« クライトンがまさかの(?)残留!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 女子は豊川、男子は佐久長聖が優勝-全国高校駅伝 »

2008年12月20日 (土)

明日は全国高校駅伝

明日は京都の西京極陸上競技場を発着点とする、
各都道府県代表による全国高校駅伝が行われます。

毎年これを観ると、

「あぁ~、いよいよ今年ももうすぐ終わりなんだなぁ~」

という気分になります。

●女子(5区間 21.0975キロ)

1区 6.0キロ
2区 4.0975キロ
3区 3.0キロ
4区 3.0キロ
5区 5.0キロ

●男子(7区間 42.195キロ)

1区 10.0キロ
2区 3.0キロ
3区 8.1075キロ
4区 8.0875キロ
5区 3.0キロ
6区 5.0キロ
7区 5.0キロ

どこが優勝候補なのかなどは、2日前の北海道新聞に載っていた記事を以下に。
-------
●男子 初V狙う佐久長聖(長野)

男子は、昨年大会で1位と同タイムながら2位の佐久長聖(長野)が優勝候補
の筆頭だ。国体の少年男子A1万㍍で2位の村沢を中心に、5千㍍の平均タイム
で層が厚い。前回の出場メンバー5人が残るのも強みで、初優勝のチャンスだ。

予選で最速の2時間3分55秒を記録した西脇工業(兵庫)が追う。
2連覇を狙う仙台育英(宮城)はクライの起用法が鍵だ。前回は3区を
走り、今回から留学生は男女とも最長区間の1区を走れなくなったという
ルール変更による影響も大きくはないだろう。

●女子 豊川(愛知)の実力際立つ

女子では、昨年が初出場の豊川(愛知)が強い。予選での1時間7分22秒は
全国1位。留学生のワイリムに加え、ほかのメンバーの三千㍍の平均タイムも
速く、ハイレベルな選手がそろう。実力通りに走れば、独走で競技場に帰って
きそうだ。

2連覇が懸かる立命館宇治(京都)も総合力は高い。須磨学園(兵庫)は
三千㍍の平均タイムが首位で、2年ぶりの王座奪還を狙える位置にいる。
豊川を阻むには、ワイムリの登場が予想される最終5区までにできるだけ
リードを広げておきたい。
--------

とのことです。

まぁ、優勝は別にどこの高校でもいいのですが、とにかく最後まで
オモシロい展開になってくれることをひたすら祈っています。

北海道代表は、男子が札幌山の手高校(3年連続3度目)。

一昨年が43位、去年は45位とのことで、是非とも40番台からの脱却、
出来れば30位以内の期待をしたいところ。

(おそらく)1区の大住和くん(3年)は、函館大川中時代に
「3千㍍の全国中学記録」を作った逸材なので、ひそかに期待しています!

女子は今回が20回の記念大会なので出場枠が増えて、
札幌静修高と室蘭大谷高の2校が出場です。

新聞記事を見る限りではかなり厳しい戦いになりそうですが、
1つでも上の順位を目指して激走してほしいところですhappy01

|

« クライトンがまさかの(?)残留!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 女子は豊川、男子は佐久長聖が優勝-全国高校駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43476054

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は全国高校駅伝:

« クライトンがまさかの(?)残留!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 女子は豊川、男子は佐久長聖が優勝-全国高校駅伝 »