« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

2009年のベストソング決定

今年もいよいよ今日で終わりということで、最後に

「僕の2009年のベストソング」

を決定したいと思います。

とりあえず候補曲を思いつくままに。

・イチブトゼンブ/B'z
・MY LONELY TOWN/B'z
・Believe/嵐
・明日の記憶/嵐
・やさしさで溢れるように/JUJU
・明日がくるなら/JUJU with JAY'ED
・My SunShine/ROCK'A'TRENCH
・星に願いを/flumpool
・歩み/GReeeeN
・ラバソー~lover soul~/柴咲コウ
・僕は君に恋をする/平井堅
・ひまわり/遊助
・たんぽぽ/遊助
・君は太陽/スピッツ
・アナタMAGIC/monobright
・バイバイ/大塚愛
・春夏秋冬/ヒルクライム
・ヒーロー/FUNKY MONKEY BABYS

ここから5曲に絞って、

・イチブトゼンブ/B'z
  歌詞があまりにも良過ぎます。

・Believe/嵐
  畳み掛けるようなサビの部分がたまりません。

・やさしさで溢れるように/JUJU
  大ヒットした「明日がくるなら」よりも、こっちの方が好きです。
  
・たんぽぽ/遊助
  PVの、実際に結婚式で歌っている設定の上地くんの姿も良かったです。

・ヒーロー/FUNKY MONKEY BABYS
  僕が実際に「父さん」だったら、もっとさらに、この曲に共感できるのかもsmile

というわけですが、この中から、僕の2009年のベストソングは断トツで

イチブトゼンブ/B'z

に決定です。

最後のサビの「すべて何かのイチブってことに 僕らは気づかない」の部分が
特に絶品ですなhappy01

嵐は、今年出した4枚のシングルが全て良かったので、合わせ技で1位に
したい気分も少しだけありますが、曲で選ぶなら、やはりB'zのこの曲でした。

そんなところで、今年のブログ更新は終了です。
また来年、よろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

2010年箱根駅伝の予想

今日は箱根駅伝の予想で。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」で、今回が第86回とのこと。

 1区:21.4キロ
 2区:23.2キロ
 3区:21.5キロ
 4区:18.5キロ
 5区:23.4キロ
 6区:20.8キロ
 7区:21.3キロ
 8区:21.5キロ
 9区:23.2キロ
10区:23.1キロ

の10区間で行われます。

1年前は、5区の山登りで、東洋大の1年生の柏原選手が鬼のような激走をして
東洋大がトップに立ち、6区で1回は早稲田大が逆転したものの、たしか8区で
再び東洋大が逆転して、そのまま優勝となりました。

優勝候補だったはずの駒澤大学は、まさかの13位でシード権落ちに。

 優勝:東洋大学
 2位:早稲田大学
 3位:日本体育大学
 4位:大東文化大学
 5位:中央学院大学
 6位:山梨学院大学
 7位:日本大学
 8位:明治大学
 9位:関東学連選抜
10位:中央大学

というのが前回の総合結果。

何年か前から、5区の山登り区間の距離が伸びて、それからは
この5区の1区間でやたらと差がついてしまう感じがします。

正直言って、この距離変更は元に戻してほしい気がするのですが、
この5区に「切り札」を持っている大学がやはり強いと思います。

そんなわけで、総合優勝の予想は、今回も5区に柏原選手を
エントリーしている東洋大学の2連覇ということで。

今年の10月の出雲では3位、11月の全日本では2位と、
安定した成績も残していますし。

まぁ、何だかんだ言っても、駒大の総合優勝の可能性が一番高い気もしますが、
それだと僕としてはあまりオモシロくないので。

順位予想は、5位までは順位まで、6位~10位までは
順位は付けずにここに入る5校を。

優勝:東洋大学
2位:山梨学院大学
3位:駒澤大学
4位:早稲田大学
5位:日本大学

6位~10位 
 日本体育大学、明治大学、中央大学、東京農業大学、関東学連選抜

山梨学院大は「外国人頼み」というイメージが強かったのですが、
今年の出雲、全日本を見ていると、日本人選手の健闘が光ったので、
総合優勝の可能性もある2位予想ということで。

出雲、全日本2冠の日大は逆に「ダニエル頼み」という印象が少しあるので、
距離と区間数が伸びた箱根ではちょっと厳しいのかなという気が。

関東学連選抜のエントリーリストを見ると、1区の神奈川大の森本選手の
トラック1万メートルのベストが28分41秒ということで、1区を積極的に
引っ張っていってほしいと期待です。

何回も「シード権獲得まであと一歩」という城西大も応援したいのですが、
予選会通過が6位だったので、今回もちょっと厳しいのかも。

あとは、エントリーリストを見ると、東海大の2区が佐久長聖高出身の
スーパールーキーの村澤選手ということで楽しみです。

最後に、出場の20校を書いておきます。

東洋大学、早稲田大学、大東文化大学、中央学院大学、山梨学院大学
日本大学、明治大学、、中央大学

駒澤大学、東京農業大学、上武大学、日本体育大学、帝京大学、
城西大学、専修大学、青山学院大学、東海大学、亜細亜大学、
法政大学、関東学連選抜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月29日 (火)

2010年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日は、朝からニューイヤー駅伝を観戦というのが、
僕の恒例行事です。

「第54回 全日本実業団駅伝」

というのが正式名称のようです。

1区:12.3キロ
2区:8.3キロ
3区:13.7キロ
4区:22.3キロ
5区:15.9キロ
6区:11.8キロ
7区:15.7キロ

の計100.0キロです。

2区は「インターナショナル区間」ということで、外国人選手は、
この区間しか走れないようです。

最長距離の4区の22.3キロが「エース区間」となるのでしょうね。

1年前は富士通、日清食品グループ、旭化成の3チームが最後まで
激しい優勝争いを繰り広げて、結局、アンカーのラスト数百メートルの
スパート合戦となって、富士通が1秒差での優勝となりました。

そんなわけで今回の順位予想を、根拠はあまりないのですが、
各地区の予選の順位も見ながら勘で予想したい思います。

5位までは順位を、6位~10位は順位は付けずに、
ここに入る5チームを。

優勝:日清食品グループ
2位:Honda
3位:中国電力
4位:コニカミノルタ
5位:トヨタ自動車九州

6位~10位
 富士通、トヨタ自動車、トヨタ紡織、大塚製薬、安川電機

日清の注目は、何と言ってもルーキーの佐藤悠基選手。

東海大学時代に箱根で、1~3年生まで3年連続の「区間新」という離れ技を達成。
ただ、4年生の時の1年間はあまり調子が良くないようだったのですが、
今調べてみたら、社会人になってからトラックの1万メートルで27分38秒25という、
「日本歴代3位」の記録を出したとのこと。

元々最近はずっと「優勝候補」だった日清にスーパールーキーが入ったわけで、
順当に行けば「独走で初優勝」もある気がするのですが、どうなるでしょうね。

5位のトヨタ自動車九州は、今井正人選手、三津谷選手と応援している
選手がいるので、これは完全に願望の予想です。

そして、走り方などに非常に特徴のある、安川電機の飛松誠選手が、
少しでも長くテレビに映るように願っていますdelicious

最後に、参加する37チームを全部書いておきます。

●東日本地区代表(14)
   日清食品グループ、Honda、コニカミノルタ、JALグランドサービス、カネボウ、
   SUBARU、東京電力、JR東日本、富士通、ヤクルト、日立電線、
   小森コーポレーション、プレス工業、自衛隊体育学校

●中部地区代表(6)
   トヨタ自動車、NTN、スズキ、トヨタ紡織、愛知製鋼、愛三工業

●北陸地区代表(2)
   YKK、高田自衛隊

●関西地区代表(6)
   大塚製薬、佐川急便、山陽特殊製鋼、四国電力、NTT西日本、大阪府警

●中国地区代表(4)
   中国電力、JFEスチール、マツダ、中電工

●九州地区代表(5)
   安川電機、旭化成、トヨタ自動車九州、九電工、三菱重工長崎

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の走り納め

今日から1月3日まで6連休ですhappy01

今日は午前11時30分ころから、今年最後のランニングということで、
11キロほどを走りました。

昨日は雨混じりの天気で、それが夜の寒さで雪面が締まった感じになり、
なかなかスリリングな雪上ランに。

ジョグノートの記録によると、これで今年、2009年の年間走行距離は
1180キロということに。

 1月:51キロ
 2月:30キロ
 3月:80キロ
 4月:155キロ
 5月:127キロ
 6月:146キロ
 7月:179キロ
 8月:206キロ
 9月:52キロ
10月:89キロ
11月:11キロ
12月:54キロ
-------
  計:1180キロ

前にも書きましたが、

「年間走行距離を1200キロにして、月の平均を100キロにしたい」

というひそかな希望があったのですが、もう充分ですなdelicious

今年は、フルマラソンで念願だった「3時間30分切り」を初めて達成できたし、
非常に満足なランニング生活の1年でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

年末年始のテレビ番組

先程、TVガイドを見て、年末年始の気になるテレビ番組をチェックしてみました。

12月27日(日)
 ・競馬中継「有馬記念」
   (NHK総合:午後2時30分~午後3時45分)
 ・1×8いこうよ!2009年総決算SP
   (STV:午後4時25分~午後5時25分)

12月28日(月)
 ・ニューイヤー駅伝2010ナビ
   (HBC:午前10時55分~午前11時50分)

12月29日(火)
 ・第89回天皇杯サッカー選手権・準決勝
   (NHK総合:午後1時05分~午後5時00分)
 
12月30日(水)
 ・壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった
   (HBC:午後11時30分~午前0時24分)

12月31日(木)
 ・箱根駅伝 それぞれの挑戦(STV:午後4時15分~午後5時15分)

1月1日(金)
 ・ニューイヤー駅伝2010 第54回全日本実業団駅伝
   (HBC:午前8時50分~午後2時30分)
 ・第89回天皇杯サッカー選手権・決勝
   (NHK総合:午後1時50分~午後4時10分)
 ・史上初の元日決戦だ!!SASUKE2010
   (HBC:午後5時45分~午後11時24分)
 ・芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2010お正月スペシャル
   (HTB:午後6時~午後8時54分)

1月2日(土)
 ・第86回東京箱根間往復 大学駅伝競争「往路」
   (STV:午前7時00分~午後2時05分)
 ・ネプリーグ新春3時間SP 嵐チーム参戦!!
   (UHB:午後7時00分~午後9時54分)

1月3日(日)
 ・第86回東京箱根間往復 大学駅伝競争「復路」
   (STV:午前7時00分~午後2時18分)
 ・平成教育委員会 2010正月SP
   (UHB:午後6時30分~午後9時09分)

1月4日(月)
 ・Qさま!!2010年最初の激闘!インテリ芸能人50人集結 
  芸能界最強漢字王決定戦3時間SP
   (HTB:午後7時00分~午後9時48分)

この他にも、全国高校サッカーの北海道代表である、旭川実業の試合中継も
たぶんあると思います(初戦は12月31日)。

うーん、こうしてみると、多忙な年末年始になりますなsmile

この中でも、どうしても観たいのは1月2日、3日の箱根駅伝。

「箱根駅伝の弊害」というフレーズもあちらこちらで良く目にして、
かなり当たっている部分もあるような気もしますが、しかし、
あまりにもオモシロ過ぎるので、お正月には欠かせません。

元日のニューイヤー駅伝と合わせて、もう少ししたら
毎年恒例の「当たらない予想」をしたいと思います。

あっ、でも1年前のこのブログでは、

「東洋大学の総合優勝」

の予想を見事に的中させた実績はあるので(こちら)、
是非とも期待していてくださいsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

ゴン中山&ゴチになります10最終SP

「元ジュビロ磐田の中山雅史の、コンサドーレ札幌入団が決定」

というニュースが、昨日の夕方あたりから北海道では話題になっています。

コンサドーレ札幌の話題がこのくらい取り上げられるのは、
たぶん2年前のJ1昇格決定の時以来delicious

その前は、2004年のあの事故とか、2005年のあの事件とか、
そんなのしか頭に思い浮かびませんが……。

そんな中山選手の来季の推定年俸は、750万円、800万円、1000万円と
新聞によっていろいろみたいですね。

昨夜のテレビ東京のスポーツニュースと、今日の朝のNHKのスポーツニュースでも
全国放送で「入団決定」と取り上げられていて、それだけでも宣伝効果として
大げさに言えば、来年の年俸分の何割かの元は取れているのかも。

まずは、当然ながら1選手として、プレーでの活躍を何より期待しますhappy01

それと話は変わって、今日、12月24日は何の日かと言えばもちろん、
国民的行事である、

「ぐるナイ ゴチになります10 最終決戦 クビ決定スペシャル」

が放送される日なので、仕事が終わってから雪の中、
速攻で家に帰りました。

結果は、それまでクビレーストップだった国分太一くんが1位通過になったこともあり、
森泉さんがクビに。

この2年間、イマイチ森泉さんは好きになれない感じだったのですが、
いざ居なくなると分かると、妙に寂しい気がdespair

船越さんも、同じ時間帯のテレビ朝日系のドラマ枠のため、
事実上の脱退(?)に。

次回から、ナイナイの矢部さんがゴチに復帰するらしいので、
やはり、矢部さんがいるといないとではオモシロさが違うので嬉しいですhappy01

今年の「いつ登場してくるんだろ」というポジションも、
それなりに良かったのですが。

明日は4時間ちょっとの「Mステスペシャル」があるので、これは録画しておいて、
後で少しずつゆっくり見たいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

北海道マラソンの写真

たしか2週間くらい前に「道新文化事業社」から、封筒が届きました。

内容は「北海道マラソンの写真を買ってください~」だったのですが、
今まで僕はこういう写真は、ほとんど買ったことはありませんでした。

しばらくは放っておいて、ホームページでの写真も確認してなかったのですが、
先程、ふと思いついて、写真が掲載されているホームページを見てみました。

これは自分のゼッケンとエントリー時の郵便番号を入れると、自分に該当する
写真のみが出てくるという優れもののシステム。郵便番号が必要なため、
他の知り合いの方の写真を見られないのはちょっとだけ残念ですがsmile

おそらくゴール直前の写真だと思うのですが、5枚掲載されていました。

最初は「見るだけ」のつもりだったのですが、どういうわけか5分後には、

「申し込みありがとうございました」

というメールが来てしまいました。
Doumaragoal
この写真を、一番安い13センチ×18センチのサイズで(1200円)。

この大会は自己ベストの3時間26分でゴール出来たのですが、
これが「生涯ベスト」になる可能性も充分に考えられるので、
記念に買ってしまいましたsmile

「もっと練習をすれば、もっとタイムは縮められるはず。
 まだ若いんだから(32歳は超若者)」

とよく人から言われて、自分でも「そうかもなぁ~」とは思うのですが、

「もっと練習をすれば」

という条件付きなのが、かなり厳しいところ。

フルを走る人の練習量の平均基準とかは知らないのですが、
今年の4月から8月までの、

「土・日と、平日のどこか1日の週3ペースで、1回あたりは平均すると15キロくらい」

という練習サイクルも、僕にとってはかなりの「猛練習」だったわけで、
来年もこれを続けていくかどうかは全くの不明smile

あっ、でも、

「年間走行距離1200キロ突破で、月間の平均の走行距離を100キロにしたい」

という願望が最近妙に強くて、今日はだいたい12キロの雪上ランをしてきました。

ジョグノートの記録によると、これで年間走行距離は1169キロに。
年内にあと3回、今日のような走りを繰り返せば目標達成。

うーん、やろうと思えば出来るんだろうけど、ちょっと微妙かもhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

大通公園のホワイトイルミネーション

今日はほぼ定時で職場を脱出することが出来たので、
帰りに大通公園に行って、ホワイトイルミネーションを
見てきました。
12211
後ろに見える「テレビ塔」のある西1丁目をスタートとして、
ずっと大通公園の中を歩いていきました。

西2丁目では、「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」ということで、
いろんなお店が並んでいました。
12213

そのまま西の方へ歩いていきました。

12212_2

12214

12215

それほど人が多くて混雑していた感じでは無かったのですが、
明らかに日本語ではない言語があちこちから聞こえてきましたhappy01

そして、西11丁目駅で地下鉄に乗って帰宅しました。

今年の北海道マラソンのゴール近辺となっていた
西6丁目、7丁目、8丁目あたりを歩くのは、
たぶん3ヶ月半ちょっと前の本番当日の時以来。

札幌は昨日の夜から今日にかけて30センチくらいの雪snowが降ったそうで、
北海道マラソン本番の時とは当然ながら景色は全く違っていましたが、
あの萌えていた燃えていた夏の日が、妙に懐かしく感じられましたsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

男子は世羅高、女子は豊川高が優勝-2009年全国高校駅伝

男子も女子も、留学生選手がいた高校が優勝ということで、
留学生以外の日本人選手も十分強かったのですが、

「留学生選手がいなかったら、優勝はどうだったんだろ?」

と、どうしても心の片隅で思ってしまうところが、何となくモヤモヤ感も。
-------
●第60回 男子全国高校駅伝 結果(7区間42.195キロ、58校参加)

優勝:世羅(広島)
2位:西脇工業(近畿ブロック-兵庫)
3位:青森山田(青森)
4位:佐久長聖(長野)
5位:九州学院(熊本)
6位:須磨学園(兵庫)
7位:田村(福島)
8位:鹿児島実業(鹿児島)
9位:那須拓陽(栃木)
10位:仙台育英(東北ブロック-宮城)

41位:室蘭大谷(北海道)
55位:札幌山の手(北海道)

2位の西脇工業に対してさらに30秒の差を広げた、世羅高校の4区の竹内選手が、
もし賞があるとしたら「今大会のMVP」にしたいところ。

西脇工業の4区の選手も区間5位と良く粘ったのですが、
竹内選手が上でしたね。

今回は60回の記念大会ということで、参加枠が11校増えていました。

記念大会以外なら、今大会2位の西脇工業は出場は出来なかったわけで、
その西脇工業に県予選で勝って代表になった須磨学園も6位だし、来年からは
また「全国大会で入賞するよりも、兵庫大会を勝ち抜く方がはるかに大変」
という状況になるのかも。兵庫には報徳学園もいるし。

青森山田は、留学生選手の後の4区以降は順位を落とすかなと
思っていたのですが、最後のアンカーまで素晴らしい走りでした。

北海道の2校は「まぁ、こんなものかなぁ…」というイマイチな結果になり残念。


●第21回 女子全国高校駅伝 結果(5区間21.0975キロ、47校参加)

優勝:豊川(愛知)
2位:須磨学園(兵庫)
3位:興譲館(岡山)
4位:神村学園(鹿児島)
5位:千原台(熊本)
6位:諫早(長崎)
7位:埼玉栄(埼玉)
8位:常磐(群馬)
9位:成田(千葉)
10位:秦野(神奈川)

35位:札幌静修(北海道)

こちらの「大会MVP」は、豊川高の1区で区間賞を獲った伊澤選手でしょうかね。

1区では集団の中で転倒が続出して、見ていてヒヤヒヤしました。
興譲館の1区の選手の最後の失速は、途中の転倒の影響も
もしかたらあったのかも。

兵庫は男女とも2位ということで、兵庫の人にとっては
悔しい1日となったのでしょうかね。

北海道の札幌静修の35位は、こちらも男子と同じように
「まぁ、まずまずかなぁ。もう少し上に行ってほしかったけど……」
という結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年12月19日 (土)

明日は「2009年全国高校駅伝」

昨日の夜から本格的な雪snowが降って、一晩で結構な積雪となりました。
1219yuki

ただ、日中は晴れていたので、昼前あたりから、明日の全国高校駅伝での
北海道代表の健闘を祈りながら、10キロほどの雪上ランをしてきました。
途中、自分がラッセル車になったような気分の箇所も一部にありましたがdelicious

ジョグノートの記録によると、これで今年走った距離は1157キロとのこと。
気分的には1200キロまでいって、「月間平均100キロ」を目指したいのですが、
ちょっと難しいかも。やろうと思えば出来るのでしょうが……。

上でちょっと書きましたが、明日は京都の西京極陸上競技場を発着とする
全国高校駅伝があって、午前中に女子(5区間21.0975キロ)、
午後から男子(7区間42.195キロ)が行われます。

女子は47チーム参加で、北海道は札幌静修高校。
男子は第60回の記念大会のため58チーム参加で、
北海道は室蘭大谷高校と札幌山の手高校。

全出場チームの予選タイムだけを見ると、かなり厳しい戦いになる
感じもありますが、実際に走ってみないとどうなるかは分からないので、
少しでも上の順位にいけるように願いたいと思います。

とりあえず、予選タイムの上位5チームは男女それぞれで

○女子
  1:08:10 興譲館(岡山)
  1:08:21 豊川(愛知)
  1:08:29 神村学園(鹿児島)
  1:09:01 千原台(熊本)
  1:09:04 北九州市立(福岡)

○男子
  2:03:54 西脇工業(兵庫)
  2:04:14 世羅(広島)
  2:04:52 須磨学園(兵庫)
  2:05:10 九州学院(熊本)
  2:06:21 那須拓陽(栃木)

のようです。それぞれで気象条件やコースも当然ながらバラバラなので、
そんなに参考にはならないのかもしれませんが、それでもやはり、これらの
チームは上位の有力候補にはなるのでしょうね。

そんなところで、明日は1日家に篭ってテレビ観戦ですなdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

長谷川穂積が5連続KO勝利で10度目の防衛成功!

今日は夜9時30分くらいに家に帰って、録画しておいた

「ボクシング世界タイトルマッチ 長谷川 穂積×アルバロ・ペレス(ニカラグア)」

を、無事に結果を知らずに観ることが出来ましたhappy01

結果は、チャンピオンの長谷川穂積の4回2分38秒TKO勝ちで、
5試合連続でKO勝利の防衛となり、これで10度目の防衛という、
凄過ぎる結果に。

元世界WBA J.フライ級チャンピオンの具志堅用高の防衛回数13回というのが
日本の最高記録ということですが、それに続いて2人目の2桁防衛らしいです。

ウィキペディアで調べたところ、具志堅用高は、

「6試合連続でKO勝利の防衛」

をやっていて、これが日本最高記録で、長谷川の今日の「5試合連続」は、
これもまた具志堅用高に続く記録の模様。

具志堅用高は1976年10月に世界チャンピオンを奪って、13度防衛の後、
1981年3月にペドロ・フローレスに世界チャンピオンを失ったそうですが、
1977年1月生まれの僕には、さすがにリアルタイムでの記憶は一切ありません。

今は「YouTube」などで、昔の試合の映像をあれこれ観られたりして、
それはそれで楽しめるのですが、やはり「今現在」ということを考えると、

「長谷川穂積と同じ年代を生きていて、リアルタイムで試合を観て体感できる」

という幸運に感謝したくなるくらいの気分ですなhappy01

試合の方は、ボクシングにおける「強い」の定義が何なのかは
難しいのですが、相手のペレスは、
------
強いかどうかはともかく、10度の防衛戦の中で、
もしかしたら一番危険な匂いのする相手
------

というような印象がありました。

3Rまで、ポイントは長谷川が全部獲ったと思いましたが、
かなり緊迫感はありました。

4R、長谷川がパンチを当てて、解説の浜田さんの「効いた!効いた!」の後、
両者が接近したと思ったら、ペレスが前のめりにダウン。

試合後のスローVTRで観ると、左のダブルで、2発目が芸術的なカウンターと
なっていたようで。正直、中継では良く分かりませんでしたsmile

何試合も前から「減量苦で階級を上げることも検討」という話題はよく出ていて、
試合後のインタビューでも、次もこのベルトの防衛戦を続けていくような雰囲気の
発言をした後に、何となくそれを打ち消すような発言をしたり、
そこら辺の微妙さ加減も、妙にオモシロかったです。

昨日買った雑誌の「ボクシング・ビート」の世界ランキングを見ると、
上の階級のS.バンタムとフェザーに(IBF、WBOのチャンピオンも含む)、

ラファエル・マルケス、イスラエル・バスケス、セレスティーノ・カバジェロ、
ファン・マヌエル・ロペス、クリス・ジョン

などの有名選手がズラリといるので、階級を上げてここに参戦してほしい気持ちも。

世界的にはまだ「ハセガワ・ホズミ」は無名なのでしょうが、夢は膨らみます。

ちなみに、WBCのS.バンタム級チャンピオンは帝拳の西岡利晃。
WBAのS.バンタム級の「正チャンピオン」は、タイのプーンサワット。
年明けに、このタイ人のチャンピオンに日本の細野悟(大橋)が挑戦。

とにかく、今夜は大満足な「長谷川穂積ショー」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

今シーズン初の雪上ラン

先週は金曜日から日曜日まで2泊3日で東京出張で、
今日はその振替休暇で休みでしたhappy01

今日の札幌は、最高気温でマイナス2.0℃と真冬日で寒かったものの、
天気自体は良かったので、昼間に「雪上ラン」をしてきました。

10キロちょっとを、ちょうど1時間かけて走ってきましたrun

ちなみに、このパソコンで「せつじょうらん」を変換すると「切除ウラン」となり、
何だか恐ろしい雰囲気に。

冬用ではなくて普通のランニングシューズで走ったのですが、
今日の路面状況ならそれほど問題はありませんでした。

この「雪上ラン」は頻繁にやりたいとは思いませんが、気が向いた時に
ちょこちょこやって、冬のシーズンを乗り切って行きたいと思います。

ちなみに、久しぶりのブログ更新なので、
ちょっとだけ近況報告を。

この前の出張の2日目の土曜日は午後5時過ぎに業務が終わって、
その後は自由だったので、東京タワーに行ってきました。
Toukyoutawaa


月曜日の夜はミニ忘年会があり、洞爺湖マラソンの打ち上げの時以来、
半年ぶりに「ポレール&糧とく(札幌市中央区北3条西2丁目)」へ。
Poreru

あいかわらず、2000円で飲み放題で食べ物もしっかり出てくるという、
余計なお世話ながら店の経営が気になった一夜でしたsmile

明日は「日本ボクシング界のスーパーエース(だけど地味)」である、
WBCバンタム級王者の長谷川穂積の10度目の世界防衛戦が
行われます。
Hasegawa
長谷川穂積(真正ジム) VS アルバロ・ペレス(ニカラグア)

夜7時56分から日本テレビでテレビ中継がありますが、
明日は帰りが遅くなるので、録画をして家に帰ってから
観たいと思います。

「ビデオを観るまで、結果を知らないように細心の注意を払う」

というのが必要なので、明日は夜8時以降は、例え携帯電話にメールが来ても、
それは一切無視して見ませんhappy01

試合の感想は、その次の日の土曜日にでも書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

ブログはしばらくお休み

あさっての金曜日から、2泊3日で東京出張です。

10月の埼玉、11月の大阪に続いて、まさかの3ヶ月連続での「海外出張」。

日曜日は、新千歳空港に夜9時過ぎに到着の飛行機で帰ってきます。
それとは別に、明日と、来週の月曜日、火曜日あたりも家に帰るのは遅くなる予定。

そんなわけで、明日から1週間ほど、ブログの更新はお休みとなります(たぶん)。

誰も心配はしないかとは思いますが、そういう事情ということで、
一応は事前に報告をhappy01

今度の日曜日は、全日本実業団女子駅伝でホクレンが優勝出来るように、
東京の地から祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

僕の初12月ランをキミに捧ぐ

今日は午前はNHK教育の将棋の時間を、昼からは福岡男子国際マラソンを、
そして、先週録画しておいた優香が出ている「Qさま プレッシャースタディー」を
間に挟んで、アタック25と競馬のJCダートと、ここまではテレビ三昧でした。

そして、夕方4時過ぎに家を出てランニングに。

今日の札幌は昼過ぎまでは雨rainでしたが、そこからは雨は止んで日差しも出て、
気温も平年よりも高めでした。

ところどころ、若干「ブラック・アイスバーン」っぽい路面状況のスリリングな部分も
ありましたが、全体的には今の12月上旬の時期としてはかなり恵まれた条件に。

走ったスピードは、今日の福岡で優勝したケベデ選手よりも倍くらいの
遅いようなスピードでしたが、10キロほどを無事に走ってきました。

来年の2010年も、例年通りの日程でいけば、

・5月 5日 アコムプレゼンツ 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)
・5月23日 洞爺湖マラソン(フル)

が、僕としてはセットとなる重大な大会にhappy01

5月5日の大会名称に関しては、未だにあれこれあるのかもしれませんが、
とにかく「マラソン大会のスポンサーになってくれる」というありがたさを、
我々はもっと深く受け止めるべきでしょうね。特にこの不景気の世の中に。

こう書くのは「アコムが来年もスポンサーとなって下さい」という切なる願いです。

本格的な練習再開は、雪が無くなり始める来年の3月中旬頃からでいいのですが、
それまでも「自主トレ期間」として、週1回のペースで今日のような「1時間走」を
していきたいのですが、それはこれから本格的な雪snowが降ってからの気分ですな。

------
●第63回 福岡国際マラソン

優勝 ツェガエ・ケベデ(エチオピア) 2:05:18
2位 テケステ・ケベデ(エチオピア) 2:07:52
3位 D.バラノフスキー(ウクライナ) 2:08:19
4位 D・テスファイエ(エチオピア) 2:08:36  
5位 E..チェルイヨット(ケニア) 2:09:46

9位 下森 直(安川電機) 2:14:42

というわけで、日本国内で行われたレースで初めての「2時間5分台」が出ました。
しかも「2時間4分台に近い2分5分台」が。

去年に続いて2連覇となったツェガエ・ケベデ選手の、30キロからの
圧倒的なペースアップを目の当たりにして、

「これが世界のトップレベルの走りかぁ~」

と、思わずため息をついてしまいました。

・中間地点まで…1時間03分03秒(キロ平均2分59秒)
・中間地点からゴールまで…1時間02分15秒(キロ平均2分57秒)

前半のペースが特に「ハイペース」ではなくて、後半にさらにペースアップ、
今日の福岡は涼しくて、日差しも弱くて風も弱いという好コンディションだった
ようですが、それにしても、

「世界のトップレベルは凄いなぁ……」

と思うしかない今日の福岡でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

鹿島がJ1優勝、湘南がJ1昇格

今日行われたサッカーのJ1、J2リーグの最終節。

結果的には「順当な結果」でしたが、そこに至るまでの過程はオモシロくて、
気楽な立場からは充分に楽しめましたdelicious

まずは、午後0時30分に全会場で同時にキックオフとなったJ2リーグ。

前節までで、ベガルタ仙台とセレッソ大阪は既に昇格を決めていて、
残り1枠の3位争いが、
                勝点 得失点差
3位 湘南ベルマーレ   95   +31(アウェーで水戸ホーリーホック)
4位 ヴァンフォーレ甲府 94   +29(ホームでロアッソ熊本)

ということで、「湘南△、ヴァンフォーレ甲府○」なら逆転の状況の中で、
前半25分までの途中経過は、

湘南 0-2 水戸
甲府 2-0 熊本

となっていて、

「甲府の勝ちは濃厚そう。そうしたら、湘南は3点とって逆転しなければ」

ということで、甲府の逆転昇格の可能性が高まったかと思ったのですが、
最終的な結果は、

湘南 3-2 水戸
甲府 2-1 熊本

で、甲府は逃げ切って勝ち点3を獲得したものの、
湘南が逆転勝利で、3位を確保してのJ1昇格。

湘南の反町監督が何となく僕は嫌いなのですが、それはともかくとして、
「ベルマーレ」として11年ぶりのJ1昇格、おめでとうございます(若干棒読み)。

そして次は、午後3時30分に同時キックオフのJ1リーグ。

こちらの優勝争いは、
              勝点 得失点差
1位 鹿島アントラーズ 63  +20(アウェーで浦和レッズ)
2位 川崎フロンターレ  61  +23(アウェーで柏レイソル)

ということで、こちらも先程のJ2と同じように、「鹿島△、川崎○」なら、
川崎の逆転優勝という状況でした。

前半を終わった段階では、

鹿島 0-0 浦和
川崎 3-0 柏

で、このままでいくと川崎の逆転優勝だったのですが、後半21分に鹿島が
興梠選手のゴールで先制して、そのまま1-0で逃げ切っての勝利となり、
Jリーグ3連覇となりました。

川崎も最後は追い上げられながらも「3-2」で勝利と、
優勝のために残すべき結果は出したのですが、一歩及ばず。

鹿島の試合はテレビ中継で観ていたのですが、
後半40分過ぎからの浦和の猛攻と、それを凌ぐ鹿島の、

「守りきれば優勝、同点ゴールを奪われれば……」

という緊迫の攻防は、観ていて興奮しました。

どちらかというと川崎の逆転優勝を期待していたのですが、
観ていて満足した土曜日の午後でしたhappy01

ついでに(?)、我らがコンサドーレ札幌の試合結果を。
-----
サッカーJ2リーグ 味の素スタジアム 最終節

東京ヴェルディ 2-2 コンサドーレ札幌

得点:前半17分 井上(東京)
    前半24分 永里(東京)
    後半22分 石川(札幌)
    後半44分 西嶋(札幌)

ということで、2点を先制されながら、いずれもコーナーキックからの
DF登録の2人の2得点(西嶋は後半ロスタイムのゴール)で、
引き分けという結果になったようで。

まぁ、負けなくて良かったですな(これも若干棒読み)。

今シーズンはJ2リーグで、18チーム中6位だったコンサドーレ札幌。

ダニルソンが名古屋グランパスへ期限付き移籍とか、
西大伍がアルビレックス新潟へこれまた期限付き移籍とか、
そんなスポーツ新聞情報はあるようですが、
もし移籍するなら出来るだけ札幌へお金が入るように祈りながら、
今後の情報をひそかに落ち着いて待ちたいと思います。

最後に、J2の最終順位を(チーム名の横は勝点)。

1位 ベガルタ仙台 106
2位 セレッソ大阪  102
3位 湘南ベルマーレ 98
------------
4位 ヴァンフォーレ甲府 97
5位 サガン鳥栖 88
6位 コンサドーレ札幌 79
7位 東京ヴェルデイ 74
8位 水戸ホーリーホック 73
9位 徳島ヴォルティス 72
10位 ザスパ草津 65
11位 アビスパ福岡 65
12位 FC岐阜 62
13位 カターレ富山 61
14位 ロアッソ熊本 58
15位 愛媛FC 47
16位 横浜FC 44
17位 栃木SC 37
18位 ファジアーノ岡山 36

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

明日はJリーグ最終節

明日は、サッカーのJ1、J2リーグともに最終節が行われます。

我らがコンサドーレ札幌は、気が付けば前節で6位が確定していたようですが、
アウェーの東京V戦、勝って気分良く終わりたいものです。

さて、Jリーグの最終節の注目と言えば、

・J1の優勝争い、残留争い
・J2の昇格争い

ですが、来シーズンのJ2へ降格するチームが前節までに、柏レイソル、ジェフ千葉、
大分トリニータと3チームとも決まってしまい、ある意味では「最大の注目ポイント」
である残留争いが無いのは寂しいところ。

J1の優勝争いは、

              勝点 得失点差
1位 鹿島アントラーズ 63  +20(アウェーで浦和レッズ)
2位 川崎フロンターレ  61  +23(アウェーで柏レイソル)

と、可能性があるのが2チーム。

そしてJ2の昇格争いは、ベガルタ仙台とセレッソ大阪は既に決まっていて、
残り1枠の3位争いが、

                勝点 得失点差
3位 湘南ベルマーレ   95   +31(アウェーで水戸ホーリーホック)
4位 ヴァンフォーレ甲府 94   +29(ホームでロアッソ熊本)

の2チームという状態。

上にいるチームは勝てば決定なので、優位なのは間違いはないのでしょうが、

・鹿島△、川崎○
・湘南△、甲府○

の場合はどちらも逆転となるので、オモシロい状況にはなっています。

2年前、4年前のJ1リーグでは、これと同様の状況になっていて、それぞれ
鹿島、ガンバ大阪が逆転優勝していますし(泣いたのが浦和とC大阪)。

J2は午後0時30分に同時キックオフ、J1は午後3時30分に同時キックオフ。

明日は、気楽な立場で楽しみたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

「大阪城」と「なんばパークス」

この前の金曜日、土曜日に行った1泊2日の大阪出張に関して、
2日目の土曜日について。

この日は単に移動日で帰るだけだったので、関西国際空港を午後3時45分発の
飛行機に乗るまでは、完全に自由でした。

まずは、大阪国際女子マラソンのコースとなっていることでも有名な、
大阪城公園へ。
Oosakazyoukouen1

Oosakazyoukouen2

「♪紅葉を見に行こうよ~、君と2人で行こうよ~♪」ということで、
色付いていて綺麗でした。

Ookazyou2
大阪城です。

それから地下鉄に乗ってなんば駅まで移動して、

「なんばパークス」

というところへ。

ここは、昔の南海ホークスの本拠地だった大阪球場跡地に
立てられた大型商業施設とのこと。

2階の通路部分の地面には、大阪球場のホームベースプレートと
ピッチャーズプレートが。
Home

Pitcher

そして、9階の南海ホークスメモリアルギャラリーへ。
Nankai1

Nankai2

南海ホークスの歴史の中で、最大の栄光は、1959年の日本シリーズでの
巨人相手の4連勝のようですが、その時の映像が流れていました。

このシリーズでは、ピッチャーは杉浦忠さんが4連投で4勝を上げて
シリーズMVP。

ちなみに、杉浦さんのこの年のパリーグのシーズン成績は「38勝4敗」ということで、
すべての事実が凄過ぎて、訳が分かりませんでしたsmile

他の選手達に関しても、僕が生まれる前に活躍していた選手から、
門田博光、ドカベン香川あたりまで、たくさんの選手がパネルで
紹介されていて、なかなかオモシロかったです。

ちなみに南海ホークスの代表的な人物と言えば「野村克也」なのでしょうが、
諸事情により、ここには一切名前などは載っていないようで。

そこら辺は「ウィキペディア」あたりで調べてみてください。

そんなこんなで満足してこの「なんばパークス」を後にして、
南海電鉄に乗って関西国際空港に向かい、無事に飛行機に
乗ることが出来ました。

新千歳空港に着いてから、空港内のテレビでちょうど大相撲の
白鵬の優勝決定のシーンを観ることができ(琴光喜との大熱戦)、
それからJRに乗って、家から一番近い駅に着きました。

そして自転車に乗って家まで帰ろうとしたのですが、
思っていたよりも雪snowがあって、かなりスリリングな状態に。

そんなこんなで何とか夜7時30分くらいに家に辿り着いて、
無事に「海外出張」から生還ということになりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

大阪でたこ焼き食べ歩き

この前の金曜日、土曜日に行った大阪出張について、
昨日書いた続きです。

地下鉄なんば駅で降りて、お好み焼きを食べた後、
次はたこ焼き屋巡りということで、まずは行列が出来ていた、
Takoyaki1

このお店で。たこ焼きの写真映りが悪いのが残念ですが。

ここは、「たこ焼きのソース」がかかっている一般的な、
普段食べ慣れているようなタイプでした。

次は「赤鬼」という店で、温かいダシのスープの中にたこ焼きが入っている
「ちゃぷちゃぷ」というものを食べました。
Takoyaki2_2

お好み焼きと1軒目のたこ焼きで、口の中が「ソース満載」となっていたところに、
さっぱりとした感じが入ってきて、非常に良かったです。とにかく熱かったですがdelicious

そして、ふとこの店の看板を見ると、何やら見慣れた顔入りのステッカーが
貼られていました。
Takoyaki22

「イチオシ!」という、北海道のHTBで放送している夕方の情報番組。
キャスターのヒロ福地さんの顔写真と、「中継しました!」の文字が。

まさかここで、こんな北海道のローカルネタに出会えるとは、妙な嬉しさがsmile

そして最後は、なんば駅の地下街に降りて「会津屋」という店に。
Aizuya

この店は、漫画「美味しんぼ77巻」に登場していて、この単行本は家にあって
「ソースをかけないたこ焼き」というのは記憶にはあったので、そのお店に行けて
幸せでした(単行本で紹介されているのは、大阪市西成区の本店のようですが)。

Takooishinbo

Takoyaki3

たしか「バラエティセット」ということで、通常のたこ焼き12個、ラヂオ焼き7個、
ネギ焼き7個だったと思います。

ここの店は、粉をダシで溶く時に味をつけているそうで、
完成品にはソースなどは一切つけずに、そのまま食べるスタイル。

ちなみに「ラヂオ焼き」とは、たこの代わりに中に牛肉やすじコンニャクが
入っているとのこと。

このスタイルのたこ焼きは初めて食べたのですが、非常に美味しかったですhappy01
Oishinbo_2
美味しんぼの登場人物の皆さんも大絶賛。

そんなところで、3つの店で、それぞれ違った種類を味わえて、
しかもその食べる順番も、あたかも緻密に計算されていたような
素晴らしい順番で、この夜のプロデューサーのMくんには感謝。

そんなところで眠たくなってきたので、続きはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »