« 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1) | トップページ | 「2009年札幌マラソン」の申し込み完了 »

2009年7月 7日 (火)

「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(2)

昨日の続きです。

午前9時にスタートしてから最初の5~6キロは一般道を走ります。
ここでは日差しsunもあって暑さを感じて、

「この時間でこの暑さなら、これから気温はさらに上がるだろうし…」

と心配になったのですが、林道に入ってからは木々で日差しが遮られた
こともあってか、思いのほか涼しく感じられました。結局、最初が一番暑く
感じたような気がします。

ラスト5キロの一般道の方が、昼になって気温は高かったはずですが、
たぶんその時にはヘトヘトで感覚が麻痺していたのだと思います。

スタート前に、最初の5キロは「キロ5分半くらいのペースで…」と何となく
大雑把に思っていたのですが、5キロ表示の通過は28分06秒と、
だいたい想定通りに。

当日1日行動を共にしたボクシングマニア仲間のSさんと15キロ地点まで
一緒に走ったのですが、林道に入ってからもいい感じでイーブンの感覚で
走ることが出来たような気がします。

Sさんは30キロコースのため、15キロ地点の折り返しでお別れ。

昨年までの2年間は僕も30キロコースに出ていたので、
ここから先の登りは完全に未知の世界。

この15キロ地点のおそらく2キロほど前から舗装された道になっていて、
そこから傾斜角度が一気にアップするのですが、15キロ地点までで
最も厳しかった傾斜の部分が、山頂までずっと続くような感じでした。

一所懸命走っているつもりでも、全く前に進んでいないような錯覚に陥りましたが、
前方に歩いているランナーを発見すると、その方との差は少しずつですが
縮まっていくので、それで「あぁ~、一応は走っている効果はあるんだ」と確認。

そして早い段階で「頂上まで歩かず登り切る」というひそやかな野望を断念して、
そこからは10分を1クールとして「7分走って3分歩く」という、時計を目標に
凌ぎきる作戦に変更。

たぶん2クールはそれで行けたのですが、そこからは「7分走る」というのも
到底無理になりました。歩いて登るのすら苦しい。

そんな感じで、この山頂コースへの挑戦を心の底から深く後悔したくなるくらいに、
今までに体験したことの無いような辛さを味わいました。

しかし、コースの所々で周りの視界がぱっと開けるようなところがあり、
そこから見える景色は非常に綺麗で、何とか心が折れずに足を前に
進めることが出来ました。

そして遂に、標高1100メートルの山頂に到着!!

この山頂はガスがかかっている感じで、あまり下の景色を堪能することは
出来なかったのですが、山頂まで辿り着いた達成感と比べると、
特に大きな問題ではありませんでしたhappy01

その山頂のエイドでは、バナナbananaを1切れ、ポカリをコップ3杯ほど、
そして頭から水をかぶったりして5分ほど休憩。

そして後半の下りへ。

「山頂からのこの下りが急で、これもまた難関なんだろうなぁ~」

という覚悟はしてはいたのですが、とにかく急で、どんな感じで走っていいのかが
なかなかつかめないままでした。

あまり飛ばさずに抑えていきたいところだけど、抑えようとしたら逆に脚に
変な衝撃が加わりそうで、とにかく手探り状態のまま、気分は箱根駅伝6区の
山下りの選手になったつもりで進みました。

そして、30キロコースの折り返しとなっていた、残り15キロ地点に何とか到着。

ここのエイドではたしかミニトマトを補給。美味。
そしてまた走り出しました。

ここからは、とりあえず過去2年間走った経験のある下り道なので、
多少の安心感が。

これ以降の残り11キロ、残り7.5キロ、残り5キロ、残り2キロ地点のエイドでも
それぞれ1~2分ほどは休憩していたかと思いますが、後半は走りながら、

「エイド以外では歩かずに走り切ってゴールする」

というのを目標としていたので、それは何とか達成出来ました。

エイドで休憩していると、その場からはなかなか離れたくないような気持ちで
満載となったのですが、その想いを振り払うかのように、

「ありがとうございました!」

とスタッフの方々に挨拶をして再び走り出すという、そんな繰り返しでした。

林道を脱出して、残り4キロ地点の表示を過ぎたあたりにいた
誘導のスタッフの方に、

「ここからが最後の厳しい登りですよ!もう一踏ん張り!!」

と声をかけていただきました。昨年はこの長い登りの途中で歩き出してしまった
苦い記憶を思い出したのですが、今年は何とかクリア。

残り2キロの最後のエイドで、またまたミニトマトを補給して、
そしてゴールへ向けての最後の踏ん張り。

ここから妙に粘りがきいて、残り1キロの表示の手前にある登り坂の途中で、
まずは前を走っていた方を1人抜きました。

そして登り坂が終わってふと前方を見ると、少し前に歩いている方を2人発見。

そこで気分的に元気になり、最後の力を振り絞って走り続けその方々を抜いて
しばらくすると、いよいよゴールのふるさと公園イベント広場の綺麗な緑の芝が
目に入ってきました。
Shibafu

長かったぁ~。きつかったぁ~。でも辿り着いたぁ~。

そして無事にゴールへ生還!!

タイムは4時間18分20秒くらいでした。

30キロコースで1時間半ほど前に既にゴールしていた、ボクシングマニア仲間の
Sさんと、応援に同行していたNさんもゴールで待っていてくれました。
ありがとうございました。超嬉しかったですhappy01

その後は参加賞の恩恵を活用して、まずは温泉spa(無料入浴券)に入り、
それから少し遅めの昼食をとりました(昼食券700円分)。

そして帰りもまた車に乗せていただいて、車内のBGMは行きと同様に
「男闘呼組」が流れる中、午後6時過ぎに無事に札幌の我が家へと
到着することが出来ました。

そんなところで、非常に満足度の高い1日になりました。

新十津川町の方々をはじめとして、この大会開催に携わっていただいた
全ての皆様に深く感謝申し上げます。

来年もまた行きたいですなdelicious

ひとまずは「燃え尽き症候群」の気分をもう少し満喫して、あと1週間くらいは
ランオフにして脚を休めて、それから「超メインイベント」である8月30日の
北海道マラソン(フル)に向けて、また練習していきたいと思います。

|

« 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1) | トップページ | 「2009年札幌マラソン」の申し込み完了 »

コメント

火の鳥のオッちゃんは?

道マラ頑張ろうね!

投稿: 晴れ | 2009年7月 8日 (水) 16時21分

>晴れさん

おぉ~、重要な最後の一ネタを書くのを忘れていたcoldsweats02

ちなみに、火の鳥のおっちゃんから「一回触れたらもうダメだよ」
と言われて買った桃は、何気に美味でした~。

僕も「道マラ男」と呼ばれたいので、一所懸命練習しますsmile

投稿: しげた | 2009年7月 8日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/45566701

この記事へのトラックバック一覧です: 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(2):

« 「2009年ピンネシリ登山マラソン」の完走記(1) | トップページ | 「2009年札幌マラソン」の申し込み完了 »