« 「2010年北海道マラソン」の招待選手 | トップページ | 12キロのランニング&山井大介が再び8回までノーヒット投球 »

2010年8月17日 (火)

昨年の北海道マラソンを振り返って&懐かしのユニホーム

僕の超メインイベントである、8月29日(日)の北海道マラソンまで12日となりました。

昨年の北海道マラソンのラップタイムは、

 0~ 5キロ 27分09秒
 5~10キロ 23分36秒
10~15キロ 23分26秒
15~20キロ 23分25秒
20~25キロ 23分26秒
25~30キロ 23分53秒
30~35キロ 24分31秒
35~40キロ 25分27秒
  ~ゴール 11分23秒(ゴールタイム:3時間26分)

ということで、特に10~25キロの間のそれぞれの5キロのタイムが
23分26秒→23分25秒→23分26秒という、変態的なまでに正確に
タイムを刻んでいます。

そんなところで今日のブログのメインは、1年前のことを
ただ単に自慢したかっただけですsmile

昨年のスタートブロックは「Dブロック」だったのですが、
今年は1つ出世して「Cブロック」になったので、
スタートのロスタイムは昨年より少しは軽減される期待が。

昨年の途中までの、5キロで23分25秒くらいというタイムは、
キロ平均では4分41秒というペース。

今年も前半はそのくらいのペースでと言いたいところですが、
例年よりはかなり涼しい条件だった昨年と比べると、今年は
いつも通りの北海道マラソンの暑さが復活しそうな気配。

まぁ、当日だけ寒気が入り込んで一気に気温が下がる可能性も
もちろんありますがhappy01

とにかく、何とか体調を整えて、本番当日に挑みたいです~。

------
プロ野球 セリーグ

中日   6-1 巨人
阪神 12-8 横浜
広島 2-1 ヤクルト(延長10回サヨナラ)

という結果で、我らが中日ドラゴンズは3連戦の重要な初戦を勝ちました。
横浜の山口にはがっかりでしたが。

さて、今日からの3連戦と、24日~26日の3連戦は、
セリーグの6球団が全て、過去の思い入れのある復刻デザインの
ユニホームを着て対決するという

「オールド・ユニホーム・シリーズ」

となっています。

中日と巨人と阪神は古過ぎて全く分かりませんでしたsmile

広島は現在とイメージ的にはあまり変わらないような感じ。
たしかに以前は、左胸に大きく「C」の文字がありましたね。

そして、ヤクルトの水色っぽいユニホームと、横浜の「大洋ホエールズ」時代の
ユニホームは非常に懐かしかったです。

横浜はユニホームだけではなくて、「W」マークの帽子がさらに懐かしさを倍増happy01

各球団のユニホームの説明とデザインなどは、
以下のNPB公式ページをご覧ください。

http://www.npb.or.jp/CGI/cl/kiroku_put.cgi?id=01176&type=3

|

« 「2010年北海道マラソン」の招待選手 | トップページ | 12キロのランニング&山井大介が再び8回までノーヒット投球 »

コメント

昨日の、中日baseball巨人戦

gawk何?このユニフォームsign02
どっちがどっちかわからないじゃないpout
熱中症対策の新素材のお試しユニフォームsign02
なんで、帽子に「C」のマーク?chu-nichiのCsign02

…と。途中から観たので、途中まで、
全く意味がわからない私でした。

投稿: Asiaの占い師 | 2010年8月18日 (水) 07時42分

>Asiaの占い師さん

僕も最初にテレビをつけた時は、

「どっちがどっちだ?」

と思わずテレビの前で呟いてしまいましたsmile

そんなお互いのユニフォーム効果があったのか、巨人に2連勝。
明日も勝って3タテといきたいですね!

投稿: しげた | 2010年8月18日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/49174122

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の北海道マラソンを振り返って&懐かしのユニホーム:

« 「2010年北海道マラソン」の招待選手 | トップページ | 12キロのランニング&山井大介が再び8回までノーヒット投球 »