« 矢代×三浦の再戦決着-日本S.フェザー級タイトルマッチ | トップページ | 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1) »

2009年7月 5日 (日)

ピンネから無事に生還しました!!

今日、新十津川町で行われたピンネシリ登山マラソン
Stage

昨年、一昨年と2年連続で30キロコースを走っていたのですが、
今年は山頂コースを初めて走ってきました。
30tosantyouuketuke

受付の様子です。昨年までは左側に、今年は右側に。

この「山頂コース」は、山頂付近の道路の破損により、
ここ2年間は山頂の手前で折り返しだったのですが、
山頂まで行けるのはおそらく3年ぶりの復活。

以前は「45キロコース」と言われていたようですが、山頂手前にあった「20キロ」の
距離表示がもし正しかったとしたら、そこから山頂までのタイムを見てみると、
もしかしたら全体は45キロよりはちょっと短いのかも。

まぁ、このコースの距離が例えば43キロであろうと、もしくは45キロであろうと、
そんなことはホントに小さな問題です。

何と言っても標高1100メートルのピンネシリ山の頂上まで登って、
そしてその頂上を折り返しの中間地点として、来た道を下るという、
そんなコースです。

結果は無事に頂上まで辿り着いて、そして折り返してからの下りでは、

「こんなに急で延々と続くような未体験の下り坂、どうやって走ったらいいんだべ?」

と思いながら、とにかく山道を脱出して、そして一般道に出てからの
残り4キロ地点あたりにあった長い登り坂にかなりヤラれながら、
何とか無事にゴールhappy01

ゴールタイムは4時間18分20秒くらいでした。

前半の登りでは、30キロコースの折り返し地点である15キロで
ちょうど1時間30分くらいでした。

そこのエイドで少し(だいぶ?)休憩して再び走り出しました。

そこの地点から最初は「何とか歩かずに頂上まで」という野望もひそかに
持っていたのですが、10分くらい走ってみて、それは無理だという結論にcoldsweats01

そこからは10分を1クールとして、

「7分走って3分歩く」

という作戦に変更。現実的には妥当な作戦だったと思います。

前半の登り、後半の下り、そして最後の一般道、
あちこちでそんなこんながありながらゴールへ。
Goaltape

この写真ではちょっと分かりにくいのですが、ゴールする一人一人に
このようにスタッフの方がゴールテープを用意していただいていて、
滅多に無い(というかこの大会でしか経験したことの無い)、

「ゴールテープ切り」

を味わえて、あたかも優勝したような良い気分にdelicious

説明を書くと長くなるので省略しますが、今日、僕の中では
「行くのだ!!」「やるのだ!!」というような「○○のだ!!」という
フレーズが大ブレークして、走っている最中には、

「ゴールのふるさと公園まで、無事に生還するのだ!」

と、心の中で呪文のように繰り返していました。

また、途中のエイドステーションに置いていた(おそらく)新十津川町産の
ミニトマトが甘くて絶品でした。

周りにいた複数の方々も同様の感想を。

そして、参加賞は3年連続でメロン。
Melon_2
おそらく3~4日後くらいが食べ頃でしょうか。

今日は30キロコースに参加したSさんの車に乗せていただいて、
その方の知り合いのNさん、そして僕の3人で移動したのですが、
行きも帰りも、車内にかかっていた音楽は何故かひたすら

「イッツ・ア・タイムゾーン」

でお馴染みの「男闘呼組」の曲。夢見る男って嫌いじゃないです。

帰りの車内で、携帯のプロ野球速報で「中日5-4巨人、終了」の結果を
確認して、心の中で力強くガッツポーズ。

そんなところで、次の大会参加は8月30日の北海道マラソン(フル)の予定で
しばらく期間が空くということもあり、このブログも書くネタが他に無いと思うので、
今日のピンネについての話題を、明日以降、少なくとも3回分は長々と
書いていきたいと思いますhappy01

|

« 矢代×三浦の再戦決着-日本S.フェザー級タイトルマッチ | トップページ | 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1) »

コメント

こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
私も30KMで参加しました^^更にあそこからの登り...お疲れ様でした!
本当に暑くて何度もくじけそうになったレースでしたが、また来年も出られるようにトレーニングに励みたいと思います。


ヘトヘトでゴールした喜びや、新十津川の青空も、一所懸命仕事をされていたスタッフさんの笑顔も、忘れられない一日になりました^^

投稿: ユウ | 2009年7月 6日 (月) 22時01分

>ユウさん

はじめまして!コメントありがとうございます!!

ユウさんは30キロに参加されたのですね。来年は是非とも
あの先のさらなる登り坂を体験してみてくださいsmile

スタートした午前9時の段階でかなり暑さを感じて、僕もかなり
不安になりながら走っていたのですが、それも含めて非常に思い出深い大会に。

この大会の魅力の一つは、スタッフの方々の懇切丁寧な
大会運営にありますよねhappy01

僕はすっかりこの大会がお気に入りで、今年で3年連続で
参加しているのですが、来年も出られれば是非とも参加したいです。
再び山頂コースに挑むかどうかは未定ですが(^^)

投稿: しげた | 2009年7月 6日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/45548981

この記事へのトラックバック一覧です: ピンネから無事に生還しました!!:

« 矢代×三浦の再戦決着-日本S.フェザー級タイトルマッチ | トップページ | 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1) »