« 今年の走り納め | トップページ | 2010年箱根駅伝の予想 »

2009年12月29日 (火)

2010年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日は、朝からニューイヤー駅伝を観戦というのが、
僕の恒例行事です。

「第54回 全日本実業団駅伝」

というのが正式名称のようです。

1区:12.3キロ
2区:8.3キロ
3区:13.7キロ
4区:22.3キロ
5区:15.9キロ
6区:11.8キロ
7区:15.7キロ

の計100.0キロです。

2区は「インターナショナル区間」ということで、外国人選手は、
この区間しか走れないようです。

最長距離の4区の22.3キロが「エース区間」となるのでしょうね。

1年前は富士通、日清食品グループ、旭化成の3チームが最後まで
激しい優勝争いを繰り広げて、結局、アンカーのラスト数百メートルの
スパート合戦となって、富士通が1秒差での優勝となりました。

そんなわけで今回の順位予想を、根拠はあまりないのですが、
各地区の予選の順位も見ながら勘で予想したい思います。

5位までは順位を、6位~10位は順位は付けずに、
ここに入る5チームを。

優勝:日清食品グループ
2位:Honda
3位:中国電力
4位:コニカミノルタ
5位:トヨタ自動車九州

6位~10位
 富士通、トヨタ自動車、トヨタ紡織、大塚製薬、安川電機

日清の注目は、何と言ってもルーキーの佐藤悠基選手。

東海大学時代に箱根で、1~3年生まで3年連続の「区間新」という離れ技を達成。
ただ、4年生の時の1年間はあまり調子が良くないようだったのですが、
今調べてみたら、社会人になってからトラックの1万メートルで27分38秒25という、
「日本歴代3位」の記録を出したとのこと。

元々最近はずっと「優勝候補」だった日清にスーパールーキーが入ったわけで、
順当に行けば「独走で初優勝」もある気がするのですが、どうなるでしょうね。

5位のトヨタ自動車九州は、今井正人選手、三津谷選手と応援している
選手がいるので、これは完全に願望の予想です。

そして、走り方などに非常に特徴のある、安川電機の飛松誠選手が、
少しでも長くテレビに映るように願っていますdelicious

最後に、参加する37チームを全部書いておきます。

●東日本地区代表(14)
   日清食品グループ、Honda、コニカミノルタ、JALグランドサービス、カネボウ、
   SUBARU、東京電力、JR東日本、富士通、ヤクルト、日立電線、
   小森コーポレーション、プレス工業、自衛隊体育学校

●中部地区代表(6)
   トヨタ自動車、NTN、スズキ、トヨタ紡織、愛知製鋼、愛三工業

●北陸地区代表(2)
   YKK、高田自衛隊

●関西地区代表(6)
   大塚製薬、佐川急便、山陽特殊製鋼、四国電力、NTT西日本、大阪府警

●中国地区代表(4)
   中国電力、JFEスチール、マツダ、中電工

●九州地区代表(5)
   安川電機、旭化成、トヨタ自動車九州、九電工、三菱重工長崎

|

« 今年の走り納め | トップページ | 2010年箱根駅伝の予想 »

コメント

こんばんわ^^
もうすぐですね。
今からとても楽しみです。
私の予想も同じ感じです。
日清にはスーパールーキーが入りましたから、予選会と同様に飛び出すとは思うのですが。
トヨタ自動車九州もまったく同じ理由で、入賞して欲しいと思います。
他にもきっと、箱根駅伝を走った選手が、いろんな実業団で頑張っている姿を見れると思うので、楽しみです。
三が日は早起きして、疲れそうです^^;

投稿: 苗坊 | 2009年12月29日 (火) 22時38分

>苗坊さん

日清の「悲願の初優勝」はなるのでしょうかね。
たぶん優勝候補の筆頭になるとは思いますが、はたしてどうなるか。

箱根で活躍していた選手が「あぁ~、今はこのチームにいるんだ」
と思って観るのも、ニューイヤーの楽しみですよねhappy01

正月の三が日は毎年早起きで、規則正しい生活となりますなsmile

投稿: しげた | 2009年12月30日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/47146024

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年ニューイヤー駅伝の予想:

« 今年の走り納め | トップページ | 2010年箱根駅伝の予想 »