« 君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて | トップページ | 早起き »

2009年6月17日 (水)

物憂げな6月の雨に打たれて

4日後に迫った「おたる運河ロードレース大会」のハーフに向けて、
今日は夜に12キロほどを走ってきましたrun

最初はたぶんキロ4分40秒~4分50秒くらいで、それでも充分いいペースだと
思っていたのですが、途中から何故か妙にスイッチが入って、
後半はおそらくキロ4分20秒あたりの相当な「マジ走り」となってしまいました。

本番の前日の土曜日は午前中に軽く30分ほど走ろうかと思っていますが、
とりあえずは今夜でほぼ練習は終了ということで、なかなかいい感じの締めの
走りだったと思いますhappy01

さてさて、昨日も書きましたが、今日の午後5時発表の天気予報では、
札幌の予報ですが本番当日は

曇り時々雨 降水確率70% 最高気温21℃ 最低気温17℃

と、あいかわらずの雨rainの予報。

昨日と比べると「一時→時々」に変化しているようですが、
この「一時」と「時々」の違いってどういう基準なんでしょうかね。
昔からずっと、ひそかに謎ですhappy01

さて、以前にも似たようなことを何回か書いた記憶がありますが、
僕はこういう大会に出るのは、数えてみるとおそらく今回で33回目
(ハーフ24回、フル5回、10キロ2回、30キロ2回)。

その中で雨rainだったのは、

2004年のラニング・オン札幌の10キロ
2007年の北海道ロードレースのハーフ

の2回のみが、レース中の多くの時間が雨でした。

その他に一時的に降ったのが、

2005年の北海道マラソンの38キロ~40キロ
2008年の函館ハーフマラソンのラスト1キロ

くらいしか記憶にありません。自称「晴れ男」という方向で。

日曜日の「おたる」は午前9時スタートなので、この日の雨は午後から降ると
決め付けておきます。

まぁ、雨と寒さに祟られた2年前の北海道ロードレースでのハーフマラソンが
1時間28分26秒で、これが僕の中でのハーフの自己ベストとしています。

「僕の中でのハーフの自己ベストとしています」という
微妙な表現の説明は省略しますsmile

もう一つ雨に祟られた2004年のラニング・オン札幌の10キロも、
スタート前に鈴木宗男さんと握手をしてもらったり、途中の円山の北海道神宮の
前の坂道あたりから妙に楽しくなったりして、雨の辛さは全く印象にありません。

4年前の初フルとなった北海道マラソンの終盤の雨も、
むしろありがたいシャワーという感じで気分が紛れました。

そんなわけで長々と書いてきましたが、実は「雨の大会」は良い印象が
強かったりするので、別に雨なら雨でも構わない気持ちが強いような気も。

それでも、妙に今から天気予報がずっと気になり続けて雨の心配をしている、
そんな揺れる複雑な乙女心おっさん心です。

|

« 君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて | トップページ | 早起き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/45372638

この記事へのトラックバック一覧です: 物憂げな6月の雨に打たれて :

« 君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて | トップページ | 早起き »