« 完走!-2009年ピパオイヘルシーロードレース(美唄市) | トップページ | コンサドーレ札幌の練習を見学 »

2009年9月24日 (木)

「2009年ピパオイヘルシーロードレース(美唄)」の完走記

昨日走った、

「第18回ピパオイヘルシーロードレース 兼 第14回美唄市ハーフマラソン大会」

の完走記っぽいものを長々と。
Bibai01_2

左脚の状態がイマイチだったので、参加せずに「美唄観光」を兼ねた応援の
予定でしたが、当日の心変わりにより走ることにsmile

そこら辺の心境の変化が、自分の中ではかなりオモシロいものがあったのですが、
たぶん他の人には何もオモシロくないと思うので省略します。

まずは朝5時に目覚ましをセットして無事に起床。

朝食を食べて、無事にトイレの大も済ませ、6時15分頃に家を出発。

まずは家から一番近いJRの駅まで自転車で移動して、そしてその駅には
余裕を持って到着できて、10分ほどの乗車で札幌駅へ。

そして、6時58分発の滝川行きの列車に乗り換えて、
8時12分に美唄駅に到着。
Bibai1
美唄駅は綺麗で立派でした。

さて、この美唄駅で列車から降りた際、それっぽいランナーの姿は
せいぜい7~8人。もう少し多いかと思ったのですが、
自動車で移動する人が大多数だったようで。

美唄駅からスタート会場の美唄市総合体育館までは
徒歩で10分程度ということでしたが、

「駅からは、それっぽい服装をした人の後ろをついていけばいいや」

と油断していて下調べをしていなかったのですが、思ったよりもはるかに
その人数が少なく、しかも駅に着いた後にトイレに行ったり帰りの列車の
出発時刻を調べていたりしたら、それらのランナーっぽい服装の方々の姿も
見えなくなってしまいました。

ゼッケン引き換えのハガキに、美唄駅からその総合体育館までの略図は
記載されていたのですが、それを見ても正直良く分からないdelicious

「ホントにこっちでいいのか?」

と不安に思いながら歩いていると、前方に駐車場で車を誘導している人を
発見して、「あぁ~、たぶんこれだな」と一安心。
Babai2

この体育館の中は開放されていて、無料のコインロッカーもあり、
僕は使用しませんでしたがこれまた無料のシャワー室もあり、
非常に便利な感じでした。

Babai3
陸上自衛隊美唄駐屯地の方々がスタンバイ。心強い。
ご協力、ありがとうございました。

Bibai4
空は晴れ渡っていましたsun

昨日の最高気温は、美唄市に近い岩見沢市で24.1℃ということで、
平年よりも3℃くらい高かったそうで、日差しも強く、暑さを感じながらの
走りとなりました。

そしてスタート10分前くらいにスタート地点に移動。

車椅子の部に参加する方々がまず前に並んで、その後ろは
ハーフ、10キロ、5キロ、3キロ、2キロ、親子ペア(3キロ)の部に
参加するランナーが混在して並びました。

これもローカルな大会という感じで、のどかな雰囲気。
参加者は全部でたぶん500人~600人くらいだったと思います。

僕は一応、結構前の方に並ばせていただきました。

まずは午前10時に車椅子の部がスタート。その2分後くらいに
その他のランナーが全ての種目で同時にスタート。

スタートの混雑はほとんど無く、北海道マラソンの時と比べたら
天国のようなストレスの無いスタート。

Bibai5

基本的に、このような景色を両側に眺めながらの21キロでした。

そして走り出すとやはり暑い。それと、思いのほかアップダウンがあった感じでした。

スタートしてしばらくすると、フォームが非常に綺麗で、ピッチもペースも
ちょうど良さそうな方をすぐ前方に発見し、勝手に「ペースメーカー」に認定。

あまり後ろにぴたっと張り付くと気持ち悪いと思われるので、
5メートルくらい離れた後方で、気付かれないようにストーカー行為を。

そんなわけでしばらく快適に進んだのですが、10キロの部の折り返し地点で、
その方が痛恨の折り返し。10キロの部に参加の方でした。

一応はゼッケンの色で種目の区別は分かるのですが、
この大会はゼッケンが1枚だけで、ほとんどの人は胸に着けていたため、
後ろからはその人がどの種目を走っているのかが判別出来ませんでした。

そんなわけで、僕が勝手にペースメーカーに認定していた方は
いなくなってしまいましたが、心配だった左脚の状態も、
万全ではないにしろボチボチの感じで、今のところは大きな問題は無し。

この10キロの部の折り返し地点の直前で給水地点があったと思います。
かなり暑さを感じていたのですが、ここで水を口に含んで、残りを首筋にかけて、
何とか一息ついた感じ。

10キロの部の折り返し地点を過ぎて少ししてから、
-------
あぁ~、たぶんこの大会は、折り返しの完全同一コースだから、
10キロの部の折り返し地点が5キロっていうことなのかな
-------

とようやく気付きました。そこで時計を見たので正確なタイムは分かりませんが、
たぶん5キロの通過は23分ちょうどくらいだったと思います。今の状態では
なかなかいいペース。

ここからは一直線の道をひたすら走ります。もしかしたら4キロくらいあったのかも。

まずまず順調な感覚で走ってはいたのですが、やはり暑い。

長い直線道路を終えて左折して、しばらくすると前方に給水地点っぽいものが
目に入ってきました。

「早く水を飲みたい。もう少しの辛抱。」

と思っていたのですが、近づいてみて気付いたことは、

「あの給水地点は、折り返してきたランナー用」

ということ。

そんなわけで、右側の給水地点を恨めしそうに(?)見やりながら左折。

そして少し走ると折り返し地点。たぶんここが中間地点。
タイムは48分10秒くらいでした。

単純に倍すると1時間36分20秒。ゴールタイムが1時間37分36秒で、
後半もそんなにペースダウンしなかったようなので、内容的には満足happy01

折り返してから、ようやく待望の給水地点が。

紙コップを2つ貰って、1つは口に、もう1つは頭からかぶりました。
少しだけ生き返った感じ。

そしてしばらく走ってから右折して、例の長い一直線の道路へ。

景色はだいたいが「両側に畑」であまり変化も無いため、
前方の道路標識や何箇所かあった信号などを目標にして
何とか走り続けました。だいぶ脚が重たくなってきた感じ。

そしてようやく長い直線道路を終えて、左折して待望の給水地点。
ここでも先程と同じように紙コップを2つ貰って、1つは口に、もう1つは頭から。

ここで「残り5キロ」の表示が。

ここからは1キロごとに「残り○キロ」の表示があったのですが、

残り5キロ~残り4キロ 4分41秒
残り4キロ~残り3キロ 4分45秒
残り3キロ~残り2キロ 4分49秒
残り2キロ~残り1キロ 4分47秒
残り1キロ~ゴール   4分34秒

というのが手元の時計に記録されたラップで、何とか粘って最後まで走れました。

この大会のハーフに申込んでいたのは、公認・一般合わせて男子が227人、
女子が40人ということで、折り返してからの後半は1人で走るような感じに
なってしまうことも多かったのですが、前方を走っている方々に対して、

「ペースダウンして、僕の大きな目標になってくれ~」

と、後ろからうっとおしい念力を送り、落ちてくる方を何とかポツリポツリと
抜くことにより元気を出していました。

残り5キロくらいからは、
----
ハーフマラソンが20キロだったらいいのに。そこからの1キロちょっとが
有ると無しでは大きな違いだよなぁ~
----

というような事ばかり考えていましたが、とにかく残り1キロの表示を過ぎて、
少し走ってからの交差点で最後の左折。
Bibai6
この交差点を左折すると後はゴール地点まで一直線。しかしこの直線が
おそらく400メートル~500メートルくらいはあったかと思います。

遠くに何となくゴールっぽいものが見えるのですが、それがなかなか近づかない…。

しかし、そうやって最後の苦しみを味わっていると途中で、

「ゼッケン○○○番の△△くん、間もなくゴールです。札幌からの参加です」

のようなアナウンスが。ピンネシリ登山マラソンの時と同じように、
こういうサービスが妙に嬉しい気分にhappy01

Bibai7

そして無事にゴール。タイムは1時間37分36秒。

その後は水を飲んだ後に完走証を貰って、そしてその隣の抽選箱から
クジを引きましたが、「ゴミ袋」の大当たり(?)。

他には焼きそばとかジャガイモとかがあったようです。
全員が何か貰えるというのは良いですねhappy01

そこからは「無料の豚汁」をいただいて、着替えてから1パック500円の
美唄焼き鳥とコカコーラで昼食。体育館前の芝生に座ってゆっくりと。
Bibai04

そして会場を後にして、美唄駅から午後2時30分発の列車に乗って、
家には午後4時30分ころに到着。

残念だったのは、原監督の胴上げに間に合ってしまったこと……。
中日ドラゴンズファンとしては無念の一言。

そんなわけでこの大会は初参加だったのですが、雰囲気もかなり良くて、
非常に充実した休日の1日となりましたhappy01

|

« 完走!-2009年ピパオイヘルシーロードレース(美唄市) | トップページ | コンサドーレ札幌の練習を見学 »

コメント

こんばんわ。
ピパオイお疲れ様でした!
私の初のハーフはへたれタイムで終わりました。
折り返しはおそらくしげたさんと同タイム位でしたが
15キロ地点を過ぎたあたりで突然足がつってしまい
途中歩いてしまいました。結局2時間はかろうじて切るタイムでした。悔しいです!!
しげたさんのハーフの練習方法を伝授してくださーい!

投稿: モンゴルマン | 2009年9月24日 (木) 22時01分

 結構いいタイムでゴールしたじゃないですか!電車で移動というのもいいですね。まず車で会場に行くしか考えないので、エコの時代の理想です。昔は各大会に車で走りましが、今はそこまでして走らなくてもということで旭川近郊のレース中心です。電車で行ってとも考えられませんね。駅伝で仲間と車移動が楽でいいかも。もちろんすべて割り勘です。                豊平川駅伝は28回目ですごい参加チームでした。私たちが出た壮年の部(35歳から)は9時40分スタート。これ以外にあと2回スタートがあり、3回目は11時30分頃のスタートで終わりが2時30分位で表彰が2時45分から、まだ走っていた人もいました。うちのチームは入賞した(鮭があたります)ので表彰まで待つのが大変で焼肉をして待っている人も多く来年は焼肉セットを持っていこうか?なんて話しています。本当はあの辺は火を使ってはいけないみたいですね。抽選会で更にもう1本ゲットしました。     駅伝楽しいよ1度やってみませんか?27日は旭川ハーフです。40分以内でゴールできればいいやと思っています。

投稿: kikubonzu | 2009年9月24日 (木) 22時39分

こんばんは!!
ブログにコメント、どうもありがとうございました!!

ゴール付近の方々の声援、すっごい嬉しかったですヨhappy02
何人か拍手してくださる方がいて、どの人かはわかりませんが印象に残っておりました。
本当に有難かったです。どうもありがとうございました。

そしてしげたさんの記録、本当に速いですね。羨ましいです。私もこれから、何回か大会に出られれば出て、慣れていきたいなと思っております。

美唄は本当に暑かったですね!!
焼き鳥私も買いましたが、おいしかったです。豚汁もおいしくて、ついついおばさま方に勧められ2杯食べてしまいました(笑)

足の調子は大丈夫ですか?
私は水ぶくれに苦しんでおります。

昨日はお互い、お疲れ様でしたwink

投稿: pikkies | 2009年9月24日 (木) 23時11分

>モンゴルマンさん

記念すべき初ハーフ、お疲れさまでした~。

折り返し地点では近くを走っていたようなんですねhappy01
ハーフは特に15キロを過ぎてからの1キロ1キロが
ホントに長く感じる……。

自称「ハーフ得意男」の僕が偉そうに語るハーフマラソン練習方法は、
基本的に練習は「週2~3回」で行っているので、

・ペースはゆっくりでいいので20キロくらいを走りきる
・ペースはゆっくりでいいので10キロくらいを走りきる
・10キロくらいを、呼吸が乱れるような「頑張ったペース」で走りきる

の3つをローテーションで繰り返す感じでしょうか。
この練習が効果的かどうかは不明ですがsmile

次の大会参加予定はあるのでしょうか?また激走、粘走をしましょう!!

投稿: しげた | 2009年9月24日 (木) 23時22分

>kikubonzuさん

お互いに9月23日はお疲れさまでした!

僕はほぼ完全な「ペーパードライバー」なので、移動手段が
公共交通機関か誰かの車に乗せてもらうかに限定されていて、
結構悩みの種。

今回の美唄はJRの駅から会場が近いので助かりましたが。

豊平川の駅伝は凄い参加チームのようですね。この大会があるので、
美唄ハーフの札幌方面からの参加者が少ないとの声も。

それと入賞(と鮭)、おめでとうございます!スタート時間がカテゴリー別に
3つに分かれているのですね。もし僕が大会運営サイドにいたら、
頭が混乱して間違った指示を出してしまいそうdelicious

駅伝は一度やってみたいという憧れはあります。まず最初は
入賞とか表彰台とか関係ないようなレベルのチームで走りたいですがcoldsweats01

3日後は旭川ハーフなんですね!激走しちゃってください!!

投稿: しげた | 2009年9月24日 (木) 23時35分

>pikkiesさん

どうも!コメントありがとうございます!!

昨日の美唄はホントに暑かったですねぇ~。油断して日焼け止めとかは
全然考えていなかったので、すっかりと日焼けをしてしましました。

「走った後の豚汁」はどうなんだろぉ~と大会前は思っていましたが、
いざ食べてみると非常に美味しくいただけましたhappy01

「お代わり自由」というのがさらに魅力的。

pikkiesさんのブログを見て、僕も初めてハーフを完走した時の
何とも言えない嬉しい感覚を思い出しました。この経験を生かして、
また走り続けましょうねhappy01

心配していた脚の状態は思ったよりはボチボチです。不安があった左膝よりも、
僕も今は足の指の水ぶくれが気になる……。

またブログを覗きにいきますね!!

投稿: しげた | 2009年9月24日 (木) 23時47分

(改めて)初めまして。そしてコメント頂きありがとうございました。

 乾燥機・・・じゃなかった完走記とか読ませて頂いたんですが、しげたさんってスンゲェお早い方なんですねぇ。

 そして、

 >「ゼッケン○○○番の△△くん、間もなくゴールです。」

 っていうの。アレ、えらい緊張してしまって、なんか自分がとっても場違いなところ走っている気分でした。

 ということで北海道ロードレースの時、コンサのレプリカを着て走っているオヤジ二人組がいたら俺らです。見かけたらお声かけくださいな。

投稿: CZ | 2009年9月25日 (金) 20時27分

>CZさん

こんばんは!コメントありがとうございます!!

美唄では、折り返して少ししてから「赤黒のユニフォーム」を
着ていた方とすれ違ったのを覚えていますが、あれはCZさんだったのでしょうかねhappy01
ブログに書かれていた折り返し地点のタイムとも合致する感じが。

「ゼッケン○○○番の△△くん」というアナウンスがされた時、
僕は思わず無意識に「ハイッ!」と返事をしてしましましたsmile

北海道ロードレースでは、その例のレプリカを着たダンディな
2人組に注目しておきます~。

それと僕は、1996年のチームが出来た当初からのコンサドーレ札幌ファンです(^^)

投稿: しげた | 2009年9月25日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/46299597

この記事へのトラックバック一覧です: 「2009年ピパオイヘルシーロードレース(美唄)」の完走記:

« 完走!-2009年ピパオイヘルシーロードレース(美唄市) | トップページ | コンサドーレ札幌の練習を見学 »