« 「コーザン・グリーンレース2009」の完走記(1) | トップページ | 「2009年札幌マラソン」まで4日 »

2009年9月29日 (火)

「コーザン・グリーンレース2009」の完走記(2)

夏季休暇を利用した「10連休」も昨日で終わってしまい、
今日からはまた通常出勤に。さすがに復帰第1日目は疲れましたdelicious

さて、この前の日曜日に登別市で走った「コーザン・グリーンレース」の
完走記の続きを長々と。

午前8時から受付開始。貰ったプログラムによると、僕が走る20キロの部の
申込者は38人。他の10キロ、5キロ、3キロと合わせて、全部で130人ほど
だったようです。
Uketuke
受付の様子です。

9時から開会式が始まり、それから着替えたり準備運動をしたりして、
そしてスタート地点に5分くらい歩いて移動。

そこで最終点呼が行われ、10時に20キロの部がスタート!!

朝の散歩では上を着込んでも寒さを感じたくらいでしたが、スタートの時には
気温も上がってそして日差しもあり、半袖シャツ1枚でも暑く感じました。

ただ、スタートして山の中に入ると、木々によって日差しが遮られて、
暑さは特に感じなくなりました。

スタートしてから数十メートルだけは舗装道路で、そこからは山道の中に
入っていって全て未舗装の路面でした。

この20キロの部は、特徴のあるコース設定だったのですが、
それはこれから書いていきます。

まずは1キロほど登ったところで折り返して、そして登ってきた道を今度は下って、
1回スタート地点まで戻ってまた折り返し。

すれ違った人を数えると、だいたい自分は15番目くらい。

「ちょうど半分くらいの位置で、まずまずだなぁ~」

ということで再び登っていきます。

そして1キロほど進んで、先程は折り返した地点を今度は直進して、
そのまま登っていきます。

たしかに登りなのできついのですが、そこまで勾配は激しくはない感じ。
時々、逆に下りになる部分もあり、ボチボチと進むことが出来ました。

そして「熊の沢地点」で折り返し。

だいたいここが、スタート地点から5キロくらい離れていて、高低差は
200メートルくらいだったようです。

そして登ってきた道を下り続けて、本日2回目のスタート地点での折り返し。

走る前はこのコース設定は
-----
何回もスタート地点まで戻って、そしてまた登っていくのは、
精神的にかなりつらそうだなぁ~
-----

と恐れていたのですが、実際に走ってみると、スタート地点の折り返しでは、
スタッフや応援の方々の拍手と声援があって、

「よしっ、また登ってくるかぁ~」

という気持ちでいけたので、思ったよりもはるかに良かったです。

そしてまた1キロくらい登ると分岐点があり(カマンベツ分岐)、
先程とは別のルートの「三段の滝」を目指して進むことに。

大会要項のコースの高低図を見た感じでは

「前半のルートの登りと、だいたい同じくらいの勾配なのかなぁ~」

と思っていたので、前半のルートと同じような感覚で、

「まぁ、何とかなるだろう」

とやや油断していました。

その分岐点を過ぎたあたりで「12キロ」の表示があったような記憶がありますが、
そこら辺から、前半のルートの登りよりも明らかに急な勾配の登りが……。

「ここだけ例外的に急なんだろ」

と思い込もうとしましたが、そのような急勾配の登りが、断続的に次々と
襲ってきました。

路面は小石を敷き詰めているようなところも多くて、
走りにくさも加わって、中にはホントに、

「一生懸命走っているつもりでも、歩いているのとスピードが変わらない気が…」

と思ってしまうような場所もありました。

そうこうして苦しんでいると、前方から折り返して下ってくる方々と
どんどんすれ違うようになりました。

お互いに言葉にならないようなエールっぽいものを掛け合いながら、
そこで少しだけパワーを貰った気分になって、何とか歩かずに前へ。

そしてようやく、待望の折り返し地点がhappy01長かった~。

折り返してからの下りは、足元が走りにくいこともあり、
転ばないように注意しながらゆっくりと。

そのおかげか、この下りは特にそれほど苦しむことも無く、
ゴールまで辿り着くことが出来ました。

折り返してからおそらく5分後くらいに、今回ずっと一緒に行動をともにした
IさんとNさんとすれ違いました。

あの登り坂と闘い続けている真っ最中。当然ながらかなり苦しそう。

ゴールした後で聞いた話では、この頃、Iさんはこの登り坂に対して、

「猛烈な、八つ当たりの怒りの感情」

が沸いてきていたようでsmile

残り1キロくらいにあった給水所では水は取らずに、スタッフの方の応援を
受けて最後の下りに。

ここら辺からは、路面が土の部分が多くなりだいぶ走りやすくなって、
後もう少しという気持ちも加わって、自分としては軽快に走っていたつもり。

この大会は「ピンネシリ登山マラソン」と同じように、1人1人に
ゴールテープを用意してくれていました。

ゴール地点で、人数は多くはありませんがスタッフや応援の方々の
ありがたい声援と拍手の中、朝青龍には誠に申し訳ありませんが、
誰からも文句を言われることも無く、両手を上げてのガッツポーズでの
ゴールテープ切り。

「1時間43分29秒 男子 14位/31位」

でした。

そしてIさんとNさんも無事にゴール。

ゴール後は「ふぉれすと鉱山」に戻り、ここのシャワー室を使えるということで、
シャワーを浴びて着替えてさっぱりしてから、昼食のサービスのおにぎりと豚汁を。
Butaziruonigiri
豚汁はお代わりも出来て、2杯いただきました。大変美味でしたdelicious

そして午後1時過ぎから、表彰式と閉会式。
Hyousyousiki
表彰式の様子です。

1時30分頃に全てが終了し、この会場を後にしました。

何せ山道を走るので、「途中で迷った」とかは冗談では済まされないので、
最初はこの20キロの部の複雑なコース設定に不安がありました。

ただ、表示やスタッフの方の誘導などが分かりやすくて、
マウンテンバイクで先導したりパトロールしたりしている方も
何人もいて、特に不安を感じることは無く走ることが出来ました。

そんなところで、非常に楽しい1泊2日の遠征にhappy01

次は、今度の日曜日の「札幌マラソン」でのハーフマラソン。
気が付けばもう5日後なんですね~。

|

« 「コーザン・グリーンレース2009」の完走記(1) | トップページ | 「2009年札幌マラソン」まで4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/46347117

この記事へのトラックバック一覧です: 「コーザン・グリーンレース2009」の完走記(2):

« 「コーザン・グリーンレース2009」の完走記(1) | トップページ | 「2009年札幌マラソン」まで4日 »