« 平日の18キロのランニング | トップページ | ワールドカップ南アフリカ大会の出場国 »

2010年6月10日 (木)

北海道大学がベスト8へ-全日本大学野球選手権

「第59回 全日本大学野球選手権大会」

が開催中ですが、全国の代表26校中、北海道地区からは北海道大学と
函館大学の2校が出場。

1回戦は、

北大 3-1 四国学院大
函大 2-1 東亜大

でともに初戦突破。

そして今日行われた2回戦では、

北大 3-1 広島経済大
函大 2-3 東洋大

という結果に。

函大の相手の東洋大は、今日の新聞によると「優勝候補」らしいのですが、
その相手に1点差での惜敗だったようですね。

そして北大は今日も勝って、これで初のベスト8進出happy01

北海道の大学がベスト8に進出するのは、2003年の札大以来7年ぶりとのこと。

それと、これが今日1番書きたかったネタなのですが、北大の初戦の勝利について、
国公立の大学がこの大会で勝利したのは、2004年の北九州市立大学以来とのこと。

北九州市立大学出身と言えば、中日ドラゴンズのピッチャーの中田賢一なのですが、
2004年は中田が4年生の時。

調べてみると、1回戦で創価大学と対戦して7-3で勝利していて、
中田は先発して完投勝ちしたようです。

「それ以来」と言われると、中日ファンと北海道民の両方の立場から、
何となく妙に嬉しい気持ちがhappy01

北大の次の試合は、八戸大(北東北)と明日の午前11時30分から神宮球場で。
「目指せベスト4!」と、とりあえず書いておきますsmile

*6月11日(金) 午後8時追記

準々決勝
 北大 3-4 八戸大(延長14回サヨナラ)

という結果でした。最後はポール直撃のサヨナラホームランだったようで。
勝ってほしかったけど、スコアを見ただけでも涙が出そうになりました。

「YOSAKOIなんかどうでもいいから、この試合のダイジェスト放送をしろよ」

とNHKに抗議したい気分とか、そんなことは書きませんが
smile

------
●プロ野球交流戦 Kスタ宮城

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 3 1 0 1 1 0 0 0 1 7
楽天 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

勝ち:チェン(4勝5敗0S)
負け:井坂(1勝1敗0S)

ホームラン
 楽天:山崎14号(2ラン)

そんなところで、3連敗でストップ。

現在のところ通算249セーブの岩瀬にセーブがつかないような展開になり、
250セーブの記録達成は、週末の札幌ドームに無事に持ち越し。

8回裏、久本がタケシ選手に2ランを打たれて4点差になった瞬間は、
やや危険な雰囲気を感じましたがsmile

札幌ドームの試合は土・日なのですが、観に行くのは日曜日だけなので、
是非とも土曜日を大勝して(日ハムの先発はダルビッシュ?)、
そして日曜日に記録達成の瞬間を目の前で観るという、そんな流れでhappy01

ダルビッシュの状態が分からないのですが、
一応は土曜日という予想もあるようなので、

土曜日:中田(賢)-ダルビッシュ
日曜日:山井-武田(勝)

になるのでしょうかね。もしこれだと、土曜日は「2005年プロ入団組」、
日曜日は「昭和53年生まれ組」の両先発になりますdelicious
 

|

« 平日の18キロのランニング | トップページ | ワールドカップ南アフリカ大会の出場国 »

コメント

北大OBです。惜しかったですね。八戸大学の監督に「完全にアウェイだった」と言わしめるほどの応援団の活躍も特筆すべきです。もしもドームだったら、怒涛の応援で勝っていたかもしれません。
ちなみに私も熱狂的ドラファンです。明日は、ナゴヤ球場でファームの試合でも見に行こうかなと思っています。

投稿: Leo | 2010年6月11日 (金) 21時06分

>Leoさん

コメントありがとうございます!

ホントに惜しかったようですね。しかし素晴らしい大活躍でした。
ちなみに僕も北大OBなので、何となく誇らしい気分です。
僕は全く何も偉くはないのですがsmile

ナゴヤ球場も行ってみたいです。中日ファンつながりで、
また時々このブログを覗きに来てくださいねhappy01

投稿: しげた | 2010年6月11日 (金) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/48596397

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道大学がベスト8へ-全日本大学野球選手権:

« 平日の18キロのランニング | トップページ | ワールドカップ南アフリカ大会の出場国 »