« 寒い夜だから… | トップページ | 明日は福島県チームの優勝を予想!! »

2010年1月22日 (金)

「2010年都道府県対抗男子駅伝」は日曜日に

今度の日曜日には広島で「第15回全国都道府県対抗男子駅伝」があります。

全7区間 48.0キロ

●1区 高校生 7キロ 
●2区 中学生 3キロ
●3区 一般 8.5キロ
●4区 高校生 5キロ
●5区 高校生 8.5キロ
●6区 中学生 3キロ
●7区 一般 13キロ

です。

この大会は、年末から年明けまでの全国中学駅伝、全国高校駅伝、
ニューイヤー駅伝、箱根駅伝なんかと比べると「エキシビション・マッチ」
というような感じもあるのかもしれませんが、毎年、かなり楽しみにしていますhappy01

2年前のこの大会では、1区の高校生区間で序盤から一人飛び出して、
苦しそうな顔をしながらそのままリードを保って区間賞を獲得した、
福島県のいわき総合高校の選手がいました。

それが、箱根駅伝の5区山登りですっかり有名となった東洋大の柏原竜二選手。
高校駅伝には出ていなかったので、僕はこの大会で柏原選手の名前を
初めて知ったのですが、非常に強い印象が残りました。

そんな感じで、毎年あれこれと見所があるこの大会。

その柏原選手は福島県チームで3区にエントリーされているとのこと。
福島県チームを見てみると、7区には、この前の世界陸上でのマラソンで
6位入賞した、佐藤敦之選手(中国電力)が「ふるさと制度」でエントリー
されています。

ちなみに、昨年の優勝は長野県で、2連覇でした。

今年の長野県は、一般の3区で、東海大学のスーパールーキーの村澤明伸選手。
7区では佐藤悠基選手(日清食品グループ)、高校生区間は3人とも佐久長聖高と、
やはり今年も優勝候補筆頭のような気がします。

後は兵庫県の前評判も高いようですが、その兵庫の7区には、
早稲田大のエースだった竹澤健介選手(エスビー食品)。

ほぼ同時にタスキを受け取って、佐藤悠基 VS 竹澤健介のアンカー対決で
優勝が決定という展開になれば、興奮しすぎて失神するかもsmile

今年の北海道チームのエントリーリストを見ると

1区 後藤 竜也(室蘭大谷高校)
2区 木村 圭佑(浜中茶内中)
3区 荒川 丈弘(旭化成-札幌山の手高卒)
4区 小椋 裕介(札幌山の手高)
5区 吉岡 翔(室蘭大谷高)
6区 村下 翔平(浦河第一中)
7区 久保 俊太(札幌学院大)

控え 菊地 賢人(明治大-室蘭大谷高卒)
控え 廣川 卓哉(室蘭大谷高)
控え 村下 航平(浦河第一中)

とのことです。アンカーの7区予定の札幌学院大の久保選手というのは、
トラックの1500メートルでは全国的にも有名な選手ならしいので、
出来ればアンカーの13キロではなくて、3区の8.5キロで使った方が……、
とは思うのですが。

昨年は40位だったので、今年は「目指せ30位台!」ですね。
39位でもいいのでsmile

|

« 寒い夜だから… | トップページ | 明日は福島県チームの優勝を予想!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/47364296

この記事へのトラックバック一覧です: 「2010年都道府県対抗男子駅伝」は日曜日に:

« 寒い夜だから… | トップページ | 明日は福島県チームの優勝を予想!! »