« 粟生が獲得、長谷川が1RTKOで防衛!-ボクシング | トップページ | これでもJリーグを「秋春制」に? »

2009年3月13日 (金)

上地雄輔

今日のミュージック・ステーションに上地雄輔が「遊助」の名前で
ソロで出演していました。

上地雄輔と言えば「羞恥心」で大人気となりましたが、
僕が最初に彼の名前を聞いたのは、

「芸能人スポーツマン・ナンバーワン決定戦」

みたいな番組に出ていた時です。

「横浜高校で松坂大輔とバッテリーを組んだ……」というような紹介をされていて、
とりあえずは記憶には残っていました。今から3~4年前にはなるかと思います。

そして、2年前のちょうど今の時期のクールに放送していた「ハケンの品格」。
篠原涼子が主演で、ドラマを滅多に見ない僕も大泉洋が出ていたこともあって
見ていたのですが、ここに上地雄輔が出演していたんですね。

たしか「コンくん」という、メガネをかけた社員の役。

当時は「松坂と横浜高校で~の人」というのは全然分からなく、
実は出演していたと知ったのは半年くらい前ですが。

そして、今はよく分からないキャラになっているmisonoがかつて
ボーカルをしていた音楽グループ「day after tomorrow」。

デビューの頃から意外と気になっていて、そこそこよく聴いていたのですが、
2004年8月に発売された「lost angel」という曲のPVの最後で、

男性「元気ですかぁ?」
女性「元気になりましたぁ!」

という、背中が何だかむず痒くなるような、妙に印象に残るシーンが
収録されていました。

その男性役が実は上地雄輔だったということで、これはつい1週間ほど前に
知りました。ちょっとびっくりでした。

ファンの方々からすれば全て知ってて当たり前のことなのでしょうが、
実は以前からいろいろと出ていたんだなぁ~、ということを発見すると
何となく知って得をした気分にhappy01

|

« 粟生が獲得、長谷川が1RTKOで防衛!-ボクシング | トップページ | これでもJリーグを「秋春制」に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/44336874

この記事へのトラックバック一覧です: 上地雄輔:

« 粟生が獲得、長谷川が1RTKOで防衛!-ボクシング | トップページ | これでもJリーグを「秋春制」に? »