« フルマラソンから2日経過 | トップページ | サッカーワールドカップ南アフリカ大会の日程 »

2010年5月26日 (水)

過去の名選手を振り返る【1】~郭源治(中日ドラゴンズ)

先ほどランネットを見てみたら、この前の洞爺湖マラソンの結果が載っていましたね。

http://runnet.jp/record/userRaceTopShowAction.do?raceId=12789

僕の順位は「フルマラソン男子39歳以下の部」の完走者の中で、
上からちょうど20%の好位置でしたhappy01

さて、久しぶりにランニング以外の話題で。

先週、今は関西地方に住む中日ドラゴンズのファンの人から、

「名古屋出張の夜に、郭源治が経営する店に行ってきた」

とのメールが。

Kukanomise_3

「郭源治 台南担仔麺(かくげんじ たいなんたーみぃ)」というのが
お店の名前ということです。

そんなわけで、これから不定期に、

「過去の名選手を振り返るシリーズ」

というのを始めようと思いつきました。もしかしたら今日が
最初で最後かもしれませんがsmile

そんなわけで記念すべき第1回目は、中日ドラゴンズの
歴史に残る名投手である、台湾出身の郭源治で。

僕が中日ファンになったのは小学校2年生か3年生のあたり。
今からもう25年ほど前になります。

そんなわけで、ファンになってから最初にセリーグ優勝した1988年というのは、
今でも強く印象に残っています(当時小学校6年生)。

この年、抑えピッチャーで7勝6敗37セーブという成績で大活躍し、
セリーグのMVPを獲得したのが郭源治。

躍動感溢れるピッチングとか、勝利を決めた瞬間のガッツポーズとか、
子供心にもその格好良さに憧れを抱きましたhappy01

ちなみにこの年の「44セーブポイント」というのは、1998年に横浜の
佐々木主浩に抜かれるまで、日本記録だったとのことです。

それと、ナゴヤ球場の巨人戦で、郭源治がサヨナラホームランを打った試合も
記憶にあったのですが、調べてみたら、これもこの1988年のことだったのですね。

成績を調べてみると、1981年に入団して、当初は先発で、
1983年~1986年までは4年連続で二ケタ勝利。

そして1987年から抑えに転向。

それから1990年に再び先発に。

だいたいこんな感じだと思います。

1990年代は、開幕当初は先発ながらも、チームの抑えピッチャーが定まらずに、
途中で抑えに移った、そんなシーズンが2~3回ほどあったような記憶があります。

そして忘れていたのですが、1994年(あの「10.8」があった年)には、
最優秀防御率のタイトルを獲得。

結局、ナゴヤドームが出来る前の年の1996年に日本球界を引退。
翌年のナゴヤドームでのオープン戦で引退試合となりました。

日本での通算成績は、16年間で106勝106敗116セーブ。

「郭源治=抑え」というイメージがどうしても強烈にあるのですが、
先発、抑えの両方で活躍し続けた、記録にも記憶にも残る選手でしたhappy01

同じ台湾出身で、郭源治と同時期に活躍した郭泰源(西武)、荘勝雄(ロッテ)、
この3人を合わせての「二郭一荘」という呼び方も、今ネットで調べていたら
目にして、非常に懐かしいsmile

そんなところで、

「過去の名選手を振り返るシリーズ」

第1回目は、我らが中日ドラゴンズから、郭源治について書いてみました。

*追記
  本日のプロ野球の結果

巨人2-10ソフトバンク
ヤクルト2-3楽天
横浜1-8オリックス
阪神1-3西武
広島1-9ロッテ

(中日×日本ハムは雨天中止)

というわけで、パリーグの全勝、セリーグの全敗。

今日試合の無かった中日ファンにとっては、上位2チームの巨人、阪神が
ともに負けてくれたのは非常に嬉しいdelicious

|

« フルマラソンから2日経過 | トップページ | サッカーワールドカップ南アフリカ大会の日程 »

コメント

こんばんは

リリヲーも最近、名古屋に出張に行ったなぁ~www

郭源治はリリヲーが中日ファンになったきっかけを与えてくれた方なので、とても印象に残っています。
当時の監督でもあった星野の英断(?)によって実現した「抑え郭」。数年の間は機能しましたが、結局は先発が足りなくなり、先発に戻すという結果に…。
ずっと先発だったら、150勝はしていたでしょうね。

ナゴヤドームの杮落しで、引退試合を行ったものも印象に残っています。

>もしかしたら今日が、最初で最後かもしれませんが

最後と言わずに、せめて「ゴメス」くらいは書いてください♪

投稿: リリヲー | 2010年5月29日 (土) 00時11分

>リリヲーくん

こんにちは~。

リリヲーくんも最近、名古屋出張に行ったんだ。それは偶然smile

あの「世紀のトレード」で牛島が抜けたこともあって、
郭が抑えになったのかな。僕も子供心に「抑え郭」は
非常に印象に残っているdelicious

ナゴヤドームの杮落としでの引退試合で、イチローと対戦できたのも
上手い巡り合わせだったね。

次回があるとすれば、中日からは宇野、立浪、ゴメス、今中、関川、
ここら辺が候補かな。

井上は番外編の扱いでsmile

投稿: しげた | 2010年5月29日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/48462421

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の名選手を振り返る【1】~郭源治(中日ドラゴンズ):

« フルマラソンから2日経過 | トップページ | サッカーワールドカップ南アフリカ大会の日程 »