« スポーツ選手のピークは40歳前後? | トップページ | 「2009年北海道マラソン」の大会要項が発表 »

2009年3月 1日 (日)

ランニングブームと大会消滅と私

東京マラソンの誕生や「メタボリックが止まらない」などの影響で、
今はランニングブームのようで。

しかも、「若い女性の間を中心にブームが…」というのをあちこちで目にするので、
妄想力では金メダル級の僕は、今日の夕方のランニングも様々なシチュエーションの
妄想を繰り広げながら、所々のブラックアイスバーンっぽい路面なども気にせずに
雪上ランニングをしてきました。

「疲労のメカニズムは複雑だけど、脳の疲労も一つの大きな要因」

らしいので、別にそういう理論を持って走っているわけではないのですが、
楽しい妄想は大切だという方向で。

それはさておき「ランニングブーム」なら、市民マラソン大会もどんどん増えている
のかと思えば、もちろん新しい大会も生まれてはいますが、消滅する大会の話も
あれこれ耳にします。

先ほどこのブログにコメントをいただいた方の情報によると、
毎年5月中旬に行われていた

「ラニングオン・SAPPORO」

という大会が今年は消滅したとのこと。

僕はこの大会は、ランニングを始めた当初の2004年に参加したことがあります。

当時はたしか10キロ、5キロ、3キロの部があったはずで、
僕は10キロに参加。

スタート地点はどの部も大通公園の横で、10キロの部は
6丁目くらいからスタートだったと思います。

当日、地下鉄で大通公園駅まで行き、そして受付場所まで向かう途中、
何やら黄色いお揃いのジャンパーを着た集団がいました。

「あぁ~、ランニングサークルの人達なんだろうなぁ~」

と思ってその中心にいる人をふと見てみたら、

「あっ!アホの坂田だ!」

ではなくて、鈴木宗男氏だったわけで。
思わず握手をしてしまいましたhappy01

僕は42分台でゴールしたのですが、鈴木宗男氏も10キロの部に参加して、
たしか47分台でゴールしていた記憶があります。

10キロの部は大通公園横からずっと西の方面に向かって、北海道神宮や
円山競技場エリアの前を通過して折り返して、来た道を戻って大通公園で
ゴールという、中心部をメインに走ることが出来るような魅力的なコース。

円山あたりのアップダウンも印象深くていい感じでした。

この日は、僕のランニング大会参加において数少ない「雨rain」だったのですが、
非常に楽しかった印象があります。

結局、

・RCチップなどによるタイム計測が無い
・どうせ参加料を払って走るなら、ハーフ以上の長い距離を…

というセコい面もある理由で、この大会参加はこの1回限りだったのですが、
たしか昨年には10キロの部が廃止されて5キロが最長となり、
そして今年は(どうやら)大会自体が廃止に。

同じような大会廃止では、僕が2004年~2006年の3年連続で
ハーフで参加していた、6月中旬に行われていた

「アコム さっぽろ祭りマラソン」

も2年前に消滅してしまいましたwobbly

元々参加人数が札幌の大会としては少ない印象があって、消滅もある意味
納得だったのですが、あの「閑散」とした感じの大会が僕は好きだったので、
2年前も参加する気は満々だったのですが、なかなかRUNNETに情報が
載らなく、気になってあれこれネットで調べて「消滅」の情報を知った時は
ショックでした。

「ラニングオン・SAPPORO」においては交通規制というハードルもあって、
あれこれと交渉が上手くいかなかった面もあるのかもしれませんが、
やはりこういう大会は経費もかかるので「スポンサー問題」というのも
現実的な大きな問題ですし、この何年間かでも

・過去最高の大会申込者数!
・大会消滅……

の2つの相反するような話題を、北海道内の大会でもあちこちで耳にしています。

長々と書いてきましたが、大会開催に協力しているスポンサーや自治体などには、
感謝の念を常に持ちたいという結論で。

北海道マラソンもいつ無くなるか、可能性はゼロではないわけで。

|

« スポーツ選手のピークは40歳前後? | トップページ | 「2009年北海道マラソン」の大会要項が発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/44216799

この記事へのトラックバック一覧です: ランニングブームと大会消滅と私:

« スポーツ選手のピークは40歳前後? | トップページ | 「2009年北海道マラソン」の大会要項が発表 »