« 東京マラソン | トップページ | 北海道ロードレースは雨? »

2010年10月14日 (木)

「2011年箱根駅伝」に向けた予選会は土曜日に

毎年、お正月の1月2日、3日に行われる箱根駅伝。

この2日間は、スタートからゴールまでテレビの前でずっと観るというのが、
僕の恒例行事となっていますhappy01

さて、来年の2011年の年明けに行われる本大会への出場権を賭けた予選会が、
あさって、10月16日の土曜日に行われます。

CS放送の「日テレG+」で生中継されていて、これを観るのも毎年の恒例行事です。

前回の本大会の結果は、

優勝 東洋大
2位 駒澤大
3位 山梨学院大
4位 中央大
5位 東京農業大
6位 城西大
7位 早稲田大
8位 青山学院大
9位 日本体育大
10位 明治大

11位 帝京大
12位 東海大
13位 中央学院大
14位 上武大
15位 日本大
16位 関東学連選抜
17位 専修大
18位 大東文化大
19位 法政大
20位 亜細亜大

で、10位までの10校がシード権を獲得して、予選会を免除になりました。

本大会に出場するのは20校ですが、そのうちの1校は「関東学連選抜」となるため、
あさっての予選会を突破できるのは9校となります。

予選会は、1チーム10人~12人が20キロのコースを一斉スタートで走って、
上位10名のタイムの合計で順位をつける方式。

上位6チームまでは純粋にタイムの合計。それ以降は「関東インカレポイント」を
加算したタイムで順位を決めて、7位、8位、9位が予選会突破となります。

この「関東インカレポイント導入制度」については書くと長くなるので省略しますが、
各大学のポイントは、以下の公式サイトに掲載されています。

http://www.hakone-ekiden.jp/pdf/yosen_entry_87.pdf

予選会の参加大学は以下の36校とのこと。

●第87回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 出場校一覧
--------
帝京大学、東海大学、中央学院大学、上武大学、日本大学、専修大学、
大東文化大学、法政大学、亜細亜大学

国士舘大学、順天堂大学、拓殖大学、國學院大学、神奈川大学、麗澤大学、
創価大学、流通経済大学、平成国際大学、関東学院大学、松蔭大学、
東京経済大学、国際武道大学、武蔵野学院大学、東京大学、立教大学、
慶應義塾大学、東京学芸大学、学習院大学、筑波大学、防衛大学校、
東京大学大学院、東京理科大学、横浜国立大学、駿河台大学、千葉大学、
筑波大学大学院
--------

上の方の9校が、前回の本大会出場校です。

まぁ、この中で予選突破の「9枠」を狙えそうな大学はたぶん15校くらいで、
残りの大学は現実的には突破はほぼ不可能ではあるのでしょうが、
それでも、この予選会に参加するためには、

「5千メートル16分30秒以内 もしくは 1万メートル34分以内の公認記録」

を持つ選手が10人以上いることが絶対条件。

昨年までは「5千メートル17分以内 もしくは 1万メートル35分以内」が条件だったので、
今年はその条件が厳しくなりました。

おそらくその影響で、予選会の参加校が昨年の47校から、
今年は36校に減ったようです。

そういう面から考えても、「予選会に参加する」を目標に必死に練習して
ギリギリ出場権を獲得した大学もあれば、今年の条件が厳しくなった中で
あと一歩届かずに涙を飲んだ大学もあるものと思います。

エントリーリストを探してみたところ、1万メートルの持ちタイムが一番いいのは、
上武大学の長谷川祐介選手(4年)の28分13秒92のようです。

あくまで「10人の合計タイム」を競う大会ですが、それでも個人の1位争いも
気になるわけで、特に東海大の村澤明伸選手(2年)に期待しています。

あさっての土曜日の予選会のスタートは午前9時。
寝坊しないように気をつけますsmile

|

« 東京マラソン | トップページ | 北海道ロードレースは雨? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/49743933

この記事へのトラックバック一覧です: 「2011年箱根駅伝」に向けた予選会は土曜日に:

« 東京マラソン | トップページ | 北海道ロードレースは雨? »