« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

「グリコ」と「かに道楽」と「お好み焼き」

この前の金曜日、土曜日に1泊2日で行った大阪出張に関して、
何回かに分けて長々と書きたいと思います。

金曜日は午前5時に起き、6時過ぎに家を出発をして、
新千歳空港8時35分発の伊丹空港行きのJAL便に
無事に乗ることが出来ました。
Jal

約50人乗りのコンパクトな飛行機でしたsmile

伊丹空港からはモノレールで仕事先へ向かいました。この日の大阪は
最高気温が18℃くらいあったそうで、スーツのみでも、少し暑さを感じる
くらいでした。

仕事に関しての記述は完全に省略して、夕方5時30分頃に無事に業務終了。

ホテルは新大阪駅の近くだったので、まずはモノレールに乗って千里中央駅で
降りて、そこから地下鉄御堂筋線へと乗り換えて新大阪駅まで、極めて順調に
進むことが出来ました。

しかし、泊まるホテルは「JR新大阪駅東口から徒歩3分」とのことだったのですが、
駅の出口を間違ってしまって完全に迷子になり、結局、地下鉄を降りてから30分
ほどかかってようやくホテルを発見coldsweats01

そんなわけで、とにもかくにも無事にホテルにチェックインして荷物を置いて、
再び外出。

現在は関西地方に住んでいる、大学時代の中日ドラゴンズファン仲間のMくんと
約1年半ぶりの「密会」をするため、再び地下鉄に。

途中の梅田駅で無事に合流でき、なんば駅まで。

まずは有名な、
Glico

Konidouraku

「グリコ」と「かに道楽」の大きな看板を見て、これだけで早くも「大阪」を
充分に味わった気分に。

それから、「風月」というお好み焼き屋へ。
Okonomiyaki1
焼いてる途中の段階。僕のは写真右で、「牛すじモダン焼き」というメニュー名
だったかな。上に載っているのは焼きそばです。

Okonimiyaki2
そして完成!全て店員さんがやってくれて、来るたびに

「触れずにこのままお待ちください」

と念を押され続けていましたhappy01

ビールbeerとお好み焼きという素晴らしい組み合わせで、
大変満足でした。

この夜は、Mくんが立ててくれた「お好み焼き&たこ焼き食べ歩き」というプランに
沿っての行動だったので、次はたこ焼きへと。

たこ焼き屋は結局3つの店に行ったのですが、様々な種類を味わえて、
特に最後の店は「美味しんぼ」にも紹介されている店で、その単行本が
家にあって読んだ記憶もあったので、これまた非常に満足でした。

ここまででだいぶ長くなったので、その「たこ焼き食べ歩き」については
また明日以降に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

曽田とミスチルの「HANABI」と私

今日は、我らがコンサドーレ札幌のホーム最終戦の観戦のため、
札幌ドームまで行ってきました。
Sapporodome

今日の札幌は穏やかな天候でしたが、昨日の雪snowは周囲に残っている状態で、
ドームのありがたさを改めて感じました。

そんなところで、今日の試合について詳しく書きたいところなのですが、
今日の試合の余韻と、ボクシングの内藤大助の敗戦のショックとで
長々と書く気力がないので、詳細は後日気が向いた時に
(ボクシングの亀田の3-0判定は極めて妥当だったと思います)。

とりあえず、今日の試合結果は、

コンサドーレ札幌 3-1 横浜FC

得点:前半23分 ハファエル(札幌)
    前半25分 キリノ(札幌)
    後半15分 三浦淳宏(横浜FC)
    後半44分 曽田(PK)(札幌)

です。
31

コンサドーレの3得点も観られたし、試合前のスタメン発表を聞いた時に、

「あれっ、三浦アツってまだ現役だったんだ」

と失礼ながら思ってしまった三浦淳宏の豪快な直接FKのゴールが観られたし、
後半途中出場の三浦カズも観られたし、そして結果的に札幌が勝ったし、
これだけでも充分に満足でした。

しかし、後半40分過ぎに交代で出場したのが、今シーズン限りで現役引退となる、
コンサドーレ札幌に9年間在籍の曽田雄志。

本来の登録はDFなのですが、今日はキリノと交代してのFWの位置に。

そして数分後、細かくは覚えていませんが、とにかく相手のペナルティエリア内に
ボールが落ちて、それを曽田が触って、相手選手が寄ってきて、曽田が倒れて、
そしてPKの判定に。

PKのキッカーは当然のように、そのPKを奪った曽田!

我々の予想通りhappy01、一発目はキーパーにものの見事に止められましたが、
たぶん「キーパーが早く動きすぎ」という判定でやり直しになり、
次はキーパーの逆をついてのゴールでダメ押し点!

この一連の審判の判定については、僕は元々判定の基準をよく知らないので、
特にどうでもいいです。

そのような、

「曽田自らがPKを奪うような可能性のあるプレー」

というシーンが登場しただけでも、大げさに言えば「奇跡」という感じが。

Sodatodorekun

写真がイマイチですが、試合後の曽田とドーレくんです
(曽田の足元にいるのが曽田の息子)。

試合後の曽田の引退セレモニーの前に、ドーム内の大型スクリーンに、
曽田のこの9年間の現役生活のダイジェストの映像が流されました。

その映像のバックに流されていた音楽が、ミスチルの「HANABI」。
去年の9月に発売されたシングルです。

2番から最後まで曲が流れていたのですが、映像とあまりにマッチし過ぎていて、

「もしかして、曽田の今日の日のために作られた曲なのではないのか?」

と思わず錯覚してしまうほどでしたので、著作権は完全に無視して、
今日のドーム内で流れていた2番以降の歌詞を書きます。

------
●HANABI/Mr.Children 

作詞・作曲 桜井 和寿、編曲 Mr.Children&小林 武史

考えすぎて言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振る舞う自分は
それ以上に嫌い

笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初から分かっていたとしたって

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

何度でも君に逢いたい

めぐり逢えたことでこんなに
世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら

逢いたくなったときの分まで
寂しくなったときの分まで

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

君を強く焼き付けたい

誰もが皆 問題を抱えている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

大阪出張より帰宅

昨日、今日と1泊2日で大阪出張でしたが、夜の7時30分頃、
無事に札幌の家まで帰宅しましたhappy01

家に一番近いJR駅で降りて外に出てみると、思ったよりも雪snowが。

仕事は金曜日の午後だけだったのですが、何だかんだ言って
「移動疲れ」というのが結構ありますな。

明日は札幌ドームへコンサドーレ札幌の試合を観に行くので、
それに備えて今夜は早く寝ます。

そんなわけで、「大阪旅行記」は月曜日以降にでも詳しく書きたいと思いますが、
ちょっとだけ写真つきで紹介を。

Glico_3
お馴染みの「グリコ」。

Takooishinbo
美味しんぼ77巻にも紹介されていた、「会津屋」のたこ焼き。

Oosakazyou_2
大阪城。

Hawks
なんばパークスで、南海ホークスの歴史の勉強を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

日曜日は札幌ドームへ

明日から1泊2日の大阪出張です。

仕事は明日の午後で、移動のために明日の朝は5時起きなのが憂鬱では
ありますが、明日の夜と、次の日の土曜日の午後4時発の飛行機に乗るまでは
完全に自由の身なので、そこは嬉しいところhappy01

泊まるのは新大阪駅近くのビジネスホテルなのですが、土曜日は今のところ、

大阪城公園→なんばパークス→関西国際空港

あたりで考えています。

「城好き」の歴女としては、大阪国際女子マラソンでもお馴染みの
大阪城公園は行っておきたいところsmile

さてさて、帰ってきた次の日の日曜日は、札幌ドームで行われる、

「サッカーJ2リーグ コンサドーレ札幌×横浜FC」

のホーム最終戦を観に行く予定です(午後1時キックオフ)。
1129ticket

座席はSB自由席です。たぶんアウェー側に座ると思います。

今年は5月の厚別でのヴァンフォーレ甲府戦以来、2試合目の生観戦に。
その5月の試合は0-0の引き分けだったので、勝敗よりもまずは
ゴールシーンを観たいですな(もちろん札幌のゴール)。

その日の夜は、ボクシングの世界タイトルマッチ、内藤大助と亀田興毅の試合も
あるので、僕としては珍しく内容盛りだくさんの週末の土・日となりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

明後日から大阪出張

明後日の金曜日から、1泊2日で大阪出張の予定です。

先月の10月22日、23日の埼玉出張に続き、
まさかの2ヶ月連続の北海道外の出張(別名:海外出張)。

仕事は金曜日の午後で、5時過ぎには終了予定。

そして職場より、無事に1泊の了承をhappy01

そんなわけで、金曜の夜は自由の身。

現在は関西地方に住んでいる、大学時代の中日ドラゴンズファン仲間の方と、
その金曜日の夜に「密会」が出来そうな模様。

その方から今日、「密会プラン」として、6つほどのプランがメールで
送られてきました。

そのプランの中の単語を並べると(無断掲載だけど、事後承諾でsmile

・お好み焼き&タコ焼き食べ歩き
・戎橋ででっかいグリコ
・新世界で串かつ
・通天閣
・餃子の王将
・梅田
・鶴橋で焼き肉
・十三で大人の世界を堪能

などなど、出来れば3泊くらいして全て味わいたいところdelicious

次の日の土曜日は帰るだけで、元々土曜日は休日なので、何の気兼ねも無く
午後4時頃に関西国際空港発の飛行機で新千歳へと戻る予定。

そんなわけで、土曜日もどこを観光しようか、そんなことで頭が一杯。

すっかり完全に旅行気分ですが、仕事は無難に話が進むように、
皆さんも祈っていてくださいねsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年プロ野球 第2回合同トライアウトの参加選手一覧

今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)の第2回目が神宮球場で行われました。

前回の第1回目の甲子園球場の時と同様に雨が心配されたようですが、
今回は何とか屋外で行われたようです。
参加選手は、日刊スポーツのホームページの情報などによると、
投手11名、野手5名だったようです(1回目は投手27名、野手15名)。

1回目→2回目

の比較の情報を載せた方が分かりやすいかなと思ったので、まずは、以前に
このブログで書いた、1回目の参加選手一覧をコピー&ペーストで貼り付けました。

そして、太字で名前の横に☆があるのが、今日の2回目にも参加した選手
いうことで。

●投手(今回は11名)
  歌藤 達夫(巨人)
  辻本 賢人(阪神) ☆
  丸山 貴史(東京ヤクルト)
  牧野 塁(広島)
  三橋 直樹(横浜)
  山北 茂利(横浜) ☆
   岡本 直也(横浜) ☆

  星野 八千穂(北海道日本ハム)
  津田 大樹(北海道日本ハム)
  三井 浩二(埼玉西武)
  岡本 慎也(埼玉西武)
  山本 歩(埼玉西武) ☆
  小林 憲幸(千葉ロッテ) ☆
  田中 崇博(千葉ロッテ)
  高木 晃次(千葉ロッテ)
  神田 義英(千葉ロッテ)
  山口 和男(オリックス)
  宮本 大輔(オリックス)
  林 恩宇(東北楽天) ☆ (2回目のみの参加)

  伊代野 貴照(元阪神) ☆
  梅原 伸亮(元広島) ☆
  松川 誉弘(元西武) ☆
  前川 勝彦(元オリックス)
  末永 仁志(元千葉ロッテ) ☆
  田中 良平(元千葉ロッテ)
  山田 秋親(元ソフトバンク)
  富岡 久貴(元東北楽天)
  川口 容資(元巨人) ☆

捕手(今回は0名)
  的場 直樹(ソフトバンク)

内野手(今回は3名)
  前田 忠節(阪神)
  今岡 誠(阪神)
  吉田 圭(広島)
  呉本 成徳(横浜) ☆
  斉藤 秀光(横浜) ☆
  西谷 尚徳(東北楽天) ☆
  本間 満(ソフトバンク)
  白川 大輔(千葉ロッテ)
  木元 邦之(オリックス)

外野手(今回は2名)
  中村 公治(中日)
  金子 洋平(北海道日本ハム) ☆
  三浦 貴(埼玉西武)
  大谷 龍次(千葉ロッテ)
  古木 克明(オリックス) ☆

僕が知っている限りでは、1回目のトライアウトを受けた42名の中で、
NPBの12球団と契約が決まったのは、元SBの山田&的場コンビのみ
(千葉ロッテと。正式契約はまだかな?)。

後は今岡が、来春の千葉ロッテのキャンプでの入団テストの誘いを受けている、
そのくらいでしょうか。

昨日の夜のフジテレビの「すぽると」では、元中日、西武の岡本慎也について
取り上げていて、前回のトライアウトの後、12球団からは誘いが無く、
11月16日に韓国へ入団テストを受けに行って、現在は連絡待ちの
状態とのこと。

今日の2回目のトライアウトの後も、元中日の山北(元?和製ランディ・ジョンソン)が
台湾野球関係者と見られる人間に声をかけられていたとの情報が、日刊スポーツに
載っていました。

去年、戦力外となってトライアウトを受けた、夏の甲子園優勝投手の正田樹
(桐生第一高~日ハム~阪神)は、今年は台湾(たしか)でプレーして、
それなりに活躍したとのこと。

そんなわけで、1回目のトライアウトを受けた選手達も、台湾や韓国などの海外、
各地域の独立リーグ、社会人野球の元プロ選手枠など、いろいろ動きがあった
選手も結構多いのかもしれませんね。

古木(横浜、オリ)は、恵まれた体格とパワーが注目され、格闘技界からの
オファーがあるとかの噂もあるようですが。

現役続行を希望する選手達が、1人でも多くとにかく野球を続けられるように、
そう願っています。

そう考えると、1年間「無所属」で浪人して、そして入団テストを受けて
中日ドラゴンズと契約して、今年、一軍の中継ぎで活躍した河原純一は
凄いもんだと、改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

日本タイ記録と日本新記録を生観戦

今シーズンで22年の現役生活を引退した、我らが中日ドラゴンズの立浪和義。

立浪と言えば「通算二塁打の日本記録」が大きな偉業の一つですが、
その記録の達成は今から4年前、2005年5月でした。

・タイ記録……札幌ドームでの日ハムとの交流戦、第2戦目
・新記録……札幌ドームでの日ハムとの交流戦、第3戦目

というわけで、その2試合とも僕は札幌ドームのライトスタンドで生観戦していました。

北海道を本拠地としているチームは日ハムがあるとはいえ、中日とはリーグが違う
ので、札幌ドームでのレギュラーシーズンの試合は年1回の交流戦シリーズのみ
(この年は他に札幌ドームでたしか、巨人×中日の2連戦はあったけど)。

しかも交流戦は、この2005年からスタートしたもの。

そう考えると、中日ドラゴンズの立浪の日本タイ記録と日本新記録を、
住んでいる北海道の札幌の地で、両方とも生で目の前で観られたのは、
ありえないくらいに物凄い幸運だと、今さらながら実感していますhappy01

今年中にはこのブログで「立浪和義、思い出の名シーン特集」を
書きたいと思っています(ついでに「井上一樹列伝」も)。

ちょっとだけ書けば、2004年の日本シリーズ第2戦、
あの松坂大輔から打った同点3ランが一番かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

次が40回目の大会

今日は(今日も)ヒマだったので、今まで僕が参加した
ランニングの大会を数えてみました。

●フル…6回
  北海道マラソン5回、洞爺湖マラソン1回

●ハーフ…27回
  札幌マラソン6回、豊平川ラン&ウォーク(現日刊スポーツ豊平川マラソン)6回、
  北海道ロードレース5回、アコムさっぽろ祭りマラソン3回、
  函館ハーフマラソン3回、おたる運河ロードレース大会3回、
  美唄ピパオイヘルシーロードレース1回

●10キロ…2回
  札幌マラソン1回、ラニングオン・SAPPORO1回

●20キロ…1回
  登別コーザングリーンレース1回

●30キロ…2回
  ピンネシリ登山マラソン2回

●その他(約45キロ?)…1回
  ピンネシリ登山マラソン山頂コース1回

というわけで、今から6年前の札幌マラソンでの10キロをデビュー戦として、
これまで39回の大会に走っていることになっていました。

次が記念すべき「40回目の大会」。

とはいえ、その「次」は、たぶん来年の5月あたりにはなると思いますがhappy01

天気予報を見ると、これから1週間くらいは平年よりも気温が高い日が多くて、
札幌も積雪snowになることはなさそうな気配もありますが、その後はいよいよ
本格的な冬のシーズンになると思われるので、しばらくは「冬眠生活」が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

コンサドーレ札幌がFC岐阜に勝利(4-2)

久しぶりにサッカーのコンサドーレ札幌の話題で。

今日、アウェーの岐阜長良川で行われたFC岐阜戦。

FC岐阜 2-4 コンサドーレ札幌

得点:前半11分 上里(札幌)
    前半20分 ダニルソン(札幌)
    前半21分 ダニルソン(札幌)
    前半32分 佐藤(岐阜)
    後半20分 岩沼(札幌)
    後半22分 佐藤(岐阜)

そんなわけで、前半途中まででいきなり3-0でリードして

「今日は大丈夫だろう」

と思ったら1失点。

後半、岩沼くんのプロ初ゴールで再び3点差にして、

「これで勝利はほぼ決まっただろう」

と、つい安心したら、その直後にまた失点。

そんな、今シーズンの札幌らしい試合展開でしたが、とにかく勝てばいいですhappy01

まぁ、今日の北海道のスポーツと言えば「日ハム優勝パレード」なんでしょうが。

「選手達がオープンカーや2階建てバスに乗って、1キロ程を約30分かけて」

というニュースを聞いて「時速2キロで運転し続けるって、相当難しいんじゃないか?」
と、思わず運転手の技に感心してしまいましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

今日、朝起きてカーテンを開けたら、外一面にうっすらと雪snowが積もっていました。

日中になったらだいぶ無くなりましたが、いよいよ本格的な冬のシーズンが
スタートしそうな気配ですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

ノルディックウォーキング in 北海道2009

10日くらい前に、テレビ北海道で「ノルディックウォーキング in 北海道2009」
という番組を放送していました。

僕はやったことが無いので、「ノルディックウォーキング」と言われても、、

「スキーのストックみたいのを両手で持って、地面を突いて歩くやつ」

というくらいの認識しかなくて、何がどう良いのか、
さっぱり分かっていませんでした。

そんなわけで、この番組は新しい知識を入れるのに非常にタメになったので、
せっかくなので仕入れた知識をメモしておきます。

ノルディックウォーキング
------
スキークロスカントリーの選手がシーズンオフの夏に、体力維持・強化トレーニング
として行っていた練習方法が始まり。

ポール(ストック)を使用することにより、普通の歩行に比べてエネルギー消費率が
20%高くなり、ポールに加重が分散するので、膝・腰への負担が25%軽くなると
言われている。
-------

とのことです。

【使用するポールの長さ=身長×0.65】が一般的な基準だそうです。

ポールには2種類あって、

・ジャパニーズスタイル(ディフェンシャブルスタイル)…手首が固定されるタイプ
・ヨーロッパスタイル(アグレッシブスタイル)…手首が固定されないタイプ

とのこと。何がどう違うかは、実際にやってみないと分かりませんがhappy01

この番組は、10月下旬に真駒内公園で行われた、

「ノルディックウォーキング in 北海道2009」

という大会の模様を中心に放送されていました
(ゲストはレッド吉田とゴルゴ松本のTIM)。

5キロ、10キロ、15キロの部があったそうで、真駒内公園の屋外競技場を
スタート&ゴールとして、真駒内公園内や豊平川河川敷をコースとする、
札幌のマラソン大会でもお馴染みのコースだったようです。

「ノルディックウォーキング」というのはひとまず考えないで
1つこの番組を見ていて思ったことは、
-----
「15キロを走れ」と言われたら、それなりにゆっくりとしたペースで走れば
それほど苦にならないんだろうけど、「15キロを歩け」と言われたら、
歩き切れるか自信が無いなぁ……
-----

「キロ5分」のペースで走れば15キロを1時間15分の計算。
これは想像しても、それほど苦には思いません。

しかし、「一般的な歩行の時速は5キロほど」と言われているので、
そのペースで歩けば、15キロを歩くには3時間かかります。

3時間歩き続けると考えると、想像しただけでかなり苦痛smile

そう考えると、何となく不思議な感じ。「脚をより長い時間動かし続けなければ」
と思うと辛いのかも。

とりあえずこの「ノルディックウォーキング」。一回は試してみたいですなhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

12球団合同トライアウトを受けた選手達の行方は?

アクセス解析によると、先週の水曜日の夜にこのブログで書いた

「2009年プロ野球 第1回合同トライアウトの参加選手」
http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2009/11/2009-6c49.html

の記事の訪問者数が、この1週間で約2500人とのこと。

多少は同じ人をダブってカウントしている部分もあるかと思いますが、
それにしても僕のブログとしては、今までで無かったような驚異的な数字。

グーグルで「プロ野球  トライアウト  参加選手」あたりで検索すると
最初のページに出てくるのと、それと、

「YAHOO!知恵袋」

というページでの質問の回答に、このブログのリンクが貼られた影響が
非常に大きかったようで、気持ち悪いくらいにアクセス数が増えていってますhappy01

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132890736

この12球団合同トライアウトに関しては、
------
各球団は参加選手に対し、興味がある場合評価に応じてテスト終了後1週間以内
までに合格(来季契約)、或いは入団テスト招致の通知をしなければならないが~
------

とのことです(ウィキペディアより)。

まぁ、「その1週間という期限が過ぎたら完全にアウト」というわけでは無いようですが、
ひとまずは一区切りとしての「1週間以内」という期限があるようで。

そんなところで、毎日のようにネットをチェックしているのですが、今のところ、
この第1回目のトライアウトを受けた42名(投手27名、野手15名)の選手達に
対する「契約」「入団テスト」の話題が全く無いようで。

阪神の今岡を含め、「興味を持っている球団がある(らしい)」という程度の
噂レベルの話も、せいぜい2~3名ほど。

例年は、毎日のようにポツポツとそういう話題が出てくるんですけどねぇ。

「テスト終了後1週間以内」が、今日までなのか明日までなのか、「以内」の言葉の
定義がよく分からないのですが、ちょっと気になりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

筋肉痛

昨日の約1ヶ月ぶりのランニングの影響で、今日は両脚の太ももの
前面あたりを中心に、筋肉痛がきました。

階段を降りる時が特に、思いのほかつらかった……。

今日はそれ以外に書くネタが思いつかなかったので、以上でdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

僕の初11月ランをキミに捧ぐ

タイトルは、ある方のブログに書かれていたネタをパクッた参考にしただけなので、
全く気にしないでくださいhappy01

今日は午前中はNHK教育テレビの将棋の時間を、そして昼からは
横浜国際女子マラソンを観て、それから競馬中継の「エリザベス女王杯」と、
テレビばっかりの1日でした。

競馬では、馬連の「7-11」で10万円馬券となったようで、
僕の誕生日が1月17日で「117」なので、少し強引ですが、

「11-7ということで、7-11の馬連を100円買っておけば、10万円だったなぁ」

などと意味の無いことを考えながら、午後4時過ぎからランニングに出ました。

走るのは、10月18日の北海道ロードレースでのハーフ本番以来、ほぼ1ヶ月ぶり。

ペースはおそらく「キロ5分30秒」くらいだったと思いますが、
1時間ほどを走ってきました。

さすがに最初から脚が重たく感じましたが、約1ヶ月ぶりにしては、
思いのほか最後まで順調に走ることが出来ました。

走った後の水はやはり美味しいですな。

もちろん、「水」というのはbeerでは無くて、水道水のことですぞsmile

もう少ししたら、札幌も雪snowが積もって「根雪」となる季節になると思われますが、
積雪が少なくなってくる来年の3月中旬頃までは、今日みたいな感じで、思いつきで
走りたくなったら走るような、そんな「自主トレ期間」でいきたいと思いますhappy01

-----
第1回 横浜国際女子マラソン 結果

優勝:インガ・アドビワ(ロシア) 2:27:28
2位:嶋原 清子(セカンドウィンドAC) 2:28:51
3位:キャサリン・ヌデレバ(ケニア) 2:29:13
4位 ブルーナ・ジェノベーゼ(イタリア) 2:29:57
5位 大平 美樹(三井住友海上) 2:30:22

気温が20℃前後という条件と風もあってか、タイム的にはイマイチでしたが、
「勝負」という点ではオモシロく観ること出来ました。

ヌデレバの序盤からの「先頭集団から微妙に離れた位置で走る」という戦法が
とにかく気になりましたが、結局3位という微妙な結果で、何となく不思議な感じが
残ったままで終了しました。

日本人トップの嶋原選手は、2ヵ月半前の北海道マラソンで優勝していたので、
レベルに格段の差はあれ、とにかく同じ日に同じコースを走った人間としては、
妙に嬉しい結果に。

5位の大平選手は過去3回フルマラソンを走って、
その3回とも4位という成績だったそうで、

「4位だけはイヤ」

というコメントを事前に残していたようですが、たしかに望みどおりに4位では
無かったのですが、たぶん本人が言いたかったのは、そういう意味では無かった
のでしょうねdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

流行語大賞候補

「2009年 ユーキャン新語・流行語大賞」の候補である60語が
発表されたようです。

オリコンのページにその記事が載っていました。
http://life-cdn.oricon.co.jp/news/70639.html#rk

「なるほど」と思う言葉もあれば、初めて聞いたような言葉も結構あります。

候補には入っていないのですが、僕が選ぶなら断トツで

「裸になって何が悪い!」

ですなsmile

「外で裸は悪いことなんだけど、まぁ、OKだよ」

と、僕がその場にいたら、優しく答えたかったところです。

この大賞とトップテンは12月1日に選ばれるとのことですが、
「婚活」「侍ジャパン」「新型インフルエンザ」あたりは確実に
トップテンには選ばれそうな気がします。

それと、絶対に選ばれないでしょうし、僕も今日初めて聞いたのですが、

「のり塩事件」

この言葉の響き、妙に気にいってしまいましたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

サッポロ・イーワン・スタジアム(フットサル施設)

毎年、11月の第2木曜日、つまり今日は「ギネス世界記録の日」だそうです。

火曜日の昼間に、野々村芳和(元コンサドーレ札幌)が出演の「のんのん」という
テレビ番組がHBCで放送されているのですが、録画しておいたのを先程見たら、

「ノノさんが様々な世界記録に挑戦」

という企画をやっていました。

その企画を行った場所は、ノノさんが代表取締役社長を務める株式会社が
運営している「サッポロ・イーワン・スタジアム」というフットサル施設。

テレビでは「東京以北で最大のフットサル施設」と紹介していました。

その企画の中で「100mケンケン走の世界記録に挑戦」というのをやっていて、
施設の横の道路を使って挑戦。
Nono1

ポーズを取るノノさんの後ろに見える赤いものが、屋外のフットサル場の1つで、
完全に木に隠れていますが、右側の白い建物が屋内施設らしいです。

そしてノノさんが挑戦する「ケンケン走」のコースをカメラが映すと、
Nono2

Nono3

おぉ、特に後ろのトンネルのあたりの風景は、見覚えがあるhappy01

このフットサル施設は、白石サイクリングロードのすぐ横にあるのですね。
住所が白石区栄通14丁目なので、地下鉄で言うと東西線の南郷13丁目駅が
近くになるのでしょうか。

この施設は、今年の10月にオープンしたとのこと。

僕は今年は7月の海の日に1回、このサイクリングロードでランニングをしました。
北海道マラソンに向けた長距離練習ということで、北広島のエルフィンロードまでの
往復の32キロ走でした。

その7月の際、ここの横も間違いなく通っていたはずなのですが、
その時はどんな状態だったんでしょうかね。工事中だったのかも
しれませんが、残念ながら記憶に無い。

フットサルは1年くらい前に1回だけやった事があるのですが、

「マラソンランナーだから動けるだろう」

という周囲のそれなりの期待を受けながらも、開始30秒で完全に
息が上がって、長らく味わっていなかったような苦しさが襲ってきました。

100メートルを30秒くらいのペースでなら、体調が普通なら20キロはある程度
余裕を持って走り続けられるのですが、「全力でダッシュ」となると秒殺でダウン。

大抵のスポーツは、上手に行うには「瞬発力」が必要なのでしょうが、
僕の無駄な持久力は、他のスポーツではほとんど生かされない自信がありますsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

2009年プロ野球 第1回合同トライアウトの参加選手

今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)の第1回目が行われました。
-----
*11月25日 午後9時追記
   11月25日に神宮球場で行われた「第2回目」のトライアウトの参加選手一覧に関しては、
  以下のリンク先に載せています。


http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2009/11/2009-afed.html

-----

甲子園球場で行われる予定だったのですが、雨のために、
球場横の室内練習場で行われたとのこと。

参加選手は、某大型掲示板に載っていた情報によると、

●投手(27名)
  歌藤 達夫(巨人)
  辻本 賢人(阪神)
  丸山 貴史(東京ヤクルト)
  牧野 塁(広島)
  三橋 直樹(横浜)
  山北 茂利(横浜)
  岡本 直也(横浜)
  星野 八千穂(北海道日本ハム)
  津田 大樹(北海道日本ハム)
  三井 浩二(埼玉西武)
  岡本 慎也(埼玉西武)
  山本 歩(埼玉西武)
  小林 憲幸(千葉ロッテ)
  田中 崇博(千葉ロッテ)
  高木 晃次(千葉ロッテ)
  神田 義英(千葉ロッテ)
  山口 和男(オリックス)
  宮本 大輔(オリックス)

  伊代野 貴照(元阪神)
  梅原 伸亮(元広島)
  松川 誉弘(元西武)
  前川 勝彦(元オリックス)
  末永 仁志(元千葉ロッテ)
  田中 良平(元千葉ロッテ)
  山田 秋親(元ソフトバンク)
  富岡 久貴(元東北楽天)
  川口 容資(元巨人)

捕手(1名)
  的場 直樹(ソフトバンク)

内野手(9名)
  前田 忠節(阪神)
  今岡 誠(阪神)
  吉田 圭(広島)
  呉本 成徳(横浜)
  斉藤 秀光(横浜)
  西谷 尚徳(東北楽天)
  本間 満(ソフトバンク)
  白川 大輔(千葉ロッテ)
  木元 邦之(オリックス)

外野手(5名)
  中村 公治(中日)
  金子 洋平(北海道日本ハム)
  三浦 貴(埼玉西武)
  大谷 龍次(千葉ロッテ)
  古木 克明(オリックス)

とのこと。

一番注目が高いのは、阪神の今岡でしょうね。それと、15歳でドラフト指名された
同じく阪神の辻本かな。

北海道関係では、西武の三井(足寄高校)とソフトバンクの本間(駒大岩見沢)、
そして日ハムの星野(JR北海道)がいますね。

我らが中日ドラゴンズで受けたのは、外野手の中村公治だけだった模様。
他にも受ける可能性があった選手は2人ほどいたのですが、
そのうちの1人については後で書きます。

オリックスの古木は、豊田大谷高校時代の甲子園でのホームランが印象に
残っているのですが、「未完の大砲」と呼ばれ続けて10年あまり、
「未完」のまま終わってしまうのでしょうか。

どこかに獲得してほしいのですが、守備がイマイチなようですし、
そこもネックになるかも。

今日のトライアウトは、投手は4人の打者と対戦し、打者は7打席以上の
機会を与えられる形式で行われたようです。

実際には、今日1日のこれだけで「新しい発見」というのはなかなか難しく、
各球団は前から獲得候補の選手を決めていて、今日はその「最終確認」
みたいな場合も多いようです。

この第1回目の合同トライアウト前に、戦力外になった選手と他の球団が
契約するのは禁じられているようですが、正式なものではなくても、
事前に「内々定」みたいなのはあるのかもしれません。

以下、日刊スポーツのページより(こちら)。
-------
●巨人が中日戦力外の中里と選手契約
 
  巨人は11日、前中日の中里篤史投手(27)と来季の選手契約に至ったと
 発表した。背番号「63」、推定年俸800万円。
  01年ドラフト1位で中日に入団した中里は、通算32試合に登板し2勝2敗、
 防御率4・54。故障に苦しみ本来の力を出せず戦力外通告を受けていた。
 東京・大手町の球団事務所で会見した中里は「野球ができる環境を与えて
 いただき、うれしい。何とか恩返ししたい」と抱負を語った。
--------

中里が今日のトライアウトを受けずに、そして昼には東京にいたことを
考えたら、少なくとも昨日までの段階で「内々定」に近い連絡はあったの
でしょうね。

「よりによって巨人かよsad

とも思ってしまいますが、たとえ巨人でも復活してくれたら
嬉しいことは嬉しいです。でもやっぱり複雑な心境かも。

例年、このトライアウトからプロ野球の球団と契約できる選手は多くても
7~8名程度のようですが、他にも育成枠や各地域の独立リーグ、
社会人野球の元プロ選手枠など、以前と比べたら野球を続けられる環境は
増えているので、何とか健闘を祈りたいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

今年走った大会

10月18日に行われた、今年の最後の大会である「北海道ロードレース」でハーフを
走って以来、完全な冬眠モードに入っていますが、今年走ったランニングの大会は、

 5月 5日 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ) 1時間32分
 5月24日 洞爺湖マラソン(フル) 3時間28分
 6月21日 おたる運河ロードレース大会(ハーフ) 1時間31分
 7月 5日 ピンネシリ登山マラソン(新十津川町)(山頂コース) 4時間18分
 8月30日 北海道マラソン(フル) 3時間28分
 9月23日 ピパオイヘルシーロードレース(美唄市)(ハーフ) 1時間37分
 9月27日 コーザングリーンレース(登別市)(20キロ) 1時間43分
10月 4日 札幌マラソン(ハーフ) 1時間36分
10月18日 北海道ロードレース(ハーフ) 1時間31分

と、1年間で9つの大会を走りました。今までで最多です。

フルマラソンで念願の「初の3時間30分切り」も出来たし、
ピンネシリ登山マラソンの標高約1100メートルの山頂コースも
何とか無事にゴールしたし、初めて参加の大会も洞爺湖、ピパオイ、
コーザングリーンと3つ出られたし、あり得ないくらいに大満足な1年にhappy01

まぁ、今年になって練習量を特に増やしたわけではなくて、
ここ3年~4年くらいは毎年同じような感じで練習をしてはいたのですが
とりあえず何年間か続けてきた「ご褒美」が今年来たのかなと思っています。

来年は今年と同じように、5月5日の子供の日の「日刊スポーツ豊平川マラソン」
でのハーフを開幕戦にして、そして5月23日の洞爺湖マラソンのフルに挑戦と、
まずはそんな流れでいきたいと、頭の中でぼんやりと考えています
(日程などは推測です)。

とりあえずはまだ半年後の話なので、もうしばらくは、今のオフシーズンの
燃え尽き症候群の気分を満喫していたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

新聞休刊日

僕の毎朝は、布団から何とか這い出てトイレに行ってから、
まずはコップ一杯の水を飲んで、10分くらい北海道新聞の朝刊を読み、
それから顔を剃って寝癖を直して、Yシャツを着て、そして朝食、
そんな流れとなっています。

今朝もそうしようと布団から出たのですが、そこで、

「あぁ~、そういえば今日は新聞休刊日で、朝刊が無いんだなぁ~」

と気付きました。

仕方が無いので、「10分くらい朝刊を読む」を省いて、
すぐに洗面台へと向かいました。

そんなところで、普段より10分早い行動となったわけで、普通に考えたら
今朝は時間に余裕を持って家を出発となるはずだったのですが、
何となくいつもと違うのでリズムが狂って、1つ1つの行動が「もっさり」とした
感じになり、気が付けばいつも通りに慌しく家を出発することにsmile

僕の通勤は、まずは家から2キロほど離れた地下鉄駅まで自転車で行って、
それから地下鉄に乗るのですが、間もなく雪snowで自転車が使えなくなり、
歩いて駅まで行かなければなりません。

そうなると、今より10分ほど早起きしなければならないので、

「たかが10分、されど朝起きる時の10分」

ということで、考えると今から憂鬱ですなdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

Mr.Childrenのコンサートチケットは無念……

12月5日(土)に札幌ドームで行われる、Mr.Childrenのコンサートチケットの
一般の電話予約が、今日の午前10時からありました。

実は今日だという事をすっかり忘れていて、午前10時半頃に思い出して
慌てて電話をかけたのですが、一発目であっさりと、

「予定した枚数の販売は終了しました。ありがとうございました。」

とのメッセージがsad

たぶん10時から電話をかけ続けていたとしても、かなりの高い可能性で
ダメだったとは思いますが、勝負を出来なかったのは痛恨。

最近「ミスチル熱」がやや冷め気味で、コンサートに行きたいという気持ちも
そんなに強くなかったのも事実で、それが原因で電話予約の日も忘れていた
のでしょうが、行けないということがはっきりすると、それはそれでやっぱり
残念な感情が高まってしまいましたdelicious

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

アクセス解析

このブログのアクセス解析、僕が普段見るのは
「アクセス数」「ページ別アクセス数」「生ログ」
くらいなのですが、その他にもいろいろと項目があります。

その中で「OS(端末)」という項目があり、

「訪問者が利用しているOS(端末)が分かります」

とのこと。正直言って、分かっても僕にとっては特にどうということはないのですが、
せっかくなので、過去4か月分の集計結果を。

 1位 Windows XP  59.0% 
 2位 Windows Vista  25.1%
 3位 MacOS-X  3.1%
 4位 Windows 2000  1.8%
 5位 MacPowerPC  1.1%
 6位 Linux i686   0.7%
 7位 Robot/Tool  0.6%
 8位 Windows Me  0.3%
 9位 Windows 98  0.2%
10位 Windows Server 2003   0.2%
11位 Windows NT   0.2%
12位 SoftBank   0.2%
13位 DoCoMo   0.2%
14位 au    0.2%
15位 Linux x86_64   0.2%
16位 Windows CE   0.0%
16位 DigitalTV   0.0%
18位 Linux i386   0.0%
19位 OpenBSD i386    0.0%
19位 Linux    0.0%
19位 SunOS i86pv   0.0%
     判別不能    6.6%

ということで、僕は残念ながら「OSとは何か?」がさっぱり分からないのですが、
今の段階では「Windows XP」を使っている方が半数以上ということでしょうか。

昔は「Windows 95」「Windows 3.1」とかがあったと思いますが、
さすがにそれは無かったようで。

僕の家のパソコンは6年半前に買ったデスクトップ型で、Windows XPです。
もし壊れて新しく買うとなったら、今度は何になるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

相手チームの全力疾走や変化球に激怒した男達

今日の日本シリーズで、巨人相手に東京ドームで好投する
北海道日本ハム先発の藤井秀悟投手を観ていて、
ふと昔の出来事を思い出しました。

今調べてみたら、藤井投手がプロ入り2年目、ヤクルトにいた2001年の時のこと。
この年は最多勝を獲得した年でした。

--------
8-1と7点リードの9回表、2アウト3塁。バッターボックスに入ったその日先発の
藤井がショートゴロを打って1塁に全力疾走したら、1塁の巨人ベンチから
猛烈な勢いのヤジと怒声が飛んできた(メインの声元は元木大介?)。
--------

何のこっちゃ分からないかもしれませんが、僕も未だに何のこっちゃ分かりませんsmile

大量リードしている時の「暗黙の了解」というのがプロ野球界には
あるのかもしれませんが(今もあるのかは分かりませんが)、

「全力疾走をして相手チームから怒られる」

というプロのスポーツの世界って、ある意味凄いですなdelicious

その何年か後に、

「藤川球児に変化球を投げられて激怒」

という選手もいましたね。試合後には

「タフィーも呆れとったわ」

という名言も飛び出したようで。僕の中では、押尾学先生がかつて台湾で放った
「ファッキン・ライト」と並ぶくらいの伝説のフレーズですな。

っていうか、こいつらがいた一昔前の巨人と比べたら、
今の巨人は「豊富な資金力」「若手選手の育成」「ベテラン勢の渋い働き」など、
全てが噛み合ったかなり魅力的なチームに思えちゃったりもするわけで。

とりあえず、今日の日本シリーズ第5戦は「巨人3-2日ハム(阿部のサヨナラ弾)」で、
巨人の3勝2敗。

一応、北海道に住んでいる人間として、日ハムに有利な気休めのデータとして、
ここ5年間で「3勝2敗で第6戦へ」というパターンは2回あって、

2004年 中日3-2西武→中日3-4西武
2008年 巨人3-2西武→巨人3-4西武

と、どっちも西武ですが、両方とも逆転決着の日本一となっています。

しかも西武から見たらどちらも「2勝3敗で敵地へ」というかなり厳しい条件からの
2連勝。今年の日ハムは逆にホームへ戻るわけで。

第7戦目の放送局がテレビ東京系列のようなので、「テレビ東京好き」の
僕にとっては、そういう面からも第7戦までもつれ込んでほしいところです。

それと話は変わって、巨人の坂本選手が東京ドームでバッターボックスに
入る時のテーマ曲が、GReeeeN(eは4つ)の「キセキ」でしたが、
今ネットをいじっていたら、今日1日で、

「電撃解散だ!」
「いやっ、解散なんてしないぞ。ふざけるな!」

などの目まぐるしい動きがあったようで。速過ぎる展開に、
タフィーも呆れとったわ(意味不明)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

2009年の年間走行距離

ジョグノートの記録によると、今年、2009年の年間のランニング距離は、

 1月 50キロ
 2月 30キロ
 3月 80キロ
 4月 155キロ
 5月 127キロ
 6月 146キロ
 7月 179キロ
 8月 206キロ
 9月 52キロ
10月 89キロ

で、今のところの合計距離は1114キロとのこと。

この距離に対して「多い」「普通」「少ない」「変態」という感想は人それぞれだと
思いますが、僕としてはコンスタントに1年間良く走ったと、自画自賛しておきますhappy01
 
ちなみに、今年の「初走り」は、祝日(成人の日)の1月12日でした。

その日にブログで書いた文章をコピー&ペーストしておきます。

-------
●2009年1月12日(月)

今日は午前中に放送されていた「ホノルルマラソン」の番組を見て、
安田美沙子さんにをしました。切ない片想いのスタートです。

女性で初マラソンで4時間24分のゴールって
なかなか出来ないんじゃないでしょうか。
是非とも北海道マラソンに来てほしいhappy01

去年のこの番組ではたしか、

「ホノルルマラソンを一緒に走って、次の日に現地で結婚式を挙げるアベック」

とかを取り上げていて、正直どうでもよかったのでビデオはほとんど早送りでしたが、
今年は大阪学院大高校(?)の人達も微笑ましかったし、非常に満足な1時間の
放送でした。

そんなわけで単純な僕は刺激を受けて、「深い冬眠状態」からあっさりとお目覚め。

昼の12時ちょうどくらいから、1時間程度走ってきました。
ほぼ2ヶ月ぶりのランニングです!
Seizinnnohi

今日は天気が良くて、風も無くそれなりに暖かくて、
今の時期としては走るのには絶好の条件。

少し厚めの靴下を履いて普通の夏靴のランニングシューズで走ったのですが、
特に問題ありませんでした。

さすがに最初から脚が重く感じて辛かったですが、
2ヶ月ぶりにしては思いのほか順調に10キロほどを走ることが出来ました~。

やはり「走り終わった後の水」の美味しさは格別でしたなぁ。
久しぶりの感覚。

もちろん、「水」というのはbeerじゃなくて、普通の水道水ですぞhappy01

3月中旬くらいに予定しているキャンプ・インまでは

「走りたい気分になったら走る」

という感じで、今の自主トレ期間は気ままにいきたいと思います~。
--------


ということで、ここから3月上旬までの「自主トレ期間」は、
10キロくらいを週1ペースで続けていました。

3月中旬からは土・日の両方を走るようにして、距離も少し伸ばして、
そして4月中旬からは、平日も水曜日を中心としてどこかで1日走るようにして、
それを基本的に北海道マラソンまで続けた感じでした。

10月中旬のシーズン最終戦となる北海道ロードレースから、
雪が少なくなって歩道もコンクリートの部分が目立つようになる
翌年の3月中旬頃までは、

「走りたくなったら走るし、走りたくなければ何ヶ月間も一切走らないでも構わない」

という主義なので、今年の1月、2月は「安田美沙子効果」が思いのほか強力で
週1ペースで走っていたのですが、今回のオフシーズンも気ままにいきたいと
思いますhappy01

それと、ある方のブログを見ていたら、来年の東亜湖マラソン、
じゃなくて洞爺湖マラソンなどの日程の情報が載っていました。

http://www.sports-info.co.jp/kokunai/index.html

「スポーツ情報センター株式会社」という会社のページで、
国内外のマラソン大会などのツアーを企画するような会社みたいです。

それによると、2010年は、

5月23日(日) 第36回洞爺湖マラソン
6月 7日(日) 第30回千葉JAL国際マラソン
6月27日(日) 第25回サロマ湖100キロウルトラマラソン

との記載が。

「企画設定中」「日程は後日お知らせいたします」との記載もあるので、
もちろん正式な日程ではないのでしょうが、こういうところに記載するということは、
「例年通り」だけではないある程度の根拠はあるとも思うので、
来年はこの日程というのは可能性は高いのかもしれません。

ちなみに、6月7日(日)→6月6日(日)、千葉→千歳の誤りだと思われますdelicious

今年は初めて洞爺湖マラソンのフルを走ったのですが、来年もまた同じく
洞爺湖でフルに挑戦してみようかなぁ~と思っています。

まだまだ半年以上も先の話なので、あくまで「思っている」だけですがhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

中日ドラゴンズの戦力外通告選手が発表(中里、中村ハム、小川、佐藤亮、菊池、樋口)

この前のドラフトで、育成選手を除いて8人の選手を指名した
我らが中日ドラゴンズ。

そんなわけで、支配下選手登録枠の70人を明らかに越えるわけで、
戦力外通告の選手が何人か出るのは確実だったので、
毎日かなり気になりながら過ごしていました。

とりあえず以前から、

・立浪和義(現役引退)
・井上一樹(現役引退)
・イ・ビョンギュ(契約更新せず!!!!!)

は分かっていたのですが、今日(昨日?)、6選手の戦力外通告が発表されたようで。

・中里 篤史(投手、27)
・中村 公治(外野手、28)
・小川 将俊(捕手、30)
・佐藤 亮太(投手、26)
・菊地 正法(投手、25)
・樋口 賢(投手、19)

中里は「あの想定外のケガさえ無かったらどうだっただろう…」という気持ちは
ありますが、それを言っても仕方が無いところ。

現役を引退してドラゴンズの球団スタッフ入りの予定の選手もいれば、
合同トライアウトを受けて現役続行を希望に入れている選手もいて、
さらにその他の噂がある選手もいるようですが、今後どのような道に
進むとしても、しっかりと生きていってほしいと、

「偉そうに他人の事を心配する前に、お前がもっとちゃんと真面目に生活しろよ」

という突っ込みを受けつつ、エールを贈りたい心境にsmile

合同トライアウトの日程は第1回目は11月11日に甲子園、第2回目が11月25日に
神宮球場で行われるとのこと。

実際、この合同トライアウトで「新たな選手を発見」というのは少なくて、

「獲得候補となっている選手の動きの最終確認」

というのが各球団にとっては主たる目的のようですが、それでも今は以前と比べて
「育成枠」「各地域リーグ」「社会人チーム」など、野球を続けていく道は増えている
ようなので、何とか健闘を祈りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

始球式とサイコメトラーEIJIの小原裕貴

昨日の日本シリーズ中継を観ていたら,試合開始前の始球式で

「始球式は,映画○○に主演の『こはら ゆうき』さんです」

とアナウンサーが言っているのを聞いて、

「昔、ドラマの『サイコメトラーEIJI』に、そんな名前の俳優が出てなかったっけ?
 たしかジャニーズJr.で、ドラマはパート2までやっていたから記憶にあるんだけど。
 でも始球式で投げてる彼は、明らかに若すぎるよなぁ~」

と思ったのですが、先程調べてみたら、2人とも「小原裕貴(こはら ゆうき)」で、
読み方だけでは無くて、漢字も全く一緒の同姓同名だったようで。ちょっとびっくり。

昨日、新庄剛志と一緒に出てきて始球式をした彼は、新庄が初プロデュース映画の
「僕たちのプレイボール(来年初夏公開)」で主演する13歳の俳優とのこと。

もう一方の「サイコメトラーEIJI」の彼は、ジャニーズJr.の中でもかなり人気があった
ようなのですが、その最中に「学業に専念する」で引退(卒業?)したとのこと。

「サイコメトラーEIJI」のドラマでは、1回目の大塚寧々が非常に良かった記憶が。
2回目での同じ役柄が工藤静香になっていて、ちょっとがっかりした記憶もsmile

このドラマで主役だったTOKIOの松岡昌宏と言えば、10年くらい前の
「天国に一番近い男」のパート1(MONOカンパニー勤務のやつ)は、
僕が今まで見たドラマの中で一番お気に入りかも。

そんなわけで、その2年後くらいに放送されたパート2の教師編も
かなり期待していたけど、こっちはあんまりオモシロくなくて、
期待が大きかっただけに非常に残念だった印象があります。

話を最初に戻して、僕は昨日の日本シリーズ中継は最初以外は
ずっとNHK-BSで観ていたのですが、フジテレビ系の清原と新庄の
解説(?)はもの凄かったらしいですね。

今日、職場の人が「あんなの、せめて副音声でやってくれよ」と愚痴っていましたdelicious

清原が「この球審は昔からストライクゾーンが広いんっすよ」と完全な
クレーマーと化していた部分が、特にその方には不愉快だったようで。

ちょっとだけでもいいから、そっちのチャンネルも観ておけば良かったかもhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

日大が優勝-2009年全日本大学駅伝

今日行われた「第41回 全日本大学駅伝(8区間106.8キロ)」。

朝8時からのテレビ朝日での中継を、

・バイクレポートうるせぇ~。割り込んでくるタイミングも悪いし。
・応援FAXいらねぇ~。
・放送終了時間に余裕が無さ過ぎ。
・早稲田大が途中からイマイチのせいか、瀬古さんが静か。

などなど思いながら観ていましたhappy01

【結果】
  優勝 日本大
  2位 東洋大
  3位 明治大
  4位 早稲田大
  5位 山梨学院大
  6位 中央大
 ------
  7位 駒沢大
  8位 中央学院大
  9位 東海大
 10位 第一工業大

 20位 札幌学院大

5区でトップに立った明治大学が、6区、7区とそのトップを維持して、
8区のアンカーへとタスキリレーという、予想外の展開。

アンカーにダニエルがいる3位の日大とは1分50秒くらいの差だったので、
アンカー区間は19.7キロとは言え、「もしかして」と思ったのですが、
中間地点にもいかない7キロから8キロであっさりとダニエル逆転happy01

結局ダニエルが区間賞で、区間2位の中大の選手とは3分30秒くらいの差が
あったようなので、駒大の監督の、

「ダニエルに対しては4分の貯金がほしい」

と言っていたのは正しかったようで。

明大はさらに最後に東洋大にも抜かれましたが、大健闘の3位。
ちょっとびっくりでした。

東洋大は、1区の柏原くん以外はあんまり目立たなかったのですが、
終わってみれば2位と、安定感を感じさせる結果に。

意味の無いコメントなのですが「ダニエルがいなければたぶん優勝」だったわけで。

5位の山梨学院大は留学生選手のコスマスが体調不良で欠場とのことでしたが、
日本人選手だけでこの結果は正直意外。そう言えば3週間前の出雲駅伝でも
5区まではオール日本人で1位でしたし、箱根もオモシロい存在になりそう。

6位の中大は、出雲駅伝の5位に続いて、全く目立たないながらも
終わってみればそれなりの位置にいるという、中大っぽい結果に。
アンカーの選手の快走で、シード権に滑り込み。

7位の駒大は4区の星選手の絶不調があまりに痛かった。
2週間前の箱根の予選会では、星選手は順当にいいタイムで
20キロを走っていたようなのですが、難しいものです。

北海道代表の札幌学院大は、オープン参加の東海学連選抜を除いての
25チーム中で20位の結果。

北海道代表として、少なくともここ10年くらいの間では、最高順位だと思いますhappy01

1区でいきなり最下位で、前の24位のチームとも1分ちょっと差があった時には
どうなるかと思いましたが、そこから地道に順位を上げていったようで、
なかなかの結果だったと思います。

2ヵ月後の箱根駅伝は、10区間で1人平均の距離が20キロを超えるという、
今日の大会よりも人数も距離も増えるので、そしてたしか留学生は1人しか
使えなかったようなルールがあったと思うので、そう考えると、
出雲と全日本を優勝した日大はちょっと苦しいのかとも思います。

5区の山登りの柏原くんでかなりの貯金も期待できる東洋大が、
今日の全日本の安定感を見ても、優勝候補の筆頭のような気がします。

後は早大、そして何だかんだ言って駒大あたりでしょうか。

山梨学院大や明治大あたりが上位に来るとオモシロくなりそう。
後は理不尽な「シード権剥奪」を受けた日体大にも期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »