« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

平日の12キロのランニング

昨日(から今日にかけて)のサッカーワールドカップ南アフリカ大会の
日本×パラグアイの試合、キックオフからPK戦まで、全て観ました。

海外メディアのこの試合の評価は

「レベルの低い試合」
「退屈な試合」

というものも多かったようですが、たしかに当事国以外の人から見れば、
そう思われても仕方がないような試合だったかも。

でも、そんなことはどうでもいいです。とにかく熱くなれましたhappy01

ちなみに、

「その後のスペイン×ポルトガルの試合を観たら、レベルが明らかに違っていた」

とかネットに書き込みをしている人の半分以上は、実際には試合を観ていなくて、
「常識的に考えてまずそうだろう」という、適当な想像で書いただけだと推測しますsmile

さて、今日はさすがに寝不足で、さらに蒸し暑さもあってなかなか大変な1日でしたが、
仕事が終わった後、12キロほどを走ってきましたrun

ペースは平均すると「キロ4分50秒」あたりだったと思います。

後半は妙なペースアップもできて、なかなか満足な水曜日の夜の走りとなりましたhappy01

7月11日(日)の「札幌・豊平川市民マラソン」のフルマラソンまで、
あと10日くらいとなりました。

「今回は、北海道マラソンの練習の一貫のつもりで……」

という気分で申し込みはしたものの、やはり42キロを走ると考えると憂鬱ですなsmile

とにかく体調だけは何とか整えて挑みたいと思います~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

霧島×水戸泉~取り直し3回の伝説の4連戦

今行われているテニスのウィンブルドン大会で、何日か前に男子シングルで、

「3日がかり、11時間5分のテニス史上最長試合」

の試合がありました。

勝った選手からみて、6-4、3-6、6-7、7-6ときて、
そして最終の第5セットは70-68happy01

「最終セットだけは、2ゲームの差がつくまでとことんやり抜く」

というルールが、少なくともこのウィンブルドンでは採用されていたようで、
このような凄い試合に。

このニュースを聞いて僕が思い出したのが、現在、
ある意味(完全に悪い意味で)サッカーW杯よりも
ホットな話題を提供し続けている大相撲の、

「霧島×水戸泉~取り直し3回の伝説の4連戦」

です。

こういう場合に、ネット上で簡単にその映像を探し出せることが多いです。
非常に便利な世の中になったものですなsmile

「著作権は?」という疑念は常に少しだけ気にはなりますが。

http://www.youtube.com/watch?v=8p-FBRKfXyA

1回目は霧島、2回目は水戸泉、3回目は霧島のうっちゃりによって
全て物言いがついて、そして全て「同体とみなして取り直しとします」
ということに。

4回目も、霧島のうっちゃりによって、かなり際どい一番に。
普通なら「物言いをつけて一応は確認を」というレベルだったかも。

リンクした上のYouTubeのコメントにも書いていた人がいましたが、
最後の4回目の土俵際での、行司の立ち方がかっこいいですsmile

この伝説の取り組みは、昭和63年の5月場所だったのですね。
当時僕は小学校6年生でした。夕方の生中継で観ていたのかどうかの
記憶はあいまいで、もしかしたら夜のニュースで観たのかもしれませんが、
今でも強く印象に残っています。

この年は千代の富士が圧倒的に強くて、53連勝中で11月場所の千秋楽を
迎えて(この段階で場所優勝は早々と決めていた)、ここで「スイーツ親方」で
現在人気の芝田山親方(大乃国)が間違ったやる気(?)で奮闘してしまい、
その53連勝をストップさせてしまったという、そんな年でした。

そんなところで、あと10分ほどでサッカーの日本代表の試合がキックオフ。
先発メンバーは過去3戦と同じようで。

この3戦、日本代表戦の直前に行われた我らが中日ドラゴンズの
試合結果の関連性で、

「中日ドラゴンズ●→日本代表○、中日ドラゴンズ○→日本代表●」

という法則があるとのメール情報が入りました。

今日の中日はナイトゲームで、阪神のブブゼラに3連発をくらうなどで
きっちりと大敗したので(5-11)、今日はパラグアイに勝てますなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

明日はパラグアイ戦

明日の日本時間午後11時キックオフの、サッカーW杯南アフリカ大会の
日本代表×パラグアイ代表。

パラグアイと言えば元代表GKのチラベルトか、1992年の日本シリーズでの奮闘が
特に思い出深い、元ヤクルトの投手の岡林(現在はヤクルトのスカウトらしいです)か、
そのくらいしか印象がないのが正直なところ。

この前新聞に載っていた情報によると、

「日本国内に流通している『白ごま』のおよそ6割は、パラグアイ産である」

とのことです。それがどうしたと聞かれると困りますが。

僕には、日本代表が勝利する姿が、今からはっきりと幻覚として見えています。
病院に行った方がいいかもしれませんねsmile

日本代表に関しては完全に「にわかファン」で、手の平返しで応援していますが、
明日の夜はテレビの前で再び叫べるように願っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

今日は「第25回サロマ湖100キロウルトラマラソン」

というタイトルを書くと、僕が何だか100キロにチャレンジしたみたいですが、
当然ながら僕は走っていませんsmile

なのですが、僕の職場の上司が参加していたため、「ランナーズアップデート」という、
10キロ毎の通過のタイムを速報で確認できるサイトで、細目にチェックしていました。

ゴールの制限時間は13時間らしいのですが、その職場の上司の方は、
見事に12時間40分台できっちりとゴールしたようで。

これでたぶん、このサロマの100キロに15回挑んで13回目のゴールらしいです。

その方は50歳台後半なのですが、昨年の11月くらいに大腸がんの手術で
1ヶ月ほど休職していて、そこからの復活なわけで、その方は何度も、

「『がん』とはいえ、早めに発見できたから、内視鏡手術で済んでラッキーだった」

という発言をしていましたが、100キロのゴールをパソコンの前で確認した瞬間、
大げさではなくて涙が出てきてしまいました。

この大会は佐呂間町、湧別町、北見市に渡って走る大会で、この時期としては
あまり無いような(というか1年を通してあまり無いような?)30℃を超えるような
過酷な条件となったようで。

僕もいつかは「100キロ」にチャレンジしてみたいですと、
適当な無責任なコメントを残して、今日の締めとしますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

今年初の真夏日

今日の札幌の最高気温は31.3℃ということで、
今年初の真夏日となりました。

そんな中、午後4時過ぎから10キロほどのランニングrunをしてきましたが、
さすがに暑かったです。

北海道内では、最高気温が35℃以上の「猛暑日」となった地域も
結構あったようですね。

北海道内だけではなくて、日本全体において昨日まで猛暑日となった地域は
無かったようで、「今年初の猛暑日」の栄光を、われらが北海道が獲得したようでsmile

北海道で6月に猛暑日となるのは30年ぶりとのこと。

「30年に1回くらいは、こんなこともあるんだなぁ~」

という、自然現象の周期みたいなものと考えるのが、通常の感覚だと思います。

それと今日、参議院選挙の投票券が届いて遅ればせながら気がついたのですが、
投票日の7月11日って、「札幌・豊平川市民マラソン」のフルマラソン本番と同じ日
なんですね。

