« 明日から3連休(+中日の山井が6年ぶりの完封勝利) | トップページ | コンサドーレ札幌勝利&中日ドラゴンズが先発3連続完封勝利 »

2010年7月17日 (土)

三角山~大倉山ジャンプ台~小別沢を制覇?

今日は午後から、札幌の西区にある「三角山(標高311メートル)」に登ろうと
計画したのですが、事前情報を何も集めていなかった分、自分の中では
オモシロ過ぎる1日となりましたsmile

まずは午後2時過ぎに家を自転車で出て、北1条・宮の沢通りを通って、
琴似・発寒川の河川敷まで行って自転車を止めて、そこから歩きました。

山の手を少し歩くと、看板が。
Sankaku1

ここを曲がって少し登ると、三角山の入り口っぽい場所に。
Sankaku2
このように、歩くストック(?)が貸し出しで自由に使えるように用意されていました。
「持ち帰り厳禁」は登山者のマナーに任せているあたりが心憎いです。

三角山の標高が300メートルちょっとということで、登山経験がほとんど無い僕は、
過去のピンネシリ登山マラソンの経験から、

「まぁ、それほど大したことはないだろ」

と油断していたのですが、かなりのハードなコースに感じて厳しかったです。
Sankaku3

真面目な話を書くと、本格的な登山ではないにしろ、
山を舐めていた自分に大いに反省です。

Sankaku4
とは言え、山の手方面の入り口から30分ほどで無事に山頂に到着。

Sankaku6
曇り気味だったのは残念ですが、眺めは良かったですhappy01

Sankaku5
大倉山ジャンプ台。30分後くらいに、このジャンプ台の頂点に自分がいるとは、
この時は全く想像していませんでした。

三角山の頂点からの眺めを満喫して、来た道を戻ろうと下りていったのですが、
途中の分岐点で「山の手方面」「小別沢・盤渓方面」の2つの表示が。

来た道を戻るのはオモシロ味がないので、せっかくなので「小別沢・盤渓方面」へ。

イメージとしては、ひたすら下っていけば小別沢トンネルのあたりに出るんだと
単純に気軽に考えていたのですが、ここから下ったり登ったり、むしろ登りが多く、
さっきの三角山の頂上の高さも超えてるんじゃないかという感覚に。

「これはこのまま進んでいって大丈夫なのか?」

と不安になりかけた時に、次の表示が。
Sankaku7

真っ直ぐ行けば小別沢口に、左に曲がると大倉山ジャンプ競技場との表示。

「へぇ~、しばらく行けば大倉山ジャンプ競技場があるんだ~」

と思って左に曲がってみたのですが、しばらくではなくて、すぐに目の前に
建物とリフトっぽいものが。
Sankaku8

Sankaku9
大倉山ジャンプ競技場の頂点でしたhappy01

Sankaku10
まさに選手がスタートする地点。

「葛西選手も岡部選手も伊東大貴くんも、ここから滑ってジャンプしていったんだぁ~」

と思うと軽い興奮状態にsmile

スキーのジャンプは僕は好きで、実際にこの大倉山に競技を観に行ったことも
何回かあるのですが、このスタート地点まで登ったことは無かったんですよね。

夏場はリフトで簡単に行けるので、以前から一度登ってみたいと思いながら、
「いつでも行こうと思えば行ける」という気持ちで、行ったことはありませんでした。

その長年の願いが、今日、全く予想していない思わぬ形で叶うことにsmile

Sankaku12
展望台に登っての眺めです。

Sankaku11
30分くらい前に居た、三角山です。

大倉山ジャンプ台の頂上には、ジャンプ台の下から遊歩道でも行けるらしいです。
Sankaku13

写真の右側がその遊歩道ですが、僕は当然その遊歩道は使わず、
左側の怪しい山道へと戻っていきましたsmile

Sankaku14
途中、このような所を突き進んでいく箇所もあり、

「ホントに山道から脱出できるのか?」

と不安になったのですが、さらにしばらく進むと、畑とビニールハウス、
そしてそこで作業している方を発見して、妙に安心した気分にdelicious
Sankaku15

少し進むと小別沢の車道に出て、そこからはゆっくりのランニングrunに切り替え、
福井の手稲左股通にぶつかるところで右に曲がって、しばらく下ってから
琴似・発寒川の河川敷に入って、そして1キロちょっと走って、無事に自転車を
置いてある場所まで到着。

事前に何も情報を知らなかった分、自分の中ではかなり波乱万丈だったのですが、
山の手方面の三角山入り口に入ってから小別沢の車道へと脱出するまでの時間は
1時間30分程度と、思いのほか時間的には短かったです。その分、濃厚でしたsmile

軽い気持ちで「三角山登山」を試みたのですが、想像以上のオモシロさでした。

ただ、今日はアクエリアス入りのペットボトルを片手に持っての移動でしたが、
特に下りでは両手が自由に使える状態じゃないので怖く感じる部分もあり、
登山に対しての準備と心構えの甘さは大きな反省点です。

製造業や工事現場などでよく使われる「ヒヤリ・ハット」に近いものでしょうかね。

そして、家を出る前は、デーゲームの序盤で「横浜0-2巨人」となっていたので
全く期待していなかったのですが、家に帰ってテレビを観ると「横浜7-5巨人」で
試合終了となっていたので、思わずガッツポーズ。

そしてナイトゲームは「中日4-0広島」で、我らが中日ドラゴンズの中田賢一が
先発で完封勝利。

昨日の山井大介に続いて、まさかのまさかの2試合連続での先発の完封勝利。
最終回の広島のバッターの石原、ヒューバーに対するストレート勝負での連続の
空振り三振にはとにかく痺れましたhappy01

そんなこんなで、素晴らしい3連休の1日目でした~。

|

« 明日から3連休(+中日の山井が6年ぶりの完封勝利) | トップページ | コンサドーレ札幌勝利&中日ドラゴンズが先発3連続完封勝利 »

コメント

同じようなルートひと月くらい前に行ってみました!
入口は宮の森からですが。

一番わからなかったのは下山してからで、
そこで右往左往しちゃいました~

どんだけ方向音痴?shock

投稿: うにこ | 2010年7月18日 (日) 00時39分

>うにこさん

うにこさんも同じようなコースを経験していたのですね。
なかなか楽しいコースでした~。

僕も同じように下山した後に「いざ車道に出たはいいけど、ここはどこだ?」と
戸惑いながらとりあえず下っていきましたsmile

投稿: しげた | 2010年7月18日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/48902522

この記事へのトラックバック一覧です: 三角山~大倉山ジャンプ台~小別沢を制覇?:

« 明日から3連休(+中日の山井が6年ぶりの完封勝利) | トップページ | コンサドーレ札幌勝利&中日ドラゴンズが先発3連続完封勝利 »