« 「2010年洞爺湖マラソン」の申し込み開始 | トップページ | みたらし小餅 »

2010年3月 2日 (火)

将棋界の一番長い日

今日は、日本中の人々(のほんのごく一部)が大注目の、

「A級順位戦最終局~将棋界の一番長い日~」

の日です。

名人挑戦者(もしくはプレーオフ)が決定し、そして降級者も決定するという、
そんな特別な1日。

今日の対局は、

三浦弘行(6勝2敗) × 郷田真隆(4勝4敗)
丸山忠久(5勝3敗) × 佐藤康光(1勝7敗)
谷川浩司(5勝3敗) × 高橋道雄(5勝3敗)
木村一基(4勝4敗) × 井上慶太(3勝5敗)
森内俊之(4勝4敗) × 藤井猛(3勝5敗)

ということで、挑戦者争いは三浦八段が単独トップで、今日勝てば
すんなりと決定。

しかし三浦八段が負けると、5勝3敗の丸山九段、谷川九段、高橋九段に
チャンスが生まれ、6勝3敗で2者、もしくは3者のプレーオフに
(谷川×高橋の直接対決があるため)。

一方、残留争いは、佐藤九段が1局を残してのまさかの降級決定。
ちょっとびっくりです。

そして残り1枠は、藤井九段と井上八段がともに3勝5敗ながら、
順位が藤井九段が上のため、藤井九段に自力残留の目が。

順位の関係で、現在4勝4敗の棋士は残留が決まっていて、
この2人の間で残留が争われます。

井上八段は、勝って藤井九段の結果待ちとなりますが、
もしかしたら4勝5敗で降級という、気の毒な結果になる
可能性も充分にあり得ますね。

そんなところで、今日の5局全てに、挑戦争い、残留争いの棋士が
どちらかは絡んでいるという、オモシロい展開にhappy01

HHK-BS2では夜にも中継があるのですが、放送スタートが
午後11時05分からとのこと。

持ち時間が6時間なので、深夜0時を回って日付が変わってから決着が
付くことも多いのですが、出来れば夜は9時くらいから放送してくれれば、
大盤解説で5局全ての現在の局面の解説が終わって現状を把握して、
そしていざ決着という形になって理想的なのですが。

まぁ、中継してくれるだけでも非常にありがたいのですがhappy01

解説は誰になるんでしょうかね。去年は宮田敦史五段の

「これは放送事故に分類されてしまうんではないべか?」

という緊張感ある解説が見所でしたsmile

そんなところで、明日の朝は寝不足で起きるのが辛いのは
間違いないところだと思います。

僕としてはひそかに

「高橋名人誕生(not 16連射)」

を夢見ているので、まずはその第一段階として、
6勝3敗でのプレーオフに持ち込む展開を期待です。

プレーオフに持ち込む→プレーオフを勝ち抜く→羽生名人から7番勝負で4勝する

ということで、1つ目と2つ目のハードルはまだしも、
3つ目の最後のハードルがあまりにも厳しすぎますがdelicious

*3月3日 午前1時20分追記

挑戦者争いは三浦八段が勝って、7勝2敗で挑戦決定。
高橋九段も勝って6勝3敗としたものの、一歩及ばず。

降級の残り1枠は、負けた井上八段が3勝6敗で決定。
藤井九段も負けて3勝6敗で、井上八段は勝てば残留だったのですが残念。

最後の1局となった、三浦×郷田の「詰むのか詰まないのか」の局面は
ドキドキして、眠気も吹っ飛びました。

2年前の佐藤×木村での感想戦の先崎八段の

「歩が足りてるんだよ!」

を思い出させるような、今度は解説の立場での先崎八段の

「三浦八段に、歩が後一つあれば‥」

の発言のとおり、郷田玉が詰まなくて(△7八飛で△8九飛だったらかなり際どかった?)、
「プレーオフ」かと思ったら、▲4五桂を角で外して△6八飛成とほぼ必死をかけた局面に。

▲5四桂を打って、いかにも詰みそうだと思ったのですが、
結局はあの後手玉が詰まなかったようで。

劇的な終わり方で、遅くまで起きていた価値は充分すぎるほどありました!!

|

« 「2010年洞爺湖マラソン」の申し込み開始 | トップページ | みたらし小餅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/47707660

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋界の一番長い日:

« 「2010年洞爺湖マラソン」の申し込み開始 | トップページ | みたらし小餅 »