去年は北海道マラソンの日が衆議院選挙の投票日でしたし、
何故かぶつかりますなhappy01

去年は北海道マラソンが終わった帰り道に投票に行ったのですが、
今年もそうなりそうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

すばらしい日々だ 力あふれ すべてを捨てて僕は生きてる

今日は目覚まし時計を朝3時20分にセットしていたのですが、
無事に起きることが出来て、サッカーワールドカップ南アフリカ大会の
日本代表の試合を、キックオフから終了まで全て観ました。

「超早起き」した甲斐がありましたhappy01

そして、今日の札幌の最高気温は29.2℃ということで、
真夏日までは届かなかったものの、予報どおりの暑い1日に。

そんな中、日差しも強い午後1時30分頃に、詳しく説明すると長いので省略しますが、
仕事上の「接待」に近い形で、屋外の400メートルトラックを5周する「2キロ走」を、
全力で走ることに。

と、「仕事上」とか偉そうに書きましたが、

「これも給料の一部と思えば美味し過ぎる」

と、ほぼ趣味の気分で走りましたsmile

タイムも一応は計ったのですが、手元の時計で7分34秒で、計算上は
「キロ3分47秒」という、普段では絶対に走らないようなペースで走りました。

30人くらいで走って、僕はたぶん真ん中くらいの順位だったとは思いますが、
普段の練習や本番とは違った新鮮な感覚を味わえました。

さすがに、このハイペースで呼吸が非常に苦しくなりましたがhappy01

そして夜は「懇親会」という名の飲み会。

さらに帰りの地下鉄を待っている時に、携帯電話のプロ野球速報をチェックすると、

中日3-1広島

で、ブランコと和田のクリーンアップの2発で、あの広島のマエケンを撃破し、
先発の吉見が久しぶりの勝利投手となり、さらに岩瀬が、

「7年連続20セーブ以上達成」

という、ロッテにいたコバマサの日本記録にどうやら並んだようです(たぶんです)。

そんな今日、6月25日は、長いながらも濃厚で素晴らしい1日でしたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

明日は真夏日?

札幌管区気象台のページを見たら、明日の札幌の予想最高気温が29℃ということで、
もしかしたら今年初の真夏日sunになるかもしれません。

我らが中日ドラゴンズは、今日は残念ながら負け(中日2-5横浜)。

その奪った2点が、堂上兄弟の2人のタイムリーによる2点だったのは
それなりに嬉しいところではありますがdelicious

そんなところで、午前3時20分に目覚ましをセットして、
もう少ししたら寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

デンマーク戦

現在行われているサッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

それほど熱を入れて注目しているわけではないのですが、
やはり明日(日本時間ではあさって?)の日本×デンマークは
非常に気になります。

「引き分け以上で決勝トーナメント進出」という微妙な状態ですが、
3戦目を前にこういう状態にいることが幸せですなsmile

ただ問題点は、試合開始が日本時間で午前3時30分ということ。

何とか「超早起き」にチャレンジして観たいところですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

クリーンアップ揃い踏み&岩瀬の通算252セーブ&堂上兄弟

昨年まで3連敗中だったらしい浜松での試合で、
我らが中日ドラゴンズが勝利しましたhappy01

-----
プロ野球セリーグ 浜松

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
横浜 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
中日 0 0 0 0 0 3 0 2  ×  5

勝ち:朝倉(3勝3敗0S)
セーブ:岩瀬(0勝1敗18S)
負け:三浦(3勝5敗0S)

ホームラン
 中日:ブランコ17号(2ラン)、森野9号(ソロ)、和田18号(ソロ)

兄の剛裕が1軍に昇格し、何日か前に弟の直倫が先に1軍に上がっていたので、
「堂上兄弟が同時に1軍」として少し話題となっていました。

先発したのは弟の方だけだったのですが(セカンド)、5回裏、1点差を追う
1アウト3塁のチャンスでの見逃し三振はがっかりでしたdespair

7回裏は、弟がファーストゴロ、代打で出てきた兄が三振と、
1イニングで兄弟同時アウトにsmile

試合の方は、1点差を追う6回に、森野の犠牲フライで同点に追いつき、
そしてブランコの2ランで勝ち越し。

先週の水曜日の日ハム戦、土曜日の巨人戦、そして今日と、

「ブランコの決勝ホームランで勝利」

というのがここ1週間、やたらと多い。

それは非常に嬉しいのですが、それ以外のパターンの勝利って、
2週間くらい前の楽天戦の「6-2」以来ないのかもsmile

そして8回裏は森野のソロが出て、さらにこの前の打席まで15打席(?)連続で
ノーヒットだった和田さんにも続けてホームランが。

クリーンアップの3人が揃い踏みで全員ホームランって、
今年は初だと思いますhappy01

2点リードのままだったら、9回表は頭から岩瀬だったと思うのですが、
4点リードになってセーブがつかなくなり、

「じゃあ、浅尾が2イニング目」

という起用法は、浅尾の酷使の面からちょっと疑問なのですが、
その浅尾がノーアウトから2連打をくらい、そして岩瀬が登場して、
荒木の好守備もあって、無事にゲームセット。

これで岩瀬は通算252セーブとなり、元横浜の佐々木主浩に並んで、
プロ野球史上歴代2位タイとなりました(1位は高津臣吾の286セーブ)。

まぁ、佐々木は大リーグでも149セーブをあげているようなのですが、
そこら辺の難しい話は止めておいて、単純に「歴代2位タイ」ということでsmile

さらに、先発の朝倉が7回1失点の好投で久しぶりの勝利。

そんなこんなで、午後8時30分くらいにゲームセットとなった早い試合でしたが、
なかなか見所満載でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

「2010年おたる運河ロードレース大会」の結果

昨日行われた「第22回 おたる運河ロードレース大会」の結果が、
株式会社アイ・サムのページに載っていました。

http://hisam.dtdns.net/isam/result/web/step3.asp?code=474&ass=M

ハーフ男子35歳未満の部で完走したのは161人ということで、
その中での自分の順位は、かなり大満足な位置にhappy01

1日経過して、今日は特に筋肉痛などは無かったのですが、
とりあえず昨日は「激走」したので、今週の平日はご褒美のお休みで、
今度の土・日あたりからまたランニングを再開したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

完走しました!!【2010年おたる運河ロードレース大会】

今日行われた「第22回 おたる運河ロードレース大会」で
ハーフマラソンを走ってきました。
Otaru1

昨日のブログで「狙えたら1時間30分切りを狙いたい」というような事を
書きましたが、結果は1時間30分9秒でした。
Otaru2

惜しかったと言えば凄く惜しかったような気もするし、
そうでもないと言えばそこまでそうでもないような気もするし、
複雑で微妙な揺れる乙女心ですなsmile

5キロごとの通過タイムは、

 5キロ 21分25秒
10キロ 42分40秒(21分15秒)
15キロ 1時間04秒17秒(21分37秒)
20キロ 1時間25分38秒(21分21秒)
ゴール  1時間30分09秒(4分31秒)

でした。

この大会は4年連続でハーフを走ったのですが、去年までは毎年、
微妙にコースが変わっていました。

ただ、たぶんですが、今年は去年と変更無しで同じコースだったと思います。

そして変な書き方ですが、去年と今年このコースを走って、5キロ毎の表示や
ゴール地点は、走った感覚としてはほぼ正確なような気がしましたsmile

今日は午前5時20分頃に起きて、そしてテレビをつけると、
サッカーW杯のデンマーク×カメルーンが後半ロスタイムに
入るあたりでした。

「デンマーク2-1カメルーン」だったので、とにかくデンマークに3点目が
入らないように祈っていたのですが、無事にこのまま終了して、
日本は次の試合に引き分けでもOKな状況にhappy01

そして家を6時40分過ぎ出て、無事に予定のJRに乗って、
7時40分頃に小樽駅に到着。
Otaru3

そして徒歩で移動して、8時前に会場の色内ふ頭公園に到着。

今回のハーフのスタート地点は、

・1時間20分以内
・1時間20分~40分
・1時間40分~2時間
・2時間以上

のプラカードがあって、自己申告制ではありますが、それぞれの想定タイム(?)の
場所に並ぶ方式となっていました。

僕は1時間20分~40分の場所の、真ん中からやや前あたりに並んだのですが、
スタートしてからが非常にスムーズで、この方式は非常に良かったと思いますhappy01

スタート地点に辿り着くまでは10秒前後だったと思います。

スタートしてからは、まずはおたる運河などを眺めながら、ふ頭を走ったりして、
そして5キロくらいで折り返し。

そして一旦、スタート会場の色内ふ頭公園の前まで戻ってきます。

今日は日差しは多少ありましたが、基本的には曇り空でした。
今朝の天気予報では小樽の最高気温は25℃とのことでしたが、
たしかにそれなりに暑さは感じましたが、事前に覚悟していたおかげもあってか、
心配していたほどでは無かったような気も。

それでも、走るにはやはり暑かったですがsmile

そして色内ふ頭公園の前の道路を走っていて、ここでは5キロの部の人と
途中で合流する形で混在していたのですが、

「5キロの人は右に曲がって公園でゴール、ハーフの人は直進」

というスタッフの方の指示を聞いて、

「右に曲がりたいなぁ~」

という誘惑がdelicious

ここら辺に11キロ地点の看板があったと思います。

そして今年も「ホーマックの駐車場内」を走るコースがsmile

お客さんやお店の方には申し訳ない気分になりましたが、
なかなか斬新なコース設定で楽しかったです。

この後、僕がこの大会のコースで非常に好きな、

「新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネル」

のトンネル内走行の3連発。

トンネル内の雰囲気が妙に好きなんですよね~。弱いとは言え日差しsunはあったと
思うので、それが遮られるのも、後半の疲れた身体にはありがたい。

そして、おたる水族館のところの、ぐるっと円を描くように回るアップダウンは
なかなかの難関なのですが、そこもクリアして折り返しとなって、来た道を走って、
またトンネル内走行の3連発となって、さらにホーマックの駐車場を再び通って、
そして少し走って20キロ地点の看板が。

10キロあたりで「1時間30分切りは届かなさそうだなぁ~」と思って、
そこからゴールタイムはあまり意識しないで走ったのですが、
この20キロ地点で、思っていたよりもギリギリだということを知りました。

たぶん17キロあたりからラストスパートで、少しペースを上げたつもりだったので、
それが功を奏したようで。

「たぶん10秒くらい届かなさそうだなぁ~」

と思いながらも、とりあえず一生懸命走って、色内ふ頭公園に入りました。

この公園内のグラウンドを半周ちょっと走ってゴールなのですが、
最後の直線に入って、ゴールを視界にもはっきり捉えたあたりで、
時計は1時間30分00秒に。
Otaru4

最後まで思わぬ形で楽しめましたsmile

ゴール後は、この大会名物の特製みそ汁で。
Otaru5

Otaru6

ダラダラと過ごした後、11時50分くらいに公園を出て、
小樽駅に向かう途中、小樽運河沿いをちょっと歩きました。
Otaru7

そして、午後0時24分発のJRに乗って、無事に1時30分くらいに家に到着しました。

充実した1日となって、今日はこれから1週間ぶりのビールbeerを堪能の方向でhappy01

次の大会は、3週間後の7月11日の「札幌・豊平川市民マラソン」の
フルマラソンの予定です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

「2010年おたる運河ロードレース大会」は明日!

明日は「第22回おたる運河ロードレース大会」でハーフマラソンを走ってきますhappy01

ハーフは午前9時スタートなので、朝5時過ぎに起きて、6時40分くらいに家を出て
小樽行きのJRに乗って、8時くらいにスタート会場の色内ふ頭公園に着く予定です。

今日のサッカーワールドカップの日本×オランダの試合開始が日本時間の
夜8時30分からと、早い時間帯の試合でラッキーです。

僕としては、昼間の中日×巨人で、我らが中日ドラゴンズがブランコの決勝3ランと
最後は岩瀬のお馴染みのヒヤヒヤさせながらも抑えるという勝利で、とりあえずは
今日は充分な気分ですがsmile

札幌管区気象台のページを見ると、札幌市の天気予報ですが、明日は、

「曇りのち一時雨 最高気温27℃ 最低気温17℃」 

ということで、6時~12時の降水確率は10%なので雨rainの心配はなさそうですが、
気温が高そうなのがちょっと気がかり。

これで日差しsunがあるとかなり厳しいので、何とか予報どおり曇ってほしいですcloud

この前のブログで「狙えたら1時間30分切りも狙いたい…」と書きましたが、
明日の体調と気象条件によって、スタートしてから目標を決めたいと思いますhappy01

ハーフのコースは、色内ふ頭公園をスタートして、まずは小樽築港駅の方面に
走って、そこで折り返して一旦、色内ふ頭公園の前まで戻ってきます。

ここら辺が10キロ地点で、公園には入らずそのまま真っ直ぐ進んで、そして、
去年はまさかのホーマックの駐車場内を走るというサプライズがありましたsmile

毎年微妙にコースが変わっているので、今年もこの駐車場内を走るのかは
分かりませんが。

それからおたる水族館まで行って折り返して、そして色内ふ頭公園にゴール、
そんなコースです。

この大会は10キロ、5キロ、2.5キロの部もあって、途中で他の部の
人達と合流したり、コース幅が狭い部分もあったり、その他いろいろと
「ごちゃごちゃっ」とした面があるのですが、そこら辺は気にしないことが、
この大会を楽しむ上では大切ですなsmile

