« 大みそかと元日のあれこれ | トップページ | 東洋大が初の総合優勝!-2009年箱根駅伝 »

2009年1月 2日 (金)

東洋大が大逆転の往路優勝!-2009年箱根駅伝

今日の箱根駅伝の往路、5区の山登りの大逆転劇と、
それに伴う解説の楽太郎瀬古さん(早稲田大OB)が
非常にオモシロかったです!

5区に入った段階で1位が早稲田大。途中(13キロくらいだったかな)で
一旦は2位の山梨学院大の高瀬選手が50秒ほどあった差を追いつきました。

しかし、オーバーペースだったのかアクシデントか、
テレビ中継のCM明けでは一気に離されてしまっていました。

ほっとした感じの瀬古さん。

しかし、早稲田大と4分58秒差の9位でタスキを受け取った東洋大の
柏原竜二選手(1年生)が猛烈な勢いで追い上げ、山の頂上付近で
ついにトップの早稲田大に追いつきました!

口数が減る瀬古さん。

そしてそのまま一旦は柏原選手が引き離したかに思えたのですが、
下りに入ってからまた早稲田大の三輪選手が粘って追いつきました。

また元気になってペラペラしゃべる瀬古さん。

そしてしばらくは2人の並走。

ここで瀬古さんの痛恨のコメント。

「余裕度では、早稲田の三輪くんの方があると思います」

だいたい瀬古さんがこういうコメントを残すと、かなりの高確率で逆の結果が出る
という法則があるのですが、まさにその法則に従うかのように、残り1キロあたりで
再び柏原選手が突き放しました。

昨日のニューイヤー駅伝のラスト2キロ地点のあたりでの、

「僕は旭化成が勝つんじゃないかと思います」

に引き続いての「瀬古マジック」が出ました。

結局、1位東洋大と2位早稲田大のゴールタイムは22秒差でした。

明日の復路のメンバー(補欠登録選手も含む)の1万メートルの自己記録を
見てみたら結構いい勝負のような感じだったので、総合優勝の行方は
全く分かりませんねぇ。

柏原選手は、「山の神」の今井正人選手の区間記録を40秒くらい更新しての
まさに激走。この2人は同じ福島県出身なんですねぇ。
期待はしていたのですが、ホントに凄まじかったです!

同じ5区では、残り5キロ地点の当たりで、東海大の選手がほぼ歩くような
感じで給水を受け取っている映像が流れて、

「これは途中棄権があるかも…」

と思ったのですが、その後何とか持ち直したようで、思いのほか早く
ゴールしてました(9分55秒差の21位でしたが)。

その時の映像で、苦しむ東海大の横を抜いていったのが、
順天堂大の小野選手(4年生)。

小野選手はまさに1年前のこの5区で途中棄権してしまったのですが、
今年は元気そうに走っている感じで一安心。

結局、最下位の23位でタスキを受け取りながらも
順位を5つ上げての18位でゴール。

区間記録でも柏原選手に続く2位の好タイム。元々、1万メートルの記録が
28分26秒とのことで、今年は実力どおりの走りが出来たんでしょうね。
ゴールシーンでは思わず手を叩いてしまいました。

その順天堂大は、1区の関戸選手が1年前を思い出させてしまうような
最下位でのタスキ渡し。1万メートルの記録が29分17秒ということで、
普段の練習ではあのくらいのペースで20キロ走とかも普通に走れて
いるんでしょうが、やはり本番は違うんでしょうかねぇ。

その1区、日本大が22位と大きく出遅れ。しかし2区のダニエル選手が
怒涛の20人抜きで2位浮上。そのダニエル選手のおかげで
後方の様子が映像でどんどん流れて、非常にありがたかったです。

その2区で一度は抜かれたダニエル選手と最後まで争ったのが
中央学院大の木原真佐人選手。

もしかしてあまり調子は良くなかったのかもしれませんが、
区間記録はモグス、ダニエルに続いて日本人選手ではトップの3位
ということで、いい走りでした。

山梨学院大のモグス選手は2年連続の区間新記録。怪物です。

3日前のこのブログで予想を書いていて、「城西大が大躍進の4位」と
したのですが、1区は10位とまずまずの出だしながら、
そこからズルズルと落ちていき結局は独走の最下位。
期待していたのですが残念……。

そして駒澤大が全く予想外の往路15位。

たしかに1区でちょっとは出遅れましたが、それでもトップと57秒差ということで、

「駒大の独走っていうのが一番オモシロくない展開だから、いいハンディだなぁ」

と思っていて、間違いなくじわりじわりと追い上げてくるんだろうと決め付けていたら、
2区の宇賀地選手はそれなりに巻き返したものの、その後が予想外の下降っぷり。

まぁ、明日の復路でシード圏内には入ってくるでしょうが、とにかく意外でした。
2ヶ月前の全日本でも優勝していますし。

今日は2区~5区の4区間で連続の「区間新誕生」ということで、
いろいろと見所満載の往路でしたhappy01

順当にいけば明日は東洋大と早稲田大の優勝争いになると思いますが、
3年前の亜細亜大の優勝のように、波乱の展開になる可能性もあるでしょうねぇ。

そしてシード権の10位以内の争いも激しそう。
駒澤大も確実に上がってくるでしょうし、21位の東海大ですら
10位と4分差なので、まだまだどうなるか分かりません。

【第85回箱根駅伝 往路結果】

 1位 東洋大 
 2位 早稲田大 22秒
 3位 日体大 1分43秒
 4位 中央学院大 2分21秒
 5位 山梨学院大 4分13秒
 6位 国士舘大 4分38秒
 7位 明治大 5分34秒
 8位 日本大 5分34秒
 9位 大東文化大 5分44秒
10位 帝京大 5分53秒
------- 
11位 中央大 6分28秒
12位 東京農業大 6分32秒
13位 関東学連選抜 7分9秒
14位 専修大 7分51秒
15位 駒澤大 7分55秒
16位 神奈川大 8分8秒
17位 拓殖大 8分29秒
18位 順天堂大 8分41秒
19位 亜細亜大 9分29秒
20位 上武大 9分51秒
21位 東海大 9分55秒
22位 青山大 11分20秒
23位 城西大 14分1秒

1区 矢澤 曜(早稲田大) 
2区 メクボ・J・モグス(山梨学院大) 区間新! 
3区 竹澤 健介(早稲田大) 区間新!
4区 三田 裕介(早稲田大) 区間新!
5区 柏原 竜二(東洋大) 区間新!

|

« 大みそかと元日のあれこれ | トップページ | 東洋大が初の総合優勝!-2009年箱根駅伝 »

コメント

こんにちは。
いや~…凄かったですね。
ひとことじゃいいあらわせないですね。
まさに戦国駅伝。
見ていて疲れました^^;
個人的に早稲田大学を応援しているので、16年ぶりの総合優勝を獲ってほしいです。
そしてさらに個人的に、小野選手が5人を抜いて区間2位の走りでゴールした時は、涙しました^^;

投稿: 苗坊 | 2009年1月 2日 (金) 21時27分

>苗坊さん

こんにちは~。

いろいろと書きたいことがあり過ぎて困ってしまった
1日目でした。

早稲田大の総合優勝は惜しかったですねぇ。
でも9区と10区の4年生の2人の粘りの走りは印象的でした。

順天堂大の小野選手は良かったですね!
あの最下位の状態からよく巻き返しました。
ほとんどテレビに映らなかったのが残念でしたが。

元日のニューイヤーと合わせて、非常に疲れた3日間でしたhappy01

投稿: しげた | 2009年1月 3日 (土) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43612571

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋大が大逆転の往路優勝!-2009年箱根駅伝:

« 大みそかと元日のあれこれ | トップページ | 東洋大が初の総合優勝!-2009年箱根駅伝 »