« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

パソコン購入

7年間愛用してきた我が家のパソコンが、10日ほど前に完全に動かなくなってしまい、
しばらくどうしようかと悩んでいたのですが、今日の午前中、ヤ○ダ電機に行って
新しいパソコンを買ってきましたhappy01

Img_0470

富士通のデスクトップ型のパソコンにしました。

2010年夏モデルということで、OSはWindows7です。
詳しいことはよく分かりませんsmile

インターネットやメールの接続も無事にできて一安心。
とにかく快適ですなhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

携帯電話からの更新

滅多にやらない携帯電話からの更新です。
上手く表示されているでしょうか?

我が家で7年間愛用してきたパソコンが、
とうとう完全に壊れてしまったようで。

ハードディスクに寿命が来たみたいです。

半年くらい前からずっと調子が悪かったので、
覚悟はしていましたsmile

すぐに新しいパソコンを買うかどうかはまだ決めていません。

そんなわけで、ブログの更新は少なくともしばらくは
ほとんど無しになると思いますが、たぶん無事に生きているので、
誰も心配しないかもしれませんが、心配しないでくださいhappy01

|

2010年7月21日 (水)

平日の18キロのランニング&中日ドラゴンズ6連勝!

今日は仕事が終わった後、ある場所の「1周が約6キロのコース」に行って
そこを3周してきました。合計でおよそ18キロのランニングにrun

今日の札幌市の最高気温は30.4℃の真夏日だったそうで、
走り始めた午後6時過ぎでもまだ蒸し暑い感じはありましたが、
最近はずっとこんな感じの湿度が高いような天候なので、
このような状況にある程度は身体が慣れてきたような気もhappy01

走ったペースはたぶん「キロ4分40秒~50秒」くらいで、最後の1キロは
ラストスパートっぽいペースアップも出来たので、さすがに疲れましたが、
なかなか満足な水曜日の夜の走りでした~。

---------
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
横浜 0 0 0 2 0 2 0 0 0 4
中日 3 0 0 0 0 0 1 1  × 5

勝ち:浅尾(7勝3敗1S)
セーブ:岩瀬(0勝1敗27S)
負け:真田(2勝7敗0S)

ホームラン
 横浜:ハーパー6号(2ラン)

プロ野球記録の「52イニング連続無失点記録」の更新がかかった試合では
ありましたが、4回表の横浜のハーパーの2ランで、残念ながら「50イニング」で
ストップ。

それでも、その段階でまだ中日が3-2でリードしていたので、
ここから先発のエースの吉見が踏ん張ってくれれば別に問題は
なかったのですが、6回表に逆転をくらってしまったようで。

家に帰ってきてテレビをつけたら、7回裏の中日の攻撃が開始する前でした。

この回、2アウト1・3塁から、大半の中日ファンが前から待望していたであろう
「6番ライト」でスタメン起用された堂上兄が、今日2本目のタイムリーで同点に!

そして8回裏は、1アウト1・3塁から、大島が勝ち越しのタイムリー。
見事なセンター返しでした。

ちょうどいい場面からテレビ中継で観られたこともあって、
「連続無失点記録がストップ」のことはすっかり忘れて、
最高の気分です。

しかも今日は、巨人も阪神も負けましたしdelicious

今日のヒーローの堂上兄と大島は、今年25歳の同じ年だったんですね。
堂上兄は高卒で入って7年目、大島は大学-社会人を経ての入団1年目なので、
ヒーローインタビューで紹介されるまで気づきませんでした。

あっ、ちなみに、大島の駒大時代の1つ上となる「ダメ先輩」の野本も、
代打として8回裏の先頭バッターで出てきてヒットを打って、そして後輩の
大島のタイムリーで決勝点のホームを踏むという、珍しくいい仕事をしましたsmile

これでオールスターの中断期間に入ります。

今日、巨人と阪神がともに負けてくれたおかげで、

1位 巨人
2位 阪神(首位と0.5ゲーム差)
3位 中日(首位と3.0ゲーム差)

ということで、巨人まで3ゲーム差まで詰めて、希望を抱いたまま
しばらくは過ごせるという、素晴らしい結果にhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

ぎっくり腰

今日、僕のランニング仲間の方からメールが入り、

「先週の水曜日に『ぎっくり腰』をやってしまって、3連休はほとんど家で寝ていた」

との切ない情報が。詳しい経緯とかは不明ですが、
そのメールの最後に、

「中腰での作業には気をつけて」

とのありがたいお言葉がcoldsweats01

その方はたしか今35歳か36歳。年齢がどこまで関係するのか分かりませんが、
まだ「ぎっくり腰の未経験者」の僕も、充分に気をつけなければと心に誓いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中日が5試合連続完封勝利のプロ野球新記録!!

サヨナラ勝ちの瞬間に「連続完封勝利のプロ野球新記録」が誕生という、
ちょっと不思議な感覚でしたhappy01

---------
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11  計
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1×

勝ち:平井(2勝1敗0S)
負け:山口(2勝7敗19S)

延長11回裏、先頭の大島がラッキーな内野安打で出塁。
そして3番の森野が今年2回目の送りバントを決めて1アウト2塁。

「もし次のブランコがダメだったら、その次の和田は敬遠でヒデノリと勝負か」

と多くの人は考えたと思うのですが、横浜はブランコを敬遠して和田との勝負。

そして和田が前進守備のセンターの頭を越すサヨナラタイムリーhappy01

今日の試合に「5試合連続完封勝利」のプロ野球新記録がかかっていたとはいえ、
先発がネルソンと聞いて、

「5回3失点くらいで何とか試合を作ってくれれば文句なし」

程度にしか思っていなかったのですが、ランナーはかなり出したようですが、
とにかく5回無失点で結果を残しました。

そこから清水-高橋-浅尾-河原-岩瀬-平井と繋いで、
延長11回までの見事な見事な完封リレーとなりました。

16日 山井の完封勝利(中日4-0広島)
17日 中田賢一の完封勝利(中日4-0広島)
18日 チェンの完封勝利(中日6-0広島)
19日 岩田が8回2アウトまで、そこから浅尾-高橋聡文(中日5-0横浜)

そして今日と、まさかのまさかのまさかのまさかのまさかの5試合連続完封勝利。

明日の先発はたぶん中5日で吉見でしょうかね。まぁ、もう完封はこだわらないので、
しっかりと好投してもらって、6連勝でオールスター前を締めたいですhappy01

ちなみに他のセリーグの試合は、

巨人4-3ヤクルト(延長10回サヨナラ)
阪神5-4広島(延長10回サヨナラ)

というわけで、東京ドームの方はヤクルトの増渕の3塁悪送球で終了、
甲子園の方は鳥谷の逆転サヨナラホームラン(2ラン)ということで、
上位2チームを追いかける中日ドラゴンズにとっては、ちょっと残念な結果にdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

平和の滝までの「やや登山マラソン(?)」

1週間前の「札幌・豊平川市民マラソン」のフルマラソン本番以来、
ほぼ1週間ぶりに本格的なランニングをしてきましたrun

夕方4時過ぎに家を出て、小雨混じりの中、手稲右股通をひたすら登り、
そしてさらに平和の滝を目指して、急勾配の登り坂と闘ってきましたsmile

無事に平和の滝に到着して、しばらく滝を眺めて堪能した後に一回少し下って、
また別のルートにある登り坂を登って、そこからさらに下って、そんなこんなでの
1時間20分ほどのランニングでした。

小雨と汗によってシャツはビショビショで、蒸し暑くてかなり辛いような感じもあれば、
それと同時に風が吹けば少し肌寒さも感じるような、微妙な体感でしたhappy01

「超メインイベント」の北海道マラソンのフルマラソン(8月29日)は約6週間後。

とりあえずはそれに向けて、まずは良い練習再開になったと思い込んでおきますsmile

それと、家に帰ったのがたしか夕方の5時40分あたりで、
そしてラジオのNHKをつけると、高校野球の南北海道大会の第3試合が、

「駒大苫小牧 11-9 札幌第一、8回終了」

ということで、

「札幌円山球場には証明設備が無いから、今日の曇り空で、大丈夫かなぁ~」

と、負けている札幌第一が9回表に追いつくなり逆転したりした場合にどうなるかが
気になったのですが、その気がかり通りに、札幌第一が土壇場の9回表に2点を
奪って同点に。

9回裏の駒大苫小牧は無得点で延長戦に。

そして10回表に札幌第一が1点を奪い、それが決勝点となりました。

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
札幌第一  2 0 1 0 1 1 2 2 2 1 12
駒大苫小牧 2 0 3 0 3 1 2 0 0 0 11

試合終了は午後6時30分過ぎでした。ギリギリで試合終了に間に合った
感じですが、スコアだけ見てもかなりの激闘だったようで。

夕方のHTBの「イチオシ」でこの試合の映像を観たら、外野スタンドにも観客を
入れていたようで、祝日と注目カードということで、盛り上がった試合だったと
思います。

今日の試合でタイムリーも打った、駒大苫小牧高の池森選手というのは、
「このまま君だけを奪い去りたい」などで有名な、音楽グループのDEENの
ボーカルの池森秀一さんの甥っ子さんなんですね(たしか)。

元千葉ロッテマリーンズのバレンタイン監督も、DEENのファンだったはずです。

「高校入学」という情報をネットで目にしたのはちょっと前だったような記憶が
あるのですが、これが3年生の最後の試合となったようで。

「30歳を過ぎたら2年前、3年前なんて『ちょっと前』という感覚なんだけど、
中学生、高校生なんかにしたら『入学から卒業までなんだよなぁ~』」

と、少しだけセンチメンタルバスな気分になりましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日ドラゴンズの岩田慎司がプロ初勝利!(+チームの4試合連続完封勝利)

「チームの4試合連続での完封勝利(一人投げか継投かは問わず)」は
プロ野球タイ記録とのこと。

ただ、プロ野球史上、この4試合連続完封は17回目とのことで、
「5試合連続」は歴史的に見ても大きな壁になっているようでsmile

-------
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 0 0 0 0 3 1 1 ×  5

勝ち:岩田(1勝0敗0S)
負け:加賀(3勝7敗0S)

ホームラン
 中日:英智1号(ソロ)

昨日までの試合で山井大介、中田賢一、チェンと3試合連続完封勝利で来た中で、
大卒2年目(明治大学卒)で、1軍3試合目の初先発の岩田慎司が、まさかまさかの
素晴らしいピッチングをhappy01

7回1アウトまでノーヒットピッチングで、8回2アウトで浅尾に交代するまで、
ホントに好投でした!

6回裏はブランコ、和田のヒットなどで1アウト2・3塁のチャンス。

ここで、7番の堂上弟に代わって、代打で兄貴が。

「お兄ちゃんはたしかに一番期待が持てるけど、でも敬遠で満塁策では……」

と、この交代を少し疑問に思ったのですが、横浜バッテリーは勝負に出て、
そして横浜のピッチャーの加賀とバッターの堂上兄の素晴らしい攻防の末、
10球目でファーボールに。

この攻防はホントに素晴らしかったのですが、それで加賀が精神力を擦り減らした
わけではないでしょうが、1アウト満塁となって次のバッターのキャッチャー小田が、
左中間フェンス直撃の、走者一掃の3点タイムリー2塁打!!

途中出場で8回にホームランを打ったヒデノリとこの小田は、
僕と同じ年なんですよね(1976年か1977年の早生まれ)。

今年度で34歳になるこの2人の活躍は、同学年としてホントに嬉しかったですhappy01

8回2アウト1・2塁のピンチは浅尾くんが村田を三振に打ち取り、
そして9回は高橋聡文が無難に締めて、4試合連続の完封勝利。

明日の先発は、中5日の朝倉か、中4日の吉見か。

「日本記録の5試合連続完封」の記録はひとまずどうでもいいので、
先発投手の役割をきっちりと果たすように願っています~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

コンサドーレ札幌勝利&中日ドラゴンズが先発3連続完封勝利

今日はサッカーに野球にと、僕にとっては素晴らしい1日でしたhappy01

------
●サッカーJ2リーグ フクダ電子アリーナ

ジェフ千葉 0-3 コンサドーレ札幌

得点:前半5分 古田
    後半44分 古田
    後半45分(+3分) 岡本

ということで、パソコンの速報頼みだったので、どんな内容かは分かりませんが、
スコア上は「3-0」の完勝!

もちろん、札幌の得点が入った時間帯を見ても、「完勝」だったのかは不明ですが、
3位までに入ればJ1に自動昇格のルールの中で、現在3位の千葉とのアウェー戦、
この勝利は非常に気分が良いhappy01

これで3位の千葉との勝ち点差は「8」に。

まだまだ遠いですが、希望をとにかく繋げたので、最高の気分ですhappy01

-----
プロ野球 セリーグ

巨人 7-8×横浜
中日 6-0 広島

ということで、まずはデーゲームでの横浜×巨人で、3点リードされた9回裏に、
横浜ベイスターズの新外国人のハーパーが、「お釣り無し」の逆転満塁サヨナラ
ホームランを巨人のクルーンから!

そしてナイトゲームでは、我らが愛する中日ドラゴンズにおいて、一昨日の山井大介、
昨日の中田賢一に続いて、今日の先発のチェンも一人で投げ切っての完封勝利。

何日か前に、オリックスの金子千尋が「3試合連続完封」のパリーグタイ記録
(15年前の日ハムのグロスの記録に並ぶ)を達成しましたが、チームとしての、

「3試合連続完封で、しかも全て先発投手が1人で投げ切る」

というのも、なかなか珍しい記録なのではないでしょうか。

これで首位の巨人とは4ゲーム差。とりあえずはしばらくの間、
まだ何とか楽しめそうですねsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

三角山~大倉山ジャンプ台~小別沢を制覇?

今日は午後から、札幌の西区にある「三角山(標高311メートル)」に登ろうと
計画したのですが、事前情報を何も集めていなかった分、自分の中では
オモシロ過ぎる1日となりましたsmile

まずは午後2時過ぎに家を自転車で出て、北1条・宮の沢通りを通って、
琴似・発寒川の河川敷まで行って自転車を止めて、そこから歩きました。

山の手を少し歩くと、看板が。
Sankaku1

ここを曲がって少し登ると、三角山の入り口っぽい場所に。
Sankaku2
このように、歩くストック(?)が貸し出しで自由に使えるように用意されていました。
「持ち帰り厳禁」は登山者のマナーに任せているあたりが心憎いです。

三角山の標高が300メートルちょっとということで、登山経験がほとんど無い僕は、
過去のピンネシリ登山マラソンの経験から、

「まぁ、それほど大したことはないだろ」

と油断していたのですが、かなりのハードなコースに感じて厳しかったです。
Sankaku3

真面目な話を書くと、本格的な登山ではないにしろ、
山を舐めていた自分に大いに反省です。

Sankaku4
とは言え、山の手方面の入り口から30分ほどで無事に山頂に到着。

Sankaku6
曇り気味だったのは残念ですが、眺めは良かったですhappy01

Sankaku5
大倉山ジャンプ台。30分後くらいに、このジャンプ台の頂点に自分がいるとは、
この時は全く想像していませんでした。

三角山の頂点からの眺めを満喫して、来た道を戻ろうと下りていったのですが、
途中の分岐点で「山の手方面」「小別沢・盤渓方面」の2つの表示が。

来た道を戻るのはオモシロ味がないので、せっかくなので「小別沢・盤渓方面」へ。

イメージとしては、ひたすら下っていけば小別沢トンネルのあたりに出るんだと
単純に気軽に考えていたのですが、ここから下ったり登ったり、むしろ登りが多く、
さっきの三角山の頂上の高さも超えてるんじゃないかという感覚に。

「これはこのまま進んでいって大丈夫なのか?」

と不安になりかけた時に、次の表示が。
Sankaku7

真っ直ぐ行けば小別沢口に、左に曲がると大倉山ジャンプ競技場との表示。

「へぇ~、しばらく行けば大倉山ジャンプ競技場があるんだ~」

と思って左に曲がってみたのですが、しばらくではなくて、すぐに目の前に
建物とリフトっぽいものが。
Sankaku8

Sankaku9
大倉山ジャンプ競技場の頂点でしたhappy01

Sankaku10
まさに選手がスタートする地点。

「葛西選手も岡部選手も伊東大貴くんも、ここから滑ってジャンプしていったんだぁ~」

と思うと軽い興奮状態にsmile

スキーのジャンプは僕は好きで、実際にこの大倉山に競技を観に行ったことも
何回かあるのですが、このスタート地点まで登ったことは無かったんですよね。

夏場はリフトで簡単に行けるので、以前から一度登ってみたいと思いながら、
「いつでも行こうと思えば行ける」という気持ちで、行ったことはありませんでした。

その長年の願いが、今日、全く予想していない思わぬ形で叶うことにsmile

Sankaku12
展望台に登っての眺めです。

Sankaku11
30分くらい前に居た、三角山です。

大倉山ジャンプ台の頂上には、ジャンプ台の下から遊歩道でも行けるらしいです。
Sankaku13

写真の右側がその遊歩道ですが、僕は当然その遊歩道は使わず、
左側の怪しい山道へと戻っていきましたsmile

Sankaku14
途中、このような所を突き進んでいく箇所もあり、

「ホントに山道から脱出できるのか?」

と不安になったのですが、さらにしばらく進むと、畑とビニールハウス、
そしてそこで作業している方を発見して、妙に安心した気分にdelicious
Sankaku15

少し進むと小別沢の車道に出て、そこからはゆっくりのランニングrunに切り替え、
福井の手稲左股通にぶつかるところで右に曲がって、しばらく下ってから
琴似・発寒川の河川敷に入って、そして1キロちょっと走って、無事に自転車を
置いてある場所まで到着。

事前に何も情報を知らなかった分、自分の中ではかなり波乱万丈だったのですが、
山の手方面の三角山入り口に入ってから小別沢の車道へと脱出するまでの時間は
1時間30分程度と、思いのほか時間的には短かったです。その分、濃厚でしたsmile

軽い気持ちで「三角山登山」を試みたのですが、想像以上のオモシロさでした。

ただ、今日はアクエリアス入りのペットボトルを片手に持っての移動でしたが、
特に下りでは両手が自由に使える状態じゃないので怖く感じる部分もあり、
登山に対しての準備と心構えの甘さは大きな反省点です。

製造業や工事現場などでよく使われる「ヒヤリ・ハット」に近いものでしょうかね。

そして、家を出る前は、デーゲームの序盤で「横浜0-2巨人」となっていたので
全く期待していなかったのですが、家に帰ってテレビを観ると「横浜7-5巨人」で
試合終了となっていたので、思わずガッツポーズ。

そしてナイトゲームは「中日4-0広島」で、我らが中日ドラゴンズの中田賢一が
先発で完封勝利。

昨日の山井大介に続いて、まさかのまさかの2試合連続での先発の完封勝利。
最終回の広島のバッターの石原、ヒューバーに対するストレート勝負での連続の
空振り三振にはとにかく痺れましたhappy01

そんなこんなで、素晴らしい3連休の1日目でした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

明日から3連休(+中日の山井が6年ぶりの完封勝利)

明日から3連休ですhappy01

毎年、この海の日絡みの3連休は、どこか1日に
「北海道マラソンに向けた長距離練習」ということで、
30キロ前後を走るのが恒例行事となっていました。

しかし、今年は先週に豊平川市民マラソンでフル本番を走ったので、
穏やかな3連休にsmile

天気が安定しているのは明日だけになりそうな予報みたいなので、
明日はどこかに出かけようと思っています~。

------
プロ野球セリーグ 広島マツダスタジアム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
中日 0 2 0 0 0 0 2 0 0 4
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝ち:山井(4勝2敗0S)
負け:篠田(3勝3敗0S)

ホームラン
 中日:和田24号(2ラン)

中日ドラゴンズの山井大介がまさかの(?)完封勝利。

山井の完封勝利は2004年9月12日の広島戦以来、6年ぶりとのこと。
もしかしたら「じゃんけん先発」の時かな?

先週の巨人戦に続く好投で、何とかこれを継続して、
先発ローテーションの中心となってほしいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

9月と10月のランニング大会

僕の次に走る大会は8月29日の北海道マラソン(フル)なのですが、
それ以降の大会について、先ほどRUNNETで調べてみました。

10月3日の札幌マラソンは恒例行事なので既に申し込み済みですが、
その2週間後の北海道ロードレースも、去年まで5年連続で「最終戦」として
走っているので、今年も申し込もうと思っています。

 8月29日(日) 北海道マラソン(フル)←申し込み済
10月 3日(日) 札幌マラソン(ハーフ)←申し込み済
10月17日(日) 北海道ロードレース(ハーフ)

これでいいかなぁ~とも思うのですが、札幌マラソンの前の9月下旬に、
JRでも当日の朝の移動で行けそうな大会として、

9月20日(月・祝) たきかわコスモスマラソン
9月23日(木・祝) ピパオイヘルシーロードレース 兼 美唄市ハーフマラソン

があり、どちらかでハーフを走るのもいいかなぁ~、とも思いました。

去年は美唄のハーフを走って、ゴール後に「豚汁」を3杯食べた思い出がsmile

2年前までは、9月下旬の函館ハーフマラソンを3年連続で走っていて(1泊2日で)、
非常に好きな大会だったので「今年、再びも…」ともちょっと思いかけたのですが、
既に定員オーバーで申し込みが締め切られていたようで。

申し込み期間は6月29日~7月20日に設定されていたのですが、
どうやら7月9日くらいに定員の1800人に達したとのこと。

たぶん、まだ受付がされていたとしても申し込みはしなかったと思いますが、
「どうやっても出られない」と思うと、何だか残念で惜しい気分にsmile

上で書いた滝川と美唄は、どちらの大会も8月20日が申し込み締め切りなので、

1.どちらかに出る(どっちに出るか)
2.どちらにも出ない
3.両方出るdelicious

は、8月に入ってからでも、その時の気分で決めたいと思います~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

走った後のコーラ

2日前の「豊平川市民マラソン」のフルマラソン、ゴール後に給水所でまずは
紙コップのスポーツドリンクを2杯飲み、それからスタッフの方から、
ペットボトルのミネラルウォーター(さっぽろの水)と、小さな紙パックの牛乳を
手渡していただきました。

「走った直後に牛乳」

は未経験で、「どうだろう?」とは思ったのですが、いざ飲んでみると悪くないhappy01

そして一息ついてから「コーラだ!」ということで、河川敷から上に登って探すと、
少し離れた場所にコカコーラが入っている自動販売機を無事に発見。

そして再び河川敷の芝生に戻って、待望の一口。
Cola

「大会で走り終わった後にコーラ」は僕の恒例行事に近いのですが(特にフルの後)、
今回は終盤にヘロヘロだったこともあってか、いつも以上に身体中に炭酸と甘さが
染み渡った感じになり、至福の時間でしたhappy01

「いやぁ~、美味しいなぁ~、たまらないなぁ~」

と、一人でホントにつぶやきながら飲んでいました。
完全に怪しいおっさんです。

次の北海道マラソンでも、ゴール後に最高のコーラを飲みたいものですなsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

「2010年札幌・豊平川市民マラソン」の完走記

今日は有給休暇を取って休みです。

札幌の今日は朝から激しい雨で、昨日の疲れ(&飲み過ぎ)もあって、
残念ながら外に出かける気分にはならなく、家でゴロゴロしていますsmile

さてさて、昨日の「第5回 札幌・豊平川市民マラソン」の完走記っぽいものを。
Toyohiragawa1

朝は午前5時10分に起きて、6時から朝食、7時10分くらいに家を出て
地下鉄に乗り、南北線中島公園駅まで行きました。

そこから、札幌マラソンのハーフのコースとなっている南大橋を渡って、
「あぁ~、札マラはここからが精神的にもきついんだよなぁ~」と思いながら、
豊平川河川敷の右岸へと降りて、受付会場には8時ちょうどくらいに到着。

受付は既に前日に済ませてあったので、軽く準備運動をして、
手荷物を預けて(無料なのが嬉しい)、そして9時ちょうどにスタート。

基本的には曇り空cloudだったのですが、微妙に太陽sunが出てきた時間も結構あって、
最高気温は24℃と平年並みでしたが、やはり走るのにはそれなりに暑かったです。

参加者は1000人弱といったところだったようです。

結構前の方に並んだので、スタートのロスタイムは15秒くらい。

スタート地点に並ぶまでは勝手に「まずは真駒内方面に向かうんだな」と
思い込んでいたのですが、実際は逆方向でしたsmile

思ったよりは混雑のストレスは少なく、まずは順調に出ました。

●5キロ通過 24分38秒

JRの千歳線が上を通っている上白石橋を過ぎて、少し行って折り返しだったと
思います。

さすがにひたすら河川敷のコースなので、あまりここら辺の記憶がありませんdelicious

●10キロ通過 48分26秒(この5キロは23分48秒)

スタートしてから「5キロを、24分を少し切るくらいのペースでいけたら…」と
思っていたので、ペース的にはきっちり想定通りではあったのですが、
既に妙に脚にダメージがあるイヤな感じが。

やはり蒸し暑さの影響もあったのかも。

●15キロ通過 1時間11分57秒(この5キロは23分31秒)

脚の重さは変わらず気にはなりましたが、とりあえず走り自体はリズムに乗った感じで
そこそこ快調だったので、しばらくはこのペースで押すことに。

真駒内のあたりで右岸から左岸に渡るために坂を登って、
そして折り返してみると、思いのほか強い向かい風を感じました。

やはり追い風は、走っているとなかなか感じられないものですねdelicious

暑さが和らぐので、むしろ向かい風の方がありがたいと思い込むことに。

こっち側の左岸は大会でも走ったことが無かったので、少し新鮮な気分に。

●20キロ通過 1時間35分38秒(この5キロは23分41秒)

中間地点の通過がたしか1時間40分40秒くらいで、単純に倍すると
ちょうど自己ベストの3時間21分44秒あたりになるので、
さすがにそこまではいかなくとも、

「うまくまとめて、3時間25分くらいでゴール出来ればいいなぁ~」

と、まだこの時点では気楽に考えていました。

●25キロ通過 1時間59分19秒(この5キロも23分41秒)

ここまではかなりイーブンではいけたのですが、この25キロを過ぎた
あたりから、脚がどんどん厳しくなっていきました。

上白石橋を過ぎたあたりで折り返して、来た道を今度は逆方向に走ります。

折り返して少し走ると給水ポイントがあり、少しは復活した気分に。

●30キロ通過 2時間23分53秒(この5キロは24分34秒)

「ペースダウン」の自覚はあったのですが、やはり5キロのラップが1分近く落ちてました。
脚がとにかく重たい。非常に厳しい。

ここら辺から「35キロまで行ったら歩こう。だから35キロまでは何とか耐えよう」と、
妙な目標を支えに走り続けたのですが、おそらく34キロあたりの給水ポイントで、
とうとう止まってしまいましたwobbly

「2分歩いたら再び走りだそうルール」

を自分の中で制定して、何とか走り出し、35キロを通過。

●35キロ通過 2時間51分7秒(この5キロは27分13秒)

35キロを通過してしばらく行くと、再び右岸に移るために登り坂があったのですが、
その登りの途中で挫折して再び歩きが。

「歩くのは2分まで」のルールに従い、橋の上で再び走り出しましたが、
1キロ先くらいの給水ポイントでまた止まってしまいました。

「これからゴールまで、何回歩くんだろう。それ以前に、ゴールまで辿り着けるのか?」

と、「体力・気力の限界です!」と、千代の富士のようなコメントを残して
棄権したくなりましたが、そこでスポーツドリンクを飲んで深呼吸をしたら、
気のせいかもしれませんが少しだけ身体が軽くなったような感じが。

そして前方に「残り5キロ」の表示を見つけ、再び走り出しました。

ここからは、次に現れる「残り○キロ」の表示や、「とにかく次のあの橋までは走ろう」
などを目標として、何とか歩かずにゴールまで走り続けました。

きちんとラップは計ってはいませんでしたが、残り5キロからは
「1キロ5分30秒」くらいの、だいたいイーブンペースでいけたようです。

悪いながらも何とか粘ったので、最後の5キロは満足ですhappy01

●40キロ通過 3時間21分6秒(この5キロは29分59秒)

ここら辺になると「南22条大橋」とか「南19条大橋」など、ゴールの南9条までの
距離をある程度想像できるような橋の名称となり、ゴールが近づいているのを
ようやく実感。

Toyohiragawa2_2

ここがスタート地点で、ゴールは写真の奥から手前側に向かってくるのですが、
スタート地点=ゴール地点ではなく、ゴールはここから約400メートルくらい先に
なります。

Toyohiragawa3

しばらく真っ直ぐ進んで、ここを右に曲がって、たぶん50メートルくらい進んで、
そしてもう1回右に曲がって折り返しとなって、そして100メートルくらい先に
ゴールがありました。

このぐるっと回る感じのコースが、精神的にも最後の難関。

走っている時は分からなかったのですが、写真の右に曲がった後の道の方向が、
ゴール地点から遠ざかる感じの斜め方向となっていて、終わった後にしばらく
ここら辺で観戦していて、その遠ざかる感じが観ていて辛くなりましたsmile

Toyohirawawa4

そして無事に、ゴールテープのプレゼント着きのゴール!

●ゴール 3時間33分1秒(40キロから11分55秒)

とりあえず「夏のフルマラソン」をいろんな意味で満喫しましたhappy01

知り合いの人で今回が「初フルマラソン」の人がいて、その人を待っていたのですが、
6時間10分くらいで無事にゴールしました。

その流れで、制限時間の7時間の最後まで会場にいたのですが、
続々とゴールをする人を眺めていると、何となく胸を打たれる感じにhappy01

大会の雰囲気も良くて、非常に充実した1日になりました。

次の大会は「超メインイベント」の7週間後の北海道マラソン(8月29日)の
フルマラソンとなります。

ちょうど今日、道マラの「参加承認証」が郵送で届いていました。
無事に参加が承認されていて一安心。

ちなみに今年のスタートブロックは「Cブロック」で、昨年のDブロックよりも
1ブロック出世していましたsmile

ひとまず、最低1週間は走らずに脚を休ませて、それから道マラに向けて
練習を再開したいと思っています~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

完走しました!【2010年札幌・豊平川市民マラソン】

今日は「第5回 札幌・豊平川市民マラソン」でフルマラソンを走ってきました。
Kansousyou_2 

「暑さは何とか平年並みで収まってくれた」というのは助かりましたが
(札幌市の最高気温は23.9℃)、それでもやはり蒸し暑さは感じて、

『夏のマラソン』

を満喫しましたsmile

久しぶりにフルマラソンで終盤に歩きました(たぶん3回)。
2年くらい前まではいつものお馴染みの光景でしたがsmile

手元の時計のラップでは、

 ~5キロ 24分38秒 
~10キロ 23分48秒
~15キロ 23分30秒
~20キロ 23分41秒
~25キロ 23分41秒←ここまでは順調。
~30キロ 24分34秒←脚にだいぶ厳しさが。
~35キロ 27分13秒←おそらく34キロ過ぎの給水ポイントで最初の歩きが。
~40キロ 30分00秒←35キロ~37キロはメタメタ。
~ゴール  11分55秒←「残り5キロ」の表示からは、とにかく歩かずに走りました
                (~40キロの部分と共通)。

で、ゴールタイムは3時間33分01秒でした。

自己ベストよりは11分ほど遅く、いろいろと反省点はあるのでしょうが、
とりあえずはどうでもいいですsmile

非常に雰囲気の良い大会でした~。

我らが中日ドラゴンズも巨人相手にまさかのまさかの3タテ勝利をして
4.5ゲーム差となりましたし、これから気分良くビールを堪能しますbeer

詳細は明日にでも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

「2010年札幌・豊平川市民マラソン」は明日!

明日は「第5回 札幌・豊平川市民マラソン」のフルマラソン本番です。

今日は12時~16時にニッセンスポーツ(南3西3)で前日受付があったのですが、
12時2分くらいにお店に行きましたsmile
Toyohiragawazekkenn_4

コース図を見ると、豊平川河川敷の右岸と左岸の両方を走るようですね。

どっちが右岸でどっちが左岸なのか不明ですがdelicious、今まで僕が出たことのある
豊平川河川敷をコースとして使う大会(札マラ、北海道ロードレースなど)は全部、
片側しか使っていなかったので、両方を走るのは少し新鮮かも。

スタートが南大橋(南9条橋)右岸で、たぶん真駒内あたりまで行って、
そして左岸に移って折り返して、東橋あたりまで行ってまた折り返して、
そのまま左岸を真駒内あたりまで走って、そして右岸に移って折り返して、
そしてスタート地点の南大橋のあたりでゴール。

コース図を見ると、たぶんそんな感じだと思います。

札幌管区気象台のページを見てみると、明日の天気予報は、

「曇り 降水確率10~20% 最高気温25℃ 最低気温20℃」

ということで、恐れていたよりは暑くはならなさそうな期待感があり、
今の時期としてはまずまずの条件になってくれるのかもhappy01

明日は午前9時スタートなので、午前5時過ぎに起きて、
6時から朝食、7時過ぎに家を出る、そんな予定です。

参議院選挙の投票は、帰り道に済ませようと思っています。

そんなところで、明日はひたすら豊平川河川敷の42キロを
満喫してきたいと思います~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

「2010年札幌・豊平川市民マラソン」まで2日

今度の日曜日に行われる「第5回 札幌・豊平川市民マラソン」の
フルマラソン本番が2日後に迫りました。

次の日の月曜日は、無事に有給休暇を取得できたので一安心ですdelicious

7週間前に洞爺湖マラソンでフルを走って、そして2週間の休養を挟んでから
練習を再開して、3週間前にはおたる運河ロードレースでハーフを走りました。

そこからも10キロ~15キロくらいをボチボチとコンスタントに走ってはいるので、
状態としては悪くはないとは思います。

明日は昼にニッセンスポーツ(南3西3)に前日受付に行って、
ゼッケンなどを引き替える予定ですhappy01

-----
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
巨人 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3
中日 1 0 0 0 0 0 5 0  × 6

勝ち:吉見(8勝4敗0S)
セーブ:岩瀬(0勝1敗25S)
負け:ゴンザレス(3勝8敗0S)

ホームラン
 中日:和田23号(ソロ)、巨人:小笠原17号(2ラン)

同点の7回裏、先頭の和田がホームランで勝ち越し。
そしてさらに2アウト2・3塁のチャンス。

ここで代打の堂上兄が、見事に1・2塁間を抜けるタイムリーヒット!!
兄は2試合前にも代打で2点タイムリーを打っていますし、
今の停滞している状態のチームにとって、希望の光ですhappy01

さらに荒木、大島、和田とタイムリーが続く、滅多に見られない
中日ドラゴンズの繋がる攻撃となって、一挙に5得点。

そして8回表に浅尾が2ランを打たれてきっちりと3点リードにして、
9回表は岩瀬が相変わらず不安定な感じながらも、結局は最後は抑えるという
いつもどおりのピッチングで25セーブ目。

浅尾が最近打たれるケースが多いのが気にはなりますが、
今日はとりあえずはいい気分です。

これで巨人との対戦成績は4勝6敗となりましたが、
そのうち先発の吉見が今日も入れて3勝。

残りの1勝も、先発した吉見が6回3失点くらいで投げた試合だったので、
吉見以外が先発した試合は全敗なんですね……。

もちろん3タテしてほしいけど、現実的にはとにかく土・日のどちらかは
勝ち星を拾ってくれというところですなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

「ゴチになります!」に加藤ローサが出演

今まで極秘事項としてきましたが、僕は加藤ローサが好きですhappy01
今日の夜、日テレで放送の「ぐるナイ」の人気コーナー、

「グルメチキンレース・ゴチになります11」

でその加藤ローサが出ていたので、当然のように見ました。

「やっぱりいいなぁ~。佐々木希とレギュラー代わってくれないかなぁ~」

と心の底から思ったのは秘密ですぞsmile

ただ、このゴチでは僕は国分太一くんを何故か強く応援してしまう傾向にあり、
今日の放送でも、加藤ローサよりも太一くんの注文の方がどうしても気になって
しまいました。

見事に太一くんが1位通過、そして加藤ローサが2位通過と、
僕にとっては素晴らしい結果にdelicious

そういえば、何年か前に「シムソンズ」という、カーリングを題材にした映画があって、
加藤ローサが主演、大泉洋がコーチ役を務めていました。

テレビで放送していたのをビデオに保存しているはずなので、
また見てみたくなりました。

ちなみに、今日の「ゴチ」の結果は、岡村さんが最下位で自腹、
矢部さんが4位ながら「おみや」で、ナイナイの2人が涙する結果に。

「今年の最終的なクビはあの人になって、来年の新レギュラーは加藤ローサ」

という流れになることを、ほんの少しだけ期待したいですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

「2010年札幌・豊平川市民マラソン」まで4日

今度の日曜日に行われる「第5回 札幌・豊平川市民マラソン」の
フルマラソン本番まで、あと4日となりました。
Toyohiragawahagaki_2

午前9時スタートで、受付場所が豊平川南大橋(南9条橋)右岸とのこと。
たぶんスタート&ゴールもこの近くになるのだと思います。

受付は当日だけだと思っていたのですが、前日にもニッセンスポーツ(南3西3)で
12:00~16:00まで行うとのことで、出来れば前日に済ませる予定です。

コースは「ひたすら42キロ豊平川河川敷を走るらしい」ということしか知らないので、
前日にプログラムを貰って、一応はだいたいを確認しておきたいですしdelicious

札幌管区気象台の天気予報を見ると、今のところ日曜日当日は、

「曇り 降水確率40% 最高気温27℃ 最低気温20℃」

という、気温が高めなのが心配で、でも曇ってくれたら少しは楽かな、
でも湿度が高く蒸し暑くなりそうかなとか、あれこれと気になりますsmile

今日は仕事が終わってから約1時間、おそらく12キロほどを走ってきましたrun
これが最後の練習ということで、これから木、金、土の3日間は走らずに休んで、
そして日曜日の本番を迎えたいと思います~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

仙台出張

まだまだ先の話ですが、8月26日(木)、27日(金)と、
1泊2日で「仙台出張」の予定となりました。

当初、8月27日(金)と28日(土)の1泊2日となりそうな気配があり、
次の日の8月29日(日)が北海道マラソンのフルマラソン本番なので、
ちょっと心配だったんですよね~。

「北海道マラソンの前日は、ゼッケン引き換え以外は家でゴロゴロして
 穏やかに過ごしたいので」

という理由で出張を断るのも、なかなか勇気が必要ですしsmile

金曜日は夕方くらいには札幌に戻れそうですし、
道マラ本番当日に向けて特に問題はなさそう。

仙台、というか宮城県には、1回だけ苫小牧からフェリーを使って行ったことが
あるのですが、飛行機で行くのは初めて。

今回は、事前の資料作成が僕のメインの業務で、出張当日はどちらかというと
気楽な立場となるはずなので、それを期待して、楽しみにしておきますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

「2010年札幌マラソン」のハーフに申込み

だいぶ先の大会になりますが、10月3日(日)に行われる

「第35回 札幌マラソン」

に、RUNNETから申込みをして、今日の帰り道にローソンで入金してきました。
Satumaramousikomi

申し込んだのはハーフマラソンです。

2003年10月のこの札マラでの10キロが、僕の記念すべき「大会デビュー」と
なったのですが、次の年からは毎年ハーフで走り続けています。

そんなわけで、今年で札マラは8年連続での出場予定happy01

申込み締め切りは8月5日と、まだ1ヶ月先ですが、

「定員6000人の先着順」

とのことで少し不安になったので、早めに申し込んでおきました。

昨年までも何回か書いてきた文章をコピー&ペーストしますが、
この札マラのコースの特徴として、

(1)スタートは真駒内公園内。5000人ほどの参加者がスタート。

(2)公園内から公道に出て、中の島通り(たぶん)などを通って、大通方面へ。

(3)幌平橋を渡り、中島公園の前を右折して、駅前通り

(4)この「中島公園前~すすきの~三越前」を往復するのが、
  何と言っても最大の楽しみ!沿道で観戦の方も多い!

(5)その後、豊平川河川敷へと降り、10キロ地点通過。

(6)先ほどまでの「にぎわい」がウソのように、静寂が訪れる。

(7)ひたすら河川敷を走る。

(8)河川敷から真駒内公園に入るための、恒例の「あの登り坂」。

(9)公園内に入って、ゴールのオープンスタジアムがすぐそばに見える。

(10)しかし、なぜか「残り4キロ」の表示が出現。

(11)あとはひたすら、公園内をグルグル。アップダウンが思いのほか多い。

(12)20キロの手前の「給水地点」では、コニカミノルタ陸上部の方々が
   手伝ってくれます(少なくともここ3~4年くらいは確認できました)。

(13)ようやくオープンスタジアムの中へ入るのを許される。

(14)そして喜びのゴール

という、21キロの間に様々な模様を垣間見せるこのコースを
今年も堪能したいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

「2010年札幌国際ハーフマラソン」を沿道で観戦!

今日は正午過ぎあたりからの雷にビビりながら、午後1時32分にスタートした

「第53回札幌国際ハーフマラソン」

を、ゴール手前の、20キロ過ぎの円山競技場に入る直前の登り坂のあたりまで
自転車で行って、沿道で応援していましたhappy01

札幌管区気象台のページを見ると、今日の札幌の最高気温は29.1℃で、
レース中の午後1時、2時あたりの湿度も60%台と、蒸し暑い中での過酷な
条件となったようで。

Kokusai1_2

この20キロ地点の、さらに200メートルくらい先で応援していました。

Kokusai2

男子で優勝したC.ジュイ選手(日立電線)。タイムは1時間1分20秒でした。

Kokusai3
そして日本人選手のトップだったのが、順天堂大学時代の箱根駅伝での
「元祖・山の神」で有名な今井正人選手(トヨタ自動車九州)。

ここしばらく、あまり名前を聞いていなかったので、最初に来た日本人選手が
今井選手と確認した瞬間、思いっきり興奮状態にsmile

続々と来るトップ選手の走りを見ていて、その格好良さに見とれてしまっていました。

そして、女子のトップは加納由理選手(セカンドウィンドAC)が来ました。
加納選手の写真は撮れなかったのですが、そのすぐ後ろに2位には
野尻あずさ選手(第一生命)。
Kokusai4

20キロ手前まで激しく優勝争いをしていたようで、そこの北海道神宮前の
登り坂のあたりで加納選手が引き離したとのこと。

加納選手は今年3月の名古屋国際女子マラソンでも優勝していましたし、
調子良いみたいですね~。

女子の最終ランナーのゴールタイムが1時間32分ちょうどくらいと、

「普通の市民マラソンだったら、女子なら大会によっては優勝しているんじゃないか」

というくらいの、異常なまでにレベルの高い大会を間近で体感できて、
非常に楽しい日曜日の午後でしたhappy01

そんなこんなで家に帰って一息ついてから、午後4時過ぎから15キロほどの
ランニングに出かけました。

走ったのが夕方で曇り空cloudということもあって昨日よりはマシでしたが、
それでも蒸し暑さは厳しく感じて、いくら北海道とは言え、これからは
走るのにはなかなか大変な時期になりそう。

それでも、今日はまずまず順調に走ることができて、1週間後の7月11日の
「札幌・豊平川市民マラソン」のフルマラソンに向けて、気分的には良い感じhappy01

●第53回札幌国際ハーフマラソン 結果

【男子】
 優勝:C.ジュイ(日立電線) 1:01:20
 2位:M.マサシ(スズキ浜松AC)  1:01:32
 3位:S.ドゥング(愛知製鋼)  1:01:35
 4位:J.ムワンギ(NTN)  1:02:44
 5位:M.J.モグス(アイデム)  1:03:18
 6位:V.キプルト(ケニア)  1:03:42
 7位:H.ジョロゲ(小森コーポレーション)  1:03:44
 8位:J.マイナ(拓殖大学)  1:03:46
 9位:J.ギタウ(JFEスチーム)  1:04:02
10位:今井正人(トヨタ自動車九州)  1:04:04
11位:浜野健(トヨタ自動車)  1:04:12
12位:三島慎吾(トヨタ自動車)  1:04:12
13位:A.キルイ(ケニア)  1:04:17
14位:O.コスマス(山梨学院大学)  1:04:35
15位:伊達秀晃(中国電力)  1:04:42
16位:高瀬無量(山梨学院大学)  1:04:46

【女子】
優勝:加納由理(セカンドウィンドAC) 1:11:46
2位:野尻あずさ(第一生命)  1:12:02
3位:F.C.ダニエル(ユニクロ)  1:12:27
4位:松岡範子(スズキ浜松AC)  1:12:34
5位:勝又美咲(第一生命)  1:12:42
6位:O.ドリカ(日立製作所)  1:13:18
7位:赤羽有紀子(ホクレン)  1:13:30
8位:森本友(天満屋)  1:13:31

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

明日は「2010年札幌国際ハーフマラソン」

今日は午前11時30分頃から1時間ほどのランニングrunをしてきたのですが、
蒸し暑さにやられて、途中からかなりバテバテで、何とか家まで辿り着いた感じcoldsweats01

札幌管区気象台のページを調べてみたら、今日の札幌の昼12時は
「気温26.8℃、湿度67%」ということでした。

さてさて、明日は札幌で「第53回札幌国際ハーフマラソン」が行われます。
Kokusaihalf

街中にもこういう看板があちこちで立てられていて、ここ1週間くらいは、

「○○くんは今度の日曜日走るのかい?」

と何人もの人に聞かれて、

「いやぁ~、この大会は参加基準が非常に厳しくて~」

とそのたびに説明するという、これは毎年の恒例行事smile

とにかく男子は「ハーフで1時間18分以内の自己ベスト記録」を持っていないと
出られないのですが、僕のベスト記録は、条件の平成20年4月1日以降だと
2年前の函館ハーフマラソンの1時間28分42秒なわけで。

自分で書くのもアレではありますが、普通の市民ランナーレベルだと、
このタイムも結構な好タイムではあるのですが、それでも参加するのは
完全に遠い世界の話ですなdelicious

コースは、円山競技場をスタート&ゴールとして、大通公園の横や駅前通を
通ったりして、白石区東札幌3条5丁目で折り返しというコースとのことです。

この大会は、毎年、男女の実業団や大学生などのトップ選手が
数多く走ることでも有名です。

招待選手は、

●男子
  アベル・キルイ(ケニア)→昨年の世界陸上のマラソン金メダリスト
  ビンセント・キブルト(ケニア)
  アントニオ・ベガ(アメリカ)

  尾方 剛(中国電力)
  諏訪 利成(日清食品)
  三津谷 祐(トヨタ自動車九州)
  ガトゥニ・ゲディオン(日清食品)
  ムクボ・ジョブ・モグス(アイデム)

●女子
  マーラ・ヤマウチ(イギリス)
  
  中村 友梨香(天満屋)
  加納 由理(セカンドウインドAC)
  赤羽 由紀子(ホクレン)
  嶋原 清子(セカンドウインドAC)
  那須川 瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント)
  藤永 佳子(資生堂)
  森本 友(天満屋)
  大平 美樹(三井住友海上)
  大崎 千聖(三井住友海上)
  堀江 知佳(ユニバーサルエンターテインメント)
  木崎 良子(ダイハツ) 

ということで、女子に比べて男子の招待選手が少ないのが寂しいのですが、
この他にも一般参加で多くの有名選手が走ると思われます。

ちなみに、昨年は男子がゲディオン選手、女子が中村選手が優勝。
それぞれ2連覇がなるのかどうかも注目です。

期待したいのは、男子ではトヨタ自動車九州の三津谷選手です。
ハーフまではかなり強いイメージがあるのですが。

そして女子では、ホクレンの赤羽さんですね。

明日の札幌の予想最高気温は26℃で、たぶん湿度も高くなりそうで、
午後1時32分スタートなので、蒸し暑い厳しい条件となりそうです。

雨の心配も少しあるようですが、激しく降るようなことがなければ、
明日は円山のゴール手前あたりの沿道で、応援したいと思っていますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »