« 明日は「2009年都道府県対抗女子駅伝」 | トップページ | 2009年の初走り »

2009年1月10日 (土)

北海道マラソンは制限時間もコースも変更

たぶん、いろいろなところで既に話題になっていると思いますが、
この前の火曜日の北海道新聞の朝刊に、今年の北海道マラソン
記事が大きく載っていました。

2009doumara

・制限時間が4時間から5時間に変更
・スタート地点、ゴール地点の両方が変更
・参加者を昨年の5000人から8000人規模の増加を想定

昨年までの北海道マラソンの大きな特徴は

・市民ランナーにとっては厳しい制限時間(40キロ地点で3時間48分)
・40キロを越えてからの駅前通り~中島公園の「花道」

で、これが無くなることに反発がある人も多いのかもしませんが、
僕としては「制限時間の緩和」は大歓迎です。

まずは自慢ですが、昨年までの4年間のこの道マラは

2005年 3時間52分
2006年 3時間43分
2007年 3時間49分
2008年 3時間51分

で何とかゴールし続けていますが、本番1ヶ月くらい前からの
「制限時間のプレッシャー」に対しての苦痛度が毎年どんどん増加していたので、
制限時間の緩和は非常にほっとしたのが実感です。

コース変更について、北海道大学構内をコースに入れたのは、
もちろん景観のインパクトを求めた面も大いにあるのでしょうが、
地図をよく眺めてみると気付くことは、昨年までのコースと比べると、

「環状通エルムトンネルが遮断されない」

というのが大きいと思います。

今年のコースだと西11丁目通りも通行できますし、大通を越えれば
東西にも行けますし、僕の勝手な推測ですが北海道警察も

「これなら制限時間を5時間に延長しても良い。これ以外なら昨年のまま4時間で。」

と了承したんじゃないのかなぁ~ともちょっと思ったわけで。

昨年までは参加資格が、

ハーフマラソン1時間50分(女子は2時間)、フルマラソン4時間

の自己記録を持っていないと出られなくて、申込み用紙にも
そのタイムとその時の大会名を記載しなければいけませんでした。

ただ今年は、新聞によると
------
従来は4時間以内の記録を持っていることなどが参加条件だったが、
今年からは5時間以内で走れることが条件になる
------

ということで、ある意味「私は5時間以内でゴール出来ます!」という自己申告で、
持ちタイムには制限はつけないのかもしれませんねぇ。実施要項が発表されないと
何とも分かりませんが。

最後に、新コースは
------
中島公園を出発し、豊平川の二つの橋を渡った後、現在建設中の創成川通
アンダーパスを北上。宮の森北24条通や新川通を通過した後、前田森林公園
付近で折り返し、北大構内や道庁赤れんが庁舎内を通って大通公園にゴールする。
------

とのことで、後半の20キロ~35キロくらいの新琴似1番通と新川通の往復は
単調さを感じる部分もあるのかもしれませんねhappy01

そんなわけで長々と書きましたが、今は走る意欲が一切無い
完全な「冬眠状態」なので、この新聞記事を読んでも、

「あぁ~、そうなんだなぁ~」

というくらいにしか思わなかったのも正直なところかも……。

|

« 明日は「2009年都道府県対抗女子駅伝」 | トップページ | 2009年の初走り »

コメント

相変わらず開催時期は8月のようですね。
自分的には暑くて無理です。
札幌マラソンのハーフみたいに街のど真ん中を我が物顔で走れる大会は大好きなんですが。

暑さ慣れした内地のランナーがたくさん来てお金を落としてくれればいいですね。

投稿: % | 2009年1月12日 (月) 11時37分

>%さん

来年の2010年は「9月12日開催」との噂もあるようですが。
あくまで噂ですが。

内地happy01の方々にとっては、
「8月にフルマラソンの大会が開催出来る」というのは
完全に別世界の夢のような大会らしいですねぇ。

ここ4年間の本番は平年よりも暑い厳しい条件が続いているので、
その反動で今年はびっくりするくらい涼しくなると、
僕は自分勝手に「決め打ち」をしています!

投稿: しげた | 2009年1月12日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43695506

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道マラソンは制限時間もコースも変更:

« 明日は「2009年都道府県対抗女子駅伝」 | トップページ | 2009年の初走り »