コース的には好きですし、終わった後の「みそ汁」も美味なので、
今年で4年連続での大会参加となります。

明日、このブログで無事に完走報告ができるように祈っていてくださいhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

「2010年おたる運河ロードレース大会」まで3日

今度の日曜日に行われる「第22回 おたる運河ロードレース大会」の
ハーフマラソン本番まで3日となりました。

今日は、区役所に行って用事を済ませたかったので、
午後から有給休暇を取得しました。

区役所の用事はあっさりと終わり、それから地下鉄東西線の南郷7丁目駅まで
行って、白石サイクリングロードを走ってきましたrun

走った距離は片道9キロの往復18キロ。

少しだけ北広島のエルフィンロードにも入って、つかの間の札幌脱出をsmile

ハーフマラソン本番の3日前に18キロを走るのは少し距離が長過ぎかなとも
思ったのですが、せっかく有給休暇を取得して、普段は仕事をしている時間に
走っているのだから、ある程度長い距離を走らないともったいないような気分に。

でも20キロまで走るとやり過ぎのような、そんな微妙な揺れる乙女心からの
18キロ走でしたhappy01

ちなみに走ったペースは、キロ4分40秒前後でした。

もしキロ4分15秒のペースで走ると、単純計算でハーフのゴールタイムが
たぶん1時間29分40秒くらいになるはずです。

3日後の「おたる」も、狙えたら1時間30分切りを狙いたいというひそかな野望は
あるのですが、それに向けても、今日は練習としてはいいペースで走ることが
できたと思い込んでおきますhappy01

今日が最後の練習ということで、明日、明後日は走らずに休んで、
そして日曜日の本番に挑みたいと思います。

ちなみに日曜日の小樽は、ヤフーの天気予報によると、

「晴れ時々曇り、降水確率30%、最高気温25℃、最低気温17℃」

ということで、暑さがやや気にはなるところですが、
まずまずの条件となってくれそうな期待が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

中日の岩瀬仁紀が通算250セーブ達成!!

2日前に日本代表がカメルーン代表に意外(?)な勝利をあげたこともあり、
世間のスポーツの注目は、やはりサッカーのワールドカップに集まっています。

そんな中、交流戦の最後の残り1試合としてひっそりと行われた試合で、
我らが中日ドラゴンズの岩瀬仁紀が記念すべき記録達成!!!
Iwase2502

--------
プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
日ハム 2 0 0 0 1 0 0 0 0  3
中日   1 0 0 0 0 0 1 3  ×  5

勝ち:浅尾(5勝2敗1S)
セーブ:岩瀬(0勝1敗16S)
負け:加藤武(0勝1敗0S)

ホームラン
 中日:ブランコ14号(3ラン)

正直、6回までは、

「これから8回裏までに逆転して、そして9回表は岩瀬」

という展開の期待を全く持てていなかったのですが、1点差の8回裏、
2アウト1・3塁から、ブランコが打った瞬間にホームランと分かるような
起死回生の一発を左中間スタンドへ。

そして2点リードの9回表には、ここまで通算249セーブの岩瀬が登場!

1アウトから高口に2ベースを打たれ、2アウトから森本にも
右中間へと抜けそうな大きな当たりを打たれましたが、
最後はセンター大島が良く追いついて捕球して、無事に試合終了。

まぁ、ヒヤヒヤさせながら、結局はとにかくリードを保って抑えるという、
ある意味では非常に岩瀬らしいピッチングでしたhappy01

今日の試合は、3週間くらい前に富山で行われるはずだった試合が雨で中止に
なったため、その振替試合として、今日の予備日に行われたものです。

その影響が大きくあったのでしょうが、今日の観客は約6900人ということで、

「そこまで少なくなるものなのか?」

とびっくりでした。

でも、今日ナゴヤドームに行った方々は、間違いなく「勝ち組」でしたねsmile

Iwase2501

Iwase2503

通算250セーブ達成は、史上3人目とのこと
(高津臣吾:286セーブ、佐々木主浩:252セーブ)。

それと、今日初めて知ったのですが、「250セーブ」も名球会入りの条件に
なっているのですね。200勝と2000本安打だけじゃなかったようで。

●岩瀬仁紀
   1974年11月10日生(35歳) 愛知県出身
     西尾東高校-愛知大-NTT東海-中日(1999年ドラフト2位)

で、1年目から去年まで、11年連続で「50試合以上登板」という、
何年目から新記録になっているのかは分かりませんが、
その連続記録を継続中。

「12年目での250セーブ達成」とは言え、1999年~2003年は抑えに
ソン・ドンヨル、ギャラード、大塚などがいて、岩瀬は中継ぎのエースの
「セットアッパー」の役割でした(この5年間でのセーブはわずか6)。

ちなみに、この5年間で3回、「最優秀中継ぎ投手」のタイトルを獲得しています
(1999年、2000年、2003年)。

そして落合監督になった2004年から抑えになり、ここから去年までの6年間と
今年の今日までの間に244セーブを積み重ねて、見事な通算250セーブ達成
となりました(2005年、2006年、2009年に最多セーブ投手)。

イメージとしては、9回を3者凡退であっさりと締めて試合終了ということは少なく、
多くの試合でランナーを得点圏に進め、ヒット1本で同点、あるいは逆転という
ヒヤヒヤの場面を作りながら、それでも結局はかなりの高い確率で最後は抑えきる。

そんなピッチングを6年間、7年間ずっとし続けている、そのような感じですsmile

チームの成績はこれで31勝31敗の5割に。

今日は最高の夜でしたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

札幌ドームにて過酷な精神修行をしてきました

今日は札幌ドームに行って、我らが中日ドラゴンズの応援をしてきました。
Sopporodome

始球式は、スキージャンプの第一人者、岡部孝信さん(雪印乳業)でした。
さすがは現役のトップアスリートだけあって、キャッチャーミットにしっかり届く、
球速もおそらくかなり出ていたであろう見事な投球でした。
Okabe


5回裏の終了後、あの西城秀樹さんが生で「YMCA」を熱唱しましたhappy01
Hideki
「C」の途中です。

Doara 

今日は、この岡部孝信さんと西城秀樹さん以外の記憶は一切消えていますsmile
05
9回表も、当然のように三者凡退で「0」でした。

昨日まで、このブログで何回も同じような内容をダラダラと繰り返して書いてきた、

「岩瀬の通算250セーブ達成を目の前で……」

というネタも、今となっては、はるか遠い昔の想い出ですなsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

定山渓の「湯の花温泉」までランニング

今日の札幌の最高気温は27.7℃と、調べてはいませんがおそらく今年で
一番高いのではないのかと思います。

天気も快晴で、日差しsunが厳しかった。

そんな中、今日は朝8時に大通公園の西4丁目に集合して、
定山渓の「湯の花温泉」まで走ってきましたrun

途中、南区豊滝にある「道路情報館」です。ここで15分~20分ほど休んでいました。
Dourozyouhoukan

「無駄遣いの象徴」みたいな評判の建物ですが、滞在した15分~20分の間にも
トイレを利用したり自動販売機を利用したりする人の出入りが頻繁にあり、
「休憩ポイント」としては充分に機能している感じでしたsmile

政治的な真面目な話は面倒くさいのでパスの方向で。

どこら辺か忘れましたが、たぶんもう少しで定山渓という地点の写真。
Mousukosi

暑さもあってかなり厳しかったのですが、何とか無事に目的地に辿り着きました。
大通西4丁目からの距離としては、おそらく27~28キロくらいみたいです。
Yunohana1

Yunohamna2

着いたのが昼の12時30分くらいで、それからゆっくりと温泉に入って、
2階の大広間でダラダラして、午後3時発の無料送迎バスに乗って
地下鉄真駒内駅まで行きました。

それから地下鉄南北線に乗って、南7条西4丁目の怪しいお店(?)に行って、
食べ放題飲み放題で、結局そのお店に4時間滞在してしまいました。

今日は、「ランニング&懇親会」と「プロ野球観戦」の2つの選択肢があったのですが、
前者を選んで大正解でしたsmile

------
プロ野球交流戦 札幌ドーム

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日   0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日ハム  3 0 0 2 4 0 0 0 × 9

勝ち:ダルビッシュ(5勝4敗)
負け:中田(賢)(1勝2敗)

ホームラン:日ハムの選手が多数

明日は札幌ドームに行って、我らが中日ドラゴンズの応援をしてくるのですが、
今日、一番怖かったのが、現在通算249セーブの岩瀬が、

「プロ野球史上3人目の通算250セーブを達成する」

ということだったのですが、今日はあまりに予定通りの大敗delicious

明日、記念すべき瞬間を目の前で観られるかと思うと、
今夜は眠れませんなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月11日 (金)

ワールドカップ南アフリカ大会の出場国

サッカーのワールドカップが間もなく開幕だそうですが、
正直、どこの国が出場するのか、アジアの国ですら、

「韓国ってたしか出るんだっけ?あとは?」

という感じで、良く知りませんsmile

そんなわけで、せっかくの大きなイベントなので、
出場の32カ国を調べてみました。

A組
 南アフリカ(開催国)
 メキシコ(北中米)
 ウルグアイ(南米)
 フランス(ヨーロッパ)

B組
 アルゼンチン(南米)
 ナイジェリア(アフリカ)
 韓国(アジア)
 ギリシャ(ヨーロッパ)

C組
 イングランド(ヨーロッパ)
 アメリカ(北中米)
 アルジェリア(アフリカ)
 スロベニア(ヨーロッパ)

D組
 ドイツ(ヨーロッパ)
 オーストラリア(アジア)
 セルビア(ヨーロッパ)
 ガーナ(アフリカ)

E組
 オランダ(ヨーロッパ)
 デンマーク(ヨーロッパ)
 日本(アジア)
 カメルーン(アフリカ)

F組
 イタリア(ヨーロッパ)
 パラグアイ(南米)
 ニュージーランド(オセアニア)
 スロバキア(ヨーロッパ)

G組
 ブラジル(南米)
 北朝鮮(アジア)
 コートジボワール(アフリカ)
 ポルトガル(ヨーロッパ)

H組
 スペイン(ヨーロッパ)
 スイス(ヨーロッパ)
 ホンジュラス(北中米)
 チリ(南米)

ということで、それぞれの組の一番上に書いてあるチームが
おそらく「シード組」で、順当にいけば決勝トーナメント進出の
可能性が高い強豪なんでしょうね。

「岡田はダメだ。俊輔は予備登録メンバーと交代させろ。カズを呼べ。」

とかのコメントをネット上のあちこちで目にし続けて、逆に日本代表を
強く応援したい気分になってきましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

北海道大学がベスト8へ-全日本大学野球選手権

「第59回 全日本大学野球選手権大会」

が開催中ですが、全国の代表26校中、北海道地区からは北海道大学と
函館大学の2校が出場。

1回戦は、

北大 3-1 四国学院大
函大 2-1 東亜大

でともに初戦突破。

そして今日行われた2回戦では、

北大 3-1 広島経済大
函大 2-3 東洋大

という結果に。

函大の相手の東洋大は、今日の新聞によると「優勝候補」らしいのですが、
その相手に1点差での惜敗だったようですね。

そして北大は今日も勝って、これで初のベスト8進出happy01

北海道の大学がベスト8に進出するのは、2003年の札大以来7年ぶりとのこと。

それと、これが今日1番書きたかったネタなのですが、北大の初戦の勝利について、
国公立の大学がこの大会で勝利したのは、2004年の北九州市立大学以来とのこと。

北九州市立大学出身と言えば、中日ドラゴンズのピッチャーの中田賢一なのですが、
2004年は中田が4年生の時。

調べてみると、1回戦で創価大学と対戦して7-3で勝利していて、
中田は先発して完投勝ちしたようです。

「それ以来」と言われると、中日ファンと北海道民の両方の立場から、
何となく妙に嬉しい気持ちがhappy01

北大の次の試合は、八戸大(北東北)と明日の午前11時30分から神宮球場で。
「目指せベスト4!」と、とりあえず書いておきますsmile

*6月11日(金) 午後8時追記

準々決勝
 北大 3-4 八戸大(延長14回サヨナラ)

という結果でした。最後はポール直撃のサヨナラホームランだったようで。
勝ってほしかったけど、スコアを見ただけでも涙が出そうになりました。

「YOSAKOIなんかどうでもいいから、この試合のダイジェスト放送をしろよ」

とNHKに抗議したい気分とか、そんなことは書きませんが
smile

------
●プロ野球交流戦 Kスタ宮城

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 3 1 0 1 1 0 0 0 1 7
楽天 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

勝ち:チェン(4勝5敗0S)
負け:井坂(1勝1敗0S)

ホームラン
 楽天:山崎14号(2ラン)

そんなところで、3連敗でストップ。

現在のところ通算249セーブの岩瀬にセーブがつかないような展開になり、
250セーブの記録達成は、週末の札幌ドームに無事に持ち越し。

8回裏、久本がタケシ選手に2ランを打たれて4点差になった瞬間は、
やや危険な雰囲気を感じましたがsmile

札幌ドームの試合は土・日なのですが、観に行くのは日曜日だけなので、
是非とも土曜日を大勝して(日ハムの先発はダルビッシュ?)、
そして日曜日に記録達成の瞬間を目の前で観るという、そんな流れでhappy01

ダルビッシュの状態が分からないのですが、
一応は土曜日という予想もあるようなので、

土曜日:中田(賢)-ダルビッシュ
日曜日:山井-武田(勝)

になるのでしょうかね。もしこれだと、土曜日は「2005年プロ入団組」、
日曜日は「昭和53年生まれ組」の両先発になりますdelicious
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

平日の18キロのランニング

今日は仕事が終わった後、職場の人と2人である場所に行って、
1周約6キロのコースを3周、計18キロほどを走ってきましたrun

だいたいのペースがおそらく、

1周目 6分00秒/キロ
2周目 5分20秒/キロ
3周目 4分50秒/キロ

という感じの、良く言えば「ビルドアップ走」でしたsmile

予想外の、雨rainが降ったり止んだりの中での練習となりましたが、
6月20日の「おたる運河ロードレース大会」のハーフマラソンまで
10日くらいとなった今日、18キロを走ることが出来たのは
大きかったと思い込んでおきますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

今度の日曜日は札幌ドームへ野球観戦(中日×日ハム)

今週末の土・日は、プロ野球の交流戦で、我らが中日ドラゴンズが
北海道日本ハムとの対戦で札幌ドームに来ます。

土曜日はランニングの行事があるので、日曜日だけ行く予定です。
Draticket

いろいろと事情があり、内野自由席(2000円)にしました。

内野自由席は1塁側の、たぶん1塁ベースのあたりから外野方向のポール際までの
自由席となっているはずです。

一応は1塁側は「ビジター側」ではあるのですが、やはり周りは日ハムファンが
大半だと思うので、得点が入った時やピンチを凌いだ時には、

「心の中で力強くガッツポーズ」

をすることを心がけたいと思いますsmile

それぞれのチームの先発を考えてみると、まずは日ハムは昨日まで

 1日(火) ケッペル
 2日(水) 増井
 3日(木) -
 4日(金) 金森
 5日(土) 糸数(本来は中6日でダルビッシュの予定だった?)
 6日(日) 武田(勝)
 7日(月) ケッペル

で、今日は試合が無いので、明日からの札幌ドーム4試合は(ヤクルトと中日)、

 9日(水) 増井
10日(木) ダルビッシュ(?) 
11日(金) -
12日(土) 糸数
13日(日) 武田(勝)

でしょうかね。ダルビッシュがどういう状態なのか分からないので10日の
先発は「?」ですが、とりあえず日曜日は、この前の試合で完投勝利の
武田(勝)の可能性が、今のところ高そうですね。

一方、中日の昨日までは、

 1日(火) 川井
 2日(水) バルデス
 3日(木) -
 4日(金) チェン
 5日(土) 中田(賢)
 6日(日) 山井
 7日(月) 川井

で、明日からは宮城での楽天戦。

 9日(水) バルデス
10日(木) チェン
11日(金) -
12日(土) 中田(賢)
13日(日) 山井

でしょうかね。とりあえずは「軽症だけど大事をとって」ということで2軍落ち
しているらしい吉見が、13日に戻ってきて先発の可能性もあるのかな?

昨日も書きましたが、明日からの楽天2連戦と土曜日の日ハム戦は
セーブがつかないような展開の大勝で3連勝して、そして観戦に行く
日曜日は接戦となって、

「岩瀬の通算250セーブ達成」

を目の前で観るという、そんな方向でsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

「2010年札幌・豊平川市民マラソン」に申込み

ここ何日間か、ファンモン(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)の
「桜」という曲のサビの、

♪ありがとうの~涙が今~この胸にあふれているよ~♪

の部分が、妙に頭の中で鳴り響き続けていますhappy01

さて、それは今日これから書くネタとは全く関係ないのですが、
1週間ほど前のブログで、

「6月20日の『おたる運河』と8月29日の『道マラ』の間に、大会を入れるかどうか」

で悩んでいるということを書きました。

結局、その結論は、

「7月11日の『第5回札幌・豊平川市民マラソン』のフルマラソン」

ということで、RUNNETから申込みをして、今日の帰り道にローソンでお金を
払ってきました。
Toyohiragawa

8月29日の北海道マラソンのフルが超メインイベントなのですが、
毎年、7月中旬頃に「30キロを越える長距離練習」を行うのが
恒例行事となっていました。

練習で例えば34キロ走るよりも、本番で給水ポイント付きで42キロを走るほうが、
何となく精神的にもちょっとだけ楽なような気もして、この大会に決めました。

この大会は初めてなので、コースも、とりあえずひたすら豊平川河川敷を
走るらしいということで、その河川敷をどのように42キロ走るのかは
分かりませんが、洞爺湖や道マラと比べて少し気楽な気分で走ることが
出来ればいいかなと思っていますhappy01

これで申込みを済ませた大会は、

6月20日(日) おたる運河ロードレース大会(ハーフ)
7月11日(日) 札幌・豊平川市民マラソン(フル)
8月29日(日) 北海道マラソン(フル)

です。これがシーズン中盤の大会というところになりそうですdelicious

--------
●プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
西武 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4
中日 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3

勝ち:大沼(1勝0敗0S)
セーブ:シコースキー(0勝2敗20S)
負け:岩瀬(0勝1敗15S)

ホームラン
 西武:上本2号(ソロ)、中日:ブランコ13号(ソロ)

この試合の前まで通算249セーブの岩瀬が、地元ナゴヤドームの試合で、
3-1の2点リードの9回裏に登板。

「史上3人目の通算250セーブ」

の舞台は完全に整ったはずだったのですが、今シーズン初の
リードを守りきれない結果となってしまって、まさかの逆転負けsad

次からの水曜日・木曜日、そして土曜日の試合は中日が大勝するような展開で、
そして感染観戦予定の日曜日の札幌ドームでの試合で、見事に通算250セーブを
達成してくれるという未来予想図が、僕には幻覚としてはっきりと見えますなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

「2010年おたる運河ロードレース大会」のゼッケン引換証

昨日、家に、2週間後の6月20日(日)に行われる、

「第22回 おたる運河ロードレース大会」

のナンバーカード(ゼッケン)引換証のハガキが無事に届きましたhappy01

今年でこの大会は、4年連続でハーフマラソンを走る予定となります。
Otaruhagaki

「ハーフ男子35歳未満の部」で走ることができるのも来年までなので、
今のうちに「超若者」の気分を満喫しておきたいですなsmile

この大会に関しては、いろいろな評判をあちこちで耳にしますが、
僕としては特にハーフの後半の、

「新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネル」

のトンネル内の往復がとにかく魅力的なので、他の細かいことはどうでもいいですsmile

そんなところで、完走した後の名物の「みそ汁」を楽しみに、ボチボチと本番に向けて
練習していきたいです。

ちなみに今日は、午前中にNHK教育テレビの将棋トーナメントで、
現在、将棋界で最大の若手ホープと言ってもいい戸辺誠6段の思わぬ
1回戦敗退を見た後、正午過ぎから、13キロほどのランニングに
出かけました。

まずまず順調に走ることはできたのですが、今日の札幌市の最高気温は
22.9℃ということで、いくら北海道といえども、これからの時期は「暑さ」も
気にしながらのランニングとなりそうですねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

2週間ぶりのランニング

5月23日(日)の洞爺湖マラソンでのフルマラソン本番以来、
今日は2週間ぶりにランニングをしてきました。

時間は1時間ちょっと、距離はおそらく12キロほどだったと思います。
2週間ぶりの走りでしたが、まずまず順調に走ることができた感じでした。

下の写真に載せたように、おそらくソメイヨシノよりも遅い時期に咲く、
里桜系の薄いピンクの花が敷き詰められたようなコースも一部にありましたhappy01

Sakuraroad1

Sakuraroad3

Sakuraroad2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まさかのプロ初ホームラン&1500安打&1000試合出場

我らが中日ドラゴンズ、久しぶりの連勝ですhappy01

------
プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ロッテ  1 0 1 1 0 0 1 0 2 6
中日   0 1 0 2 3 0 0 1 ×  7

勝ち:中田賢(1勝1敗0S)
セーブ:岩瀬(0勝0敗15セーブ)
負け:吉見(2勝1敗0S)

ホームラン
 中日:中川1号(2ラン)、ロッテ:金泰均14号(2ラン)

4回表あたりから観ていたのですが、ブランコのエラーによって失点して
1-3になってしまい、イヤな感じ。

しかし4回裏、大げさに書くと、今年最もびっくりした瞬間となるような出来事がsmile

1アウト2塁で、バッターボックスには今シーズン1軍初登場の中川裕貴が。

中川は中京高校からドラフト1位入団して今年7年目の、現在は外野手。
これまでの1軍でのヒットは、昨シーズンのボテボテの内野安打の1本だけ。

その中川が、ナゴヤドームの左中間スタンドに同点ホームラン!!
プロ2本目のヒットが、貴重なプロ初ホームランとなる同点2ランに。

打った瞬間、「えっ!!」とホントにびっくりしましたsmile

その次の回に勝ち越して、結局は7-6での勝利。

3点リードの9回表、岩瀬が2アウト1塁から金泰均に2ランホームランを
打たれましたが、あの場面はホームランも四球も基本的には同じなので、
特に何も問題はありません。

次の代打青野を見逃し三振に打ちとって、これで今シーズン15セーブ目。

これで通算249セーブとなり、250セーブの大台まであと1つとなりましたhappy01

今日の試合はプロ初ホームランの中川だけではなく、
なかなかの記録ラッシュの1日となりました。

まずは井端の通算1500安打。先月の誕生日で35歳になりましたが、
まだまだ活躍し続けて、是非とも2000本までいってほしい。

そして森野が通算1000試合出場。今シーズンは現在のところ首位打者。
井口獲得に失敗した1996年シーズンオフのドラフト2位で入団。
1位が小山、3位が幕田だったこの年のドラフトは妙に懐かしいsmile

今日のデーゲームの5試合では、セリーグで勝ったのは中日だけ。

交流戦がスタートして6年目で、6試合フルに行われた中での「1人勝ち」は
もしかしたら今まで1回もないかもしれないので、夜の巨人-日ハムに大いに
期待したのですが、昨日に引き続いてムカつくような試合展開。

今日はてっきり中6日でダルビッシュだと思っていました。来週の土・日の
札幌ドームでの中日戦、土曜日は行けなくて日曜日だけ行く予定なのですが、
その日曜日の日ハムの先発ピッチャーが誰になるのか気になるところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

今日はサヨナラ勝利!!

我らが中日ドラゴンズ、今シーズン早くも7回目のサヨナラ勝利!!
サヨナラ負けも既に5回くらっていますがsmile

-------
●プロ野球交流戦 ナゴヤドーム

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 計
ロッテ  0 0 1 0 0 1 0 2 0   0 0  4
中日   1 0 0 0 0 0 0 3 0  0 1  5×

勝ち:平井(1勝1敗0S)
負け:小林宏(1勝1敗11S)

ホームラン
 ロッテ:大松11号(ソロ)、中日:和田17号(ソロ)

1点負けている8回表、2アウト2・3塁のピンチ。

ここで今江が打ったライトへの大きな当たりを、セサルが追いつきながらも
捕球することができず、さらにその際にフェンスに右肩を強打して負傷退場。

3点差にリードは広げられるは、この前の試合で4安打を打つなど、
ようやくバッティングに明るい兆しが見えてきていたセサルが負傷するはで、
これ以上ないくらいに沈んだ気分にsad

しかし直後の8回裏、2アウト1塁・2塁で、和田さんが起死回生の同点3ラン!!

「8回裏、ここでホームランが出たら同点だよなぁ~」

という場面がここ2試合連続で出現して、そして2試合連続で
本当にホームランが出るという、そんな展開にhappy01

9回表は岩瀬を使ってゼロに抑え、そして9回裏、
2アウト満塁のサヨナラのチャンス。

ここでブランコの当たりは、打った瞬間は「サヨナラか!」と手を叩きかけたのですが、
レフトの大松がギリギリのところでキャッチ。延長戦に突入。

ここまで中日は、浅尾、高橋聡文も使っていて、残るピッチャーは平井の他は、
全て1軍に上がってきたばかりの岩田、高島、久本、山井。

岩田、高島は1軍登板経験無しで、久本は3年ぶり(?)の1軍。
山井は明日の先発(?)。

まずは当然のように平井の登板となりましたが、正直、不安で一杯でした。
しかし、10回、11回と2イニングを無失点。今日のMVPに選んでもいいくらいhappy01

2日前のオリックス戦でも、同じような場面で同じように2イニングを無失点に。
いい働きをしています。

そして11回裏。

1アウトから荒木がサード前のボテボテの内野安打で出塁。
大島がバントで送って、次の森野の時にワイルドピッチがあり、
結局森野は敬遠気味の四球で、ブランコ勝負。

2ストライク2ボールとなり、そして歓喜の時がhappy01
64bura

ブランコが打った打球は三遊間を抜けて、見事サヨナラ!!
64bura2_2

「悩める主砲」のブランコが打ったのは、非常に価値があると思いたいですhappy01

ここまで「自責点0.00」のロッテの守護神、小林宏を打っての勝利でした。

あと、パリーグはロッテファンの僕にとっては、先発した大嶺祐太の
5回1失点の結果は収穫。

たぶん明日の先発ピッチャーは、ロッテは吉見。中日は中5日で中田賢一か、
それとも山井か。

横浜時代の吉見からは中日は結構打っていたイメージはあるのですが、
はたしてどうなるか。明日は短時間の試合での勝利を期待しますhappy01

本来は今日は、2日前のオリックス戦の、7点リードからの大逆転負けを
くらったことに関連して、

・7点リードをひっくり返されたのは、10年前の円山球場でのヤクルト戦以来らしい。
 その試合は僕は円山の外野席で観戦していた。

・その前の年は、同じく円山で、横浜相手に5点リードから9回裏に一挙6失点で
 サヨナラ負け。その試合も僕は同じように円山の外野席で観戦していた。

・2日前の試合について、オリの北川が満塁ホームランを打ったのは9年ぶりらしい。
 その9年前というのは、あの伝説の「代打逆転サヨナラ優勝決定満塁ホームラン」。

・「8回裏に、7点負けの状態からまず3点を返して、さらに満塁ホームランで同点」
 という試合は、中日も19年前に攻撃側でやっていて、相手は巨人で、その時の
 巨人のピッチャーは、今も日ハムの現役で1軍で活躍中。

などなどのネタをメインに書くつもりだったのですが、
思わぬ嬉しいサヨナラ勝利の試合となりましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

日曜日は「第30回千歳JAL国際マラソン」

というタイトルを書くと、僕が3日後に走るみたいに思われるかもしれませんが、
この前の洞爺湖マラソンから2週間後ということもあり、申し込みはしませんでした。

今日の北海道新聞の朝刊に特集記事が載っていたので、
何となく今日の話題にしてみたくなりましたhappy01
------
●エントリー最多 1万1198人

大会の魅力は「大自然」だ。フルマラソンは走路の4分の3が未舗装の林道。
「若葉にあふれた『森林浴ラン』が楽しめるのは、全国でも珍しい」と大会事務局は
胸を張る。

フル、ハーフ、10キロ、3キロ、5キロウォーキングと、種目は豊富だ。
------

昨年、一昨年と大会当日は雨で、足元がかなり大変な状態だったみたいですが、
今年は今のところ、天気予報では降水確率は低いようでsun

それにしても、エントリー数が約1万1千人とは凄いですね。もしかしたら今年は
札幌マラソンを上回る可能性も。

もし参加していたら、人の多さで「人酔い」しそうですなsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

7月のランニング大会

10日ほど前の「洞爺湖マラソン」のフルが、今シーズン序盤の
非常に大きな大会だったのですが、それが終わって一休みで、
これからはシーズン中盤というところです。

今のところ次に申し込んでいる大会は、6月20日の「おたる運河ロードレース」の
ハーフなのですが、さらにその次となると、「おたる」から2ヶ月ほど後の8月29日の
「北海道マラソン」のフルとなります。

昨日までは、この「おたる→道マラ」のつもりだったのですが、
今日になってから何となく、

「7月にも1つ、何か大会に出たいかも」

と思ってしまいました。

そんなわけで候補は、

7月 4日 ピンネシリ登山マラソン(新十津川町)→山頂コース(42キロ)か30キロ
7月11日 札幌・豊平川市民マラソン→フル
7月25日 釧路湿原マラソン→30キロ

あたりでしょうか。

「ピンネシリ」は去年まで3年連続で走っていて、僕のかなりお気に入りの大会
なのですが(3年前と2年前は30キロ、去年は山頂コース)、去年の山頂コースを
完走した満足感とあのタフ過ぎるコースにより、今年は見送りにしようと思っては
いました。

7月11日の「札幌・豊平川市民マラソン」でフルを少しだけ気楽な気持ちで
走ってみるのも、「北海道マラソンに向けて」という視点からもいいのかも。

そして7月25日の「釧路湿原」も、前から1回走ってみたいと思っていて、
30キロという距離も僕にとっては魅力的。でも遠い……。

そんなこんなで、締め切りがピンネと釧路が今週の金曜日(4日)、
豊平川が来週の金曜日(11日)と迫っているのですが、
ギリギリまでもう少し悩みたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9回表に逆転!

今日は、関西地方に住んでいる中日ドラゴンズファンの人が、
神戸のスカイマークスタジアムに試合観戦に行ったとのこと。
61kobe_2   61kobesyuuryougo 

-----
プロ野球交流戦 スカイマークスタジアム

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
   中日 0 0 0 0 0 0 1 1 2 4
オリックス  0 0 0 0 3 0 0 0 0 3

勝ち:浅尾(4勝2敗1S)
セーブ:岩瀬(0勝0敗14S)
負け:レスター(0勝2敗10S)

ホームラン
 中日:和田15号(ソロ)

5回裏に3点を先制されながらも何とか1点差まで迫り、9回表の最後の攻撃。

井端、セサルが連続四球、小池がバントで送って1アウト2・3塁。
ここで谷繁が逆転の2点タイムリー!!

9回裏は岩瀬が、先頭バッターにヒットを打たれ、バントで送られて
1アウト2塁のピンチを招きながらも、後続を抑えてゲームセットという、
極めていつも通りの岩瀬の締め方で勝利happy01

我らが中日ドラゴンズはこの前の試合まで3連敗。交流戦独特の日程間隔や
雨の中止もあって、実は8日ぶりの久しぶりの勝利。

先発の川井に結局黒星がつかなかったのは、昨年途中までの「不敗神話」を
思い出しました。

完全に負けそうな試合を逆転勝ちしたのは大きいので、
是非とも明日も勝利をhappy01

他の球場の結果は、まずは、

ロッテ 11-0 巨人
楽天 3-2 阪神

と、セリーグの上位2チームが負けたのが嬉しい。

楽天は鉄平のサヨナラヒットで勝利。鉄平はこの前の巨人戦でもサヨナラヒットを
打っていましたし、本当の意味での(?)古巣へのありがたい恩返しですなsmile

その他の試合の結果は、

西武 2-6 横浜
日ハム 4-5 広島
ソフトバンク 3-4 ヤクルト

でした。

ソフトバンクを2年前に戦力外となってヤクルトに入団した吉本が福岡の地で、
古巣相手にあのエース杉内から貴重な同点タイムリーを打つという、ちょっと
胸キュンとなるような話題も。

そんなところで、今日は素敵な夜となりましたdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »