« 明日は「2010年東京マラソン」 | トップページ | 0.02秒の差で‥‥ »

2010年2月28日 (日)

藤原正和(Honda)が優勝!-2010年東京マラソン

雨と気温の低さで、かなり厳しい条件の大会となったようで
(まだ走っている最中のランナーの方が多いと思いますがsmile)。

●2010年東京マラソン男子結果

1位 藤原 正和(Honda) 2:12:19
2位 藤原 新(JR東日本)  2:12:34
3位 佐藤 敦之(中国電力)  2:12:35
4位 川内 優輝(埼玉陸協)  2:12:36
5位 足立 知弥(旭化成)  2:12:46
6位 ジョセフ・ムワニキ(コニカミノルタ)  2:12:53
7位 ラシド・キスリ(モロッコ)  2:12:59
8位 幸田 高明(旭化成)  2:13:04
9位 サリム・キプサング(ケニア) 2:13:16
10位 長谷川 清勝(JR東日本)  2:15:45

厳しい条件の影響か、タイム的にはかなりイマイチでしたが、
勝負という面ではオモシロかったです。

40キロまで、たしか9人の先頭集団。

そこから藤原正和選手がスパート。佐藤選手、藤原新選手あたりが
必死に追いかけますが、徐々に差が開いていって、そのままゴール。

見事なスパートでした。

藤原正和選手がスパートの瞬間に帽子を捨てたのを合図としたように、
他の何人ものランナーも帽子やサングラスなどを取り外した映像が、
妙に印象に残りましたhappy01

藤原正和選手といえば、箱根駅伝での中央大学のエース。
区間賞も2回獲得とのこと。

その箱根駅伝の中でも、何といっても、強風の5区の山登りでの、

「中央大学:藤原、順天堂大学:奥田、法政大学:大村のデッドヒート」

の死闘は今でも伝説ですねsmile

今から7年前の4年生の卒業直前での「びわ湖」で、
初マラソンで2時間8分12秒を出して、

「これは次の年のアテネも!」

と大いに期待と夢を持ったのですが、その後は故障続きだったようで。

今日の優勝は非常に嬉しかったですdelicious

結局「W藤原」が1位、2位だったのですが、解説の瀬古さんが途中で何度も何度も、

「藤原くん、余裕がありそうですね~」
「藤原くん、いい感じですよ~」

とか言うのを聞いて、

「どっちの藤原の方よ?」

と、日本中からテレビの前で突っ込みがあったことでしょうsmile

それと、「埼玉県庁に就職1年目」という川内選手の大健闘にもびっくり。
学習院大学時代に、学連選抜で箱根を走ったとのこと。

本当は佐藤敦之選手に勝ってほしかったのですが、なかなか難しいものですね。

|

« 明日は「2010年東京マラソン」 | トップページ | 0.02秒の差で‥‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/47686074

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原正和(Honda)が優勝!-2010年東京マラソン:

« 明日は「2010年東京マラソン」 | トップページ | 0.02秒の差で‥‥ »