« クライマックスシリーズやボクシングや駅伝など | トップページ | あられ »

2009年10月10日 (土)

西岡が防衛、リナレスは衝撃の1RKO負け

今日行われたボクシングのダブル世界タイトルマッチ、
WOWOWの無料放送で観ることができました。

●WBC世界S.バンタム級タイトルマッチ
  チャンピオン 西岡 利晃(帝拳) VS 挑戦者 イバン・エルナンデス(メキシコ)

【結果】西岡の3R終了TKO勝ち(3度目の防衛)

僕と同じ年齢の西岡、無事に防衛で良かったですhappy01

3Rの(たぶん)残り1分くらいで強烈な左のパンチがアゴに入り、
どうやらそのパンチでエルナンデスがアゴを骨折した模様。

そのため、4R開始のゴングが鳴った時に棄権の意思表示。

あまりにも唐突な終わり方で、かなり消化不良気味ではありますが、
「強烈なアゴ割りパンチ」ということで、完勝でした。

次はラファエル・マルケス(メキシコ)かファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)か
セレスティーノ・カバジェロ(パナマ)か。

とにかく、一番ファイトマネーが高くなる相手と闘ってほしいsmile

●WBA世界S.フェザー級タイトルマッチ
  チャンピオン ホルヘ・リナレス(帝拳) VS 挑戦者 ファン・カルロス・サルガド
                                            (メキシコ)

【結果】サルガドの1R1分13秒TKO勝ち(新王者)

いやぁ、衝撃的でした、びっくりしました、呆然としてしまいました……。

最初のダウンは、きちんとガードして、パンチが当たったようには
見えなかったので、

「脚がもつれたか、バランスを崩したか」

と思っていたら、立ち上がった後、かなりダメージがある様子。

そして再開後に一気に連打を浴びて2度目のダウン。
再び立ち上がるも、カウント途中でレフェリーストップ。

ホントに衝撃的でした。

後で超スローVTRで見ると、最初のダウンは、左のパンチがしっかりと
こめかみの辺りにクリーンヒットしていたようで。
急所にピンポイントに入ってしまったのでしょうかね。

3回目になりますが、とにかく衝撃的でした。それしか言葉がありません……。

それと、このリナレスの試合の後にダイジェスト版で放送された、
東洋太平洋フェザー級タイトルマッチの「細野 悟 VS 榎 洋之」が
非常に白熱してオモシロかった試合のような印象が。

たぶん無理と思いますが、フルラウンドを是非とも観てみたい
(細野が3-0の判定で防衛)。

そんなわけで、国歌斉唱の時に、「元(今も?)X JAPAN」のTOSHIが出てこなくて
ほっと一安心した土曜日でしたsmile

|

« クライマックスシリーズやボクシングや駅伝など | トップページ | あられ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/46451690

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡が防衛、リナレスは衝撃の1RKO負け:

« クライマックスシリーズやボクシングや駅伝など | トップページ | あられ »