« ランニングブームと大会消滅と私 | トップページ | マラソンの距離はどうやって正確に計測するの? »

2009年3月 2日 (月)

「2009年北海道マラソン」の大会要項が発表

先日、今年の北海道マラソンの大会要項が発表になりましたねぇ。

参加資格を、去年までのように持ちタイムで制限するのか、それとも
「5時間以内で完走できる人」のようなある意味、自己申告制のような
ものにするのか、少し気になっていました。

結局は、男女ともに、2007年1月1日以降の大会で

「フルマラソンで5時間以内 あるいは ハーフマラソンで2時間20分以内」

などのタイムを出していることが条件となりました。

申込期間は4月22日~5月20日ということで、まだこのタイムを持っていない人は、
札幌とその近郊の大会ではハーフで、

4月19日 伊達ハーフマラソン
5月 5日 アコム 日刊スポーツ豊平川マラソン

あたりが出場資格獲得のチャレンジとなりそう。ただ、5月5日だと、もしかしたら
その時点で既に申込みの定員がオーバーとなっているかも。

去年のこの大会は、たしか申込み定員が5700人で、申し込んだ人数が
締切の延長などがありながら5500人くらいと、ある意味絶妙な定員設定でした。

今年は「定員8000人(先着順)」ということで、参加資格と制限時間の緩和に
よってどのくらい申込みが増えるのか、予想がつきませんねぇ。

申込み開始から何日かですぐに定員オーバーになるかもしれないし、
もしかしたら最後まで定員に達しないかもしれないし、果たしてどうなるのでしょうか。

ちなみに、参加料は去年よりもさらに1000円アップの8000円となりましたが、
そこの話題には触れない方向で。

最後に、制限時間の関門設定を書いておきます。
基本的には「5キロ35分ペース」での設定で、最初のスタートのロスを
5分としているようです。

 5キロ     40分
10キロ 1時間15分
15キロ 1時間50分
20キロ 2時間25分
25キロ 3時間00分
30キロ 3時間35分
35キロ 4時間10分
40キロ 4時間45分

|

« ランニングブームと大会消滅と私 | トップページ | マラソンの距離はどうやって正確に計測するの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/44226157

この記事へのトラックバック一覧です: 「2009年北海道マラソン」の大会要項が発表:

« ランニングブームと大会消滅と私 | トップページ | マラソンの距離はどうやって正確に計測するの? »