« 大阪出張より帰宅 | トップページ | 「グリコ」と「かに道楽」と「お好み焼き」 »

2009年11月29日 (日)

曽田とミスチルの「HANABI」と私

今日は、我らがコンサドーレ札幌のホーム最終戦の観戦のため、
札幌ドームまで行ってきました。
Sapporodome

今日の札幌は穏やかな天候でしたが、昨日の雪snowは周囲に残っている状態で、
ドームのありがたさを改めて感じました。

そんなところで、今日の試合について詳しく書きたいところなのですが、
今日の試合の余韻と、ボクシングの内藤大助の敗戦のショックとで
長々と書く気力がないので、詳細は後日気が向いた時に
(ボクシングの亀田の3-0判定は極めて妥当だったと思います)。

とりあえず、今日の試合結果は、

コンサドーレ札幌 3-1 横浜FC

得点:前半23分 ハファエル(札幌)
    前半25分 キリノ(札幌)
    後半15分 三浦淳宏(横浜FC)
    後半44分 曽田(PK)(札幌)

です。
31

コンサドーレの3得点も観られたし、試合前のスタメン発表を聞いた時に、

「あれっ、三浦アツってまだ現役だったんだ」

と失礼ながら思ってしまった三浦淳宏の豪快な直接FKのゴールが観られたし、
後半途中出場の三浦カズも観られたし、そして結果的に札幌が勝ったし、
これだけでも充分に満足でした。

しかし、後半40分過ぎに交代で出場したのが、今シーズン限りで現役引退となる、
コンサドーレ札幌に9年間在籍の曽田雄志。

本来の登録はDFなのですが、今日はキリノと交代してのFWの位置に。

そして数分後、細かくは覚えていませんが、とにかく相手のペナルティエリア内に
ボールが落ちて、それを曽田が触って、相手選手が寄ってきて、曽田が倒れて、
そしてPKの判定に。

PKのキッカーは当然のように、そのPKを奪った曽田!

我々の予想通りhappy01、一発目はキーパーにものの見事に止められましたが、
たぶん「キーパーが早く動きすぎ」という判定でやり直しになり、
次はキーパーの逆をついてのゴールでダメ押し点!

この一連の審判の判定については、僕は元々判定の基準をよく知らないので、
特にどうでもいいです。

そのような、

「曽田自らがPKを奪うような可能性のあるプレー」

というシーンが登場しただけでも、大げさに言えば「奇跡」という感じが。

Sodatodorekun

写真がイマイチですが、試合後の曽田とドーレくんです
(曽田の足元にいるのが曽田の息子)。

試合後の曽田の引退セレモニーの前に、ドーム内の大型スクリーンに、
曽田のこの9年間の現役生活のダイジェストの映像が流されました。

その映像のバックに流されていた音楽が、ミスチルの「HANABI」。
去年の9月に発売されたシングルです。

2番から最後まで曲が流れていたのですが、映像とあまりにマッチし過ぎていて、

「もしかして、曽田の今日の日のために作られた曲なのではないのか?」

と思わず錯覚してしまうほどでしたので、著作権は完全に無視して、
今日のドーム内で流れていた2番以降の歌詞を書きます。

------
●HANABI/Mr.Children 

作詞・作曲 桜井 和寿、編曲 Mr.Children&小林 武史

考えすぎて言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振る舞う自分は
それ以上に嫌い

笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初から分かっていたとしたって

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

何度でも君に逢いたい

めぐり逢えたことでこんなに
世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら

逢いたくなったときの分まで
寂しくなったときの分まで

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

君を強く焼き付けたい

誰もが皆 問題を抱えている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

|

« 大阪出張より帰宅 | トップページ | 「グリコ」と「かに道楽」と「お好み焼き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/46893795

この記事へのトラックバック一覧です: 曽田とミスチルの「HANABI」と私:

« 大阪出張より帰宅 | トップページ | 「グリコ」と「かに道楽」と「お好み焼き」 »