
面倒くさい「反落合」の方々があれこれ言おうとも、
セリーグ優勝とクライマックスシリーズ生き残りに関しての価値は、
何一つ下がることはありません。

また来年です。これで2010年は終了しました。

皆様、良いお年をsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早稲田大学が優勝【2010年全日本大学駅伝】

今日は朝8時から「第42回全日本大学駅伝」を観ました。

結果は、早稲田が15年ぶりの優勝でした。強かったです。
そして今日は「佐久長聖高校祭り」という感じで、
やたらと佐久長聖高校出身者が多かったのが印象的です。

●8区間106.8キロ

 1位 早稲田大 大会新
 2位 駒澤大
 3位 東洋大
 4位 日本大
 5位 東海大
 6位 明治大
--------
 7位 日本体育大
 8位 中央大
 9位 山梨学院大
10位 帝京大

21位 札幌学院大

6区までは早稲田大と東洋大の激しい首位争いでオモシロかったのですが、
7区で大きく差が開いてしまいました。

1区の東洋大の設楽(啓)、2区の早稲田大の大迫、3区の駒澤大の油布、
5区の早稲田大の志方など、1年生選手の活躍が目立ちましたねhappy01

そして、アンカーの8区での、日大のベンジャミンと東海大の村澤の
猛烈な追い上げによるシード権争いは見応えがありました。

結局、6位の明治大と7位の日体大との差はわずか8秒でした。

今日はあまり気温が高くならずに好条件となったようで、
3区間で区間新が出て、早稲田の総合タイムは大会新に。

今日の結果だけから考えると、お正月の箱根駅伝は
早稲田大、東洋大、駒澤大の3強となりそうな感じが。

東洋で2区を走った柏原くんが今日は区間4位で、ちょっと意外な走りでしたが、
今回も箱根で5区の山登りを走るのなら、どんな走りをするのか、今から楽しみ。

それと、北海道代表の札幌学院大は、東海学連選抜を除いた25チーム中で21位。

去年は20位、一昨年は22位だったとのことで、
まずまずの順位だったと思います。

*区間賞
  1区 設楽啓太(東洋大)
  2区 鎧坂哲哉(明治大) 区間新
  3区 油布郁人(駒沢大) 区間新
  4区 佐々木寛文(早稲田大)
  5区 志方文典(早稲田大) 区間新
  6区 窪田忍(駒澤大)
  7区 飯田明徳(駒澤大)
  8区 G.ベンジャミン(日本大)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

24年ぶりの第8戦を目指して

プロ野球日本シリーズ 第6戦 ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 計
ロッテ 1 0 0 0 0 0 0 1 0  0 0 0 0 0 0  2
中日  1 0 0 0 0 1 0 0 0  0 0 0 0 0 0  2

中日:チェン-浅尾-高橋-河原-岩瀬-ネルソン-久本
ロッテ:成瀬-内-伊藤-薮田-古谷-小野-小林宏

これで、千葉ロッテの3勝2敗1分けとなりました。

スミマセン、疲れ過ぎて、ほとんど何も覚えていませんsmile

とりあえず、11回表(?)の大島のファインプレーは素晴らしかった。

また明日、試合があるのは幸せなことですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

嵐とAKB48が独占?

先週、10月27日にシングル発売されたAKB48の新曲「Beginner」。

この曲がオリコンによると、発売第1週の売り上げが82.7万枚で、
この数字は歴代の記録の中でもかなり高い初動ということで、
話題になりました。

ここまで、今年、2010年の年間シングル売り上げのトップは、
嵐の「Troublemaker」の約69万枚だったそうですが、
これを1週目のみであっさりと抜いたことに。

これで、現段階でのシングル年間ランキングは、

 1位 AKB48
 2位 嵐
 3位 嵐
 4位 AKB48
 5位 AKB48
 6位 嵐
 7位 嵐
 8位 嵐
 9位 KAT-TUN
10位 AKB48

ということらしくて、「何じゃ、この年間ランキング?」と思わず突っ込みたくなりますなsmile

この中で9位に入っている、KAT-TUNの「Love yourself~君が嫌いな君が好き~」が
妙な存在感を示しています。

ただ、年内に嵐とAKB48(増田明美さんによるとAKB45)が、
それぞれもう1曲ずつシングルを出すようなので、

「嵐6曲、AKB48が4曲」

の年間トップ10になりそうな雰囲気ですdelicious

あっ、AKB48に関しては、たしかに「1人で何十枚を買う人」は少なからず
存在するのでしょうが、それを差し引いても、普通に売れていると思います。

前に発売している「ポニーテールとシュシュ」や「ヘビーローテーション」の
ランキングの粘り具合とか、着うたやカラオケのランキングの動向とか、

「一部の男性ファンだけが~」

というのは、どう考えても当てはまらないような気が。

「例え売上ランキングは上でも、一般的な浸透度が~」

というのも最近、ネット上なんかであちこち目にしますが、
そう考えたら、例えば僕の高校時代に年間第1位となった、

1992年 君がいるだけで/米米CLUB
1993年 YAH YAH YAH/CHAGE & ASKA
1994年 Innocent World/Mr.Children

だって、当時の「一般的な浸透度」を考えたら今と比べてどうなのか、
それは当時は僕が高校生、今は30歳過ぎ、自分の状況が違うので、
何とも判断できないのが正直なところ。

「今は、みんなが知っているような広く浸透している曲が無い。商業主義だ。」

とかってフレーズ、よく考えたら、もう20年くらいずっと言われているような気も。
それ以前は分かりませんが。

「今どきの若い人は~」

みたいなのと、同じようなものなのかもdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

決戦は土曜日(と日曜日)

プロ野球日本シリーズ第5戦 千葉マリンスタジアム

千葉ロッテマリーンズ 10-4 中日ドラゴンズ(千葉ロッテの3勝2敗)

勝ち:ペン
負け:中田賢

ホームラン
 千葉ロッテ:サブロー(2ラン)、中日:ブランコ(2ラン)

あさっての土曜日、ナゴヤドームに戻って勝負です……。

とりあえず、千葉で3連敗して終了とならなくて、
ホントに良かったですなdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

2勝2敗のタイに!!!

今日の朝、目玉焼きを作ろうとして卵を割ったら、
Kimiha2ko_2

黄身が2つhappy01

何かいいことがありそうな予感がしましたが、
その通りに、我らが中日ドラゴンズが勝利!!

その前に、昼間に行われたサッカーのナビスコカップ決勝戦、
ジュビロ磐田のエースストライカーの前田遼一の2ゴールと、
そしてあの場面でのサンフレッチェ広島の槙野智章の直接FK。

とにかく素晴らしい試合でした(磐田5-3広島:90分で2-2、延長戦で3-1)

------
●プロ野球日本シリーズ第4戦 千葉マリンスタジアム

     1 2 3 4 5 6 7 8 9  10 11 計
中日   0 0 0 2 1 0 0 0 0  0 1 4
ロッテ  0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3

勝ち:高橋
セーブ:岩瀬
負け;伊藤

ホームラン
 ロッテ:井口(2ラン)

今日の1試合を観ただけで、寿命が少なくとも3年くらいは縮まった気分にsmile

「何から伝えればいいのか、分からないまま時は流れて」

という状態ですが、9回裏の西岡の大ファール、10回裏の大ピンチ、

「あぁ~、終わったか?」

と覚悟した瞬間がいくつもありました。

10回裏の1アウト満塁のサヨナラのピンチの場面、福浦のあのハーフライナーが、
ちょうどあそこに飛ぶのかよと、まさに信じられない気持ちでした。

その直前の守備交代で、サードの守備は森野から堂上弟に代わっていたのですが、
今流行の言葉でいえば、やはり堂上弟は「持っている」ということになるのかもsmile

そして何よりも、11回表のあのチャンスで、ルーキーの大島がよく打った!!!

とりあえずこれで、4年前の悪夢の再現とはならずに、
ナゴヤドームへ戻ることが確定しました。

とにかく明日も勝って、3勝2敗としてナゴヤドームへ戻ります!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

明日は来るよ君のために

プロ野球日本シリーズ第3戦 千葉マリンスタジアム

千葉ロッテマリーンズ 7-1 中日ドラゴンズ(千葉ロッテの2勝1敗)

勝ち:渡辺
負け:山井

ノーコメントですsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »