« 成人の日のスポーツ | トップページ | 今年の交流戦 »

2010年1月11日 (月)

世界チャンピオン誕生!

最後のレフェリーストップの瞬間、テレビの前で久しぶりに泣きましたcoldsweats01

そんなわけで、今夜テレビ東京系列で放送されていたボクシング中継を
観ていたのですが、ラウンド間のCMが少なかったのは、観る側にとっては
ありがたかったのですが、現実的には、

「スポンサーが付かなかった」

ということでもあるので、何とも言えないところdespair

日本人の挑戦者2人がチャンピオンに挑むダブル世界タイトルマッチ、
まず放送されたのは、

●WBA世界S.バンタム級タイトルマッチ
  プーンサワット・グラティンデーンジム(タイ) VS 細野 悟(大橋)

で、録画中継なので、放送時間の都合上、4、6、7、8の計4ラウンドが
たしかカットされていました。

そこは残念だったのでですが、観た限りではかなり激しい打ち合いだったと
思います。

日本人の代表的なレフェリー・ジャッジと言えば、森田健さんか浦谷さんかと
いうところなのでですが、今日の特別ゲストのその森田さんは

「114-114」

の採点だったようです。

公式の採点のスコアも「114-114、115-113、117-113」で
接戦ではあったのですが、2-0の判定でタイ人王者の防衛に。
細野選手は残念でした。

この試合のラウンドのカットのされ方を観て、

「あぁ~、次の試合も判定の12ラウンドまで行ったっぽいなぁ~」

と思ったのですが、12ラウンドまで行ったのは当たっていましたが、
まさかあんな激的な結末になるとはhappy01

●WBA世界S.フェザー級タイトルマッチ
  ファン・カルロス・サルガド(メキシコ) VS 内山 高志(ワタナベ)

森田さんの11ラウンドまでの採点は内山選手の「109-100」で、
公式の採点は分かりませんが、たぶんはっきりと内山選手が
ポイントでリードはしていたと思います。

そして最終の12ラウンド。判定で逃げ切っての勝利で文句なしだったのですが、
内山選手は攻めて、残り30秒あたりでついにダウンを奪いました!

立ち上がったサルガドに対して、さらにラッシュをかけて、
そしてレフェリーストップ。TKOタイムは2分48秒でした。

その瞬間、思わず目から涙が溢れてしまいましたsmile

内山選手の出身高校の、埼玉の花咲徳栄高校のボクシング部の部訓は、

「恐れず・驕らず・侮らず」

ということで、これを、今年2010年の僕のテーマにしたいと思いますhappy01

ある方から以前に貰ったコメントを引用すると、実際には、

「恐れて・驕って・侮って」

ばかりの日常生活なのでdespair

|

« 成人の日のスポーツ | トップページ | 今年の交流戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/47268887

この記事へのトラックバック一覧です: 世界チャンピオン誕生!:

« 成人の日のスポーツ | トップページ | 今年の交流戦 »