« 今年走った大会 | トップページ | サッポロ・イーワン・スタジアム(フットサル施設) »

2009年11月11日 (水)

2009年プロ野球 第1回合同トライアウトの参加選手

今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)の第1回目が行われました。
-----
*11月25日 午後9時追記
   11月25日に神宮球場で行われた「第2回目」のトライアウトの参加選手一覧に関しては、
  以下のリンク先に載せています。


http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2009/11/2009-afed.html

-----

甲子園球場で行われる予定だったのですが、雨のために、
球場横の室内練習場で行われたとのこと。

参加選手は、某大型掲示板に載っていた情報によると、

●投手(27名)
  歌藤 達夫(巨人)
  辻本 賢人(阪神)
  丸山 貴史(東京ヤクルト)
  牧野 塁(広島)
  三橋 直樹(横浜)
  山北 茂利(横浜)
  岡本 直也(横浜)
  星野 八千穂(北海道日本ハム)
  津田 大樹(北海道日本ハム)
  三井 浩二(埼玉西武)
  岡本 慎也(埼玉西武)
  山本 歩(埼玉西武)
  小林 憲幸(千葉ロッテ)
  田中 崇博(千葉ロッテ)
  高木 晃次(千葉ロッテ)
  神田 義英(千葉ロッテ)
  山口 和男(オリックス)
  宮本 大輔(オリックス)

  伊代野 貴照(元阪神)
  梅原 伸亮(元広島)
  松川 誉弘(元西武)
  前川 勝彦(元オリックス)
  末永 仁志(元千葉ロッテ)
  田中 良平(元千葉ロッテ)
  山田 秋親(元ソフトバンク)
  富岡 久貴(元東北楽天)
  川口 容資(元巨人)

捕手(1名)
  的場 直樹(ソフトバンク)

内野手(9名)
  前田 忠節(阪神)
  今岡 誠(阪神)
  吉田 圭(広島)
  呉本 成徳(横浜)
  斉藤 秀光(横浜)
  西谷 尚徳(東北楽天)
  本間 満(ソフトバンク)
  白川 大輔(千葉ロッテ)
  木元 邦之(オリックス)

外野手(5名)
  中村 公治(中日)
  金子 洋平(北海道日本ハム)
  三浦 貴(埼玉西武)
  大谷 龍次(千葉ロッテ)
  古木 克明(オリックス)

とのこと。

一番注目が高いのは、阪神の今岡でしょうね。それと、15歳でドラフト指名された
同じく阪神の辻本かな。

北海道関係では、西武の三井(足寄高校)とソフトバンクの本間(駒大岩見沢)、
そして日ハムの星野(JR北海道)がいますね。

我らが中日ドラゴンズで受けたのは、外野手の中村公治だけだった模様。
他にも受ける可能性があった選手は2人ほどいたのですが、
そのうちの1人については後で書きます。

オリックスの古木は、豊田大谷高校時代の甲子園でのホームランが印象に
残っているのですが、「未完の大砲」と呼ばれ続けて10年あまり、
「未完」のまま終わってしまうのでしょうか。

どこかに獲得してほしいのですが、守備がイマイチなようですし、
そこもネックになるかも。

今日のトライアウトは、投手は4人の打者と対戦し、打者は7打席以上の
機会を与えられる形式で行われたようです。

実際には、今日1日のこれだけで「新しい発見」というのはなかなか難しく、
各球団は前から獲得候補の選手を決めていて、今日はその「最終確認」
みたいな場合も多いようです。

この第1回目の合同トライアウト前に、戦力外になった選手と他の球団が
契約するのは禁じられているようですが、正式なものではなくても、
事前に「内々定」みたいなのはあるのかもしれません。

以下、日刊スポーツのページより(こちら)。
-------
●巨人が中日戦力外の中里と選手契約
 
  巨人は11日、前中日の中里篤史投手(27)と来季の選手契約に至ったと
 発表した。背番号「63」、推定年俸800万円。
  01年ドラフト1位で中日に入団した中里は、通算32試合に登板し2勝2敗、
 防御率4・54。故障に苦しみ本来の力を出せず戦力外通告を受けていた。
 東京・大手町の球団事務所で会見した中里は「野球ができる環境を与えて
 いただき、うれしい。何とか恩返ししたい」と抱負を語った。
--------

中里が今日のトライアウトを受けずに、そして昼には東京にいたことを
考えたら、少なくとも昨日までの段階で「内々定」に近い連絡はあったの
でしょうね。

「よりによって巨人かよsad

とも思ってしまいますが、たとえ巨人でも復活してくれたら
嬉しいことは嬉しいです。でもやっぱり複雑な心境かも。

例年、このトライアウトからプロ野球の球団と契約できる選手は多くても
7~8名程度のようですが、他にも育成枠や各地域の独立リーグ、
社会人野球の元プロ選手枠など、以前と比べたら野球を続けられる環境は
増えているので、何とか健闘を祈りたいです。

|

« 今年走った大会 | トップページ | サッポロ・イーワン・スタジアム(フットサル施設) »

コメント

日ハムファンの僕としては、丸山 貴史(東京ヤクルト)や三橋 直樹(横浜)あたりは欲しいですね^^

投稿: TUBE | 2009年11月13日 (金) 01時00分

>TUBEさん

はじめまして!コメントありがとうございます!

横浜の三橋は一時期、先発で結構投げていましたよね。
今年は名前は聞かなかったような気がしますが、
たしかに安い年俸での獲得は魅力的かも。

日ハムの星野は、去年は一軍の中継ぎでそこそこ投げていたのだから、
何となくもったいない気も。

投稿: しげた | 2009年11月13日 (金) 21時36分

僕は西武の岡本慎也投手やソフトバンクの的場直樹捕手あたりもまだまだやれそうな気がします。ぜひ他球団で活躍してほしいものです。

投稿: BREED | 2009年11月13日 (金) 23時08分

>BREEDさん

はじめまして!コメントありがとうございます!

中日ドラゴンズファンとしては、元中日の岡本慎也の行方は
気になります。高い年俸も戦力外の要員だったのかもしれないので、
実力的にはまだやれそうな気もしますよね。

的場はあのキャラクターが好きなので、どこか他球団へと期待しているの
ですが、バッティングがイマイチなのが少し厳しいところかも。

そろそろトライアウト組の契約のニュースを聞きたいですねhappy01

投稿: しげた | 2009年11月13日 (金) 23時34分

中日ファンの僕としては、中継ぎ陣の補強が必要だと 思うので、オリックスの山口和男投手や日本ハムの
星野八千穂投手あたりをとってほしいですね。    また河原純一投手のように活躍するかもしれないので。

投稿: BREED | 2009年11月14日 (土) 22時16分

>BREEDさん

おぉ~、ドラゴンズファンでしたかhappy01

今年は、河原純一が一軍で投げ始めた交流戦の途中から、
ドラゴンズの成績もぐっと上がりましたよねぇ。

今年の状態がどうだったのかは分かりませんが、僕も日ハムの星野や
オリの山口は気になりますね~。

投稿: しげた | 2009年11月15日 (日) 21時00分

どうやら千葉ロッテが元ソフトバンクの山田秋親投手や
的場直樹捕手元オリックスの川越英隆投手らの獲得を
進めているそうです。ぜひ活躍してもらいたいですね。

投稿: BREED | 2009年11月18日 (水) 21時52分

>BREEDさん

おぉ~、そういう情報があるのですね。

そう言えば千葉ロッテは、捕手登録の橋本がFAとか、
抑えのシコースキーが退団とか、ニュースになっていました。

それとその情報を考えると、ちょうどポジション的には合いますね。
まずはとにかく契約に辿り着いて、そして活躍して欲しいhappy01

投稿: しげた | 2009年11月18日 (水) 22時39分

千葉ロッテが前紹介した山田、川越両投手と的場捕手を獲得するようです
また元ソフトバンクの篠原投手を横浜が獲得するようです 篠原投手は今年一軍での登板がありませんが実績はあるので故障さえなければ活躍しそうですね

投稿: BREED | 2009年11月20日 (金) 22時12分

>BREEDさん

少しずつ決まっていっているようですね。それでもまだ
決まっていない選手が大半でしょうし、そう考えると
厳しい世界ですね……。

投稿: しげた | 2009年11月21日 (土) 14時36分

巨人、東京ヤクルトと2度も自由契約を受けてしまった斉藤宜之選手は、1回目のトライアウトには参加していなかったようなのですが、2回目の(25日神宮)には参加する可能性はあるのでしょうか?

投稿: akkiy | 2009年11月22日 (日) 09時09分

>akkiyさん

コメントありがとうございます!

うーん、どうなんでしょうか。1回目に参加していなくて
2回目に参加というケースはあまり多くないような気もしますが、
可能性としてはあるとは思いますhappy01

投稿: しげた | 2009年11月22日 (日) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/46735926

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年プロ野球 第1回合同トライアウトの参加選手:

« 今年走った大会 | トップページ | サッポロ・イーワン・スタジアム(フットサル施設) »