« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

「2009年北海道マラソン」まで後1ヶ月

僕の超メインイベントである、8月30日に行われる北海道マラソンまで
後1ヶ月となりました。

先程、北海道マラソンの公式ページを見てみたら、
コース図上を赤丸がスタートからゴールまで30秒ほどで
移動するように表示されるページがあったのですが(こちら)、
これを見て改めて思ったことが、

「新川通が長そう‥‥」

ということhappy01

コース図を見た限り、おそらく片道7キロ弱くらい、
往復13キロ~14キロほどの一直線の道路。

たぶん18.5キロ地点~32キロ地点くらいの区間になるんでしょうかね。

中間地点を過ぎたあたりでまだ順調に走ることが出来ていれば、
この単調さもそれほど気にはならないかとも思う(思いたい)のですが、
はたしてどうなるかは当日のお楽しみということでdelicious

------
プロ野球セリーグ

ヤクルト 3-2 中日
阪神 3-2 巨人

ということで、我らが中日ドラゴンズは吉見×館山のエース対決に敗れる……。
とりあえずは阪神のブラゼルに感謝。

中日のブランコがデットボールを受けて途中交代したようなので、
どんな状態なのかが心配ですsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

中日ドラゴンズの川井が無傷の11勝目!

敵地の東京ドームでの2勝1敗の勝ち越しは大きい!
----
●プロ野球セリーグ 東京ドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 0 0 0 0 1 4 0 0 0 5
巨人 0 0 0 2 0 0 1 0 0 3

勝ち:川井(11勝0敗)、負け:東野
ホームラン:小池6号(2ラン)、阿部14号(ソロ)
-------

先発の川井雄太投手(29歳)は、この試合の前まで「10勝0敗」という
驚異的な成績。

ただし、僕が観に行った札幌ドームでの交流戦の「中日11-10日本ハム」の
試合で先発して6回6失点ながら勝ち投手になったのをはじめとして、

「勝ち運」

を妙に強く持っていて、最低でも「自分に黒星がつかない」という
見えないパワーがあるような気が。

もちろん、ほとんどの試合で大崩れしないで試合を作る「先発の役割」を
きっちり果たしているからこその「勝ち運」ですし、今シーズンのここまでの
働きは非常に素晴らしいものがあります。

そんな勝ち運を全国区に示したのが、先週の金曜日に札幌ドームで行われた
オールスターゲーム第1戦。

3-2でセリーグが1点リードの場面で登板した川井は、
滅多打ちをくらって2イニングで6失点。
「3-8」と大量リードを奪われました。
-----
オールスター戦とは言え、今年の川井にいよいよ黒星がつくのかぁ~
(オープン戦や春先の2軍の試合の成績は除きます)。
------

と思っていたら、そこからセリーグが猛反撃。

結局、9回表にヤクルト青木が逆転2ランを打って、
セリーグが大逆転勝利。

川井の黒星も当然のように消滅。
かなり大げさに言えば「神懸り的」とも解釈できそう。

そんなわけで、今日の試合で4回裏に2点を先制された時も、

「川井だから、とりあえずは1回は同点には追いつくだろう~」

と、根拠は無いけど本気でそう思っていたら、5回に荒木のタイムリーでまず1点。
さらに6回に小池の逆転2ランと森野、ブランコの連続タイムリーで一挙4点。

そして両方のイニングで、2アウトでランナー2人を置いて「さらに追加点を!」
という場面でいずれも凡退の和田。

あまり話題には上がらないですが、「和田の勝負弱さ」は何とかしてほしいですな。
追い上げムードを一気に萎ませたり、ダメ押し点が取れずに浅尾、岩瀬に負担が
かかったり、結構今シーズンはイライラしています。期待が大きいだけに。

それはともかく、オールスター前あたりからの小池のバッティングは光ってますね。
守備でも横浜戦での「超ファインプレーで試合終了」というのもありましたし。

今日のドラゴンズは残塁がたぶん15と、効率が悪い攻めでしたが、
とにかく勝てばいいです。

川井が7回を3失点という、防御率にしたら決して良くはないけどいつも通りに
試合を作って、そして8回は浅尾、9回は岩瀬の磐石リレーで逃げ切り。

昨日の朝倉の1回裏の大爆発により、おそらく浅尾と岩瀬は昨日は
プルペンでの肩作りとかもほとんどしないで休めたものと思われます。

明日からは神宮でヤクルトとの3連戦があるだけに、昨日、この2人を
休ませることが出来たのは大きかった。そういう面では朝倉の貢献は大。

川井の開幕から無傷の11連勝というのはセリーグタイ記録、
そして浅尾の月間11ホールドというのはセリーグ新記録だそうです。

さらに岩瀬は5年連続の30セーブ達成。調べてませんが、
これも今までほとんどいないでしょうね。

これで首位巨人とのゲーム差は1.5ゲームに。

そして明日からは、対戦成績3勝9敗と苦手にしているヤクルトと敵地神宮で。

ヤクルトに対してはかなり苦手意識があって、明日からの試合も
-----
2点リードの9回2アウトランナー無しからでも逆転されるんじゃないべか。
たとえ6点リードしていても、終盤に一気に6失点して逆転されるんじゃないべか。
------

という、どこかのチームのような惨劇が心配ですが、
この神宮決戦も今後に向けた大きな山場です!

天気予報を見ると、金・土・日とも東京は雨rainマークが出ているようなので、

「吉見、雨で中止、雨で中止」

くらいでもいいのですが、3試合とも行われるとしたら、
是非ともここも2勝1敗で乗り切りたいですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月29日 (水)

平日の18キロラン&朝倉大爆発

今日は仕事が終わった後に知り合いの方と2人で、ある場所の「6キロコース」を3周、
計18キロのランニングをしてきましたrun

1周目がキロ5分30秒くらい、2周目が少し上げてキロ5分15秒くらい、
だいたいそんな感じのペースであれこれ話をしながら走っていました。

そして最後の3周目は「もう少しペースを上げて締めよう」ということで
スタートしたのですが、お互いがお互いに引っ張られるようにしてついつい
加速してしまい、おそらくはキロ4分30秒くらいまで一気にペースアップして、
そして残り1キロからはさらにラストスパート、そんな今夜の練習でした。

格好良く言えば「ビルドアップ走」なのかもしれませんが、
果たしてこれがフルマラソン用の練習として効果的かどうかは不明ですが、
練習で他の方と一緒に走るのは久しぶりだったので、楽しかったですhappy01

たしか4月に1回だけ、職場の隣の部署の方と仕事終わりに30分ほど
走ったことがあったのですが、練習で他の方と一緒に走ったのはそれ以来で
今年2回目。

普段は一人で走るのは全然問題無いのですが、たまには「合同自主トレ」も
いいものですなhappy01

そんなわけで、今日の18キロも加えて、ジョグノートの記録によると、
今月(7月)の走行距離は179キロとのこと。

気分的には200キロにいきたかったのですが、それにこだわって明日、明後日の
残り2日間で21キロを走ったりするのはあまり意味が無い(とも言い切れませんが)
ということで、明日からの2日間は休養して、また週末の土・日で走るという、
僕の基本スタイルでいきたいと思います。

今月はピンネの山頂コースで40キロオーバーがあったり、
海の日に「白石~エルフィンロード」の往復32キロをやったり、
結構走ったつもりではいたのですが、

「月間走行距離200キロ」

って、フルマラソンのためには「毎月の最低ライン」みたいな雰囲気が、
雑誌や他の方のブログなんかを見てると感じちゃったりするのですが、
実際にはこの距離を走るのは大変ですよねぇ。

そんなこんなで、走り終わって着替えてから携帯のメールを見てみると、
中日ドラゴンズファン仲間の方からのメールが届いていました。

●午後6時30分受信
  <件名:試合終了>
  <本文:1回裏攻撃中、6-0で読売さんがリード。>

ついでに、家に帰ってご飯を食べている最中に届いたメール。

●午後8時59分受信
  <件名:今日の収穫は>
  <本文:岩瀬と浅尾の肩を作る機会を与えなかったことかな。>

という2通のメールで、今日の巨人×中日の試合について、
語るべきことは全て表現していますなsmile

明日は是非とも勝って、2勝1敗と勝ち越して神宮に行きたい!

巨人 11-1 中日ドラゴンズ(東京ドーム)

勝ち:ゴンザレス、負け:朝倉
ホームラン:ブランコ30号(ソロ)、巨人の選手たくさん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

よく食べ、よく寝る

今日の北海道新聞の朝刊に、2ページに渡って北海道マラソンの特集記事が
掲載されていました。
Tamiguti

その中で、今から20年前の1989年のこの大会で優勝した、
世界陸上金メダリストの谷口浩美さんのインタビュー記事が載っていました。

一部を抜粋。
-----
●一般ランナーにアドバイスを。夏マラソンで大事なことは?

谷口「内臓疲労を起こさないこと。ただでさえ過酷な夏場のレースで
   胃腸が弱っていたら水分をうまく吸収できません。練習も大事だが、
   規則正しい生活が一番大切です」

●今回から制限時間が5時間に緩和されました。

谷口「北海道とはいえ夏場のレースであることに変わりません。3度の食事と
   十分な睡眠をとることが重要です。トップアスリートはコーチ陣が止めて
   くれますが、一般ランナーはそういう人がいない分、思い切ってレース
   途中でやめる勇気も必要になります」
------

仕事の都合上などで、なかなか「規則正しい生活」というのが難しい方も
多いでしょうが、とにかくは

「よく食べ、よく寝ろ」

ということで。

僕の場合は、非常に規則的な勤務なので体調は整えやすいのですが、
ついついダラダラとやってしまうのが「寝る前のインターネット」。

ブログを更新して、いつも見ている他の方のブログなどをいくつか覗いて、
それで止めれば特に問題は無いのですが、その後、ついつい余計なページを
見てしまうもので。

その「余計なページ」がどんな種類のページかは省略しますが、
これから1ヶ月はそれを封印して、早めに寝るようにします。

のび太くんのように、

「枕に頭をつけた瞬間に眠りが完了」

という体質だったらどんなに嬉しいことかdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日ドラゴンズが9連勝で1.5ゲーム差に!

オールスターを挟んでいたのでやや忘れていましたが、我らが中日ドラゴンズは
実は8連勝中だったんですね。

今日の巨人との直接対決第1戦に勝って、これで9連勝!

首位巨人とのゲーム差も1.5ゲーム差まで迫りましたhappy01

-----
●プロ野球セリーグ 東京ドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 0 0 0 1 1 0 2 1 0 5
巨人 0 0 0 0 2 0 1 0 0 3

勝ち:チェン、セーブ:岩瀬、負け:オビスポ
ホームラン:小池5号(ソロ)、ブランコ29号(ソロ)、森野14号(ソロ)、
       アルファンゾ2号(ソロ)、和田21号(ソロ)
------

中日が4発のホームランで巨人に勝利!

森野と和田のホームランは「東京ドームラン」っぽいギリギリの当たりでしたが、
クリーンアップ揃い踏みでした。

8回の浅尾、9回の岩瀬は共に3者凡退に抑える完璧なリレーでした。

明日の先発は中日が中田、巨人がゴンザレスという予想らしいですが、
本当に中田が出てくるのかどうかは微妙なところかも。

もし中田だったら、2年前の東京ドームで行われた
クライマックスシリーズでの熱投の再現を期待します。

ヤクルトも実は首位の巨人と3.5ゲーム差まで迫っているので、
現在のセリーグははっきりと「3強3弱」に分かれてしまっていますが、
その3強の激しい争いが9月まで続くとオモシロいですねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

ひそかに燃える三十路

毎回、ブログのタイトルをどうするかは思いのほか結構悩むのですが、
今回はある方のブログでのタイトルをパクッて参考に。

僕の超メインイベントである、8月30日の北海道マラソンのフルまで
あと1ヶ月ちょっとです。

先週の金曜日に、担当していた憂鬱な会議が無事に(推定)終わったこともあり、
ちょうどいいタイミングと勝手に決めて、今日は有給休暇をとって休みでした。

昨日の夜の段階での札幌市の天気予報はたしか、

「曇り、最高気温26℃、12時-18時の降水確率20%」

という感じだったので、

「少し蒸し暑いかもしれないけど、雨rainの心配は無さそうなので夕方に走ろう」

と計画を立てていました。

そんなわけで、今日の天気予報は一切確認して無かったのですが、
午後3時あたりから想定外の激しい雨が。

しかし、貴重な有給休暇を取得したわけで、今日の夕方の過ごし方は、

「走るか、インターネットでHなページを見まくるか」

の二択しか無かった僕は、

「今の時期、晴れてsun日差しが照りつけた暑い中を走るよりは、
 雨rainの方が数段走りやすい」

という大人の結論に達し、午後4時前に家を出発。

以前にもどこかで書きましたが、

「今年の洞爺湖マラソンの自己ベストの3時間28分33秒を更新する」

というのが、今年の北海道マラソンに向けた練習の目標です。
「練習の目標」という面倒くさい書き方に関しては、またいつの日にか。

キロ4分50秒のペースで走ると、単純計算でフルは3時間24分でゴール。
ここにスタートの混雑のロスタイムを加えると、ちょうど自己ベスト更新に
ギリギリの感じ。

そんなわけで今日は、「自分の中のスピード練習っぽいもの」ということで、
16キロほどをおそらくキロ4分30秒~4分40秒のペースで走りました。

雨は思いのほか気にはならなかったのですが、さすがにきつかったです。

ただ、最後まできっちりと粘って走ることが出来たので、満足な練習でしたhappy01

僕は北海道マラソンは今年で5年連続の参加予定となりますが、
自分でも意外なくらいに、ひそかに燃えています。

「愛なんていらねえよ、夏」

という感じの32歳の夏です。全く意味不明ですが気にしないでください。
ただ単にこのドラマのタイトルを書きたかっただけです。

そのひそかに燃えてる大きな原因の一つは、去年の道マラで、

「34キロ過ぎに最初に歩き出して、その後はゴールまで何回歩いたか覚えていない」

という内容だったことです。

結局、ゴールタイムは3時間51分で、

「どんな内容でも、とにかくゴールまで辿り着けば満足」

という気持ちが基本的にはあるのですが、やはり1年近く経ってみると、
どうにも心残りの部分があるわけで。

その他にも、ひそかに燃えるメインの理由は2つばかりあるのですが、
そこら辺は秘密にしたい年頃ということでsmile

当初は今年の道マラに関して、
-----
暑い時期のフルを、厳しい制限時間内(約4時間)で
走りきるのが大きな魅力だったのに……
-----

という気持ちが強く存在していたのですが、いざここに向けて練習となると、

「制限時間のプレッシャー」

が激減して、「自分の中でこだわりとしたい目標」のために練習出来るので、
僕にとっては今年の制限時間緩和は、かなりプラスに作用している感じです。

本番2週間前までに「30キロ走」をもう1回やって、
後は体調を整えて、そして出来れば期日前投票を済まして、
8月30日の本番に挑みたい思っていますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

日食とドラえもん第30巻

何日か前に起きた「皆既日食」。

それに関して、「ドラえもん」の単行本の第30巻が一部で話題になっているようで。

そんなわけで、僕も押し入れの中から探してみました。
Drae0

単行本は第45巻まで出ているみたいですが、持っていたのは30冊。
ちょうど2/3でした。

目的の第30巻は無事にありました。
Drae1

この中の一番最初の「実物ミニチュア大百科」。

のび太がパパに質問します。
Drae2

のび太「朝食というのは朝のご飯でしょ。」
パパ「そう。」
のび太「昼食が昼ごはん、夕食が夜ごはん。」
パパ「そう。」
のび太「じゃ、日食というのは1日じゅうたべてるの。」

そこでパパはのび太に、紙に書いて日食の説明をします。

しかし、納得いかないのび太。
Drae3

のび太「ふしぎだなあ…。」
のび太「月は太陽よりず~っと小さいんでしょ。」
のび太「日食はこうなるはずだよ。」
パパ「わからないことがあったら、百科事典で調べなさい!!」
のび太「それがめんどくさいからきいてるのに」

パパの、子供の学ぶ好奇心をすっかり失わせるような態度はともかくとしてsmile
のび太の「月は太陽と比べてずっと小さいんだから……」という疑問は
非常に鋭い感じ。

のび太の案の

「太陽の中心だけに月のかげが見える」

にならない理由が、僕は説明が出来ません。おそらくパパもそうだったので、
半ば逆ギレしてしまったのでしょう。

そして次に、のび太はドラえもんに質問。

そこでドラえもんは「実物ミニチュア大百科」という道具を出しました。
Drae4

ドラえもん「これが太陽。こっちが月と地球。」
ドラえもん「地球の上に、ポツンと月のかげがおちてるだろ。
      かげの中にすんでる人にだけ日食がみえるの。」
のび太「な~るほど!」

僕ものび太と全く同じく「な~るほど!」の心境にhappy01

32年生きてきて、初めて日食の仕組みをきちんと理解した気がします。

今回の日食は同じ日本内でも「ほぼ100%欠ける」という場所もあれば、
札幌市はたしか「約50%欠ける」ということで、場所によって見え方が違う、
その理由も分かった気に。

この第30巻は昭和59年4月に第1刷が発行されたとの事で、
僕が小学校2年生の時。

作者の藤子・F・不二雄さんが亡くなったのが1996年9月の、
オリックスがイチローのサヨナラヒットでパリーグ優勝を決めたのと
同じ日というのは不思議とはっきりと覚えています。

小学生から単行本はずっと買い続けていて、金曜7時からのテレビアニメも
高校生まではずっと見ていて、その中の生命保険のCMでWANDSの
「もっと強く抱きしめたなら」が流れていてWANDSのファンになったとか、
いろいろ思い出深いこの「ドラえもん」は、超名作ですねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009年7月25日 (土)

コンサドーレ札幌が厚別で1年9ヶ月ぶりの勝利!

今日はパソコンの前で「J's GOAL」の速報をハラハラしながら見守りましたhappy01
------
サッカーJ2リーグ 第30節 札幌厚別

コンサドーレ札幌 4-2 ファジアーノ岡山

得点:前半30分 キリノ(札幌)
    前半33分 西 大伍(札幌)
    後半 8分 西野 晃平(岡山)
    後半15分 西 大伍(札幌)
    後半22分 保坂 一成(岡山)
    後半44分 上原 慎也(札幌)
-------

前半を終わって2-0リード。相手の岡山は、前節までのチーム得点が
横浜FCと並んでJ2で最も少ない(29試合で18ゴール)。

正直、「今日は無難に勝ってくれるだろう」という期待を持ったのですが、
その期待を見事に裏切るのが、我らがコンサドーレ札幌の大きな魅力。

後半の得点経緯で

「いつものお馴染みのパターンか……」
「いつもとは違うぞ!」
「やっぱりいつものお馴染みのパターンか……」

と一喜一憂。西野晃平には、前に所属していた水戸時代から
よくゴールを決められている印象が。

まぁ、最近はリードすることすらほとんど無かったので、

「リードしながら後半に追いつかれるお馴染みのパターン」

を心配するのは久しぶりで懐かしい感じもありました。

結局、最後はどうやら途中出場の上原くんの

「とにかく思いっきりシュートを打ったら、相手DFに当たって入っちゃった」

というダメ押し点で4-2の勝利。

「1-0で逃げ切るようなサッカーはする気はないぜ!」

という強い意志を感じた試合となりました。

「J2に新規参入したばかりの、16位の岡山相手にこの試合展開じゃ……」

とか言えるような立場は1ミリも存在しないので、勝利を素直に喜びますsmile

札幌厚別でのリーグ戦の勝利は、2年前の10月の草津戦で勝って以来、
1年9ヶ月ぶりの勝利だそうです。ちゃんとは数えてませんが、
たぶん15試合ぶりくらいになると思います。

とにかく勝ったので何よりです。

今日の激しい雨の中、厚別で観戦していた57,420人の皆様、
お疲れ様でした!

最後のケタのゼロが多いような気がしますが、きっと気のせいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

8月の北海道は気温が低め?

今日の札幌は最高気温が26.4℃とほぼ平年並みで、
湿度も高いような感じで、結構蒸し暑かったです。

ただ、昨日まではしばらく、涼しい日が続いていました。

そんな気象に関して、今日の北海道新聞に以下の記事が載っていました。
-----
●来月は気温低め
  ~北海道内3ヶ月予報

 札幌管区気象台は23日、8月から10月までの道内の3ヶ月予報を発表した。
8月は平年に比べて気温は低めで推移する見通し。3ヶ月平均では気温、降水量
ともほぼ平年並み。

▽8月 
  太平洋高気圧の北海道付近への張り出しが平年より弱いため、
  晴れの日が少なく、気温は低め。降水量は平年並み。

▽9月、10月 
  南の暖かい気流を受けやすく、気温はやや高め。降水量は平年並み。
  天気は数日周期で変わる。
------

そんなわけで、8月の北海道は「気温は低め」の予報。

ただ、これはあくまで「1ヶ月の中の全体では」の話なので、8月29日までは
ずっと最高気温が20℃くらいの日が続いて、すっかり身体がその涼しい気候に
慣れているところに、8月30日の北海道マラソン当日だけは「気温30℃」という
最悪の状況になる可能性もゼロではありません。

まぁ、気象条件だけはどうすることも出来ないので、
どうなるかは運に任せるしかありませんなdelicious

僕が毎年の春先、北海道マラソンの申し込みをやや躊躇したくなるのは、
本番当日に暑い中でフルマラソンを走るのがイヤなのではなく、

「7月、8月の暑い時期に練習を積まないといけないんだよなぁ~」

と思うと、憂鬱な気分になるためです。

そんなわけで、この「8月は平年よりも涼しくなりそう」という情報は、
僕にとっては非常に喜ばしい情報happy01

平年よりちょっと気温が高かったらすぐに「地球温暖化だ!」とか叫ぶんだったら、
今年の状況を見て「これから地球寒冷化が進むのかも」と言ってほしいところ。

今週の平日4日間はランニングは休養していたので、天気予報に雨rainマークは
出ていますが、明日からの土・日はまた走りたいと思いますrun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

検索ワードランキング(6.23~7.22)

書くネタが無い時にたまに書いている、このブログのアクセス解析による
「検索ワードランキング」を。

この「検索ワード」というのは、ヤフーやグーグルなどの検索ページから
このブログへ、どんな単語で検索して辿り着いているのかというものです。

6月23日~7月22日の1ヶ月間の集計。

 1位 2009
 2位 ベスト
 3位 ランニング
 4位 札幌マラソン
 5位 マラソン
 6位 夏の歌
 7位 歌詞
 8位 北海道マラソン
 9位 ピンネシリ登山マラソン
10位 札幌
11位 ランキング
12位 カラオケ
13位 曲
14位 泣ける歌
15位 ナイキ
16位 ランニングハイ
17位 エアペガサス
18位 食事
19位 北海道
20位 函館ハーフマラソン

ということで、いつも通りですが、ランニングと音楽関係がほぼ上位に。

そんなところで、特に突っ込みどころも無いのですが、
このアクセス解析を見ていると、たま~に

「全裸 ランニング 動画」

という感じで検索してくる方がいます。

この方が何を求めているのかは分かりませんが、このブログにおいて、
その方の目的を満たすようなものは何一つ存在しないのは間違いないところ。

札幌は最近は妙に涼しい日が続いていますが、もう少し気温が上がってくれると、

「絶好の全裸ランニング日和run

となるでしょうね。

当たり前の話ながら実行したことはありませんが、
最高に気持ち良さそうなのは確実でしょうね。

ただし残念ながら、これを実行するには法律やら札幌市条例やらの
高い壁があることですなsmile

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月22日 (水)

筋肉痛のピークが2日後に

2ヶ月前の洞爺湖マラソンのフル、今月初めのピンネシリ登山マラソンの山頂コース、
そして2日前の白石~北広島のサイクリングロードの往復32キロ、
これらを走り終わった後に共通していることが、

「筋肉痛のピークが2日後に来る」

ということ。

翌日は「ちょっと脚全体がダルイかなぁ~」というくらいなのですが、
その日の夕方ぐらいからだんだん筋肉痛が表面化してきて、
そして次の日の朝、布団から起きた時にピークが来ているのを実感します。

市民マラソン大会の出場者の年代区分を見ると、
だいたいの出場者の割合は

39歳未満:40歳以上=1:2

という感じの大会が多いので、32歳の僕は「若者」の部類に入るのでしょうが、
とは言え、あっという間にもう、こんな歳だし、親も歳だし、あなたしかいないし。

そんなわけで、今週の平日ランは無しで、また週末に走りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日ドラゴンズが再び8連勝!!

つい3週間ほど前に8連勝をしたばかりなのですが、
今日の勝利でまたまた8連勝!!
------
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
中日 2 0 0 0 0 0 0 1  ×  3

勝ち:朝倉
セーブ:岩瀬
負け:シュルツ
------

同点の8回裏、期待のブランコ、和田と凡退して2アウトランナー無し。
しかしそこから、藤井が四球、そしていきなり初球に盗塁成功。

そのチャンスに小池がセンター前に際どく落ちるタイムリーヒット。
テレビ、そして球場で観ていたドラゴンズファンの多くが小池の打球に対して、

「落ちろ~」

と祈ったことでしょう。

そして最後は岩瀬が3人で抑えて、見事に8連勝happy01

広島との対戦は、かなりの割合でこういう接戦になるのですが、
どういうわけかこれで対広島戦は11連勝。

こうなると「相性」としか言えないのかも。

首位の巨人も勝ってしまったため、2.5ゲーム差は変わらずに、
オールスター期間を挟んで28日(火)からは東京ドームで直接対決。

とりあえず、気分の良いままこれから1週間を過ごせますsmile

----
サッカーJ2リーグ 富山

カターレ富山 0-0 コンサドーレ札幌

この試合が始まる前まで10位だった札幌。
今日のゲームで9位のザスパ草津が負けたため、
勝ち点1を上積みした札幌が9位浮上。

それ以外に、特に書きたいことはありませんsad

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年7月21日 (火)

北海道マラソンのスタートは「Dブロック」に

今日家に帰ると、何やら北海道マラソン事務局からハガキが届いていました。
Doumaradblock

-----
●お知らせ

先日送付いたしました「2009北海道マラソン参加賞認証」に記載していた
ナンバーカード引換券に、スタートブロックのアルファベット記号を記載して
おりませんでした。

つきましては、スタートブロックのアルファベット記号を付記したナンバーを
お知らせいたしますので、参加承認証の「スタート会場のご案内」を参照
いただき、スタートブロック位置をご確認ください。

よろしくお願いいたします。
------

僕のゼッケン番号は4600番台なのですが、
スタートブロック位置は「D」とのことです。

ブロック分けは「A」から「H」までの8つに分けるようで、
「D」は前から4番目。

定員が8000人なので、単純に「1ブロックあたり約1000人」なのかなぁ~、
と思っていたのですが、参加承認証の図を見てみると、
Dブロックの部分は他のブロックと比べるとやたらと幅が狭い。

まぁ、この図を見た限りでは、
-----
ちょうど半分かそれよりもちょっと前、前から数えて3000人~4000人
くらいの位置かな
-----

という感じです。

陸連登録と一般の人が一緒に真駒内屋外競技場からスタートしていた
4年前、3年前のゼッケン番号が、たしかそれぞれ4100番台、3700番台
だったので、その時とだいたい同じような位置なのかなと思います。

後ろにいるランナーの人数が「数百人」なのか「数千人」なのかは
4年前、3年前と比べて大きな違いですがsmile

そんな過去の経験を踏まえると、スタートに辿り着くまでの時間と、
その後の混雑を考えると、ロスタイムは「3~4分」くらいかなと思います。
スタート地点の横幅がどのくらいかによって、もう少しロスが増えるのかも
しれませんが。

当日は焦らないように、

「5キロ地点までのロスは、5分でも6分でも気にしないやぁ~」

という心境でいこうと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4点差を逆転しての7連勝!!

我らが中日ドラゴンズ、一気の大逆転劇で7連勝!!
-----
●プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4
中日 0 0 0 0 0 6 1 0  × 7

勝ち:ネルソン
セーブ:岩瀬
負け:牧野

ホームラン:マクレーン(3ラン)、森野(3ラン)、ブランコ(ソロ)
------

6回表に4点を先制された時は「今日はダメかな」と思ったのですが、
その直後の6回裏、まずは森野の3ランホームラン!
721morino

そして次のバッターのブランコもホームランで一気に同点!!
721bra

さらに2アウト1塁、2塁のチャンスを作り、ここで代打の切り札の立浪が登場。
そして見事に右中間を破る2塁打!!
721tatunami

この「ミスターダブル」の一打が2点タイムリーとなって、この回一気に6得点。

昨日の試合で、1点リードの9回表に、当然岩瀬が出てくると思っていたら
浅尾が8回に続いて続投で、そのまま浅尾で完了という場面がありました。

「昨日の岩瀬には、何らかのトラブルがあった」

というのは確実だと思いますが、今日は3点リードの9回表に登板して、
先頭バッターにいきなり四球を与えながら、結局はゼロで抑えて締めるという、
極めて普段どおりの岩瀬だったので一安心delicious

明日がオールスター戦前の最後の試合なので、是非とも勝って8連勝を!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

白石~北広島エルフィンロードの往復32キロを走りました

僕の超メインイベントである8月30日の北海道マラソンまで
後1ヶ月半を切ったということで、今日は「長距離練習」として

「白石サイクリングロード~北広島エルフィンロード」

の往復32キロを走ってきましたrun

ちなみに、北広島の地元の高校生などの間では、

「エロフィンロード」

と呼ばれているそうです(未確認情報)。

午前中は高校野球の南北海道大会の準決勝第1試合の
「函館工業×札幌第一」の試合をテレビで観ていました。

函工が4点リードされた9回表、2アウト満塁からタイムリー2ベースで2点を返し、
さらに2アウト2、3塁と一打同点のチャンスまで追い詰めながら、
最後は無念のサードゴロ(札幌第一 6-4 函館工業)。

それでも、途中は正直「コールドゲームになりそうだなぁ~」と思っていたのですが、
よく最後まで粘りました。

そしてお昼ご飯を食べてから地下鉄に乗り、東西線の「南郷7丁目駅」で降りて
サイクリングコースへ。

まずはウォーミングアップがてら、歩いたりゆっくり走ったりを繰り返して、
地下鉄1駅分を戻った、白石駅付近の橋の頂点あたりの「4.0キロ」の
表示の場所からスタート。

ここのサイクリングコースは、札幌市内は500メートルごとの距離表示、
北広島市に入ると200メートルごとの距離表示という、
ペースを確認するには非常に素晴らしいコースです。

細やかにペースを確認するのが、必ずしもプラスな面ばかりでは無いですが…。

今日走ろうと思った「32キロ」という設定は、

・30キロをちょっとオーバーしたい
・でも、35キロまで行くとやり過ぎかも……

という、複雑な乙女心おっさん心から生まれた距離。

僕の今年の北海道マラソンに向けた練習の目標は、

「今年の洞爺湖マラソンで出した、自己ベストの3時間28分33秒を更新する」

です。

面倒くさい書き方ですが、この自己ベストを更新するという目標は、

「本番当日の目標」

では無くて、

「練習するための目標」

です。まぁ、細かいことを書くと長くなるので、またいつの日にか。

その自己ベスト更新となると、道マラのスタート時の混雑を考えると
「キロ4分50秒のペース」というのが必要になると思われます。

今日は最高気温も20℃程度と涼しく、走り始めたのが午後3時30分過ぎで、
しかも久しぶりに湿度が低い「からっ」とした感じのかなり良い条件でしたhappy01

そのため、「キロ4分50秒」よりもちょっと早めの「キロ4分40秒~4分45秒」
あたりを想定してスタートしました。

実際は、その想定よりも少し早くて、キロ4分40秒を切ってしまうような
ペースで入ってしまったのですが、

「勢いでこのまま、行けるところまで行ってしまおう」

ということで、黙々と進んでいきました。

ストップウォッチの記録による1キロごとのラップタイムは(全て秒未満は切り捨て)、

 1キロ 距離表示を確認できず
 2キロ 距離表示を確認できず
 3キロ 13分45秒(平均4分35秒)
 4キロ 4分38秒
 5キロ 距離表示を確認できず
 6キロ 9秒15秒(平均4分37秒)
 7キロ 4分34秒
 8キロ 4分32秒
 9キロ 4分30秒←ここら辺で北広島市へ
10キロ 4分36秒
11キロ 4分38秒
12キロ 4分40秒
13キロ 4分36秒
14キロ 距離表示を確認できず
15キロ 9分01秒(平均4分30秒)
16キロ 4分26秒
17キロ 4分35秒←折り返し
18キロ 4分41秒
19キロ 4分52秒
20キロ 4分39秒
21キロ 4分48秒
22キロ 4分39秒
23キロ 4分33秒
24キロ 4分34秒
25キロ 4分42秒←再び札幌市へ
26キロ 4分50秒
27キロ 4分40秒
28キロ 4分41秒
29キロ 距離表示を確認できず
30キロ 9分31秒(平均4分45秒)
31キロ 4分46秒
32キロ 4分40秒

計:2時間28分35秒(平均で4分39秒/キロ)。

でした。

このコースはアップダウンが思いのほか激しいので、
1キロごとのタイムだけでは判断しにくい部分がありますが、
思わず自画自賛したくなるラップタイムですhappy01

それと、今日はコース上で風向きが結構コロコロ変わる感じでしたが、
そんなに強くは無かったので、逆に変化があって気分が紛れて、
プラスに作用した気がします。

前半に突っ込み気味で入った割には、後半のタイムの落ち込みも最小限に凌げて、
最後まで粘って走ることが出来たので、かなり満足な走りでした。

そんな満足感と一緒に、

「本番の北海道マラソンは、ここからさらに後残り10キロかぁ~sad

という憂鬱な気分も同時に強くおそってきたのですが、
とりあえずは会心の走りとなりました。

しかし、やはりエロフィンロードのアップダウンは難敵でしたな。

唯一の誤算は、今日の激走の疲れが内臓にダメージを与えたような感じになって、
経験上、家に帰ってからビールbeerを飲むと確実に具合が悪くなりそうだったので、

「会心の走りの後の美酒」

を出来なかったことですshock

ただ、普通に晩ご飯は食べることが出来たので一安心。

晩ご飯を食べながらテレビでプロ野球観戦をしていたのですが、
我らが中日ドラゴンズは8回表に勝ち越し点を奪われる苦しい展開ながら、
その裏に和田の同点タイムリーとワイルドピッチで再逆転happy01

結局は、

中日 4-3 広島
横浜 7-1 巨人

という理想的な結果で、これで首位巨人と2.5ゲーム差!!

そんなわけで、非常に素敵な「海の日」の1日でしたhappy01

道マラに向けて、今日のような「30キロ走」をもう一度やりたいと思っているので、
本番の3週間前の8月8日、9日の週末あたりを候補にして、
そしてそこで本格的な練習は終了という、そんな計画を頭の中でしています。

ここまでは正直言って、自分でもびっくりするくらいに順調なのですが、
これからはとにかく故障が何よりも心配ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

第3回コーザングリーンレース(9月27日開催)

僕の超メインイベントである北海道マラソンは8月30日(日)に開催ですが、
その後の9月、10月は北海道では各地で多くの大会が行われます。

10月下旬以降は、寒さと雪の恐れがあるので、ランニングの大会は
ぐっと減ります。

その中で、僕が1つ気になるのが、登別で9月27日(日)に行われる

「第3回 コーザングリーンレース」

という大会。

大会関連のホームページによると(こちら)、
-------
種目 トレイルランニング男女10:00~12:30
    20キロ/10キロ/5キロ/3キロ

募集人員 コース合計100人(先着順)

参加料 中学生以上2000円
      小学生以下1500円

サービス・イベント 当日昼食として豚汁、おにぎりをご用意いたします
            前夜祭あり(9月26日ふぉれすと鉱山宿泊可)
-------

昨年、この大会に参加した知り合いの方がいて、
その方が言うには、

「ピンネシリ登山マラソンと似た雰囲気で楽しかった~」

とのこと。

20キロコースは、高低差が約100メートルのコースを往復するらしいです。

この大会が行われる9月27日というのは函館ハーフマラソンと日程が重なっていて、
僕は昨年までは3年連続でこの函館ハーフに参加していました。

函館ハーフは僕の非常にお気に入りの大会なのですが、でもやはり札幌から
遠いのがネックで、昨年の大会で1時間28分42秒という、自己ベストに近い
会心の走りが出来たこともあり、ひとまずは満喫した気分になったので、

「3年連続で走ったし、とりあえずは一区切りで今年は見送ろう」

と思っていました。

それでもやはり心惹かれるものがあったのですが、
その函館ハーフは7月31日申し込み期限のところ、7月5日に早々と
「定員オーバーで申し込み打ち切り」になったとのこと(定員は1800人)。

これで心置きなく(?)、9月27日は登別の方向でhappy01

ちなみにこの9月27日は、他にも旭川や余市でも大会があって、
結構な大会激戦日なようで。

申し込みの受付開始が8月3日からのようなので、
忘れずに早めに申し込んでおきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

大分トリニータの連敗が14でストップ!!

今日はサッカーの話題で。

といっても、函館で行われたJ2リーグの試合に関しては無視します。

J1リーグは前節までで17試合が終了、つまりは全日程のちょうど半分が
経過したことになります。

そんな中、最下位を独走の大分トリニータは「1勝1分け15敗」で、
現在は14連敗中、さらに名将と言われたシャムスカ監督を解任するなど、
頭に超がつくほど非常に苦しい状況です。

昨年J1にいた(ような気がする)コンサドーレ札幌は、
同じく前半の17試合を終了したところでは

「4勝3分け10敗:勝ち点15」

ということで、現在の大分と比べるとはるかにましな成績でした。
後半の17試合で「3分け14敗」だった過去は、当然のように
記憶から抹殺していますsmile

しかし、そんな大分が、今日の試合で現在2位の浦和レッズ相手に

大分トリニータ 1-0 浦和レッズ(得点:後半37分 深谷(大分))

という結果で、14連敗という長いトンネルから脱出。

「アルプスの少女ハイジ」でクララが一人で立った瞬間と同じくらいの感動が
日本中を駆け巡りました(推定)。

11位 京都サンガ(22)
12位 横浜F・マリノス(21)
13位 大宮アルディージャ(21)
14位 モンテディオ山形(19)-明日試合
15位 ジェフユナイテッド千葉(19)-明日試合
-------
16位 ヴィッセル神戸(19)
17位 柏レイソル(15)-明日試合
18位 大分トリニータ(7)

*( )は勝ち点

ということで、非常に厳しい状況には変わりませんが、
ここから奇跡の残留劇を見てみたいものですhappy01

今日のJ1リーグは、首位を独走中の鹿島アントラーズが清水と引き分けたものの、
2位の浦和が大分にまさかの(?)負け、3位新潟、4位川崎Fが引き分けと、
鹿島との差が縮まらない展開に。

一応、コンサドーレ札幌の試合結果についても書いておきます。

コンサドーレ札幌 1-2 ザスパ草津(函館)
(得点:前半12分 草津の選手、前半14分 草津の選手、前半20分 ダニルソン)

年に1回の函館開催も激沈……。何も書く気力はありませんshock

その函館繋がりで、円山球場で行われた今日の高校野球の
南北海道大会2回戦は、

函館工業 7-0 小樽工業(7回コールド)
函大有斗 2-6 札幌新川

という結果で、有斗は残念でしたが、函工が見事に準決勝進出!

明日は休養日で、あさってに札幌第一と。是非とも勝ってほしいhappy01

それと野球繋がりでは、プロ野球の我らが中日ドラゴンズは

中日ドラゴンズ 7-0 横浜ベイスターズ

ということで、昨日のチェンに続いて、今日は吉見が完封。
この9連戦の真っ最中に、先発ピッチャーの2連続完封は大きい!
これで吉見は2ケタの10勝目。

明日おそらく先発すると思われる、現在9勝無敗の川井も、
是非とも明日で10勝目をあげて、そして東京ドームでは
阪神に何とかしてもらって、巨人とのゲーム差を3.5ゲームに縮めたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

ハーフマラソン

同じ職場の人で、今度の10月の札幌マラソンで「初ハーフ挑戦」という方がいます。

その方が今日の昼休みに僕に話しかけてきたのが、
---------
本屋に行ってランニング雑誌やランニングコーナーの本を見てみたんだけど、
フルマラソンに関しては練習方法から直前の食事,そして本番の走り方まで
細かくいろいろ書いてあるんだけど、ハーフマラソンに関しては
「フルマラソンの練習用」みたいな扱いしかされていないんだよねぇ~。

「初めてのハーフマラソンを完走するための練習と本番の走り方」

の情報がほしいのに。
---------

という内容。「ハーフマラソン好き」の僕も、前から全く同じ事を感じていました。

---------
とりあえず、練習で10キロをそれなりにきっちり走ることが出来るようになれば、
当日は大会本番のアドレナリンで何とかなると思いますよぉ~。
---------

と無責任に答えておきましたが、たしかに僕もランニングを開始した6年前には、

「まずは札幌マラソンの10キロ」

というのが大きな目標で、それを完走した後は、

「次はハーフを目指したいなぁ~。でもハーフは10キロの倍以上だよなぁ~」

と、ハーフの21キロがどんなものか想像つかない未知の世界でした。
その時にはフルマラソンなんて、憧れこそあっても全く遠い世界の存在で、
自分が走るなんてあり得ないと思っていました。

たぶん、そういう人は多いんじゃないでしょうか。

本屋のランニングコーナーの本を見ても、

「初心者がフルマラソンを完走するための本」

みたいなタイトルの本が多いのですが、その中では10キロやハーフの大会は、
最初に書いたようにまさに「フルマラソンの練習用」というような扱いに
なっているのですが、そう考えると、

「まずは10キロやハーフの大会の完走を目指して練習しましょう!」

という内容がメインに書かれている本があれば、
思いのほか売れる可能性はあるのかも。

僕もチャンスがあれば一念発起して執筆活動をして、
そして夢の「印税生活」を送ることをひとまず妄想してみましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

平日ラン&函工と函大有斗勝利&中日ドラゴンズ勝利

今日は仕事が終わった後、ある場所の約6キロコースを3周、
合計18キロほどを走ってきましたrun

おそらく、1周目がキロ4分50秒くらい、2周目がキロ4分40秒くらい、
そして3周目がキロ4分30秒くらいのペースで、少しずつ上げながら
走ることが出来て、かなりいい感じでしたhappy01

最後の1キロはラストスパートっぽいものも出来て、満足な今夜の練習でした。

昨日もちょっと書きましたが、今週末の3連休のどこか1日で
30キロを越えるような「長距離練習」をしたいと思っています。

天気予報が、

18日(土) 曇りのち雨 降水確率60% 最高気温21℃
19日(日) 曇り時々雨 降水確率80% 最高気温22℃
20日(月) 曇り時々晴れ 降水確率20% 最高気温25℃

ということで、昨日の段階よりもさらに悪化気味。

そんなわけで、その「長距離練習」は唯一雨rainが無さそうな
月曜日にしようかなと思います。

今は円山球場で、夏の甲子園出場をかけた高校野球の南北海道大会が
行われています。

今度の3連休は、1日は円山で野球観戦(入場料500円?)、1日は長距離練習、
そんな風に過ごしたかったのですが、雨の中の野球観戦は避けたいし、
そもそもそれ以前に雨で中止になるかもしれませんし、
思うようにいかないものですな。

そんな高校野球の南北海道大会。

僕は高校生まで函館に住んでいたので、やはり函館地区の高校を
応援したくなります。

たぶん、1997年に函大有斗が春夏連続出場して以来、
10年以上、春も夏も函館地区から甲子園に行けていないはず。

今日の1回戦では、

函館工 5-4 鵡川
函大有斗 8-1 苫小牧中央

と2校が2回戦(ベスト8)進出!

