« ピパオイヘルシーロードレース兼第14回美唄市ハーフマラソン | トップページ | 君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて »

2009年6月16日 (火)

羽生名人の勝利で最終局へ!(将棋名人戦第6局)

日本中の(ごく一部)が大注目の「第67期将棋名人戦第6局」。

結果は羽生名人が勝って、最終局で決着がつくことに。

残念ながら、この名人戦はネットの棋譜速報が「有料」ということで、
残された手段は(有料会員になるを除く)、将棋盤をパソコンの前に出してきて、
そして「2チャンネル」を頼りに駒を並べるしかありませんでした。

午後8時くらいからパソコンに接続したのですが、2チャンネルでの書き込みが
実際に指されている棋譜なのか、それとも将棋ソフトの読み手順なのか、
それとも書き込みした人の妄想手順なのか、判別するのに一苦労。

結局、後手の郷田九段の△8六桂と飛び出した手の後に、羽生名人が
▲7三銀と王手に打ち込んで、結果的にはここから一気に即詰みとなって
郷田九段の投了に。おそらく最終的には33手詰めになったのかな。

▲7三角~▲9五金と連続で捨てて、そして▲7三桂成りで
▲6五飛の横の利きを使っての空き王手。

さらにその成桂を▲8三成桂と捨てて、そして今度は▲6三飛成と
▲6五飛の縦の利きを使うという、芸術的な詰みでした。

詰みに入る15手くらい前に△5五歩と飛車の頭に歩を打たれ、
ここでしばらく考えて▲6六飛と横に逃げたみたいですが、
この間に2チャンネルでは、

「ここで考えるのは羽生名人が変調」
「寄せにいけないで単に飛車を逃げるのは、明らかに流れがおかしい」

みたいな書き込みが続々でしたが、おそらくこの考慮時間で実戦の詰みを
最後までしっかりと読んでいたのではないかと推測します。

と、結果が出た後で振り返れば、偉そうな事が言えますhappy01

今日の深夜0時40分からNHK-BS2で15分間のダイジェスト番組が
あるのですが、それまで起きていようかどうか悩み中coldsweats01

|

« ピパオイヘルシーロードレース兼第14回美唄市ハーフマラソン | トップページ | 君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/45362117

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生名人の勝利で最終局へ!(将棋名人戦第6局):

« ピパオイヘルシーロードレース兼第14回美唄市ハーフマラソン | トップページ | 君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて »