« 12球団合同トライアウトを受けた選手達の行方は? | トップページ | 雪 »

2009年11月18日 (水)

ノルディックウォーキング in 北海道2009

10日くらい前に、テレビ北海道で「ノルディックウォーキング in 北海道2009」
という番組を放送していました。

僕はやったことが無いので、「ノルディックウォーキング」と言われても、、

「スキーのストックみたいのを両手で持って、地面を突いて歩くやつ」

というくらいの認識しかなくて、何がどう良いのか、
さっぱり分かっていませんでした。

そんなわけで、この番組は新しい知識を入れるのに非常にタメになったので、
せっかくなので仕入れた知識をメモしておきます。

ノルディックウォーキング
------
スキークロスカントリーの選手がシーズンオフの夏に、体力維持・強化トレーニング
として行っていた練習方法が始まり。

ポール(ストック)を使用することにより、普通の歩行に比べてエネルギー消費率が
20%高くなり、ポールに加重が分散するので、膝・腰への負担が25%軽くなると
言われている。
-------

とのことです。

【使用するポールの長さ=身長×0.65】が一般的な基準だそうです。

ポールには2種類あって、

・ジャパニーズスタイル(ディフェンシャブルスタイル)…手首が固定されるタイプ
・ヨーロッパスタイル(アグレッシブスタイル)…手首が固定されないタイプ

とのこと。何がどう違うかは、実際にやってみないと分かりませんがhappy01

この番組は、10月下旬に真駒内公園で行われた、

「ノルディックウォーキング in 北海道2009」

という大会の模様を中心に放送されていました
(ゲストはレッド吉田とゴルゴ松本のTIM)。

5キロ、10キロ、15キロの部があったそうで、真駒内公園の屋外競技場を
スタート&ゴールとして、真駒内公園内や豊平川河川敷をコースとする、
札幌のマラソン大会でもお馴染みのコースだったようです。

「ノルディックウォーキング」というのはひとまず考えないで
1つこの番組を見ていて思ったことは、
-----
「15キロを走れ」と言われたら、それなりにゆっくりとしたペースで走れば
それほど苦にならないんだろうけど、「15キロを歩け」と言われたら、
歩き切れるか自信が無いなぁ……
-----

「キロ5分」のペースで走れば15キロを1時間15分の計算。
これは想像しても、それほど苦には思いません。

しかし、「一般的な歩行の時速は5キロほど」と言われているので、
そのペースで歩けば、15キロを歩くには3時間かかります。

3時間歩き続けると考えると、想像しただけでかなり苦痛smile

そう考えると、何となく不思議な感じ。「脚をより長い時間動かし続けなければ」
と思うと辛いのかも。

とりあえずこの「ノルディックウォーキング」。一回は試してみたいですなhappy01

|

« 12球団合同トライアウトを受けた選手達の行方は? | トップページ | 雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/46797803

この記事へのトラックバック一覧です: ノルディックウォーキング in 北海道2009:

« 12球団合同トライアウトを受けた選手達の行方は? | トップページ | 雪 »