特に函工は、いきなり選抜出場の鵡川が相手で、
「クジ運悪いなぁ~」と思ったのですが、4点差を挽回しての
見事な逆転勝ちだったようです。

2回戦も期待ですなdelicious

そして野球繋がりでプロ野球の話題ですが、
我らが中日ドラゴンズの今日の結果は、

中日ドラゴンズ 6-4 阪神タイガース
(勝ち:朝倉、セーブ:岩瀬、負け:久保田)

ということで、いくら阪神の調子が悪いとは言え、
敵地甲子園で2勝1敗の勝ち越しは上出来でしょうね。

これで、今日試合無かったヤクルトを抜いて地味に2位浮上happy01
順位よりも気になるのは首位の巨人との差ですが、
今日の勝利で5.5ゲーム差に。

まだまだ差がありますが、8月が終わった段階で3ゲーム差なら
何とか最後の勝負が出来ると思うので、粘って巨人を追ってほしいところ。

現在は関西方面の会社に勤めている、大学時代からのドラゴンズファン仲間から
送られたここ2日間のメール。

昨日:「阪神に負けると会社に居づらい」
今日:「今日は、阪神の話をすると無視されました」

ちなみに、火曜日が阪神5-4中日、水曜日が中日6-1阪神でした。

たぶん、明日も無視されることでしょう。

まぁ、明日からは東京ドームで巨人×阪神の3連戦なので、
我々も明日から3日間限定で阪神ファンになりますsmile 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

今週末の3連休はミニキャンプ?

今週末は「海の日」の祝日により、嬉しいことに3連休happy01

僕の超メインイベントである北海道マラソンまで後1ヵ月半ほどに
なったということもあり、ここら辺で1回、長い距離を練習しておきたいところ。

1年前のブログを見直してみたら、昨年はここの3連休の初日の土曜日に、
白石サイクリングロード~北広島エルフィンロードで32キロを走っていたようです。

今年も同じように、サイクリングロードで30キロを越えるような走り込みをしたいと
思って、土曜日はあまり時間が取れなさそうなので、日曜日にその走り込みを行い、
そして月曜日は祝日の恩恵でのんびり過ごそうかなと考えて天気予報を見てみたら、

18日(土) 曇り時々晴れ 降水確率30% 最高気温23℃
19日(日) 曇り時々雨  降水確率70% 最高気温21℃
20日(月) 曇り 降水確率40% 最高気温23℃

と、日曜日は残念ながら雨rainの予報……。

どうも今シーズンの週末の天気は、思うようにいかないことが多いですな。

まぁ、とにかくこの3連休のどこか1日で、その「30キロ+α走」を
決行したいと思っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

長谷川穂積が凄過ぎの連続1RKO防衛!(粟生と高山は残念)

あまりに凄過ぎてテレビの前で思わず笑ってしまいましたsmile
そんなわけで、今日はボクシングの話題で。

-----
WBC世界バンタム級タイトルマッチ

チャンピオン 長谷川 穂積(真正)×挑戦者 ネストール・ロチャ(アメリカ)

結果:長谷川の1R2分28秒TKO勝ち(9度目の防衛)
-----

1Rの1分56秒(テレビ画面のタイムより)に、最初のダウンを奪った
右パンチが当たった直後の映像です。
Hasegawa1

これで1回目のダウン。
Hasegawa2

何とか立ち上がって試合再開となったものの、お馴染みの
「パンチが早過ぎて、残像で腕が何本もあるように見える連打」
を見舞って、すぐに2度目のダウンを奪います。

ここも何とか立ち上がったものの、ダメージは明らかに深刻で
レフェリーストップ。
Hasegawa3

凄過ぎます。この強さは異常ですなsmile

対戦相手のロチャがメキシコ生まれアメリカ育ち(?)にも関わらず、
ジャッジがアメリカ人が2人、メキシコ人が1人という不思議な構成でしたが、
採点の仕事は何もせずに帰国することに。

今日の防衛で、

・歴代2位の9度防衛
・30年ぶりの4連続KO防衛

らしいですが、とにかくそういう記録よりも、ここの4試合は

08.6  2RKO
08.10 2RKO
09.3  1RKO
09.7  1RKO

で、対戦相手もウルグアイ、メキシコ、南アフリカ、アメリカと多彩で、
相手の世界ランキングも順に6位、2位、1位、4位だったと思います
(やや自信なし)。

何でもとりあえず批判したがる人は、

「弱そうな相手を選んでやっているんだろ」

とか言いそうですが、そういう人は無視するに限ります。

今日の日テレの放送は午後7時58分~午後9時54分までの放送枠でした。

まずは粟生の防衛戦を放送していて、判定までいったので、
長谷川の試合の話題に切り替わったのが午後9時過ぎ。

長谷川の試合は生中継で放送するわけではないのは分かっていたのですが
いきなり選手入場ではなくて、まずは「闘病中の母親との物語」のようなVTRを
流していたので、放送の残り時間から、

「あぁ~、12R判定まではいかなかったんだな。KOか途中の負傷判定かだな」

と思ったのですが、それが終わっても過去3試合の防衛戦のKOシーンを
流し続けたりで、なかなか今日の試合に移らずに時間は過ぎていきます。

負傷判定という結末を除けば「かなり早い回でのKO決着」というのが
濃厚な番組の作り方。

「もしかして、また1RKOかも?」

と半分冗談で思っていたのですが、その通りでした。

たぶん、長谷川と同じ時代を生きている幸運に感謝しなければならないくらいの
凄いボクサーなのですが、どうにもこうにも「地味」という感じが拭いきれません。

まぁ、そこもまた大きな魅力なのですがsmile

------
WBC世界フェザー級タイトルマッチ

チャンピオン 粟生 隆寛 (帝拳)×挑戦者 エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)

結果:ロハスの3-0判定勝ち(118-110、117-111、116-113)
------

最初は「粟生のカウンター炸裂に期待!」という気持ちで観ていたのですが、
途中からはだんだんと、

「まぐれっぽい感じでいいから、何とか当たってくれないかなぁ~」

と期待は萎んでいきました。

9Rの左を当てたあたりが唯一のチャンスだったのでしょうかね。
残念な結果でした。

------
WBA世界ミニマム級タイトルマッチ

チャンピオン ローマン・ゴンザレス (ニカラグア)×挑戦者 高山 勝成(真正)

結果:ゴンザレスの3-0判定勝ち(スコアは分かったら後で追記しておきます)
------

この試合は最後の最後にハイライトでちょびっとしか流れなかったのですが、
結構激しい試合だった模様。

そのわずかなハイライトから強引に試合展開を予測すると、
「ロマゴン」の強打に何度もダウン寸前になりながらも
最後まで高山が必死に粘って抵抗した感じでしょうか。

高山は好きな選手で、2年前の新井田戦も僕は完全に高山の判定勝ちに
思えたのですが、これも残念な結果に。

後日、日テレG+でこの試合のフルの映像も放送してほしいところですが、
どうなんでしょうかねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月13日 (月)

北海道マラソンの参加承認証&衆議院選挙の投票日

昨日書いた「2009北海道マラソン」の参加承認証ですが、
今日無事に届いていましたhappy01
Doumarasyounin

どうやら一昨日の土曜日に届いていた人というのは北海道外の方々で、
北海道在住の人には昨日の日曜日の段階では届いていなかった模様。

エントリーセンターが東京にある影響なのかもしれませんね。

昨日までは、

・申し込みをして参加料8000円は払った
・出る気は満々
・でも参加が承認されているかどうか不明

という状態だったので、これでまずは一安心ですなdelicious

今回の申し込みの際に使えた自己記録のタイムは3時間49分47秒
だったのですが、ゼッケン番号は4600番台。

ゼッケン番号順のブロックでスタート地点に並ぶようなので、
スタート地点に辿り着くまでの時間とスタート後の混雑を考えると、
少なくとも3~4分くらいのロスは考慮しなくてはならないかも。

まぁ、初めから想定しておけば特に焦ることはないので
問題は無いと思います。

さて、そんな僕の超メインイベントである北海道マラソンは8月30日(日)に
開催ですが、今日のニュースで、衆議院の解散に伴う選挙の投票日も
8月30日になった(なるのが濃厚?)とのこと。

‥‥‥。

道マラのスタート時間は昼12時10分なので、その日の朝に投票に行くことも
可能ですが、それは気分的にあまりしたくないので、出来れば初の期日前投票
をしたいなぁ~、と思っています。

僕としてはそのくらいで、特別困ることはないのですが、道マラの開催に伴い
この日の札幌市内は大規模で長時間の交通規制が行われます。

だいたい投票所というのは小学校の体育館とかが多いと思うのですが、
この交通規制の範囲内にある投票所もいくつも存在するでしょうし、
投票に行く人にとっては遠回りなど、かなり影響を及ぼす恐れが。

投票に限らず、とにかく他の人にとって道マラは
これ以上ないような大迷惑なイベントなわけで、

「大迷惑をかけている中を走る」

ということを考えると、きちんと本番に向けて準備して、
体調を整えて当日に挑めるように努めることが、
「給水所での紙コップのマナーが‥‥」とかよりもはるかに大きな
最大のマナーかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

北海道マラソンの参加承認証が発送されたそうですが……

この前の日曜日の「ピンネシリ登山マラソン」から1週間ぶりに、
今日の夕方にランニングをしてきましたrun

途中、西区の福井にある、最近全面オープンした五天山公園の中の
「見晴し展望台」を目指して、ちょっとした

「五天山公園登山マラソン」

をしてしまいました。どれだけ走って登るのが好きなのか、
自分に問いかけたいところです。

この公園の中を20分ほどグルグル回ったのですが、
走るのにはなかなかいい環境でしたhappy01

ここにはパークゴルフ場があったり、テニスやバスケットをしている人がいたり、
焼き肉スペースがあったりと、大勢の人で賑わっていました。

残念ながら、走っている人は僕一人でしたが。

そんなわけで、何となく脚に疲れがまだ残っている感じではありましたが、
まずまずの「ランニング再開」だったと思います。

そんなわけで1週間ぶりに走ったこともあり、8月30日の「超メインイベント」である

「北海道マラソン」

の向けて、気分もさらに盛り上がってきましたhappy01

と書いて、この文章を締めたかったところなのですが、
先程、北海道マラソンの公式ページを見てみたら、
------
7月10日(金)

参加承認証を本日発送しました。参加に関する重要事項が記載されて
いますので、到着しましたら必ず内容をご確認ください。
------

と書いてあって、そして「Yahooブログ検索」で検索してみたところ、
届いている人には、既に昨日の土曜日の段階で届いているとのこと。

………、僕の家にはまだ届いていないんですけどdespair

実は、去年の10月の札幌マラソンの前に、同じ札幌に住んでいる人から
-----
今日、ゼッケン引換証のハガキが届いていたけど、
記載ミスがあるよねぇ~
-----

というメールが来て、その時は僕の家にはまだハガキが届いていなく、

「同じ札幌市内なのに」

と少し不安になったのですが、次の日に無事に届いていたという事がありました。

それ以来、ちょっと気になって他の方のブログなどをチェックするようにしていたの
ですが、どうも同じ札幌市内でも、僕の家にはそういうハガキや大会パンフレットが
1日遅れで届いているようで。

これが「郵政民営化」の影響かどうかは分かりませんが。

まぁ、1日遅れでもちゃんと届いてくれていれば特に問題はないのですが、
日曜日を挟んでいたとしても、

「届いている人は昨日、既に届いているのに……」

というのは、何となく少し不安ですな。

*土曜日に届いた方というのはどうやら北海道外の方で、北海道在住の方には日曜日の段階では
 届いていない模様です。エントリーセンターが東京にある影響でしょうかね。


明日のこのブログで、

「無事に承認されていました!」

というタイトルの文章を書けるように、皆様も祈っていてくださいねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川直宏(FC東京)と山瀬世代と私

今の日本のスポーツ界の旬の「石川」と言えば、ゴルフの石川遼くんでは無くて、
サッカーJ1リーグのFC東京所属の石川直宏であるのは、

「海外のサッカーを見ていると、日本のJリーグを見る気がしなんいんだよねぇ~」

という、サッカーに詳しい「サッカー通」の方々からも賛同を得られると思います。

今日の名古屋グランパスとの試合でも、試合開始早々にゴールを決めた石川選手。
これで5試合連続ゴール。凄いです。

今節を終えた段階で、J1の得点ランキングでは

1位 10ゴール エジミウソン(浦和レッズ) 
1位 10ゴール ダヴィ(名古屋グランパス) 
1位 10ゴール 石川直宏(FC東京)
4位  9ゴール ペドロ・ジュニオール(アルビレックス新潟)
4位  9ゴール レアオンドロ(G大阪)

ということで、元札幌のダヴィはカタールにご栄転ということもあり、
2002年の高原(当時磐田、現浦和)以来、7年ぶりの「日本人得点王」の
期待も高まっているわけで。

この石川選手は僕にとっては以前から思い入れのある選手で、
2001年にアルゼンチンで行われたワールドユース(20歳以下の世界大会)の
日本代表の中心選手でした。

このワールドユースでは、当時コンサドーレ札幌に所属していた選手で、

・山瀬 功治(現 横浜FM)
・藤ヶ谷 陽介(現 G大阪)

の2人がレギュラーとして出場していて、山瀬は攻撃的な中盤の選手、
そして藤ヶ谷はゴールキーパーとして、

「攻めても攻められても、札幌ファンとしては楽しめる」

という、ある意味夢のような大会でした。

そんなわけで、時差の関係から、試合が午前4時とか午前5時にキックオフ
だったのですが、きちんと早起きをして、1次リーグの3試合を気合を入れて
観戦していました。

そんな中で、たしか右サイドで出場していた石川選手のプレーを観て、
当時は横浜FM所属でチームではあまり出場機会が無いという話も聞いて、

「いい選手だよなぁ~。コンサドーレ札幌に来たら即レギュラーだよなぁ~」

と、是非ともダメ元でオファーを出してほしいという気持ちで一杯になりました。

結局、1次リーグで1勝2敗という成績で敗退してしまったのですが、
悔しかったのは、この2年前の1999年のナイジェリアでのワールドユースでは、

「黄金世代」

と言われた日本代表が決勝まで進んで準優勝という歴史的な快挙を
成し遂げたのに比べて、この僕が「山瀬世代」と呼んでいる次の世代は

「谷間の世代」

とアジアの予選の頃から言われていて、アジア予選は突破したものの、
本番の世界大会では、その「谷間の世代」という評判を覆すことが出来なかった
わけで。

その1999年の「黄金世代」の代表選手一覧は、ウィキペディアから(所属は現在)。

GK:榎本達也(神戸)、南雄太(柏)、曽ヶ端準(鹿島)
DF:手島和希(京都)、辻本茂輝(神戸コーチ)、石川竜也(山形)、加地亮(G大阪)、
    氏家英行(tonan前橋)、
MF:稲本潤一(海外)、酒井友之(神戸)、小笠原満男(鹿島)、本山雅志(鹿島)、
   遠藤保仁(G大阪)、中田浩二(鹿島)、小野伸二(海外)、
FW:高原直泰(浦和)、永井雄一郎(清水)、高田保則(草津)、播戸竜二(G大阪)、

そして、2001年の「谷間の世代」の日本代表は、

GK:藤ヶ谷陽介(G大阪)、黒河貴矢(新潟)
DF:池田昇平(千葉)、中沢聡太(G大阪)、茂庭照幸(FC東京)、羽田憲司(C大阪)、
   駒野友一(磐田)、那須大亮(磐田)
MF:青木剛(鹿島)、森崎和幸(広島)、石川直宏(FC東京)、永井俊太(愛媛FC)、
   山瀬功治(横浜FM)、森崎浩司(広島)、
FW:田原豊(湘南)、佐藤寿人(広島)、前田遼一(磐田)、平本一樹(東京V)、
   飯尾一慶(東京V)、

他にはこの谷間の世代では、世界大会本番にはケガで出られなかった選手で
大久保嘉人(神戸)、阿部勇樹(浦和)がいました。

そして僕の記憶では、現日本代表の松井大輔は本番でスタメンで出ていた印象が
あったのですが、どうも本番の代表にすら選ばれていなかったようで。
記憶はやはり曖昧なものですな。

ということで、今から10年前には、
-----
この黄金世代がこれから10年間の日本サッカー界を引っ張っていく。
日本の未来は明るいぞ!!
-----

のはずが、思いのほかそうではない感じで、2歳ほど若いということはあれ、
今の段階ではその1世代下の「谷間の世代」の選手達の方が期待が持てるわけで。

今日の「大分トリニータ×ジュビロ磐田」の試合は3-1で磐田勝利で、
大分はどん底の14連敗となったのですが、その磐田のゴールは
前田が2ゴールと駒野と、全て「谷間の世代」でした。

今節はその他にも、佐藤寿人(広島)も浦和戦で見事なゴールを決めていました。

というわけで長々と書いてきましたが、

「山瀬世代」

にはこれからも活躍してほしいという結論で。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月11日 (土)

ピンネのメロンを食しました

この前の日曜日に行われた「ピンネシリ登山マラソン」の参加賞のメロン。
Melon

このメロンが食べごろになったので、一昨日、昨日と今日の朝で食しましたhappy01
Melon2

Melon3

あの変態的なタフなコースを走った参加賞のメロンと思うと、味わいも格別。
非常に美味しかったですdelicious

僕はメロンは大好きなのですが、「メロンはダメ」という人も思いのほか多いようで、
僕の周りにもそういう人が結構な割合でいる感じです。

ちなみに、あのピンネから1週間近く経過するのですが、
まだ両脚の付け根と足首のあたりが少し張った感じが。

あの山頂コースはやはり恐るべしsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

ブランコのサヨナラ3ランで中日ドラゴンズ勝利!!

あいかわらず凄い当たりでしたhappy01
710b1

プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0
中日  0 0 0 0 0 0 0 0 0 3×  3

勝ち:河原
負け:林
ホームラン:ブランコ24号(3ラン)
-----

先発のチェンと大竹の投げ合い、そしてその後を継いだお互いの投手陣も
それぞれ好投を見せて、0-0のまま延長戦へ。

延長10回表、中日の河原が1アウト1塁・2塁のピンチを作るも、
赤松をややラッキーなダブルプレーで切り抜けました。
井端の守備が落ち着いていた。

そして10回裏、1アウト後に荒木が四球で出塁して、そして初球に盗塁成功。
3番森野が敬遠で、4番のブランコ。

1ボールからの2球目を叩いた打球は、あっという間に左中間のスタンドへhappy01
710b2

710b3

昨年のシーズン終了後、中日球団としてはウッズとの契約更新を検討しながらも、
年俸面の折り合いがつかずに結局は退団という話がありました。ちなみに、
昨年のウッズの年俸は5億円とも6億円とも言われています。

いやぁ~、あんな勝負弱さが目立ったウッズと契約更新しなくてよかったぁ~、
と心の底から思います。

推定年俸が2800万円と言われているこのブランコ、
ドラゴンズとしてはホントに久々の大ヒット補強ですなhappy01

なお、そんなわけで河原が今シーズン初勝利!

何年ぶりの勝利になるのかは分かりませんが、
1年間の浪人期間を経て今年ドラゴンズに入団して、
貴重な中継ぎとして活躍。非常に重みのある1勝ですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

「2009年札幌マラソン」の申し込み完了

今年は10月4日(日)に行われる「第34回 札幌マラソン」。
Satumarapanfu

昨日の夜にRUNNETで申し込みをして、そして今日の帰り道に
ローソンでお金を払ってきました。
79satumaranyuukin
参加料3300円+手数料200円の計3500円。
種目はハーフマラソンです。

2003年10月のこの札マラでの10キロが、僕の記念すべき「大会デビュー」と
なったのですが、次の年からは毎年ハーフで走り続けています。

そんなわけで、今年で札マラは7年連続での出場予定happy01

申し込み期限は8月7日(金)までとまだまだ余裕があり、僕はこういう大会の
申し込みは、どちらかというとギリギリになってからするタイプなのですが、
今年は(おそらく)昨年までは無かったと思われる「定員」が設けられていて、
パンフレットによるとその定員は、

・ハーフ 6000人(昨年の参加人数5234名)
・10キロ 4000人(昨年の参加人数3577名)

とのこと。

たしかハーフでは、一昨年に比べて昨年は参加者が1000人くらい
一気に増加していたはずなので、万が一を考えて早めの申し込み。

まぁ、エントリー開始から1ヶ月くらい経っているので、
そんなに早いわけでもありませんがsmile

今までも何回か書いてきた文章をコピー&ペーストしますが、
この札マラのコースの特徴として、

(1)スタートは真駒内公園内。5000人ほどの参加者がスタート。

(2)公園内から公道に出て、中の島通り(たぶん)などを通って、大通方面へ。

(3)幌平橋を渡り、中島公園の前を右折して、駅前通り

(4)この「中島公園前~すすきの~三越前」を往復するのが、
  何と言っても最大の楽しみ!沿道で観戦の方も多い!

(5)その後、豊平川河川敷へと降り、10キロ地点通過。

(6)先ほどまでの「にぎわい」がウソのように、静寂が訪れる。

(7)ひたすら河川敷を走る。

(8)河川敷から真駒内公園に入るための、恒例の「あの登り坂」。

(9)公園内に入って、ゴールのオープンスタジアムがすぐそばに見える。

(10)しかし、なぜか「残り4キロ」の表示が出現。

(11)あとはひたすら、公園内をグルグル。アップダウンが思いのほか多い。

(12)20キロの手前の「給水地点」では、コニカミノルタ陸上部の方々が
   手伝ってくれていました(少なくともここ3年くらいは確認できました)。

(13)ようやくオープンスタジアムの中へ入るのを許される。

(14)そして喜びのゴール

という、21キロの間に様々な模様を垣間見せるこのコースを
今年も堪能したいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(2)

昨日の続きです。

午前9時にスタートしてから最初の5~6キロは一般道を走ります。
ここでは日差しsunもあって暑さを感じて、

「この時間でこの暑さなら、これから気温はさらに上がるだろうし…」

と心配になったのですが、林道に入ってからは木々で日差しが遮られた
こともあってか、思いのほか涼しく感じられました。結局、最初が一番暑く
感じたような気がします。

ラスト5キロの一般道の方が、昼になって気温は高かったはずですが、
たぶんその時にはヘトヘトで感覚が麻痺していたのだと思います。

スタート前に、最初の5キロは「キロ5分半くらいのペースで…」と何となく
大雑把に思っていたのですが、5キロ表示の通過は28分06秒と、
だいたい想定通りに。

当日1日行動を共にしたボクシングマニア仲間のSさんと15キロ地点まで
一緒に走ったのですが、林道に入ってからもいい感じでイーブンの感覚で
走ることが出来たような気がします。

Sさんは30キロコースのため、15キロ地点の折り返しでお別れ。

昨年までの2年間は僕も30キロコースに出ていたので、
ここから先の登りは完全に未知の世界。

この15キロ地点のおそらく2キロほど前から舗装された道になっていて、
そこから傾斜角度が一気にアップするのですが、15キロ地点までで
最も厳しかった傾斜の部分が、山頂までずっと続くような感じでした。

一所懸命走っているつもりでも、全く前に進んでいないような錯覚に陥りましたが、
前方に歩いているランナーを発見すると、その方との差は少しずつですが
縮まっていくので、それで「あぁ~、一応は走っている効果はあるんだ」と確認。

そして早い段階で「頂上まで歩かず登り切る」というひそやかな野望を断念して、
そこからは10分を1クールとして「7分走って3分歩く」という、時計を目標に
凌ぎきる作戦に変更。

たぶん2クールはそれで行けたのですが、そこからは「7分走る」というのも
到底無理になりました。歩いて登るのすら苦しい。

そんな感じで、この山頂コースへの挑戦を心の底から深く後悔したくなるくらいに、
今までに体験したことの無いような辛さを味わいました。

しかし、コースの所々で周りの視界がぱっと開けるようなところがあり、
そこから見える景色は非常に綺麗で、何とか心が折れずに足を前に
進めることが出来ました。

そして遂に、標高1100メートルの山頂に到着!!

この山頂はガスがかかっている感じで、あまり下の景色を堪能することは
出来なかったのですが、山頂まで辿り着いた達成感と比べると、
特に大きな問題ではありませんでしたhappy01

その山頂のエイドでは、バナナbananaを1切れ、ポカリをコップ3杯ほど、
そして頭から水をかぶったりして5分ほど休憩。

そして後半の下りへ。

「山頂からのこの下りが急で、これもまた難関なんだろうなぁ~」

という覚悟はしてはいたのですが、とにかく急で、どんな感じで走っていいのかが
なかなかつかめないままでした。

あまり飛ばさずに抑えていきたいところだけど、抑えようとしたら逆に脚に
変な衝撃が加わりそうで、とにかく手探り状態のまま、気分は箱根駅伝6区の
山下りの選手になったつもりで進みました。

そして、30キロコースの折り返しとなっていた、残り15キロ地点に何とか到着。

ここのエイドではたしかミニトマトを補給。美味。
そしてまた走り出しました。

ここからは、とりあえず過去2年間走った経験のある下り道なので、
多少の安心感が。

これ以降の残り11キロ、残り7.5キロ、残り5キロ、残り2キロ地点のエイドでも
それぞれ1~2分ほどは休憩していたかと思いますが、後半は走りながら、

「エイド以外では歩かずに走り切ってゴールする」

というのを目標としていたので、それは何とか達成出来ました。

エイドで休憩していると、その場からはなかなか離れたくないような気持ちで
満載となったのですが、その想いを振り払うかのように、

「ありがとうございました!」

とスタッフの方々に挨拶をして再び走り出すという、そんな繰り返しでした。

林道を脱出して、残り4キロ地点の表示を過ぎたあたりにいた
誘導のスタッフの方に、

「ここからが最後の厳しい登りですよ!もう一踏ん張り!!」

と声をかけていただきました。昨年はこの長い登りの途中で歩き出してしまった
苦い記憶を思い出したのですが、今年は何とかクリア。

残り2キロの最後のエイドで、またまたミニトマトを補給して、
そしてゴールへ向けての最後の踏ん張り。

ここから妙に粘りがきいて、残り1キロの表示の手前にある登り坂の途中で、
まずは前を走っていた方を1人抜きました。

そして登り坂が終わってふと前方を見ると、少し前に歩いている方を2人発見。

そこで気分的に元気になり、最後の力を振り絞って走り続けその方々を抜いて
しばらくすると、いよいよゴールのふるさと公園イベント広場の綺麗な緑の芝が
目に入ってきました。
Shibafu

長かったぁ~。きつかったぁ~。でも辿り着いたぁ~。

そして無事にゴールへ生還!!

タイムは4時間18分20秒くらいでした。

30キロコースで1時間半ほど前に既にゴールしていた、ボクシングマニア仲間の
Sさんと、応援に同行していたNさんもゴールで待っていてくれました。
ありがとうございました。超嬉しかったですhappy01

その後は参加賞の恩恵を活用して、まずは温泉spa(無料入浴券)に入り、
それから少し遅めの昼食をとりました(昼食券700円分)。

そして帰りもまた車に乗せていただいて、車内のBGMは行きと同様に
「男闘呼組」が流れる中、午後6時過ぎに無事に札幌の我が家へと
到着することが出来ました。

そんなところで、非常に満足度の高い1日になりました。

新十津川町の方々をはじめとして、この大会開催に携わっていただいた
全ての皆様に深く感謝申し上げます。

来年もまた行きたいですなdelicious

ひとまずは「燃え尽き症候群」の気分をもう少し満喫して、あと1週間くらいは
ランオフにして脚を休めて、それから「超メインイベント」である8月30日の
北海道マラソン(フル)に向けて、また練習していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1)

昨日のピンネシリ登山マラソンから一夜明け、今日の朝起きた時は、

「脚全体が少しダルいかなぁ~」

という程度で、自転車→地下鉄→徒歩で特に問題なく職場まで通勤できました。

しかし、昼、夕方になるにつれて脚、腰、背中、そして何故か肩や腕まで、
あらゆる部分の筋肉痛がどんどん表面化。特に両脚の太ももの全面が厳しい。

まぁ、あれだけ登り下りしておいて、何とか普通に歩けるような程度の
このような状態で済むのなら、かなりダメージは少ない方と思っていいのかも。

さて、昨日のピンネの完走記を、2回か3回に分けてダラダラと
書きたいと思います。

昨日の朝は4時過ぎに見事に(?)起床。
Tokei
今の時期は、この時間でも既に外は明るいんですねぇ。

朝食には納豆ご飯、ヨーグルト、グレープフルーツを食べ、
無事にトイレの大も済ませ(これが重要課題smile)、そして家を出て
5時30分に待ち合わせ場所である僕の家の近くの地下鉄駅の前まで。

30キロコースに参加される、ボクシングマニア仲間のSさんに車で
そこまで迎えに来ていただいて、そのSさんの知り合いで応援のために
同行のNさん、そして僕の3人で275号線をひたすら移動。

車中、そのNさんが最近読んだ「八甲田山」という小説の話題で
盛り上がり(?)ました。

この本は、日露戦争に備えて日本陸軍が八甲田山で行った「寒さ対策」の
訓練中に、不幸にも大多数の方々が遭難死してしまったという事実を
元ネタに書かれた非常に有名な小説らしいのですが(違っていたらごめんなさい)、

「我々もピンネの山中で遭難するかも……」

という不安を増大させ、「無事に生還するのだ!」が合言葉に。

そんなこんなでスタート&ゴール地点である「ふるさと公園」には、
たしか7時20分頃に到着したと思います。

受付時間が8時までで、スタートは9時というスケジュールのため、
余裕を持って行動出来るまずは順調な旅路。
Kanban

受付を済ませ、大事な参加賞のメロンをすぐに引き換えて車に置き、
それからゼッケンを取り付けるなどの準備をして、8時10分からは開会式。

諸事情により、この開会式については省略しますが、その後ステージで
記念の集合写真を撮影し、トイレで最後の小を済ませて、
スタートの5分くらい前に何となくスタート地点あたりに集合。

そして、のどかな雰囲気のまま、午前9時に何となくスタートの合図がhappy01

というわけですが、スタートしてからの続きは明日以降に。

最後に、ストップウォッチに残されているタイムを。

途中のエイドステーションでの休憩分も何箇所も含まれているので、
ラップタイムとかにあまり意味は無いのですが、
万が一smile来年も参加する場合の自分の参考用として、
記録に残しておきます。

    5キロ  28分06秒
   10キロ 57分39秒(29分33秒)
   15キロ 1時間31分44秒(34分05秒)
   20キロ 2時間08分24秒(36分40秒)
     頂上  2時間16分52秒(8分28秒)
残り20キロ  2時間26分50秒(9分58秒)
残り15キロ  2時間51秒07秒(24分17秒)
残り10キロ  3時間19分42秒(28分35秒)
残り 5キロ  3時間50分29秒(30分47秒)
       ゴール  4時間18分23秒(27分54秒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

ピンネから無事に生還しました!!

今日、新十津川町で行われたピンネシリ登山マラソン
Stage

昨年、一昨年と2年連続で30キロコースを走っていたのですが、
今年は山頂コースを初めて走ってきました。
30tosantyouuketuke

受付の様子です。昨年までは左側に、今年は右側に。

この「山頂コース」は、山頂付近の道路の破損により、
ここ2年間は山頂の手前で折り返しだったのですが、
山頂まで行けるのはおそらく3年ぶりの復活。

以前は「45キロコース」と言われていたようですが、山頂手前にあった「20キロ」の
距離表示がもし正しかったとしたら、そこから山頂までのタイムを見てみると、
もしかしたら全体は45キロよりはちょっと短いのかも。

まぁ、このコースの距離が例えば43キロであろうと、もしくは45キロであろうと、
そんなことはホントに小さな問題です。

何と言っても標高1100メートルのピンネシリ山の頂上まで登って、
そしてその頂上を折り返しの中間地点として、来た道を下るという、
そんなコースです。

結果は無事に頂上まで辿り着いて、そして折り返してからの下りでは、

「こんなに急で延々と続くような未体験の下り坂、どうやって走ったらいいんだべ?」

と思いながら、とにかく山道を脱出して、そして一般道に出てからの
残り4キロ地点あたりにあった長い登り坂にかなりヤラれながら、
何とか無事にゴールhappy01

ゴールタイムは4時間18分20秒くらいでした。

前半の登りでは、30キロコースの折り返し地点である15キロで
ちょうど1時間30分くらいでした。

そこのエイドで少し(だいぶ?)休憩して再び走り出しました。

そこの地点から最初は「何とか歩かずに頂上まで」という野望もひそかに
持っていたのですが、10分くらい走ってみて、それは無理だという結論にcoldsweats01

そこからは10分を1クールとして、

「7分走って3分歩く」

という作戦に変更。現実的には妥当な作戦だったと思います。

前半の登り、後半の下り、そして最後の一般道、
あちこちでそんなこんながありながらゴールへ。
Goaltape

この写真ではちょっと分かりにくいのですが、ゴールする一人一人に
このようにスタッフの方がゴールテープを用意していただいていて、
滅多に無い(というかこの大会でしか経験したことの無い)、

「ゴールテープ切り」

を味わえて、あたかも優勝したような良い気分にdelicious

説明を書くと長くなるので省略しますが、今日、僕の中では
「行くのだ!!」「やるのだ!!」というような「○○のだ!!」という
フレーズが大ブレークして、走っている最中には、

「ゴールのふるさと公園まで、無事に生還するのだ!」

と、心の中で呪文のように繰り返していました。

また、途中のエイドステーションに置いていた(おそらく)新十津川町産の
ミニトマトが甘くて絶品でした。

周りにいた複数の方々も同様の感想を。

そして、参加賞は3年連続でメロン。
Melon_2
おそらく3~4日後くらいが食べ頃でしょうか。

今日は30キロコースに参加したSさんの車に乗せていただいて、
その方の知り合いのNさん、そして僕の3人で移動したのですが、
行きも帰りも、車内にかかっていた音楽は何故かひたすら

「イッツ・ア・タイムゾーン」

でお馴染みの「男闘呼組」の曲。夢見る男って嫌いじゃないです。

帰りの車内で、携帯のプロ野球速報で「中日5-4巨人、終了」の結果を
確認して、心の中で力強くガッツポーズ。

そんなところで、次の大会参加は8月30日の北海道マラソン(フル)の予定で
しばらく期間が空くということもあり、このブログも書くネタが他に無いと思うので、
今日のピンネについての話題を、明日以降、少なくとも3回分は長々と
書いていきたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

矢代×三浦の再戦決着-日本S.フェザー級タイトルマッチ

寝る前にボクシングの話題などなど。

今夜行われたボクシングの日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

「チャンピオン 矢代 義光(帝拳)×挑戦者1位 三浦 隆司(横浜光)」

の試合。日テレG+で生放送されていたので観たのですが、
非常に激しい試合に。

両者は今年1月に対戦していて、その時は引き分け判定で矢代の防衛でした。
2回ダウンを奪いながらベルトに手が届かなかった三浦を、今回は何となく
応援するような感じで観ていました。

2R終了間際にまずは三浦がダウンを奪って、そして3Rは逆に矢代が
「伝家の宝刀」の左でダウンを奪い返して、その後はおそらく矢代ペースに。

と思っていたら、6Rの半ばに三浦が左(?)を当てて矢代をぐらつかせてから
一気に形勢逆転。このラウンドに2回ダウンを奪って、そして7R序盤、
矢代をコーナーに追い詰めたところで帝拳陣営からタオル投入。

というような試合結果で、三浦が新チャンピオンに。

ややラフファイトっぽいシーンも多くありましたが、
非常にオモシロい試合でした。

それと、その後のリング上での三浦のヒーローインタビュー。
ジム会長で昨年亡くなった関会長の写真が横にあったのですが、
ちょうどカメラでその写真がアップになった時、
写真の会長の頬のあたりを一粒の水の雫が流れていました。

たぶん隣の三浦の汗が飛び散ったか何かだと思うのですが、
まるで写真の会長が嬉し涙を流しているような映像で、
かなり出来過ぎな感じの偶然が……。

録画している方がいらしたら、是非とも確認してみてくださいhappy01

-------
●プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

中日ドラゴンズ 4-2 読売ジャイアンツ

7回表にイ・スンヨプに逆転2ランを打たれた瞬間は完全に固まりましたが、
その裏に荒木の同点タイムリー、そして森野の逆転タイムリー!

これで1勝1敗。明日は絶対に勝ちたいです!!

-------
●サッカーJ2リーグ 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 0-1 水戸ホーリーホック

得点:前半20分くらいに、水戸の誰かがPKを決めたらしい

………shock、せっかく2万2千人の観客を集めたのに……。

西嶋がPKを与えて、そのプレーで2枚目のイエローを貰って退場で、
そしてそのPKを決められて、それが今日の唯一の得点の決勝点という、
いかんともしがたい試合展開。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日はピンネ!!

明日は新十津川町で「ピンネシリ登山マラソン」があります。
午前9時スタートです。

僕が参加する約45キロのコースは、標高1100メートルのピンネシリ山を
頂上まで登って、そしてその頂上を折り返し地点として、来た道を今度は
一気に下るという、そんな変態的なコースです。

昨年、一昨年とこの大会には30キロコースに参加していたのですが、
あの15キロ地点の折り返しの先が果たしてどうなっているのか、
それがこの2年間の謎でした。

その謎を、じっちゃんの名にかけて明日解いてきたいと思いますdelicious

ヘロヘロになるのはまず間違いないところですが、

「逆境にくじけるな!」

という、昔、卒業の寄せ書きに書いたことのあるクサイ言葉を今、
自分に言い聞かせました。

明日は、30キロコースに参加される方の車に乗せていただいて、
朝5時30分に出発予定。275号線を通って、朝7時30分頃には着く計画。

そんなわけで、明日の朝は4時起きになります。これがまずは最大の難関。

明日の天気予報は、岩見沢の予報ですが

南の風 曇りcloud 最高気温26℃、最低気温16℃、
降水確率:6時-12時 10%、12時-18時 10%

ということで、気温はやや高めのようですが、雨は無さそうなので一安心。

頂上からの景色が良く見える程度の「曇り空」だったら最高なのですが。

明日の夜のこのブログのタイトルは

「ピンネから無事に生還してきました!」

に決めているので、本当に無事にそのようなタイトルで
ブログを更新出来るように祈っていてくださいsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

恐れず・驕らず・侮らず

今日の我らが中日ドラゴンズは、巨人相手に3-4の敗戦。悔しいshock

さて、新十津川町での「ピンネシリ登山マラソン」はあさってですが、
今日のタイトルの、

「恐れず・驕らず・侮らず」

というのは、ボクシングの強豪高校である、埼玉県の花咲徳栄高校の
ボクシング部の部訓です。

この高校出身のプロボクサーが、トランクスにこのフレーズを入れたり
しているため、ボクシングファンの中では(おそらく)有名な言葉です。

この言葉の意味とかを深く考えたことは無いのですが、
1ヶ月半ほど前の洞爺湖マラソンのフル本番で、
走っている最中に心の中で、

「おそれず おごらず あなどらず」

と呪文のように繰り返していたら、気のせいかもしれませんが、
何となく落ち着いて走り続けることが出来たような感じがしました。

音の響きとかリズムとかが妙に心地良いんですよねhappy01

そんなわけで、あさってのピンネも、この言葉を心の中で繰り返しながら走る作戦で
いきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

「ゴチになります10」に大泉洋が出演(したはず)

今日の我らが中日ドラゴンズは「中日3-4阪神」ということで、
残念な逆転負けでした。連勝は8でストップ。

まぁ、浅尾は6連投なので、それだけ続けて投げれば
1回くらいは打たれても仕方がないです。

最後のブラゼルの逆転打は、レフトの和田が捕れそうな感じもありましたが、
あそこまで飛ばされたらこれも仕方がないです。

と冷静に書いていますが、テレビ中継のそのシーンの瞬間には、
和田に対して軽い殺意すら覚えました、というのはさすがにウソですが。

明日からはナゴヤドームで首位巨人との3連戦。
3タテとは言わないので、何とか2勝1敗で勝ち越してほしい。

さて話は変わり、毎週木曜日の午後7時58分に日テレ系で
放送されている「ぐるナイ」。

今日の放送では「グルメチキンレース ゴチになります10」のコーナーを
やっていて、北海道が生んだ大スターの大泉洋(と小倉優子)がゲスト出演!

のはずだったのですが、今日の北海道のテレビ番組表を見てみると、

STV:午後7時~午後8時54分 
     プロ野球~札幌ドーム 日本ハム×楽天

………、なして?

グダグダと文句を言いたいところですが、まぁ、一応は北海道民なので
止めておきます。

全国的(少なくとも関東圏)には今日、この「ゴチ10」が放送されたそうですが、
今日の放送分は北海道では、

7月5日(日) 午後0時30分~午後1時25分

に放送されるようです。

この日のこの時間帯は、まさに新十津川町で喘いでいる最中のはずですが、
前の日から忘れないように録画の予約をしておきたいと思います。

やはり結果を知らずに見たいので、これから数日間は、
ネットをいじる時にはちょっとだけ気をつけなければsmile

さらに話は変わって、昨日の昼休み、近くの「ほっともっと」というお弁当屋さんで
唐揚げ弁当(390円)を注文して店の中で待っていると、店の中でかかっていた
女性ボーカルの曲に対して妙に惹かれてしまいました。

JUJUっぽいけどちょっと違う感じ。途中で男の人のラップみたいものが
入っていたので、「○○フューチャリング××」みたいな雰囲気。

そして今日もお昼休みに同じように「ほっともっと」に行って、
今日は天丼(380円)を注文して店の中で待っていると、
昨日のその曲がまたかかりました。

今回はサビと思われる部分の歌詞のフレーズを覚えておいて、
そして後でネットで調べてみようと思い、携帯のメール作成画面を開いて、
そのフレーズを書いておきました。

知らない人が見たら、弁当屋の中で携帯メールの本文に

・君の声を聞かせてほしいよ
・願うたび心震えるの
・胸の中で温かい

とか書いているスーツ姿のおっさん、明らかに不審人物で、パトロール中の
警察官がいたら間違いなく職務質問を受けたことでしょう。

そして先程パソコンで調べてみたら、「西野カナ」という女性ボーカリストの

「君の声を feat.VERBAL(m-flo)」

という曲だということが判明。シングルにはなっていなくて、
先週発売されたアルバムの中の曲ということで、知らなかったのも納得です。

そして早速、YouTubeに載っているPVでフルコーラスをじっくりと聴くことが
出来ました。こういう動画に関しては、著作権に関する疑問が以前から
強くあるのですが、まぁ、便利なのでこちらとしては非常にありがたいhappy01

西野カナに関しては、たしか今年の1月か2月のCDTVの

「今年ブレークしそうなアーティストのアンケート結果」

でかなり上位に来ていて、それで初めて名前を知りました。

彼女の曲をまともに聴いたのは今回が初めてだったのですが、
この曲はラップの部分がちょっと長いのが余計だと思いますが、
「胸キュン党」の僕にはたまらない一曲となりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

中日ドラゴンズ8連勝!!

我らが中日ドラゴンズの8連勝は4年ぶりとのこと。
-----
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
阪神 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
中日 0 0 0 0 0 4 0 0  ×  4

勝ち:小笠原
セーブ:岩瀬
負け:福原

ホームラン:ブランコ22号(中)、鳥谷6号(阪)

6回裏にブランコの特大3ランで先制。今日は無事にテレビ中継で
そのシーンを見ることができましたhappy01

最後は岩瀬がランナー1人を出して2塁まで進めさせながら、
結局はゼロで抑えるという恒例のピッチングで締めての8連勝!

今日は「広島2-1巨人」という結果で巨人が負けたため、
ゲーム差も1つ詰まって5.5ゲーム差に。素敵な水曜日の夜でした。

この連勝の反動がいつ来るかは分からないので、
喜べるうちに精一杯喜んでおきますsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »