« 自己ベスト!!-2010年洞爺湖マラソン | トップページ | フルマラソンから2日経過 »

2010年5月24日 (月)

「2010年洞爺湖マラソン」の完走記のようなもの

今日は有給休暇を取得して休みでした。

昼前から雨が降り出したこともあって、1日中家の中でゴロゴロしていますhappy01

さて、昨日の「第36回洞爺湖マラソン」を振り返ってみたいと思います。

朝は2時55分に目覚まし時計をセットしたのですが、無事に一発で起床。
Touyako1

朝の3時はさすがに外は暗かったですが、家を出た4時過ぎには
かなり明るくなっていました。

そして待ち合わせ場所に無事に到着、と書きたいところですが、
残念ながら5分ほど遅刻。昨日の最大の反省点ですcoldsweats01

それから一緒に参加する方の車に乗せていただき、計3人で移動し、
たしか7時20分くらいに洞爺湖の会場に着いたと思います。

Touyako2
受付です。

Touyako3

スタートは9時40分なので時間を持て余すかなと思ったのですが、
ぶらっと散歩して写真を撮ったり、ゼッケンを付けたり着替えをしたりして
準備をしていたら、思いのほか早く時間が過ぎていきました。

スタート地点には15分くらい前に到着。そしていよいよスタート。

スタートラインに辿り着くまで、手元の時計では57秒。
去年とたぶん同じくらいなので、まずは想定通りです。

この大会は、基本的には洞爺湖畔を反時計周りに1周するコースなのですが、
1周が37キロくらいのようなので、最初の5キロは「微調整」があります。

スタートして、時計回りに走って、途中で折り返して1回スタート地点に戻ってきます。
ここら辺が5キロ地点になって、ここからいよいよ湖畔の1周が。

5キロ通過 24分40秒(スタートのロスタイム57秒を含む)

スタートしてみて、不安だった右脚の状態もそれほど気にならないような感じで、
それなりに体調も良さそうな気がしたので、前半から積極的に行こうかなという
気分になったのですが、5キロの通過タイムはロスタイムを考えるといい感じ。

この5キロの通過タイムを見て、

「キロ4分40秒ペースで、5キロで23分20秒」

というのを一つの目安にしようと思いました。

戻ってきたスタート地点付近では応援の声援も多く、いい気分になって、
そして湖畔沿いの車道へと出ていきました。

僕は植物関係が疎いので、この木が桜なのか梅なのか、それとも別の木なのか
よく分からなかったのですが、綺麗に花を咲かせている木が結構ありましたhappy01

10キロ通過 47分37秒(この5キロは22分57秒)

「ちょっと早過ぎるかなぁ~」と不安にも思ったのですが、
とりあえずこのリズムで押していくことに。

13キロか14キロあたりの、おそらくこのコースで一番激しい登りも
自分としては落ち着いて走ることが出来たつもりで、なかなか順調。

15キロ通過 1時間11分00秒(この5キロは23分23秒)

最初から思いのほか暑さを感じたので、給水地点では水は頭からかぶって
スポーツドリンクを補給。そしてスポンジ地点ではスポンジを後ろの首筋の
あたりに当てる、それを欠かさずに行いました。

晴れていたので、洞爺湖畔の景色は綺麗でした。

20キロ通過 1時間34分15秒(この5キロは23分15秒)

1キロごとのラップは4分40秒前後をキープ。脚はまだ余裕がある感じ。

25キロ通過 1時間57分25秒(この5キロは23分10秒)

この25キロを過ぎたあたりから、さすがに脚が辛くなってきた感覚が。
30キロ前の「夕日が見える渚公園」というロマンチックな名前の看板が
何となく妙に印象に残っていますhappy01

30キロ通過 2時間20分32秒(この5キロは23分07秒)

29キロから30キロの1キロのラップタイムが「4分29秒」と、
記録上では昨日の最速ラップ。

「あぁ~、去年もたしかこの1キロでやたらと早いタイムが出たんだよなぁ~」

と思い出しました。たぶんここは距離表示がズレている区間だと思いますdelicious

脚が辛くなってきたとは言え、ここまでは何とかイーブンペースを保っていました。
イーブンペースで走ると、前を走っている方々を着々と抜くことが出来るわけで、

「僕って天才かも?」

とかの調子に乗った勘違いの気分に浸れたのですが、
35キロ手前あたりからのペースダウンで、1回抜いた方々に
今度は僕の方が着々と抜かれていくことにsmile

たぶん33キロから34キロの間だったと思いますが、

「あぁ~、これは完全に脚にきちゃったなぁ~」

という、結構はっきりとした瞬間がありました。

33~34キロ 4分46秒
34~35キロ 4分58秒
35~36キロ 5分05秒

と、残念ながらペースダウンdelicious

35キロ通過 2時間44分31秒(この5キロは23分59秒)

ここら辺からは、思いのほか強い向かい風もあって、

「あぁ~、歩きたい~」

という誘惑との闘いでしたが、ひそかに狙っていた3時間20分切りは
かなり難しくなったとはいえ、自己ベストの3時間26分16秒の更新は

「大幅にペースダウンしても、とにかく歩かなければ更新は出来るはず」

というのは何とか判断できていたので、それを支えにとにかく走り続けました。

給水地点やスポンジ地点の高校生スタッフの声援は、
前半から最後までとにかく力になりましたhappy01

40キロ通過 3時間10分29秒(この5キロは25分58秒)

大きく失速したと言えばそうですし、まぁ、何とか粘ってまとめたと言えば
そうなのかもという感じですsmile

40キロの手前からは、序盤の「距離調整」で1回走ったコースを
再び走ってゴールすることに。

そして、40キロ地点を過ぎてからは最後の難関の登り坂があります。

序盤の1回目ではその「登り坂」の存在すら記憶にないくらいでしたが、
さすがに40キロを走ってきた後では、1回目に走ったのと同じコースとは
思えない感じでした。

その登り坂を何とか登って、そして下りになって、
いよいよ「残り1キロ」の看板がhappy01

この看板は、ゴール地点の湖畔に向かうために左折するあたりに
ちょうどあるのですが、左折してからの急な下り坂はなかなかの
難関ポイント。気をつけないと脚がもつれそうになる感じでした。

Touyako4

このゴール地点っぽいものは割と早い段階から見えるのですが、
それがなかなか近づいてくれない感覚で、もどかしい気分になりましたsmile

そして無事にゴール!!

ゴール 3時間21分42秒(40キロ地点からゴールまで11分13秒)

自己ベストを4分半ほど更新ということで、自分としては

「慎重かつ大胆に」

という感じで、前半から落ち着きながらも積極的に走ることが
できたつもりなので、大満足です。

終盤のペースダウンは、3ヵ月後の北海道マラソンの「課題」としておきますdelicious

昨日は、一緒に行動した方が所属しているランニングサークルの他の方々とも
お話をする機会もあって、それらも含めて、充実した1日となりましたhappy01

今日は、両脚の太ももの前面を中心とした筋肉痛に苦しめられていますが、

「筋肉痛が翌日に出る」

というのは嬉しい現象でsmile

去年の10月中旬の北海道ロードレースのハーフ以降、11月一杯までは
全く走らなかったのですが、「洞爺湖に向けて」ということで、去年の12月から
ランニングを再開しました。

冬の間は週1ペースなので偉そうには書けないのですが、
やはり冬の「雪道ランニング」はきつい面もありました。

一応は半年の準備期間によって素晴らしい結果が出てくれたと思っておいて、
しばらくは余韻に浸って、調子に乗った気持ちで過ごしたいと思いますsmile

ひとまずは「燃え尽き症候群」の気分を満喫する期間として、
走るのは一休みにする予定です。

4週間後の6月20日(日)に「おたる運河ロードレース大会」のハーフがあるので、
ランニング再開は、2週間後の週末あたりにしたいと思います。

|

« 自己ベスト!!-2010年洞爺湖マラソン | トップページ | フルマラソンから2日経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/48447369

この記事へのトラックバック一覧です: 「2010年洞爺湖マラソン」の完走記のようなもの:

« 自己ベスト!!-2010年洞爺湖マラソン | トップページ | フルマラソンから2日経過 »